08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

静岡の四つ足は11月1日から~ただいまジビエの消費中!~

2017.09.12 14:25|猟と獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

主夫太郎、今年は出陣早まります!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
11月15日といえば言わずと知れたハンター(本州在住)にとってのお正月、本州での狩猟解禁となります。北海道は10月1日からで、これは僕にとってはお正月というよりお祭り、イベントと言った類になります。

僕の場合10月に北海道に行き、一人で猟をしてある程度自分なりの訓練をします。積み込む荷物の手順の確認や猟に対する心構え、忘れ物したときの対処などなど(流石に鉄砲と弾と許可証は忘れても対処できませんが)、北海道で一通り経験しておくと本州で大分冷静でいられます。本州は共同で猟をするので、慌てて事故などしてはいけませんから予行練習みたいなものを北海道でやるというわけです。北海道から帰ってきておよそ1か月間、本州解禁に向けたこの期間はカミさんには色々迷惑かけますが部屋や冷凍庫の整理整頓などしてワクワクしながら過ごします。

ところが、鉄砲屋さんによると今年の静岡の四つ足(よつあし、鹿・猪のこと)は11月1日解禁で、おしまいは3月15日とのこと。普段は2月15日で終わりだから、1か月半も今年は四つ足に関しては猟期が長いです。なんといっても北海道から帰ってきたらおよそ2週間ほどで本州の解禁です。北海道から帰ってくれば一週間くらいは事後処理にかかりますし体力の回復もかかります。体力が回復してから一週間でもう解禁に!今年の猟期はかなりタフなものになりそうだと今からワクワク半分、心配半分です。

加えて今年は猟期が終わってから本当にあっという間でした。ゆっくりした記憶があまりないほどです。そりゃお金を稼いでいるわけではないので、「遊んでいたんだろう!」と言われればそれまでですが、潮干狩りという新しいイベントがカレンダーに加わり、歯医者が半年近くもかかり、キャンプがあり、難聴の針治療が引き続きあり、モリーユが不調なのでデータ取りのために多めに出かけたりとなるほど色々。あっという間に

あけび天ぷら20170912

あけびの天ぷら

を食べる時期ですよ。150円だから買ってきて天ぷらにしました。もちろん2週間解禁が早ければ冷凍庫だって早めに空にしないといけませんから結構最近はジビエが食卓に上ります。

雉パスタ20170912

雉のクリームパスタ、ライム絞り

は実に美味しいパスタでしたよ。ん~雉の実力はすごいですが、きっと全然伝わらないんだろうなぁ。もちろん去年の鹿だって大活躍!!って言っても

鹿カレー20170912

カレー率が高い!!

そんでも、鹿カレー美味しんですよねぇ。鹿をケチりませんし。ルーなんか使いませんよ。スパイスだけ。まぁ、手を抜くときはSBのカレー粉(ルーでなく粉のやつね)に3、4種類のスパイス加えたりしますけどね。

今年は北海道は冬が早いかな。無事が何よりなんですけどね。無事には心の余裕が必要で、そのためにはある程度獲物が獲れる方がいいです。ある程度獲れる方がいい、なんて思うと危険が忍び寄ってくる。心をまっすぐに、と言うは簡単ですが実際難しいものです。だからなおさら、こういう場所で「なにより安全」と言っておくことが大事になるんですなぁ。

次回は多分「安楽椅子でSTAPを」になると思います。科学の事件から科学を抜くと、人が残りますね。人は心で動きますが、心というのは神様を作ったり悪魔を作ったりできるすごいものなんだと本当に最近実感します。あの事件、渦中の人達よりも周囲の人達の熱量に主夫太郎は身を焦がされてます。狩猟という、一瞬だけど人間の世界から脱出する方法が僕にはあるというのが、こんなに幸せなことだなんてSTAPのこと書くまでわかりませんでした。僕もあのまま仕事を続けていたら.....くわばらくわばら。







スポンサーサイト

テーマ:主婦の日常日記
ジャンル:日記

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

安楽椅子でSTAPを~3章・笹井氏に対する違和感~

2017.09.08 19:46|安楽椅子でSTAPを
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

矢面に立った笹井氏についてのお話

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
安楽椅子でSTAPをというシリーズの一番最初(ポチリで飛びます→安楽椅子でSTAPを~0章 事件のあらましと主夫太郎の違和感~)に主要3著者に感じた僕の違和感をのべたのだが、今回は笹井芳樹氏に対する違和感いついて考察する。


笹井氏の

「論文執筆の最後に短期間関わっただけ」

というのは「お手軽に一本!論文実績を増やしちゃいました」と同等の発言なのではないかと正直驚いたのを今でも鮮明に覚えているのだが、これが正直、笹井氏の口から出たのを生で聞いたのか、それともニュースでアナウンサーが言ったことを聞いたのかだんだん自信がなくなってきてしまった(0章では笹井氏の発言だと書いているのだが)。少なくても僕が記者会見全てを見ていたとは思えないので、正確なものを拾うために調べてみる必要がある。今の時代は便利なもので、この時の記者会見がYoutubeに投稿されている。僕が気になった件は、この動画の10:50、12:40あたりの発言だと思う。



この記者会見によると(13:16あたり)、2本あるSTAP論文(Article と Letter)のうち、小保方氏主導であるArticleではヴァカンティ氏からの「強い要請」により著者に加わり、また、若山氏主導のLetterの方は若山氏からの依頼で責任著者になったとのことだ。このうち、Letterの方は最初責任著者ではなかったが、Letter論文の改定(revise)の時に若山氏の専門外のことについて(多分レフェリーや編集者と責任をもって)議論などする必要があり責任著者として加わったらしい。「論文執筆の最後に短期間関わっただけ」とここだけ切り取るとなんだか責任回避をしているような印象だが、少なくてもLetterの方では若山氏の専門外(細胞生物学)での貢献があると笹井氏は会見で認めている。当時この会見を聞いていれば少なくともLetterに関しては違和感というのは感じなかったろうから、おそらくニュースで上記の発言(のようなもの)が切り取られるなりしたのではないかと思う。

Articleの方は「強い要請」があったから著者に加わったということで、「強い要請」程度で科学的貢献がなくても著者に加わるべきかどうかというのはもしかしたら議論の分かれるところかもしれない。記者会見で笹井氏が言っているように、内容の割に文章がひどかったようで(9:40あたりから)、それを書き直すのはなかなかの苦労であろうし科学的議論がこの過程で起こりその解決に貢献したのかもしれないが、そのあたりはあまり明らかになっていない。

ということで、ここは原点に回帰し、笹井氏の心の動きを探るため彼の論文を洗ってみることにした。例えば年間50本も論文を出版していれば毎週一本づつ論文を書いていることになり、もし一人で主な仕事をこなしているとすると過労死は間違いないだろう。論文の本数がわかれば論文に対する平均的な貢献度が算出できるかもしれない。そうなると論文の著者に加わるというのがどれほど軽いことなのか、逆に重いことなのか明らかになると思ったのである。ところが、分かったことはもう少し驚きのことだった。

今は便利なものでインターネット上で色々なことが分かる。興味があれば以下のサイトにアクセスしてみてほしい。


ここには笹井氏が著者として名前を連ねる論文が列挙されているようだ。もっとも僕は学問には明るくないので、このサイトが笹井氏のすべての論文を網羅しているかまでは分からない。Google scholarというのもあるらしく完全かどうかは知らないがそちらにもデータベースと呼べるような規模で論文のタイトルなどが保存されているようだ。上記サイトもGoogle scholarも検索結果は似たようなものになっていると思う。

笹井氏が亡くなったのが2014年8月5日であるが、上記のサイトに載っている最新の論文は2017年(つまり今年)のものである。亡くなってから3年近くも経っていながらまだ笹井氏は論文を出版し続けていることになる。アクセプトから出版まで一年と見積もって2015年の論文を除いて考えてみても、2016年および2017年で合計12本だ。もちろん笹井氏以外の著者達にはそれ相応の言い分があるだろうとは思う。例えば「笹井先生に頂いたアドバイスが研究の核心になっている」とか、「論文は笹井先生の存命中に既に出来上がっていたが投稿という作業が遅れただけだ」と学者先生に言われれば僕ら一般人は黙らざるを得ない。だが2015年に出版された論文でさえ笹井氏の死後に投稿されたものもあり、少なくても投稿の段階で笹井氏はこの世におらず論文の修正(revise)や追実験の作業にも加わることは不可能だ。正直12本の中にはDedicate(捧げる)されたりするものや、acknowledgement(謝辞)に笹井氏の名前が出てくるだけでも良さそうなものもあるのではないかと推測したくなるし、こうなるともう偉い人は論文の自動生成の仕組みが出来ているのではないかという気がしなくもない。

だが、一般人の僕がこの論文作成の仕組みに異を唱えることはできないし批判を伴う推測もしてはいけないと思う。こういう仕組みで学者の世界は動いていてちょっと調べたら出てくる上記のような事実は、学者どうしが皆了承してやっていることなのだと認識しなければなるまい。つまりこれがこの学問における文化ということだ。この文化を認めるとすると、笹井氏の言動から導き出せる結論は、

亡くなっていても出版される論文があるくらいだから「論文執筆の最後に短期間関わっただけ」(2か月半)というのは責任を回避するために発した言葉ではなく、むしろ十分に論文に関わったという申告であり、責任を取るべき立場にあると笹井氏は認識していた

ということだと思う。笹井氏が最後に関わっただけであると記者会見で述べたことをまるで責任逃れであるように受け取られた可能性が大きく、当時の僕は更に「乗っかり著者だ」という印象を受けたが、この事実を考慮しながら記者会見を丁寧に見てみると正確な役割分担を説明しているだけで論文に関する責任を放棄するような発言は一度もしていない。

記者会見は3時間超にもおよび質問をすべて笹井氏が受け止めており、著者になる経緯を考慮すればこれだけでも十分な責任を果たしているように見える。もし「著者になるということ」がどういう事なのか聞いている我々がちゃんと理解していれば(もちろんこの学問の分野を修めていない一般人には無理であるが)、このSTAP細胞事件の骨格がこれほどぜい肉に埋まって見えなくなることがあったのだろうかと一般人の僕としては残念でならない。


僕が感じた違和感は僕の常識でこの分野の「著者」という身分を理解しようとした無理から来た

という結論になった。

さて、すると新な疑問が出てくる。どうして笹井氏は一人で責任を背負うことになったのか?小保方氏の回復を待って、若山氏と同席の上、記者会見を開けなかったのだろうか。この考察なくSTAP事件を語るべきではないだろうと僕は思うがそれはまた別の話で。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

鮎のトローテ・イン・ブルー

2017.09.05 19:38|釣りと獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

今日は主夫太郎、初めての鮎料理でしたよん!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北海道のSハンターさんが、イタリアの地方料理「トローテ・イン・ブルー」というお料理をヤマメで作っていました。それがとてもとても美味しそうで、しかも「新しい味!」とのことでしたから、それなら早速釣ってきた鮎で!ということになりました。ネットでもレシピは載ってますね。まずは仕上がりです。

鮎ブル

鮎のトローテ・イン・ブルー

ちょっと僕はレシピを変えちゃいましたがそれは鮎釣りしたその日に帰りが遅く、おうちにあるもので間に合わせたからです。白ワインがちょうどなくて、シードル使いました。

1.鮎の内臓とエラをとり塩でゴシゴシ洗いヌメリを取る。お腹の内側にもお塩をし、表面にもする。

2.耐熱容器に鮎を入れ酢とシードルの合わせたものをヒタヒタになるまで注ぐ。ニンジンスライス、エシャロットも沈め、鮎を110度のオーブンで2時間~3時間ほどかけじっくり火を通す。

3.バターを溶かして上からかける(焦がさない)。

というもの。本当は沸騰した酢をお魚に回しかけたり、レモンやパセリを使ったり、最後のバターソースも、もう少し手間がかかるのだけど、お魚を酢で煮て、バターをかけるというシンプルさがどんな風な味になるのか知りたくてこんな簡単に仕上げました。

これがなんとも美味しいのよ!!

後から考えればレモンとバターが合うんだから酸っぱいものとバターは合うにきまってるんだけどさ!!!作ってみるまで気づかないもんだなぁ。骨までやわらかくなるようにゆっくり火を通すってのがまたいいですよ。オーブンの設定は110度だけど、酢とシードルの混合液は沸騰させません。鮎らしさはもちろん塩焼きほどでませんけど、身の旨さはいい感じで生かされてますよ。

フランス料理の教科書にも似た料理があってこちらの名前はTruite au bleu だそうです。Truiteは鱒という意味ですから、まぁ、本当はフランス語なら Ayu au bleu というのが正しいかもしれません。僕のお料理は酢が足りなかったのかな?青くは見えないけど、それでも満足でした!

川魚、まだまだ美味しい食べ方があるのかもしれませんね。今回はSハンターに教えて頂きましたが、常にアンテナを張っておく必要があると思いますねぇ。

今日は短い記事でしたん!「安楽椅子でSTAPを」が長すぎるからねぇ、あはははははは。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

安楽椅子でSTAPを~2章・ハーバード留学前の小保方氏~

2017.09.01 09:26|安楽椅子でSTAPを
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まぁ、いい感じで読者が減ったところで

STAPの続き


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

小保方氏は研究者として成熟した人ではなかったのではないかというのが前回の記事の結論、仮説だったが今回はその証左となる「背景」をもう少し探ってみようと思う。あの日を読むと色々な違和感が生まれるが、今回は二つのことに関して謎を提言し、少々の仮定を設けた上で推理をしてみようと思う。最後に小保方氏が置かれた幸運かつ不運であった状況を僕なりに考察してみたいと思う。


[1] 処女論文の謎

「あの日」によると、小保方氏は早稲田大学理工学部応用科学科に入学し、4年生の時の指導教員は後々共著者としても名を連ねる常田氏。ここで卒業論文を書くが、修士では研究テーマを変えたい、具体的には「再生医療の研究をしたい」と常田氏に伝えると、それならばと東京女子医大の大和氏を紹介され修士課程をスタートする。早稲田大学の大学院に籍を置いたままであるが、これは東京女子医大と早稲田大学が共同で大学院をつくるという話が進行していたからという事情があるようだ。ここで新な研究テーマをもらい、大和氏が「不可能だ」と言っていた実験系を、8か月休むことなく夢中で実験して完成したとのことである。このときの研究を論文にまとめ処女論文、

Subcutaneous transplantation of autologous oral mucosal epitherial cell sheets fabricated temperature-responsive culture dishes, Obokata H, Yamato M, Yong J, Nishida K, Tsuneda S, Okano T., J Biomed Mater Res A, 2008 sep 15, 86(4) 1088-96

を完成させ投稿し、そして出版する。流石に内容を精査する能力は僕にはないしそもそも一般人の僕にはネット上で無料では全文読めない。だが、やっぱり気になってこちら→小保方さんの最初の論文にアクセスしてみるとPublication History(出版までの履歴)というのがありちょっと覗いてみた。すると、Manuscript Received 2 May 2007とあり2007年5月2日に投稿論文を出版社(具体的には編集者)が受け取ったことが分かる。そして、Manuscript Accepted 10 May 2007 とあり、この論文が2007年5月10日にアクセプト(掲載決定)されたとのことだ。以下はこの記述が正しいとして論じる。

僕もへっぽこだが理系の大学を何とか卒業しているのでかなりの違和感、というよりはっきりした謎を感じる。投稿してからアクセプトまでたったの8日だ。もしかしたら、この雑誌がこういうスタイルなのかと思って同じ雑誌の他の記事のPublication historyをいくつか見てみたが、アクセプトまでの期間がここまで短いものは見つからなかった(もちろん全てみたわけではないが)。そもそも論文というのは一般に以下のプロセスで掲載が決定される。

1.投稿され、編集者(Editor)に届く(現代ではほとんどonlineで投稿)。

2.編集者が論文を一読し、査読者(レフェリー)を選び論文を転送する。

3.レフェリーが論文を精読し、問題点などがあれば指摘してレフェリーレポートを作成し編集者に返送する。

4.編集者がレフェリーレポートを読み、掲載の可否を決め投稿者に返事を書く(レフェリーレポートが添付されることが一般)。

5.編集者からの返事を投稿者は見て、修正する必要などを指摘されれば論文を修正し再投稿する。これをReviseするといい、修正したことをRevisedという。修正した場合は正誤表などを添付するのがマナーである。

6.再投稿された論文に対して必要ならばもう3、4、5を繰り返しレフェリーと編集者が満足すれば掲載決定(アクセプト)になる。


これだけ見ると、すべてのプロセスを一日でこなせば6日そこそこでアクセプトがでそうだが、編集者も査読者もボランティアみたいなもので学者としての仕事があり、まぁ、各プロセスが一日で済むことはまずない。さらに、この論文に関してはreviseしたという記録もない。つまり投稿され、査読者からは100点満点の点数を付けられ、すぐ掲載決定となったわけだ。これもこの雑誌に限らず大抵無い話だ。「投稿論文が完璧ならいいじゃないか!」と思うかもしれないが、査読者の気持ちになればわかると思う。査読を頼まれれば、何かしら一つくらいは指摘をしないと仕事をした気にならないというのが人情というもので、どうでもいい事でも一言くらいは指摘するよう努力するものだ。税務署が入れば非常につまらないものでも「お土産」を持ってかえるのと同じだと思う。実際、僕が見た他の論文は必ずこのreviseをしており、投稿からアクセプトまで半年近くかかっているものも多く、reviseしてから一か月かかってようやく掲載決定が決まるものもいくつかあった。とするとこの投稿から掲載決定まで8日間というのは何かしらの意図および政治的活動があったと考えても不自然ではないのではないかと思う。これが悪いことかというと、倫理的にはともかく、悪ではない。もちろん論文の内容を疑う理由にもならない。ただ、「なぜこれほどまでに慌ててアクセプトを出す必要があるのだろうか?」というのは自然に出てくる疑問だ。小保方氏はこのとき修士1年生が終わったばかりでまだまだ研究者として歩き始めたばかりだから本来なら慌てる必要は一切ない。となると、この5月10日、もしくは5月10日近辺に何とかアクセプトが欲しい秘密があるのではないかという推理をせざるを得ない。

5月10日近辺にアクセプトを間に合わせて何か良いことがあるとすると、これ以降に彼女に良いことが起こっている可能性があり、そこを考察するのが自然だろうと思った。これ以降直近の良いことというと、あの日の17ページに

「私は幸運にも学術振興会のDC1に選ばれていて」

とあった。本来だったらこの文章だけからでは僕には何のことか全くわからないのだが、「幸運にも」小保方氏がこの学術振興会なるものを解説してくれていた。

日本には学術振興会特別研究員制度というシステムがあり通称「学振」と呼ばれている。
博士課程で行いたい研究計画書を全国から公募し、選ばれると若干の研究費と、毎月日々の生活費として使用できる研究奨励金が支給されるため、(中略) 研究者を目指す学生たちにとって「学振」に選ばれることは、一種の登竜門のような響きをもっている。


とのことだ。要するに研究費付き奨学金ということだろう。さらに詳しくDC1についても解説してくれている。

応募資格は修士2年時で、選ばれるとDC1と呼ばれ、博士課程1年時から学術振興会の恩恵にあずかることができる。博士課程1年時、2年時でも応募は可能で、その時に選ばれるとDC2と呼ばれる。

らしい。ということは小保方氏は修士2年時でこの学振に応募していることになる。そこで僕が気になったのはこの学振の応募の締め切りだった。

まずは学術振興会のHPに行くと平成30年度分募集要項(←ポチリで飛びます)というのがあり、これが全部で8ページほどあるのだが、3ページ目に「本会の申請受付期間」という項目がある。申請者と申請機関とに項目が分けられているが、申請者とはつまり小保方氏のような学生で、申請機関というのが早稲田大学のような申請者の所属先機関である。申請者の守るべき締め切りは申請機関が決定する。たとえば小保方氏が守るべき締め切りは早稲田大学が決める、という具合だ。申請機関の締め切りは平成30年度分は、平成29年6月1日17時00分とのこと。案外早い。申請機関はこの締め切り前までに応募する学生のリストなどを作る必要があるようで、「申請機関の決める申請者への締め切り」は上記6月1日よりさらに早いようだ。

大学が所属学生に指示する学振応募の締め切りを具体的に探してみると、東京工業大学のものが見つかって(ポチリで飛びます→東京工業大学の締め切り平成29年5月8日(月)だそうだ。つまり、大学などの申請機関が守るべき締め切りの一か月前くらいに学生の申請は締め切りを迎える。もちろん各大学によってこの期間は様々であろうが、決して間違いがあってはいけない書類だから、チェックには十分な時間をとり、どこの大学もこんな感じなのだろうと思う(流石に東京女子医大の当時の締め切りまで調べる気にはならなかったのは勘弁してほしい)。となると、小保方氏の処女論文が8日でアクセプトになった理由は、

学振の応募(大学内締め切り)に間に合わせるため

ではなかったろうか。小保方氏の学振の説明のところで「博士課程で行いたい研究計画書を全国から公募し」とあるのが実は引っ掛かっていた(嘘ではないが)。計画書だけで、来年からお金がもらえるかどうか決まるというのも不思議な話だし、審査はものすごく難航するだろう。そう思って学振の申請書類をダウンロードしてみると、やっぱり「研究業績」という欄があった。ご丁寧に、

(1) 学術雑誌等に発表した論文
(2) 学術雑誌又は商業誌における解説、総説
(3) 国際会議における発表
(4) 国内学会・シンポジウム等における発表
(5) 特許等
(6) その他(受賞歴)

と6つの項目に分けられており、(1)のただし書きには、「査読の有無を区分して記載してください。査読のある場合、印刷済及び採録決定済のものに限ります。」とある。つまり良い論文を書いていても「投稿中」は評価されないどころか表記すらできない。投稿中と掲載決定は天と地の差があるのだ。5月10日に出たアクセプトにより(1)が充たされたが、実は小保方氏は申請する年の4月、つまり締め切りの一か月前に(3)、国際会議に出て口頭発表している。(3)のただし書きには「口頭・ポスターの別、査読の有無を区分して記載してください」、「発表者に○印を付してください」とあり、ポスター発表より評価の高い口頭発表を自ら行っている小保方氏は(3)はほぼ満点と言ってもいいだろう。(4)の国内における発表はあの日には記述がなかったが、おそらく国際会議での発表がそれを上回る実績になっているはずである。残りの(2)、(5)、(6)はとても修士2年生の5月までに実績が上がるものとは思えないから、小保方氏の研究業績は応募者の中でも100点満点に近いものになったに違いない。ここまでくると、「幸運にもDC1に選ばれていて」といいう小保方氏の言葉は少々しらけてくる。当然そうなるように周りが世話を焼いたのに違いないと、そう思えてくるがどうだろうか?

[2] 国際シンポジウムの口頭発表の謎

もちろん、こうなると国際会議で4月に本人が口頭発表できたということに関して「幸運」で済ますわけにもいかない。彼女が発表した国際会議は、Society of Biomaterials(←ポチリで学会のHPへ)の年次総会というもので2007年にはシカゴで開かれている。

2007年当時の記録は色々調べれば出てくるのだろうが、少なくても上記HPでは僕の能力では多くのことを探せなかった。この国際会議である年次総会はどうやら毎年場所を変えて行われているようで、2017年はアメリカのMinneapolisで4月の5日から8日まで開かれている。小保方氏も4月にこの会議で発表したと言っているからもしかしたら4月開催は恒例なのかもしれない。この国際会議のプログラムを見ると、発表者のほとんどがPhD、つまり博士号取得者である。この国際会議がこのような規模と権威で当時も行われていたら、修士2年なりたての研究者が口頭発表するというのは素晴らしいことだ。

ただ、ちょっと気になるのが、この関連ページで、Call for abstractsというのがある。これは2017年に開催される国際会議の発表者のabstract(研究概要)の投稿を促しているページで、その締め切りが2016年の11月7日となっているのだ。

小保方氏はあの日で実験系が完成されるまでに8か月以上かかったという。小保方氏が大和氏に会ったのは早稲田の卒業論文発表会の日だそうで、翌日から東京女子医大に通うことになったらしい。早稲田の卒業論文の発表会はネットで調べてみるともちろん年度によりばらつきがあるが1月の23日とか24日とかだ。テクニカルスタッフに細胞培養などを教えてもらったなどの記述があり、大和氏から研究テーマをもらいそれを理解し、小保方氏独自の主張もあったのできっとディスカッションもしているだろうと思う。それに一月ほど時間を費やしたと仮定すると小保方氏の実験の開始は2月末で完成は早くとも10月の末となる。「あの日」によるとその間実験三昧だったようだ。この国際会議が同じ手順によって運営されていると仮定すると研究概要の締め切りに果たして間に合うだろうか?そもそも、ちゃんとした結果がこの時点で出ていたのだろうか?あの日の記述によると、小保方氏がこの研究の論文を書きだしたのは国際会議の発表の後、「桜の咲くころ」だそうで、余裕をもってこの国際会議の口頭発表に臨める状態ではなかったと思う。

もちろん部分的な結果が出ていたとしても、当然本人がこのような大きな国際会議に自ら応募することはない、というより修士1年生がこの国際会議の存在を知っているかどうかだって怪しいだろうと思われるので、これは指導教員等の後押しがあったと考えるべきだろう。しかも彼女は英語で論文を書いたこともないし、口頭発表が決まってから英会話教室に通うくらいだから決して英語が得意というわけではなかったようだ。もし概要の締め切りが守れたとしても、とても筆頭著者の小保方氏本人が書いたとは思えない。何かしらの彼女以外の「大きな力」がこの業績には働いたと考えても不自然ではないと思う。この国際会議のオーガナイザーは調べる術がないので何とも言えないが、そういうツテが関係者にあったのかもしれない(Invited speakerになっていたとしたらそれはまたすごいツテだ)。もちろん共著論文だから口頭発表のお膳立てを小保方氏以外の人がやっても問題はないのだが、やはりこの国際会議の発表も学振の締め切りを意識し周囲がかなりのお膳立てをした結果ではないだろうか?


[3] 考察:不運と幸運の背中合わせ

今回の仮説を短く言うと「学振の申請に間に合わせるように周囲が頑張りすぎたのではないか?」ということだ。論文のアクセプトが8日で来るように政治的に動いたとしても、大きい学会に口頭発表者としてねじ込んだとしても、他の学生からしたら不公平に感じることだろうが決して悪いことではない。僕は仮説に対して、もし本当なら酷い!と言いたいわけではなく、この仮説が正しければ、それは小保方氏の成長に関して悪い方向に転がったのではないかということだ。おそらくだが、こんな政治的活動は学問の世界で多かれ少なかれやられているに違いない。身の丈以上の身分や実績、肩書がつくのは決して悪いことではなく、それらが成長を手助けすることさえある。だが、revise無しの掲載決定はレフェリーレポートを読むチャンスを彼女から奪っているし、Editorとの手紙のやり取りだってもちろん勉強の一つになるがそのチャンスも奪われた。「論文なんてしばらくは周りの人が面倒みてくれるだろう」などという誤解をしたとしたら、それこそ良い影響であるはずがない。全ての結果がちゃんと出そろい論文を書き上げる前に学会等の発表に応募することはベテランの研究者なら本人の責任でやることはもちろん多々あることだが、それを修士1年から2年の最初にやらせたとしたら、研究業績の一行としてはかなりの貢献になったとしても小保方氏のためになることであったろうか?

小保方氏は学振のDC1に採用されたことを「幸運」と書いているが、くじが当たったような幸運と捉えていたとしたらそれはかなり不幸なことだったと思う。学振の応募書類を多くの人のおかげで充実させDC1に選ばれたわけだが、彼女にとっては幸運と背中合わせになった不運を一緒に担ぎ始めたようなものだったと思う。

「あの日」を読むと小保方氏は研究にものすごい情熱的で実験が大好きだったようだが、それは学者の仕事の一部でしかない。学者は研究する人ではなく、研究成果を出すべき人のことだ。研究成果とは新発見という行為ではなく、新発見の発表であり、つまり論文のことだから研究者というのは大雑把にいうと文筆業なわけだ。小説家は絵空事でも売れる物を書くことが使命になる一方、学者が書くものは売れる必要はないが新事実である必要があり、実験などの研究行為はその裏付けになるに過ぎない。僕も理系の人間だったからわかるのだが、こんな簡単な事実は案外早いうちから認識できないものだ。一生懸命実験をしていたら考えられる全てのものを手に入れた彼女は「このままでいい」と思い、不幸にもそれを修正する機会が極端に少なかったのだと思う。もしそうならば、僕が彼女に感じていた違和感である「幼稚さ、未熟さ」の相応の理由になるし、疑惑が最大になった時点で「STAP細胞はありますか?」という記者の質問に「STAP細胞はあります!」というノー天気な答えも納得できる。あのとき「論文が取り下げられた今、STAP細胞があるということは私の口からは申し上げられませんが、再現実験に真摯に取り組み私が見たものが一体何だったかを、またご報告できればと思っています。」と言えるところまで彼女が成長していれば色々と状況が変わったのかもしれないと思えるのは僕だけだろうか。


今後の「安楽椅子でSTAPを」は一旦小保方氏から離れて周囲に目を向けてみようと思う。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

2017カミさん初陣のタマゴタケ料理

2017.08.26 10:50|カミさんの狩りのはなし
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とタマゴタケファンの皆さん~

今日は相も変わらずの

タマゴタケ料理ですよん

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先日のキノコ狩りで採ったタマゴタケのお料理の記事です。まぁ、定番ばかりなんですけどね。タマゴタケの旨味はヤマドリダケモドキには及びませんが良いところもたくさんあります。大量に使うとちゃんと旨味も香りも感じることができますが、ちょっと使うくらいだとあんまり美味しいと感じないと思うので、レストラン向きではないですね。それと足が速いのでこの点もレストランでは使いにくい理由だと思います。沢山採った場合は僕はソースにしおいたり、冷凍しておいたりしますが、やっぱりフレッシュなものには一歩及ばないです。

さて、タマゴタケを見つけるとうれしいですが、その中でも、

タマゴタケの卵20170823

幼菌

はものすごくテンションが上がります。本当に卵みたいでしょう?このキノコの卵の中に真っ赤なキノコが入っていればタマゴタケ、真っ白なキノコが入っていれば「ドクツルタケ」という猛毒キノコです。ドクツルタケは食べてから一日で腹痛や下痢を起こしますが、なぜか一旦なおります。しかし、一週間ほどで、今度は黄疸、肝臓肥大や胃腸からの出血が起こり死に至るという猛毒かつ極悪なキノコなので間違えたら大変!だから、これを見つけたらまず中を確認します。大抵はタマゴタケの成菌の足元にあるものを採るのでタマゴタケなんですけどね。この幼菌、生を刻んでサラダにするのも美味しいのですが、今回は他の小さなタマゴタケと合わせて、

TT天ぷら20170820

タマゴタケ天ぷら

にしました。ん~実に美味しいですよ。塩で十分美味しい。香りもうま味もいい感じです。

タマゴタケの軸は傘にくらべて随分細くみえますが、中身がスカスカのもあれば、ぎっしり詰まっているものもあります。ぎっしり中身が詰まって重いやつは、やっぱり

TT軸天ぷら20170820

天ぷら

にしちゃいました!!!あははははははは。こりゃまた傘とは違う美味しさなんですよ。シャキッとする歯ごたえがありましてね。今回かなり「良い軸」があったので沢山揚げちゃいました。写真のように井桁に積むほどです。

さて、主夫太郎家のスペシャリテの一つにTTGがあります。TTGとはタマゴタケご飯のこと。これだけはタマゴタケをケチると美味しくもなんともない残念な料理になるので、この際、しっかりと使う量をお見せしようと思います。お米1.2合に対して、

軸刻み20170820

軸をこれくらい

入れましょう!これを研いだお米に乗せるのではなく、お米に埋め込みます。それからの...


TTGまだまだ20170820

傘乗せ!!

こんなくらいしないとタマゴタケの実力が発揮されません。やはり白米というのはそれだけで美味しいですからね。それに力を与え対等に振舞うとしたら、タマゴタケの淡さからいうと妥協していたらダメです。もちろん、

TTG仕込み20170820

炊飯器いっぱい!!

タマゴタケをギュウギュウいれます。タマゴタケは水分を結構もっているので、一割近くお水を控えた方がいいとおもいますよ。


仕上がりTTG20170820

仕上がりはまぁ、こんな感じ

器TTG20170820

頂きます~~~

ん~主夫太郎はこの写真みるだけでよだれが出そうですが、なかなか伝わらないのが残念です。

さて、前回のショートパスタに続き、綿棒をつかってまたパスタを作ってみました。昔うどんを打ってたことがあるからそんなに難しくはないですぞ。

手打ちパスタ20170820

うどんと違って卵を使うのでほんのちょっと黄色いですが、これをタマゴタケと合わせるともっと黄色くなります!

TT生パスタ20170820

タマゴタケフィットチーネ

です!この黄色はほとんどタマゴタケから出てますよ!国産パスタ用小麦、ルルロッソを色々研究中なんだけど、この日はいまいち旨味が乗らず。塩が少なかったんだと思いますね(うどんもお塩少ないと粉の旨味が乗らないから)。でも美味しい歯ごたえでタマゴタケの力のおかげもあって満足。少しづつ改良してゆこうと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。