04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

再び潮干狩り~カミさんも参戦~

2017.05.28 13:44|カミさんの狩りのはなし
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とシヒオヒガラーのみなさん!!

また行ってきましたよん

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この前の潮干狩りってのは人、人、人といった感じだった。ところが師匠が翌日、休日に行ってみるとさらに人、人、人という感じだったらしいので、「これは平日がいいなぁ」ということで、今回の潮干狩りは平日になった。猟友も羨ましかったらしく、休みを取って、カミさんも当たり前のように有給休暇に豊漁の希望を乗せて参加する予定となった。

ところが、前日師匠から電話がかかってくる。

「主夫太郎、明日雨だぞ」

そんなくらいで潮干狩りをやめるってなったらカミさんが怒り狂うが、師匠の意向に逆らうわけにもいかない。

「師匠、やめるんですか?」

と恐る恐る聞くと

「いや、どうせ潮干狩りなんて濡れるんだからカッパきてやればいいと思うよ、俺は」

なんていうから一安心。師匠なりに気を使ってくれたらしい。

「明日、雨ってなると人がすくないですかねぇ。」

「うん、いくらか減るんじゃないかなぁ」

なんて希望的観測を持ち出かけていってみた。その希望的観測は.........

絶望20170528

絶望の図

のような幸せとして的中。実に人がいない、心地よい潮干狩りになった。雨に煙る東京湾に一人絶望したようにしゃがみ込む主夫太郎だが、もちろん、アップで見てみると.....

真剣だ20170528

真剣に幸せ

を感じてますよ。ここに幸あり、貝もありです。カミさんももちろん黙々と貝を掘り起こし写真を撮るヒマもおしい様子でしたぞ。まぁ、しかし、こんなに雨のなか真剣になっているなんてどうかしてるの?なんて思うかもしれませんが、この砂の中には、

大アサリ20170528

大アサリ

が住んでますぞ!雨なんか平気!!

今回は前回の反省を生かして、カミさんがネットで見つけたカートを購入。やはり重たい貝を引きずってくるのは大変ですからね。120キロの重さまで運べるカートがこちら

カート20170528

秘密兵器!!

実際は120キロはきついかな。4輪ちゃんと向きを変えられるのだけど、やっぱり重たくなるとちょっと無理がかかる様子。あさりだけならいいのだけど、初めてきた猟友が、おおきなホンビノス貝をとるのに夢中になっておけつを水に漬けてまで必死に採取したため、ものすごい漁果になりカートも悲鳴を上げてた感じ。それが、

4人で20170528

4人でこちら!!

僕はカミさんと二人だからこの半分をおうちに持ってかえりました。お料理編はまた後程ね。


しかしまぁ、教科書に偉そうに大森貝塚なんて載ってるけど、あんなもの外人でもなきゃ発見できないでしょうな。モース君が貝殻の地層を偶然発見したなんてことらしいですが、何が悲しくて他人の食べカスなんぞをひっくり返そうと思ったのだか。貝殻をほじくり返すのは考古学者先生にでも任せて、僕らは中身の入った貝をほじくるのに今後の一生をささげようと思いますよ、まぁ、年に3回か4回くらいだけどさ、あはははははは。






スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

アサリのお料理をいくつか~「手をかけない贅沢」してみました~

2017.05.15 11:13|カミさんの狩りのはなし
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とアサリファンのみなさ~ん!!

工夫もないアサリ料理だけど

よだれがでちゃうぞ!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

潮干狩りに師匠と行ったのが遥か昔に感じるけど先月の28日だからまだ20日も経っていないです。それからしばらくゆで汁とむき身でアサリを楽しんでいたけど、次回の潮干狩りの計画が具体化したあたりから大事にせずにジャンジャンたべて今はもう何も残っていないです。昆布などと合わせても相乗効果はないし、そもそもエグイくらいうまみがあるものだからシンプルに使っていて、なんの変哲もない料理を作り続けたけれども、まぁ、それはそれで良いかなと思っています。

そもそも少ししかないものは幾らでも手をかけるのだけど、沢山あると「手をかけない贅沢」ってのがたまらないです。きゅうりだって、スーパーで3本180円なんて値段で買ってくると、さぁ、どうしたものかと色々手間をかけますが、実家から山ほどもらってくれば冷やして舟形に切って味噌付けてビール!きゅうりでおなかいっぱいにしよう!!という具合になりますね。これを贅沢と思えるようになったのは東京ハンター生活を始めてからでした。

さて、そんな敢えて手をかけない贅沢の究極といえば、

アサリご飯ジャー20170515

アサリご飯!!

ですかね。あさりのだし汁のエグさを見ながら水で割り、お醤油をわずかに垂らしてお米を炊きます。みりんも加えて甘みを加えたり、生姜を加えてさわやかさを出せばそのまま食べられる美味しい炊き込みご飯になりますが、他のおかずも食べることを考えて「炊きっぱなし」という感じにしました。あさりの汁としょうゆで炊きっぱなして、むき身は食べる10分くらい前にいれて温めるだけ。ふっくらできたところをお茶碗に....

アサリご飯盛り20170515

アサリご飯の大盛り!

まさに手をかけない贅沢ですよ。余計なことをしないから「そこはかとなく美味しい」、という贅沢。手をかけないってなればまだまだありますぞ。飲んでいて、「なんかコバラです」ってカミさんが言ったら炭水化物の出番!!そういわれてから炊き込みご飯をつくるのは時間もかかるから、あまった材料で

リゾット20170505

アサリとトマトと栗のリゾット

です。チーズなんてなかったから無い材料は無視して、あまりものを入れっぱなし。ご飯も炊いてないから生米炒めて作る簡単なやつです。リゾットを炊いたご飯から作る方が多いそうですが、実際そっちの方が面倒ですね。ご飯を浸す美味しいスープを作らなきゃならない。お米を炒めてつくるリゾットは油とお米とお塩が調和すればいいだけだから本当に簡単です。

と、簡単といえばこれほど簡単な料理があったろうか?っていうお料理もカミさんに好評でした。あさりの出汁、豆腐、ネギ、片栗粉、塩だけでつくる

アサリ汁湯豆腐20170515

アサリ湯豆腐

です。作り方はご想像の通り、アサリのだし汁で豆腐をじっくり煮込み、塩で味を調え、片栗粉でとろみをつけてネギをたっぷりまぶします。むき身がなくなっちゃったから豆腐使ったってだけなんだけど、片栗粉のとろみが豆腐とよくあうお酒のメニューですよん。

「手をかけない贅沢」いかがかな?人気お料理ブロガーが言ったら瞬く間にひろがりそうな「手をかけない贅沢」というコピーですが、44歳のオヤジがいうと全然流行らなそうですし、そもそもうさん臭い。多分人徳の無さも手伝っているのでしょうな、あはははははは。

テーマ:主婦の日常日記
ジャンル:日記

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

モリーユ狩り続いてます~ハンター生活もちょっとお休み~

2017.04.17 10:01|カミさんの狩りのはなし
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

キノコ好きですか?

ムクムクとキノコが立ってきましたよん

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

耳の状態は毎日変わるけども、睡眠不足などはとくに悪い影響を与えることが分かってきました。今年はキノコ狩りもブレーキをかけ気味です。先日、土曜日曜も無理をせずに過ごしました。

とはいえ、一年に一度しかないキノコのシーズンですからちょこちょこした外出は多くしてます。美味しいキノコを効率よく取れるようになるためにはキノコ狩りだけでなく、キノコの観察も必要で空振り覚悟で出かけてみたり、わざと残しておいたキノコを観察しに行ったりと、まだ3年目の僕らには色々とやることがあります。平日カミさんはキノコ狩りに出られませんが、データ管理や記録を丁寧にやってくれており夫婦でああでもないこうでもないと議論ができるので楽しいです。やはり考えるというのは面白いもので、少しづつ色々なことが分かってきました。例えばシーズン最初の方に採れるキノコですが、

ブラック20170417

シーズン最初の方のモリーユ

アミアミした部分、筋の部分が黒いものが多いです。右の一番下にあるやつだけが、筋の部分が黄色く(写真では白に見えますが)最初のころはほとんど見かけません。僕らは分かりやすくブラック、イエローと呼んでいますが、ネットのキノコファン達もそんな呼び方をしているみたいです。

そして先週のとある日、シーズン半ば過ぎになったあたりでは、

103本20170417

シーズン半ば過ぎのモリーユ

ほとんどがイエローになってました。写真の右端にわずかにブラックがありますが、もうほとんど見かけません。ちなみにイエローとブラックでは味の違いをそれほど感じません。こうやってみるとキノコは大小様々なのですが最初から小さいものはそんなに大きくなりませんし、大きいものは出始めからかなり大きいです。観察してみると、確かに少しは成長するのですが最初から大きくなる上限(キノコの才能)みたいなものは決まっているみたいで大事に取っておいても大抵は大きくならずに干からびてしまいます。

ブラックもイエローもそれぞれのシーズン後半の方がキノコ自体は大きくなりますから、キノコの大小は菌床の大小で決まるのかもしれませんね。もちろんキノコ学者ではないので、顕微鏡を使ったり、菌床ごとごっそりスコップで持ってきたりはしませんが、そこそこ楽しい予想をしながらシーズンを楽しんでいます。今までの経験だと、およそ一か月ほどキノコ狩りを楽しめるみたいですね。

~~~~~~~~~~~

キノコ狩りをセーブした週末でしたが、カミさんがつまらない週末を過ごすのは気の毒なので、庭にある葉桜をみながら宴会をすることにしました。

ベランダで七輪20170417

今年購入した七輪はもう何度か使っていますが、大活躍です。自家製リンゴジュースとボウルに作ったままのサラダをベランダに持ち出し、この日はジビエではなく干物を焼いて日本の春を満喫。桜の花はあってもなくても、ゆっくりと春の日と温かい風に身をさらすのは気持ちの良いものですね。

目光20170417

メヒカリの一夜干し

は脂が乗っておいしかったです。ハタハタもいい脂の乗りでした。煙が出ると近所から苦情がでるでしょうから、網を持ち上げて遠火にしたりして楽しいひと時。東京ハンター生活、まぁ、一年中ハンターはできませんからこんな休日も良いのではと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

もう出た!モリーユ!!~カミさんおねだりの一品~

2017.03.17 17:05|カミさんの狩りのはなし
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とキノコ好きのみなさ~ん!!

もう春が来てますよん!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

狩猟期間が終わってからすぐ、カミさんは「次はキノコだよ!次はキノコ!」と言ってニコニコしていたが、もちろん猟期が終わる2月15日からすぐキノコは採れない。まぁ、獲れるかもしれないが、それは僕らが年の最初に狙うモリーユではない。3月に入るとさらにカミさんはキノコキノコキノコと熱にうなされたようにキノコの話をしだすが、こればかりは生えない限り僕が頑張っても仕方のないものだ。

今年の狩猟期間も土日はカミさんをほったらかして出かけて行った分、もちろん狩猟期間外はカミさんの言うことを聞いてやるつもりではいるが、時期でないキノコを探すのはとてもつらいものだ。一回ポイントまで見に行ったがやはりなかった。そりゃそうだ!去年より2週間もキノコ狩りの時期としては早いのだから。

と、ある日、カミさんがまたキノコの話をする。「そろそろかなぁ」、「もう出てたらどうしよう?」、「今年は沢山採って沢山干すからもう一つ網を買おう!」なんて言い出して、まぁ、それならもう一度だけ見に行ってあげようとおもい、ダメ元で行ってみたら、3月16日のお話し、

2017初収穫20170317

あった!!!!

まさに奇跡か?幻か???ん~春の神様がカミさんの熱心さにやられて一足さきに吐息を一つふ~っと、僕がゆくキノコポイントに吹きかけてくれたのだろうか...とにもかくにもこの日はお祝いとなりました。最初のキノコということで、フレッシュのままいただきましたよ。

フレッシュモリーユ20170317

フレッシュモリーユのクリーム煮

もちろんカミさんは笑顔いっぱいでキノコを口に運んでました。もうキノコの季節がはじまったのだとすると、主夫太郎、またまた大変な時期が始まっちゃいました。まぁ、幸せですよね、だって去年と同じ季節を元気なまま迎えられたのだから。カミさんと神様に感謝しながらキノコ探しの日々がまたはじまりそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

夏キノコ狩りに出動~2016・夏~

2016.06.24 09:24|カミさんの狩りのはなし
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とキノコ好きのみなさん!!

夏、始まりましたよ~~


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

カミさんが去年の手帳を見ながら難しい顔をしていたと思ったら、

「キノコ狩りの季節が近づいてるね」

と言う。僕としては都合と天気が合わずに鮎釣りにもまだ一度も行ってないから、キノコ狩りという発想はなかったがそういえばそろそろだ。ただ、関東で6月20日となると夏キノコとしてはものすごく早い。世の中のキノコマニアの中には、「この地域で一番最初に探してやる!!」という意気込みの人もいて、そういう人達にはちょっと遅いくらいかもしれないけども、何にしろ食べることを目的にしている主夫太郎家としては、ガソリン代をかけて出かけるので早さよりも効率!だ。でも、この効率を上げるのは経験が必要でキノコ狩り2年目の我々としては未来への投資という位置づけでキノコ狩りというよりは「偵察」に、主夫太郎1人で出かけることにしました。

あさ3時起きして出かけ足を使って偵察です。朝早く出かけるのは暑さを避けるのと、キノコを食べる虫が活発になる前に収穫するのが理由です。久しぶりのお狩場を観察しながら歩いていると......

キクラゲ20160624


キクラゲ発見!!

おお!主夫太郎はじめてのキクラゲです。カミさんは去年見かけていたらしいのですが採らなかったみたいです。放っておけばもっと大きくなるかもしれませんが、道端なのでいつかまた誰かが採っちゃうだろうから頂いてきました。こうなると元気100倍!!足取りも軽くなります。

すると、なにやら怪しいキノコが!!と思って手に取って裏側をみると、

ドクヤマ20160624

怪しい模様!

写真では黒く見えますが濃い青です。キノコには詳しくないので分かりませんがこの青から考えると二種類考えられます。一つは「ドクヤマドリタケ」。もう一つは「イロガワリ」です。厄介なのはドクヤマドリタケは毒キノコですが、イロガワリは食べられるキノコなのです。こうやって分からないときはもちろん「食べない」という選択をしますよ。命あっての物種ですから。ちなみにこの青い模様は傷をつけると出てきて時間が経つと濃くなります。試しにやってみると、

ドクヤマ断面20160624

切ったばかりの断面

青変20160624

しばらく経って青が濃くなる断面


です。自然界にこんな青があるんですねぇ。いや~仮に食べられる方のイロガワリだったとしても怖いですよ。と、こんなものを見ながら歩いていると.....

ヤマドリ発見20160624

ヤマドリタケモドキ!!!

発見だぁ~~~~。これが今回のお目当てです。偵察だけではなく実際キノコが採れました!!しかも大きい!!なんでもヨーロッパにあるセップの亜種らしいですが、まぁ、美味しいキノコですよ。状態の良いのだけを採取してきましたぞ。結局4時間ほど朝から歩いて一か所だけでした。ということで、

収穫20160624

収穫の成果!!!

です。ヤマドリタケモドキはとても大きいですね。

キクラゲアップ20160624

キクラゲのアップ

を見てみると、結構朽ち木が着いていて大変。まぁ、そういうキノコだから仕方ないです。丁寧に洗います。ヤマドリタケももちろん綺麗に洗いますよ。ヤマドリタケモドキとドクヤマドリタケは傷をつけて判定も出来ますが、見た目でも差があります。それは

ヤマドリ肌20160624

軸の網目模様

です。獲れる場所によってこの網目のクッキリ度合が違って不安になる時もありますし、表面がめくれあがってこの網目が確認できない時もあります。この網目が確認できるとヤマドリタケモドキに確定!!かというと、もう一つ面倒なキノコがあります。それが「ニガイグチ」です。ニガイグチは強烈に苦くて食べられません。実際去年大変な思いをしました。ニガイグチはカサがちょっとだけオリーブ色しているのと、この網目が半分から上にしかないそうです。

さて、こんなキノコを使ってお料理ですよ。

キクラゲ茹で20160624

茹でたキクラゲ

お醤油だけで頂きますが、このコリコリ感はたまりませんよ!売っているのとは全然違う。今度見つけたら絶対取ってやろうと思います。他のキノコと間違えることもないですからねぇ。

ヤマドリダケモドキは....

ヤマドリ炒め20160624

バター醤油炒め

にしました。イグチ系の大きく育ったキノコはどうしてもヌルヌルしますがこれがいい感じのご飯のおかずになるんですよ。

やまどりかけご飯20160624


こんな風にご飯にかけて食べると最高!!です。

沢山獲れたら干したりしようと思いますが、生で食べられるうちは生で食べちゃいます。自然の恵みですからねぇ。キノコのシーズン、はじまりましたよん!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。