04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2018初の海釣り~キツネダイ以外の漁果~

2018.04.27 07:03|釣りと獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とお魚ファンのみなさ~ん!!

今日はキツネダイ以外の漁果についてです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回に続き、釣りのレポートです。まあ、主夫太郎の余計なおしゃべりはやめて、まず見て貰いたいのが、

アジ20180424

立派なアジ

です。この2尾だけだったんですけどね。立派なアジは釣れるととても嬉しいものですよ。一緒に写っている包丁よりもよっぽど凛としていて包丁っぽいでしょう?ん~アジ使って包丁を三枚におろしたくなるようなカッコいいアジでした。さて、これを

お酒味20180424

るみこの酒とアジの味噌叩き

で頂きました。味噌とネギと生姜で叩くだけですから随分簡単ですが、これがよく日本酒にあいます。ワインが好きになってもう何年にもなりますが、もともと主夫太郎は日本酒派。学生のころは毎日日本酒を飲んで、ほとんど食事をしなかった時期もありましたねぇ。「夏子の酒」という漫画の影響もあり、美味しいお酒を探してデパートで買い物するのが好きでした。この「るみこの酒」のるみこさんは夏子のモデルだそうです。

アジ刺身20180424

アジのお刺身

ももちろん美味しくいただきましたよ。今回の釣りでは沢山釣れなかったけど、

メバル20180424

メバル

も釣れました。美味しいお魚ですよね。

メバル唐揚げ20180424

唐揚げ

は最高ですねぇ。ただ、油けちって小さい鍋で揚げ物するから尻尾が入らなくて切っちゃいました。あはははは。もちろん、

メバル煮つけ20180427

煮つけ

も定番だから作ってます。ちょっと小骨が多いけど煮つけによく合うお魚ですねぇ。

さて、前回美味しい食べ方を発見した雑魚中の雑魚!

ヒメ20180424

ヒメ

はみんなの嫌われ者。小骨が多く面倒なのでみんな釣っても捨てちゃう人が多いですね。そんなヒメですが、丁寧にウロコを取り、三枚におろしてミキサーにかけ、

ヒメすり身20180424

裏ごし

します。小さなウロコや小骨がこれでとれますよ。ここに塩と卵白を加えて再びミキサーに入れミンチにするとこれが美味しいお料理になります。今回は船宿からキャベツをお土産にもらってきたので、

ヒメロールキャベツ20180424

ヒメのロールキャベツ

作りました。もちろんスープは今回釣ったお魚のアラからとったオールスタースープです。まぁ、手間がかかるので捨てちゃう気持ちも分からなくはないですけどね。沢山大物が釣れてるときは特に。ただ、魚屋さんで見かけることはまずないですから釣り人ならではのお食事ですよ。ありがたいことですねぇ。

スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

2018初めての海釣りで初めてのお魚~キツネダイ~

2018.04.25 05:52|釣りと獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とお魚好きのみなさ~ん!!

主夫太郎、このお魚初めて釣りました!!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログでお友達になったyumi家とのお付き合いは有難いことに続いており、今回も海釣りに誘って頂きました。五目釣りで沢山のお魚を食べられないほど釣る!という釣果にはなりませんでしたが、今回楽しかったのは生まれて初めて釣った魚があったということ。メバルなんかより強い引きがあって、何だこりゃ?と思って丁寧に釣り上げてみると、

キツネダイ20180424

何だこりゃ魚

が釣れました。船長も「知らないけど、フエフキダイ系だね」なんて言てったけど、大体今の日本、「系」という言葉が出てきたらまず怪しいですよね。船長のお父さんも「ナポレオンフィッシュ系かなぁ、最近こういう魚多くなったね」とまたまた「系」が出てきて怪しさ爆発。まぁ、僕の「知らない系」のお魚だからお家に帰って「インターネット系」で調べてみると全くわかりません。第一に手がかりがない。「赤いお魚、フエフキ系」とか怪しい系のワードで検索かけても出てこない。ナポレオンフィッシュ系というのも怪しい。海に潜っているお友達に聞いてみても、普通にフエフキダイじゃないでしょうか?というコメント。まぁ、食べたら毒がある系のお魚リストには載ってなかったので、食べてみようと思いそんなことをネットにあげたら、

キツネダイですね

とコメントして下さった方がいました。調べてみるとまさにキツネダイ!!食べられるそうで安心して調理に取り掛かります。切れ端を食べてみるとかなり美味なんだけど、他のお魚もお刺身で食べるのがあって、お刺身ばかりもなんだから〆てみました。〆キツネダイ。少し塩と酢がきつくなったので、みそだれ(味噌と砂糖を酒で溶いて卵黄でまとめたもの)をかけましたぞ。

〆狐魚20180424

〆キツネダイ、甘味噌かけ

です。カミさんは随分このみそだれと〆た魚の組み合わせが気に入ったみたいでしたからまた作ってあげようと思います。このお料理に半身を使ったのですが、もう一方の半身は火を通してみようと思い、ホンビノスを使ったクラムチャウダーに入れて調理しました。

2463改20180424

キツネダイを入れたクラムチャウダー

です。前回の記事のコメントでともぞうさんに教えて頂いた「ニューイングランド式」というにはあまりにも手をかけ過ぎましたが、具だくさんで満足でした。ただ、貝の旨味に飲まれた感もありムニエルでもよかったような気が今はしてますねぇ。野菜を沢山食べようと思い、皮を剥いたナスの素揚げ、枝豆、アボカドを加えました。

とにもかくにもキツネダイが美味しかったんですよ。また釣りたいけど、キツネダイを釣りに行くということはできないので、外道として連れたら大事に持ち帰りたいと思ってます。

10月1日から始まった猟期で今年は3月15日まで猟があり今年はブラックモリーユの出が早くそのままモリーユの時期になり、つい最近までモリーユ狩りを続けてました。毎日出かけるわけではないものの、去年の今頃から稼働し始めた新車は現在走行距離3万3千キロ。どう考えてもオーバーワークで、ジワジワとたまった疲れを取るべく今週はカミさんからお休みをもらってます。お休みというのは今年はモリーユが不作なのでもう諦めてモリーユ狩りを切り上げ、ダイエットを兼ねて夕食を軽く作るってことですけども。常備菜と合わせて3品、簡単なお食事で済ましてます。GWも出かける予定がないのでブログに新鮮な記事が載ることはないですが、まぁ、適当にやりますから変わらぬ御贔屓をお願いいたします。と言っても人気のないブログで最大1日あたり100アクセス。その2割くらいがグーグルのロボットなんですけどねぇ、グーグルさん、よろしくね!あははははは。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

2018初潮干狩り~今年は不作なのかなぁ?~

2018.04.23 07:15|釣りと獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生と潮干狩りファンのみなさ~ん!!

ちょっと寒いけど潮干狩りゆきました~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

師匠が去年沢山アサリを取ったことに気を良くし、今年は四月の寒い時期から出かけてゆくことになりました。潮の良い日、師匠と猟友2人と僕の4人で朝八時から駐車場に到着。雨だったのでカッパを着ながらの潮干狩りになりました。シーズンだと駐車場が満杯になり、あふれて路上駐車だらけになる潮干狩りの公園周辺もこの日は車も10台程度。寒いのか、まだ獲れないから人が集まらないのかはわかりませんが、不安なままジャブジャブと水の中にすすみます。

去年大漁の場所に行くもそれほど獲れず、さまようも良いアタリもなく。と、一人の猟友がホンビノス貝がいるところを発見し、そのまわりにいくらかアサリもいるとのこと。仕方なくホンビノス貝も獲りながらアサリを何とか集めてきましたよ。ホンビノスも獲ったので、漁果は


4人の収穫20180422

4人でこんな感じ

です。まぁ、ホンビノス中心になりましたが、アサリもいくらか獲れて不漁の予感もしましたが満足な一日になりました。さて、お料理ですが、アサリは夫婦二人で一食分っていう量でしたが、

アサリ20180422

なかなかふっくら

していました。大きさもよかったですよ。アサリは獲れてますが、実は主夫太郎がこの時期力を入れてるイエローモリーユが今年は不作でして、モリーユを沢山とったら食べようと思って一週間前から作っていた、

細打ちパスタ20180422

手打ちパスタ

が出番を失ってまいました。ということで、モリーユからアサリに鞍替えして、

ボンゴレビアンコ20180422

ボンゴレロッソ

を作りました。カミさんも大喜びです。手打ちパスタも乾燥パスタもそれぞれの美味しさがあるけど、今は手打ちパスタが我が家のお気に入りです。さて、ホンビノスの方ですが、大きい奴は固いので普通は切るんですが、シャトルシェフで長く煮込めば柔らかくなるかな?と思い、

ホンビノス煮込み20180422


炒めた玉ねぎと煮込んで

4時間くらい放っておきます。思ったよりホンビノス貝が多く、4リットルもできちゃいましたよ。そんなに柔らかくはならないけど、食べるのにはいい感じです。塩を全然足さないでもちょっとしょっぱいくらいでしたから色々野菜など足して、

チャウダー20180422

ホンビノス貝チャウダー

です。ちょっとベシャメルが足りなかったのは思ったよりホンビノス貝の煮込みが多かったからですねぇ。まぁ、今も大体3リットルくらい余ってますから張り切って食べなきゃ....アサリ欲しかったなぁ、もっと。手打ちパスタも引き続き修行中です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

鮎のトローテ・イン・ブルー

2017.09.05 19:38|釣りと獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

今日は主夫太郎、初めての鮎料理でしたよん!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北海道のSハンターさんが、イタリアの地方料理「トローテ・イン・ブルー」というお料理をヤマメで作っていました。それがとてもとても美味しそうで、しかも「新しい味!」とのことでしたから、それなら早速釣ってきた鮎で!ということになりました。ネットでもレシピは載ってますね。まずは仕上がりです。

鮎ブル

鮎のトローテ・イン・ブルー

ちょっと僕はレシピを変えちゃいましたがそれは鮎釣りしたその日に帰りが遅く、おうちにあるもので間に合わせたからです。白ワインがちょうどなくて、シードル使いました。

1.鮎の内臓とエラをとり塩でゴシゴシ洗いヌメリを取る。お腹の内側にもお塩をし、表面にもする。

2.耐熱容器に鮎を入れ酢とシードルの合わせたものをヒタヒタになるまで注ぐ。ニンジンスライス、エシャロットも沈め、鮎を110度のオーブンで2時間~3時間ほどかけじっくり火を通す。

3.バターを溶かして上からかける(焦がさない)。

というもの。本当は沸騰した酢をお魚に回しかけたり、レモンやパセリを使ったり、最後のバターソースも、もう少し手間がかかるのだけど、お魚を酢で煮て、バターをかけるというシンプルさがどんな風な味になるのか知りたくてこんな簡単に仕上げました。

これがなんとも美味しいのよ!!

後から考えればレモンとバターが合うんだから酸っぱいものとバターは合うにきまってるんだけどさ!!!作ってみるまで気づかないもんだなぁ。骨までやわらかくなるようにゆっくり火を通すってのがまたいいですよ。オーブンの設定は110度だけど、酢とシードルの混合液は沸騰させません。鮎らしさはもちろん塩焼きほどでませんけど、身の旨さはいい感じで生かされてますよ。

フランス料理の教科書にも似た料理があってこちらの名前はTruite au bleu だそうです。Truiteは鱒という意味ですから、まぁ、本当はフランス語なら Ayu au bleu というのが正しいかもしれません。僕のお料理は酢が足りなかったのかな?青くは見えないけど、それでも満足でした!

川魚、まだまだ美味しい食べ方があるのかもしれませんね。今回はSハンターに教えて頂きましたが、常にアンテナを張っておく必要があると思いますねぇ。

今日は短い記事でしたん!「安楽椅子でSTAPを」が長すぎるからねぇ、あはははははは。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

初めてのマゴチ~半分熱中症のような感じで~

2017.08.02 06:21|釣りと獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

今日は初めて釣るマゴチの話です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

yumiさんの旦那さんにお誘い頂いて、マゴチを釣ってきました。半分熱中症になりながら頑張りましたよ。2匹しか釣れませんでしたがこんなもんだそうです。本当はもっと釣りたいけどこんなもんらしいから仕方ないです。マゴチはあんまり市場に出回りませんから知らない方もいると思いますが、

マゴチ全体20170802

こんなお魚で


マゴチ顔20170802

こんな顔なのに、


マゴチ刺身20170802

こんな綺麗な白身

なんです。いや~顔から想像できない繊細さ!まさに主夫太郎みたいなお魚ですね~。主夫太郎は繊細なんだよ~あははははは。なんにしろ初めてのお魚だから基本的なお料理しかできません。

マゴチ骨回り20170802

骨回りのフライ

だけど骨が大きすぎでかみ砕けず、マワリの身をこそいで食べた感じでした。まぁ、失敗といえば失敗かな。出汁とった方がよかったかも。

マゴチ塩焼き20170802

塩焼き

は美味しいねぇ。繊細で。まるで主夫太郎の塩焼きみたいです、あははははは。

繊細といえば頭からとった出汁がものすごい繊細でよい出汁だったので繊細な身と合わせました。ちょっと厚めに切ったマゴチのお刺身に出汁を張って、

マゴチしゃぶ20170802

しゃぶしゃぶ風

はやっぱり繊細です。そう、主夫太郎みたいな椀物でした。そしてちょっと迫力を持たせようと思い、同じようなお料理だけど、


マゴチ揚げ20170802

竜田揚げのべっこうあん

でも頂きましたよ。繊細だけど力強くうまみが凝縮された身とトロミをつけたアンがよく合いましたぞ。
まぁ、でもお料理は工夫できたというほどでもないなぁ、と繊細な主夫太郎は繊細なマゴチを料理して思いました。

さて、やたらといい加減なブログになりましたが、実はこれから北海道に旅たちます。あと10分後に家を出なきゃ!!!
帰ってくるのは来週です。ん~台風が心配だなぁ。それではごきげんよう~。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。