FC2ブログ
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カミさん2018最後の出陣~猟期外の反省も~

2018.09.21 06:51|カミさんの狩りのはなし
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とキノコファンのみなさ~ん!!

カミさんの今年の狩りは今回でおわっちゃいました


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回の記事はカミさんの突然の出陣とエゾライチョウのお料理のお話でしたが、中一日あけて翌々日、僕の体調も気遣ってくれたのだけども最後になる予感がしたのでキノコ狩りに出かけることにしました。10月に入ると北海道の狩りが始まり帰京後10日ほどで本州の鹿狩りが始まりますから猟期が終わるまでカミさんとのデートもままならないわけで、家族サービスというよりは猟期前の記念にということで思い切りキノコ狩りをしようということになりました。もっとも思い切りキノコ狩りをするのと、沢山採れるのは別の話で朝早く起きて最初のポイントに出かけるも一つ採れただけ。場所を変えても最初は

テングさん20180919

テングタケばかり

なんて状態でした。このテングタケは毒キノコですが、死ぬほどの毒ではないそうです。もっともこの毒の成分イボテン酸はうま味成分だそうで、腹痛、嘔吐、下痢、痙攣のうえ精神錯乱までするという性質の悪い毒です。茶色いうえに白いポツポツもありこれほど有名な毒キノコもないと思うのですが食べちゃう人も多いみたいです。毒が旨味成分ということもあり美味しいからついつい食べちゃうのかもしれませんねぇ。しばらく歩いてゆくと、

カビカビ20180919

カビだらけのムラサキヤマドリタケ達

が沢山いました。ん~前日ならムラヤマ祭りだったに違いないのに、みんなカビが生えちゃってます。ちょっと見えにくいと思うので、次の写真でキノコに丸をつけましょう。

カビカビB20180919

ダメなムラヤマさん

「昨日くればよかったねぇ。」

「でもそれは仕方ないねぇ。神様が決めることだから」

なんて会話をしながらポツポツと収穫を増やし、満足気味であるけれどもちょっと物足りなくもありという状態。だけどある斜面にかかったところに

紫群れ20180919

ムラサキヤマドリの群れ

を発見!最後の日にいい収穫になりそうな予感!!分かり易いようにまたまた丸で囲むと

紫群れB20180919

美菌さんたち

テンションがあがりますよ。ここには6本美菌さんがいましたが、アップにすると

紫美菌B20180919

美菌三兄弟1

紫美菌A20180919

美菌三兄弟2

ってな感じ。気付いてみると一日では食べきれない量が収穫できました。

総収穫20180919

最終日の総収穫

はこんな感じ。もちろん美菌さんは

裏白20180919

裏は綺麗な白い色

でしたよ。それから総収穫の写真にもありましたが、

キタマゴ20180919

キタマゴタケも!

採れました。タマゴタケはまず間違えることはないと思いますが(たまにベニテングタケと間違える人もいるみたいですが)キタマゴタケはちょっと注意しないとタマゴタケモドキ、タマゴテングタケモドキという猛毒キノコと間違えてしまいます。この二つ、食べてしまうと大変で、幼菌一つで致死量の毒を含み、しかも解毒剤がありません。キタマゴタケだけは採れてもカミさんと必ず相談します。鮮やかな黄色なら大抵大丈夫ですし淵に溝があるから大抵大丈夫なんですが、幼菌が難しいですねぇ。この写真は大丈夫、だって僕はこうやって生きてますから、あはははは。

さて、カミさんとも話をして、今年はこれでキノコ狩りはおしまい。10月の猟の準備に移行します。

カゴ干し20180919

カゴを干して道具に感謝

し、もちろん安全にも感謝します。お料理編は次回へ。

~猟期外後記~

今年は猟期外にカミさんに十分なことをしてやれなかったと思う。原因の一つは猟期がのび去年まで2月15日が最終猟日だったのに今年は一ヵ月後の3月15日になったということ。疲れが抜けないとやっぱり体調も戻らないですし、3月末にはアミガサタケ狩りがはじまりますから「猟」が4月いっぱいまで終わりませんでした。猟期が伸びてカミさんが楽しみにしている燻製作りが忙しくなったりアミガサタケ狩りで僕が疲れてお友達を招いてのパーティーも開く余裕が殆どなかったし温泉なども連れてゆけず春の楽しみが殆どなくなっちゃいました。今年はカミさんのお願いで体調を考慮して2月いっぱいで猟をやめて欲しいとのこと。結婚以来カミさんがこんなお願いをするのは初めてだからこれは真剣に聞かないわけにいかないです。2月中旬以降は巻狩りだけなので3月はお休みさせてもらおうかと思ってます。

渓流釣りに行けなかったうえに、台風連発のために喘息を起こし、酷暑が重なり体調を崩したから鮎釣りも十分にいけなかったです。鮎の炭焼きを丁寧にできたのはよかったけどもう少しお魚を食べさせたかったなぁ。海釣りも一回だけだったし。もっとカルシウムを取らせたかったかなと。キノコはあんまりいい年ではなかったけどそれでももう少しできた気がしなくもないなぁ。それと新しいことに挑戦できなかったのは悔しいです。来年はもう少し頑張りたいです。

来年は5年に一度の海外旅行で、GWをまたぎベルギーとフランスに行く予定ですが、オランダ語の教科書などちょいと眺めてます。ヒアリングなどは難しいにしろ筆談や料理のメニューくらいは読めるようにしとかないとねぇ。フランス語は「星のおうじさま」でもよめるようになりたいけどちょっと難しいかな。








スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

カミさん怒りのキノコ狩り~主夫太郎、ライチョウ茹でる~

2018.09.18 08:59|カミさんの狩りのはなし
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とカミさんファンのみなさ~ん!!

今日はカミさん、怒りのキノコ狩りのお話


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

実は1週間以上風邪をひいてました。咳が夜とまらないので寝不足になり体力がおちて行きます。鼓動が激しいので体重があっというまに2キロ以上減りました。とにかく最近の医者は強い薬をくれません。2度目行ったときに「薬がきいてません」って言うと「効いてないってことはないよ、薬のんでるんだから」と。別の医者に行って弱い薬を飲まされて苦しんでると訴えると「あの先生なら間違った処方をするとは思えないです。薬飲んでなかったらもっとひどい熱と咳だろうから、薬は効いてます」とのこと。意を決して元の医者にもどり、「薬が効いてないです。一週間寝てないです。カロナールとコデインリン酸出して下さい。もし出せないなら病気治さなくていいから寝せて下さい」というと、わかりましたわかりましたといい「抗生物質もすごい強いの出しておきます。もう、ほぼ体の中、無菌になっちゃいますよ。3日分は出しすぎってくらい強いですけど、3日分だします。」とのこと。ん?体の中が無菌だと問題あるのか??ってか、今までの薬は菌を殺してないのか???と驚きを隠せないまま家に帰ってきて薬を飲んでみると2日目に9割方よくなりました。3日目、念のためお薬を飲んでゆっくりしようと思った3連休初日、ちょいっとSNSを見たら北海道のお友達がタマゴタケを収穫してました。それを後ろからみていたカミさん。

「え!○○さん、北海道なのにタマゴタケ採ってるの?」

「そうだねぇ、あんまりタマゴタケ採ったって話きかなかったけど」

「.......嫁もキノコ狩りに出陣します!」

「え?もうお昼過ぎてるよ....」

「出陣です!」

とのこと。抗生物質とお昼寝はお預けとなり(車運転するから薬飲めない)、頭の中でほら貝がプオー!プオー!と鳴り響きました。馬、じゃなくて愛車に乗り込みお狩場に到着すると、

立ってるタマゴタケ20180918

家族そろってお待ちしてました!!

って感じで立ってました。午後に出陣すると朝に出た奴は結構色褪せしていて美味しくなさそうなのもあり、そちらは胞子をだしてね!っていいながら置いてきていいところばかりを頂き、1時間ほどであっという間の

タマゴタケ収穫20180918

タマゴタケ大収穫!!

とあいなりましたぞ。ん~、しかし他人の採ったタマゴタケが羨ましくなって怒りの出陣というのは戦国時代だったら国を揺るがしかねない愚策かと思うけども、今回は機を見るに敏、疾きこと風の如く、侵掠すること火の如くというところ。ただ、静かなること林の如くとはならず、お狩場の林ではキャッキャキャッキャと大歓声を上げてました。

出かけてゆくのが遅く、帰宅がもう夜だったのでそんなに手の込んだものは作れません。でも、なんとなくキノコ狩りの予感もしてたので、風邪をひいているのに3日前くらいにエゾライチョウを冷凍庫から出しておきました。エゾライチョウと合わせるのは、

大きな幼菌20180918

幼菌さん💛

です。幼菌というのは中で腐っていることもありますが、状態がよければ虫が全く付いておらず掃除したあと生で食べられます。

幼菌きざみ20180918

幼菌を刻んで

タマゴタケライチョウサラダ20180918

タマゴタケとエゾライチョウのサラダ

ですぞ。塩、オリーブオイル少々、コンテと生胡椒です。今回、僕にとってはかなり冒険のお料理でした。このあと天ぷらを食べる予定だからなるべくなら加熱した油の摂取量を減らしたいと思ったのでエゾライチョウを茹でる決心をしたのです。エゾライチョウを料理したことがある人は分かるのですが、とにもかくにもエゾライチョウは火の通りが早くて、タイミングを逃すとあっという間にパサパサになっちゃいます。お湯をかけてほぼ生で食べる人もいますが、それは流石に避けたい....となると本気の火加減勝負しないといけないけど、一度もやったことがない.....ん~怖いですね~。塩をしたら胸肉をなるべく同じ大きさに切り旨味が逃げないように片栗粉をはたきます。厚みのある上部を最初に投入し、次に胸肉の下部、最後にささ身を投入します。投入するたびに温度が下がり切らないように一番大きなお鍋にたっぷりとお湯をわかしコンロは全開です(片栗粉が膜を作ってくれないと台無しですからねぇ)。胸肉上部は30秒弱、下部は20秒、ささ身は15秒で一斉にお湯から上げて、余熱で20秒ほど。そのあと水でさっと表面の熱をとり内部の熱にまかせました。そんでもって、

ライチョウ茹でる201809180

こんな感じ。

ん~実にたまたまいい感じで仕上がりましたよ。カミさんもこのお料理の出来が気に入った様子で、「天ぷらはこのお料理が食べ終わってから準備すればいいから、一緒に座ってゆっくりたべましょうよ」と言ってくれたので久しぶりに宴会料理の一品目だけども2人でゆっくり元リンゴジュースをのみながら頂きました。

お皿を洗ってちょっと間がのびたけども、天ぷらの用意して、

タマゴタケ天ぷら20180918

タマゴタケの天ぷら

を揚げます。ん~高級天ぷら屋さんでもこんなのは出てこないですぞ!軸の一本揚げもしますが、沢山あったのでカミさんも飽きちゃうだろうから、ちょっと目先をかえて、

軸のかきあげ20180918

シラスと軸のかき揚げ

にして、ちょっと雰囲気を変えたりしました。天ぷらに合うタマゴタケの大きさってのがあってあまり大きいと虫出しするときに水を吸い過ぎちゃうのでからっと揚がってくれないですねぇ。最近は大きいのはタマゴタケご飯専用になってます。



テーマ:主婦の日常日記
ジャンル:日記

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

カミさんの指令でキノコ狩り・2018真夏(2日目)

2018.08.17 07:23|カミさんの狩りのはなし
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生と気のファンのみなさ~ん!!

カミさんの指令で出動したキノコ狩り、

2日目は十分な量でしたよ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前回の記事でお知らせしたとおり、キノコ狩り一日目の夜、

明日は私も出陣します

と宣言したカミさん。午前4時のアラームにいくらかぐずったものの予定通り出陣。最初のポイントに到着すると....

双子紫20180811

ムラサキヤマドリタケ

を発見!!かなりの綺麗なキノコでしたよ。綺麗なキノコのことを我々は「美菌さん」と言いますが、最初に見つけたキノコが美菌さんだったのはよかったです。サマーセップと呼ばれるヤマドリタケモドキも狙ったのだけどもこの日はいらっしゃりませんでしたねぇ。最初のポイントはこのざっと見てこの2本だけでしたから早々に引き上げることにしました。次のポイントに向かうと、

三つ子紫20180811

黒い三連星発見!!

ん~権利関係がややこしくなるので画像はご紹介できませんが、まさにガンダムに登場する3体のドムを彷彿させますよ。その後もそこそこみつかり、終わってみると

紫全部20180811

十分な収穫量

でした。

どでか20180811

こんな大きいものも!!!

あれ?茶色じゃん!って思った方もいると思います。折角なんでちょっとだけ真面目にムラサキヤマドリタケを説明しますかね。まぁ、我々が見間違わないくらいだからまずこのキノコの同定に困ることはないと思いますが、以下3本ともムラサキヤマドリタケです。

紫年齢20180811

右が一番若く左が年寄り

です。年を取ると、傘に黄色い斑点がでてきて、それにともない傘の紫色も褪せてきます。茶色に見えたりしますが軸は紫のままなのでまず間違えることはありません。紫色のキノコは他にありますが、紫色の毒キノコを図鑑で見たことはないですねぇ。ひっくり返してみましょう。

紫ひっくり20180811

若い程ウラが白い

です。一番左のは傘の下に生えている管孔を取らないと気持ち悪くて食べられないですねぇ。この管孔の中には年を取れば年をとるほど虫が沢山住んでます。若いキノコの管孔には虫が入り込む隙がなく殆どいませんが、水につけて虫出しすると少しは出てきます。管孔を取ってしまうと傘の部分はいくらもたべるところがないので、大きく見えても「一個でお腹一杯」ってことにはならないですね。真ん中の奴はギリギリ管孔をとらなくて済む感じですね。今回、

美菌紫20180811

このキノコたちが!!

裏紫美菌20180811

全て美菌さんでした!!

お料理はいつものなんですけど、一応記録として載せておきましょう。


パイツボ2種20180811

パイツボ2種

です。ん~パイが紫色になればいいのだろうけど、市販のパイ生地だからねぇ。紫芋のパウダーでも振ればいいのかもしれないけども、焦げて黒くなりそうだからやめました。2種という限りは中身も違うのだけど、写真では分かりにくいかな。

鳩砂紫20180811

鳩の砂肝と心臓とムラサキヤマドリタケ

を使いましたが、今回の一番の発見はこれ!鳩の内臓はパイで閉じ込めるといい香りがしますよ。ニンニクと胡椒は使いましたが、鳩の香りがいいですし、キノコとも合います。鳩は実はかなり美味しい食材なんですけども、日本ではあまり食べられませんよね。

鹿クリーム紫20180811

シカのクリーム煮とムラサキヤマドリタケ

このパイツボは、まぁ、美味しくないはずはないですがもう我が家では当たり前の組み合わせになりつつあります。

管孔というのは結構ヌメリがでていい感じのソースになったりします。

紫パスタ20180811

自家製ベーコンと美菌さんの手打ちパスタ

はカミさん喜んでくれましたねぇ。美菌さんは歯応えもしっかりしてるし、軸も美味しいしいい感じのソースになります。バターを落としてもよかったかなぁ。何よりもキノコ山盛りで、手打ちパスタも無駄にならずに済んでよかったですよ。次回のキノコ狩りはもう少し色々な種類のキノコ採りたいなぁ。

そろそろ東京でもわずかながら「秋」を感じるようになりました。猟をするようになってから本当に一年が早いです。今年は酷暑のせいで夏の活動量も少なく本当に駆け抜けるような夏でした。もう猟の準備始まってるんですよ。北海道の飛行機とったり、宿とったり、レンタカー予約したり。その前にもう一度タマゴタケ採りたいなぁ。


テーマ:主婦の日常日記
ジャンル:日記

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

カミさんの指令でキノコ狩り・2018真夏(1日目)

2018.08.13 06:40|カミさんの狩りのはなし
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とキノコファンのみなさ~ん!!

カミさんの指令に従ってキノコ狩り出動してきました!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
カミさんが去年と今年の手帳を並べてにらめっこをしているので「ああ、これはいよいよ出動命令が来るだろう」と思っていたら、予想どおり「明日、ちょっとキノコ狩りに行って下さい」という要請が来ました。この要請は台風が関東に来たときに予想していたので、台風が来た日はキノコ狩りに備えてパスタを手打ちしていたのだけども、「キノコ出るかもしれないから、手打ちパスタを作った」というと、「じゃぁ、キノコ狩りに行って!」と順番が逆になるおそれもあるので黙っていました。気温の変化や雨の量に気付いたカミさんはやはりウキウキしているけども、僕自身は「涼しかった日がもう一日あればなぁ」というのが正直なところでした。でも、台風のせいで鮎釣りができるわけでもなく体もなまってきたので僕はキノコ狩りというよりデータ取りのつもりで出かけてきました。今回はちょっと温かい南の方に出動しましたぞ。

地面の水分は十分だったけど、ちょっとだけ気温が高く感じました。あと一日涼しければなぁって思ったけども、最初に訪れた場所はあと一日くらい涼しくても出たかどうかというくらい予想以上に体感気温が高かったです。それでもキノコの気配が皆無かというと、

色変わり20180811

イロガワリ(だと思う)

は沢山出てました。ヤマドリタケモドキを狙ったのだけども出ておらず、虫にもそれほど食われていないイロガワリがそこかしこにありました。これから考えると、イロガワリはヤマドリタケモドキよりも暑さに強いのかもしれませんね。傘の裏が一部青くなってますが、それは僕が触れたところです。触ると色がかわるので「イロガワリ」と言うのだとおもいますが我が家では食べません(食べられるらしいのですが)。カミさんがこの青い色を気味悪がるのと、ドクヤマドリタケも青く変わるのでそれを避けるためです。もっともドクヤマドリタケは傘の裏の色も黄色ではなく白いですし、滅多にお目にかかれないので(僕はまだ見たことないです)そんなに心配する必要はないんですがね。

キノコの気配があるだけでまぁ、満足しなければならず、

コジュケイ20180811

コジュケイ!

を愛でながらの散歩になりました。ここは禁猟区なのでシーズンになっても獲れないコジュケイですよ。全然逃げない。目の良い人はこの写真から瞬時にコジュケイが見つかるとは思いますが如何でしょうか?

収穫もない主夫太郎。歩き疲れて喉も乾き、ジュースを買うことにしました。

当たり20180811

当たり付き自動販売機

で僕はジュースが当たったことがありません。7777と7が四つ揃うとジュースがもう一本もらえるというこのルーレットで、小学生のころ楽しみにジュースを買ったら、711?という状態で?の部分がじれったく動くっていうのを目にして以来一切期待しないようになりました。「二桁目で7じゃないって期待さえ持たせてくれないのかよ!」って思ったあの苦い思い出、今考えると二桁目と三桁目のデジタルが故障してただけだと思うんですが小学生のころ受けた心の傷は大きく、今でも当たる気が全くしません。ガシャリと音がしてポカリが落ちてきてそれを手に立ち去ろうと思ったときまさかのファンファーレ!!!!

2本ジュース20180811

当たりました!!!!!

ん~この場所ではキノコが全然採れなかったけど、ジュースが採れた!!!!気をよくした主夫太郎、もうひと踏ん張りと思い、場所を少し北に変えてもう一度チャレンジします。ジュース当たってなかったら多分ここでキノコ狩りやめてましたね、あははははは。場所を変えると

ドクツル20180811

ドクツルタケ

を発見。ん~これはタマゴタケの予感!!って思ったら、

キタマ20180811

キタマゴタケ発見!!!

沢山生えてますが、結構暑さでだれていて(この時点、午前9時で33度超え)、お家に持って帰って食べられるものは少量でした。でも嬉しいですねぇ。タマゴタケは赤く綺麗ですが、このキタマゴタケも鮮やかできれいですよ。出現数も少なく、これが見つかると主夫太郎もカミさんも大喜びです。味は赤いタマゴタケとかわりませんけどねぇ。

美菌キタマ20180811

キタマゴタケ

はタマゴタケモドキという猛毒キノコと間違いやすいので有名です。死亡例もあるほどのキノコなので気を付けて下さいね。この写真のように傘のふちにしっかりと「溝模様」があれば大丈夫です。傘の裏もキタマゴタケは黄色でタマゴタケモドキは白いのですが、これだけ小さいと傘の裏の黄色もなんとなく白に見えたりして不安になります。

この日は、赤いタマゴタケに加え、いままで見たことがなかったところでヤマドリタケモドキが一つ採れ、

初日20180811

全猟果

はこれだけでした。まぁ、カミさんの予想も当たったし、本来採れそうもない時期に採れたのだから良い日でしたよ。パスタを使うには至らず。

卵炒め20180811

お料理は簡単に!

卵バター20180811

赤黄タマゴタケバター炒め

なんてのは何回もこのブログで出てるだろうけど、この量だとこれしか思いつかないですなぁ。まぁ、これが美味しいのですけど。特に最後に残ったバターが美味しい。

ヤマドリタケモドキは、

ヤマドリベーコン20180811

自家製ベーコンとヤマドリタケモドキの炒め物

ですよ。あはははは。工夫がないでしょう?まぁ、カミさんも楽しんでくれたし。食べ終えてお腹を抱えながらお茶を飲んでた時、

明日は私も出陣します

とノタマウ。えええええええ!!!俺、2日続けて4時起きかよ!!と一瞬思うけれども、我が家ではキノコに関してはカミさんが大師匠みたいなもの。まぁ、キノコに関して言えば孔子様みたいに偉いので、『妻のたまわく、明日、我キノコ狩りに出陣せん。またたのしからずや』という感じですよ。ということで別のところに翌日でかけたのですが、それはまた次回のお話。



~お・ま・け~
コジュケイはここですよん!


コジュケイ拡大20180813



テーマ:主婦の日常日記
ジャンル:日記

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

タマゴタケ2018・狩りはじめ~定番ばかりの食卓~

2018.07.12 08:57|カミさんの狩りのはなし
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とキノコのファンのみなさ~ん!!

毒キノコに見えるっていうタマゴタケ

今年も頂いてます~!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だいたいキノコ狩りの初日というのは獲れないもんなんです。今か今かと待っていて天気予報に気温などをチェックして希望的観測をし「今日が初日に違いない!」なんて思って人間の都合でゆくものだから、たいていキノコの都合とは合いません。やっとの思いで見つけても虫が食ってたり、だれかに蹴とばされていたりとがっかりするものです。タマゴタケ狩りの初日も、カミさんの指示で僕一人で出かけたのですがやっぱりそうなって、小さいのがたった一つだけでした。一つだけじゃ炒め物にもならないしタマゴタケご飯にもならないから、

天ぷらA20180710

天ぷら

にすると、これがやっぱり一年ぶりということもあり美味しい!カミさんも大興奮で「タマゴタケ採りたいな、採りたいな」となって、ある土曜日、タマゴタケ狩りに行くことにしました。そこはヤマドリタケも出るところだけども、ヤマドリタケはゴキゲン斜めで影も形もなくタマゴタケもあまり見当たらなかったのですが、諦めかけたとき、

大タマゴタケ20180710

デカい!!!!

のを一つ発見!!!!これで十分夕ご飯のおかずくらいにはなるのが手に入りました。カミさんも大喜びで笑顔満面、興奮気味。タマゴタケより赤い顔してたような気がしましたねぇ。その後、場所を変えると幾らかみつかり、さらに、

幼菌達20180710

幼菌達も

採れて我が家の食卓に参加することになりましたぞ!!ということで、


全収穫20180710

全収穫はこんな感じでした!!

これを全部一気に食べてしまおうってんだから宴会は早めに始まります。


タマゴタケ定食20180710

タマゴタケご飯と天ぷら

がいきなりのメインですよ、あはははははは。ヒダの部分に衣が入って天ぷらが揚がるころにはヒダの間の衣はクリーミーに外はカリッとするのがいいのだけど、こればかりはタマゴタケの水分量によるのでコントロールのしようがないです。敢えていうと適切な大きさのものを選ぶのがよさそうで、それは今後の課題かな。まぁ、そんなことを言わなくても十分美味しいのがタマゴタケ。みんな毒キノコみたい!っていうけど、そんなこと一度も思ったことありません。美味しそうとしか思いませんからねぇ。

幼菌頭20180710

幼菌の頭たち

はサラダにしても良かったのだけども、どうしても捨てがたい

ベーコン炒め20180710

自家製ベーコンと幼菌炒め

で頂きます。まぁ、パクパクとたべて行きます。ベーコンの脂だけで炒めるのですがね、その脂にタマゴタケの色が溶けだしてとてもきれいなんです。軸はシャクシャクしますし傘は歯応えがちょっとある幼菌独特の感覚。なんといってもカワイイお料理です。

「タマゴタケご飯が残ってたらおかずになって美味しかったのにねぇ」

って僕が言うと、

「ん?少し残ってるよ、タマゴタケご飯」

とカミさんが言います。

「な、な、なに~~~!!」

そりゃねぇ、綺麗にタマゴタケの色が付いたベーコンの脂がお皿にたまっていて、ベーコンもタマゴタケも残りすくなくなり、そこにタマゴタケご飯の余りがあるとなれば、

簡単リゾ20180710

タマゴタケとベーコンの簡単リゾット

ってなるわな。あはははははは。ただ混ぜるだけなんだけどね。これが美味しいんだな。お酒のつまみにもなりますしね。タマゴタケ狩りをしていると、「え!それ美味しいんですか?」って聞かれるんですよ、地元の人に。だから「いや、それほど美味しくないですよ。シイタケとかシメジにはとてもおよびません」って嘘ついちゃいます。だって、地元の人に目をつけられたら勝てませんからね、あはははははは。

嘘つきは泥棒の始まりっていいますが、まぁ、確かに嘘ついて地元の人が採れるタマゴタケを泥棒してる気もしなくもないです。江戸時代だったら盗人っていうんですかね。お白洲に引き出され申し開きを「つ、妻が、食い意地が張ってるので仕方なくやりました....」と、「何?その程度の言い訳でこの大岡忠相が騙せるとでも思うか!市中引き回しの上、打ち首獄門!引っ立てぇ!」なんてことになりそう。

その大岡忠相役の加藤剛さん、亡くなってしまいましたねぇ。綺麗に澄んだ低い声と凛とした姿が実にカッコよかったです。お奉行様と言えば大岡越前と遠山の金さんですが、僕が小さいころは大岡越前は毎日再放送されていて学校から帰ってくるといつもテレビの中には加藤剛さんがいる。榊原伊織役の竹脇無我さんもカッコよくて好きでした。子供の印象だと、大岡越前は毎日毎日事件を解決し(毎日再放送してたから)真面目に働いているのに、遠山の金さんは一週間に一度しか出てこない癖に「遊び人の金さん」とかいって大抵ふらふらと遊んでいる。最初は金さんにあこがれたけども、真面目な大岡越前の方が最後は好きになったかな。

僕もできれば加藤剛さんのような真面目な印象を周りの人に持ってもらいたかったけど....もうだめだねぇ、きっと、あははははは。ご冥福をお祈りいたします。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。