10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

鮎のトローテ・イン・ブルー

2017.09.05 19:38|釣りと獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

今日は主夫太郎、初めての鮎料理でしたよん!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北海道のSハンターさんが、イタリアの地方料理「トローテ・イン・ブルー」というお料理をヤマメで作っていました。それがとてもとても美味しそうで、しかも「新しい味!」とのことでしたから、それなら早速釣ってきた鮎で!ということになりました。ネットでもレシピは載ってますね。まずは仕上がりです。

鮎ブル

鮎のトローテ・イン・ブルー

ちょっと僕はレシピを変えちゃいましたがそれは鮎釣りしたその日に帰りが遅く、おうちにあるもので間に合わせたからです。白ワインがちょうどなくて、シードル使いました。

1.鮎の内臓とエラをとり塩でゴシゴシ洗いヌメリを取る。お腹の内側にもお塩をし、表面にもする。

2.耐熱容器に鮎を入れ酢とシードルの合わせたものをヒタヒタになるまで注ぐ。ニンジンスライス、エシャロットも沈め、鮎を110度のオーブンで2時間~3時間ほどかけじっくり火を通す。

3.バターを溶かして上からかける(焦がさない)。

というもの。本当は沸騰した酢をお魚に回しかけたり、レモンやパセリを使ったり、最後のバターソースも、もう少し手間がかかるのだけど、お魚を酢で煮て、バターをかけるというシンプルさがどんな風な味になるのか知りたくてこんな簡単に仕上げました。

これがなんとも美味しいのよ!!

後から考えればレモンとバターが合うんだから酸っぱいものとバターは合うにきまってるんだけどさ!!!作ってみるまで気づかないもんだなぁ。骨までやわらかくなるようにゆっくり火を通すってのがまたいいですよ。オーブンの設定は110度だけど、酢とシードルの混合液は沸騰させません。鮎らしさはもちろん塩焼きほどでませんけど、身の旨さはいい感じで生かされてますよ。

フランス料理の教科書にも似た料理があってこちらの名前はTruite au bleu だそうです。Truiteは鱒という意味ですから、まぁ、本当はフランス語なら Ayu au bleu というのが正しいかもしれません。僕のお料理は酢が足りなかったのかな?青くは見えないけど、それでも満足でした!

川魚、まだまだ美味しい食べ方があるのかもしれませんね。今回はSハンターに教えて頂きましたが、常にアンテナを張っておく必要があると思いますねぇ。

今日は短い記事でしたん!「安楽椅子でSTAPを」が長すぎるからねぇ、あはははははは。


スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

初めてのマゴチ~半分熱中症のような感じで~

2017.08.02 06:21|釣りと獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

今日は初めて釣るマゴチの話です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

yumiさんの旦那さんにお誘い頂いて、マゴチを釣ってきました。半分熱中症になりながら頑張りましたよ。2匹しか釣れませんでしたがこんなもんだそうです。本当はもっと釣りたいけどこんなもんらしいから仕方ないです。マゴチはあんまり市場に出回りませんから知らない方もいると思いますが、

マゴチ全体20170802

こんなお魚で


マゴチ顔20170802

こんな顔なのに、


マゴチ刺身20170802

こんな綺麗な白身

なんです。いや~顔から想像できない繊細さ!まさに主夫太郎みたいなお魚ですね~。主夫太郎は繊細なんだよ~あははははは。なんにしろ初めてのお魚だから基本的なお料理しかできません。

マゴチ骨回り20170802

骨回りのフライ

だけど骨が大きすぎでかみ砕けず、マワリの身をこそいで食べた感じでした。まぁ、失敗といえば失敗かな。出汁とった方がよかったかも。

マゴチ塩焼き20170802

塩焼き

は美味しいねぇ。繊細で。まるで主夫太郎の塩焼きみたいです、あははははは。

繊細といえば頭からとった出汁がものすごい繊細でよい出汁だったので繊細な身と合わせました。ちょっと厚めに切ったマゴチのお刺身に出汁を張って、

マゴチしゃぶ20170802

しゃぶしゃぶ風

はやっぱり繊細です。そう、主夫太郎みたいな椀物でした。そしてちょっと迫力を持たせようと思い、同じようなお料理だけど、


マゴチ揚げ20170802

竜田揚げのべっこうあん

でも頂きましたよ。繊細だけど力強くうまみが凝縮された身とトロミをつけたアンがよく合いましたぞ。
まぁ、でもお料理は工夫できたというほどでもないなぁ、と繊細な主夫太郎は繊細なマゴチを料理して思いました。

さて、やたらといい加減なブログになりましたが、実はこれから北海道に旅たちます。あと10分後に家を出なきゃ!!!
帰ってくるのは来週です。ん~台風が心配だなぁ。それではごきげんよう~。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

師匠!真夏にもイワナ釣りっすか?!~師匠とふたりで川の偵察~

2017.07.21 09:46|釣りと獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

イワナはおいしいぞ!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

潮干狩りの打ち合わせをしているときに、

「主夫太郎!潮干狩りの次の週にイワナはどうよ?」

とのこと。毎年GWにイワナ釣りというのが恒例だったので、ん?この時期にイワナ釣り?と思った。もちろんイワナは夏でも釣れるのだけど、暑くもなく寒くもない、山菜もとれる時期がお好みなのかと思ったので、ちょっとびっくりした。まぁ、僕としてはいつどこに遊びにゆくのも楽しいので二つ返事だったが、どうして師匠がそういう気になったのかと疑問だった。

「この間のイワナ釣りは主夫太郎も大きいの逃がしたろう。あれを釣りに行くんだよ」

とのことで、なるほどリベンジかと合点がいった。まぁ、渓流釣りってのは釣りすぎると資源が枯渇する心配はあるが、年2回だったら問題もないとういことで7月の中旬、師匠と楽しくイワナを釣った。

総長1m、1.3m、2mの三種類の仕掛けを手作りしいざ川へ!!とにかくこの日はかなり食いがよかった。いるところには、落とすとすぐ食いつくので飲み込まれる方が心配なくらいだった。師匠とイワナ釣りに行くと楽しみにしているのだが、「イワナ止め」と言っている滝つぼがある。初めてイワナ釣りをしたときに41センチの大物を釣ったところだ(師匠と岩魚釣り~大物にほくほく主夫太郎~)。

たどり着いたので後ろからくる師匠を待っていたら、「一人で釣れ!」のジェスチャー。あれ?って思ったらどうも竿が折れてしまったらしい。残念だが、一人で竿を出すと、

グググイッ

と!!来た!あの大物か!!と思ったけど流石に一生に一度釣れるかどうかの大イワナはそう簡単に二度は来ない。でも天然のイワナとしてはなかなかの22センチだった。この他にも今回はなかなかの豊漁で、師匠と僕が仲良く4匹づつ計8匹。師匠が僕に一匹くださって、

イワナ生け捕り20170721

5匹が我が家に!!!

イキがよくて、写真を撮るのにずいぶん苦労した。もちろん、その日のうちに早速さばいてみると、

イワナ5匹20170721

やっぱり22センチは大きい


炭をおこして七輪で焼くしか思いつかないのは主夫太郎の勉強不足というところか。でも、


イワナ焼き20170721

なかなかでしょう?

ものすごく満足できた渓流釣り。また行きたいものだ。

今年はキノコの調子が悪いですから釣りに行く回数が増えてます。鮎釣りも楽しくやってますよ。でもネタにならんのよ、ふつうの釣りだから。みなさんも、さぁ!アウトドア!!ちなみに主夫太郎は釣りも鉄砲もキノコ狩りも好きですが、日焼けが嫌いです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

イサキとウマヅラ消費メニュー~主夫太郎、そこそこ頑張る~

2017.07.12 18:29|釣りと獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とお魚ファンのみなさ~ん!!

先日釣ったイサキとウマヅラ、

色々な飲みメニューにしてみましたよん


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お魚というと飲みたくなるのでついつい飲みメニューになるが、カミさんを飽きさせないように先日釣ってきたイサキやウマヅラで酒の肴を何種類か作ってみた。まぁ、備忘録という感じで、アイデアというほどのものはないがズラリと並べて一つの記事にしようと思う。そもそもお料理ブログをやっていたがそっちはいくら気合いを入れても流行らないので今回の記事もどうかと思うが、主夫太郎のお料理ファンがいくらかいるなら楽しんでもらえればと思う。

さて、一品目だが、今回、イサキは白子・卵を抱えていたのに塩焼きにして身と一緒に食べるチャンスがなかった。さばいた白子・卵をもう一度身と合わせるにはどうしたらいいか考えたのだが、一度腹を裂いて出したものを元に戻すわけにもいかないから仕方なく重ねることにした。まぁ、重ねただけでは一緒にならないから、

イサキパイA20170711

パイで包もうかなぁと。

身を置いて、エシャロットを振り、塩を振った白子・卵をおいて、

イサキパイB20170711

さらに身をかぶせてパイに!

イサキパイC20170711

イサキとイサキの卵・白子パイ包み焼き

の出来上がり。まぁ、そっけない盛り付けだけど、「居酒屋風家飲み」の一品だからよしとして頂戴な。エシャロットではなく素直にニンニクでよかったと思う。エシャロット使うならちょっと焦がしてから使った方がいいです。今回はこれが一番手間をかけたのだけど、あとは簡単なものばかりです。基本は和え物ですよん。名前をみれば何と和えたかわかります。

オクラショウガ醤油イサキ20170711

オクラとショウガとイサキの醤油和え

ですが、名前にあるものを混ぜて和えただけです。ただ、イサキはオクラの歯ごたえに負けないように、皮をつけてあります。皮側にキッチンペーパーをかぶせ、お湯をかけてすぐ氷水に取るだけで皮は違和感なく食べられるようになります。

味噌ネギニンニクイサキ20170711

白みそネギニンニクイサキ

はお好みでごま油を垂らしても唐辛子を混ぜても大丈夫。白みそはクリーミーだからねぇ、洋風に感じなくもないですぞ。「オクラとショウガとイサキの醤油和え」と比べながら食べるのは楽しいですよ。味噌も醤油もよく合います。イサキというのはこれと言った特徴もない分、実に器用なおさかなですね。

まぁ、和え物と言えば和風と相場は決まってますが、この日はゴルゴンゾーラのドルチェ(ゴルゴンゾーラでもかなり柔らかい感じ)が売っていたので、これは洋風の和え物にいいだろうと購入。

イサキゴルゴンゾーラドルチェ20170711

いぶりガッコ・ゴルゴンゾーラドルチェと

イサキの和え物

いぶりガッコはみじん切りにして、わずかな香を感じるためのアクセント。チーズとよくあいます。

別の日ですが、ビールでプハ~ってやるために辛いものもつくりましたよ。

イサキカレー20170711

イサキの竜田揚げのカレー和え

です。カレーは作り置きしてあった主夫太郎の自家製カレーソースです。スパイスはチリパウダー、パプリカ、ショウガ、ニンニク、コリアンダー、クミン、ターメリック、クローブ、カルダモン、塩という主夫太郎家の定番で、適当に混ぜても大体いつもの味になります。

ウマヅラもちゃんと料理しましたよ。でも肝が太ってなかったから定番の肝和えがありません。どうしようか迷ったのだけどシンプルに、

ウマヅラ洗い20170711

ウマヅラの洗い

を作ってみました。これがどういうわけかすごく美味しかった。氷でしめたら、どういうわけかトロンとして甘くなってましたねぇ。肝がなくても身が美味しいウマヅラでした。

オリーブオイル生胡椒ウマヅラ20170711

生胡椒とオリーブオイル

は、まぁ、まずい理由はありません。

桃ウマヅラ20170711

桃とウマヅラの和え物

はウマヅラに塩・胡椒をして、それほど美味しくない桃を和えてちょっと待つだけ。これが案外ワインに合います。

まぁ、こんな感じかな。もう少し作ったけど、それはまた時間があればご紹介ということで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

イサキが山ほど~釣って困って....~

2017.07.10 06:46|釣りと獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とイサキファンのみなさ~ん!!

イサキはもう、困ったです.....


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
普段この時期までには、千葉県は大原で根魚、チカメキントキを狙って出かけてゆきますが、今年はとにかく天気のせいか、川や山だけでなく海もおかしいことになっているみたいで全然釣果が上がってないみたいです。毎年誘ってくれる人も「今年はダメだなぁ」って言ってたから、主夫太郎も今年の夏は海釣りはやめて、せっせと少ないながらも鮎でも釣って技術を磨こうと思っていました。まぁ、考えてみれば釣り好きの人が根魚が釣れないくらいで釣行を諦めるはずもなく、「主夫太郎!根魚ダメだからさぁ、イサキに行こう!イサキは50釣れてるぞ!」という連絡が平日、急に入りました。去年イサキは20ほど釣ってだいぶ大変な思いをしました。まぁ、釣るのはいいのだけど帰ってきてからの処理が大変でしたからねぇ。じゃ、10匹くらいでやめておけばいいかというと大抵そういうわけにもいきません。釣りというのはそういうものですが、出かける前は「10くらいで...」という誓いを立てて出かけてゆきました。

当日は台風のあとでした。海の調子が悪く、ちょうどよい数だけ釣れればいいなぁ、って思っていましたが、朝一番で垂らした糸は食いが悪く「これは20どころか10も怪しいぞ」なんて思う状態でした。コマセで臭くなりながら必死に竿を振るもウマヅラハギがピピピッと餌をさらって行ったり、ハリスを切って逃げたりとロクでもないことばかりが続きました。ウマヅラハギはイサキと違ってアタリが来たら素早く竿を振りあげてひっかけてやらないと釣れません。こちらの反応が良く伝わる硬い竿が適してます。一方イサキはグイグイと竿を絞られたら巻きあげるという、柔らかい竿を使ったお魚任せの釣り方ですからイサキの釣り方でウマヅラハギは逃げちゃうし、ウマヅラハギの釣り方ではイサキが逃げちゃいます。もっとも、たま~に間抜けなウマヅラハギがかかるのですけどねぇ。

しばらく我慢してたんですが、あんまり針や糸を切られるのも癪なので、柔らかい竿だったけど、ウマヅラのあたりが来た瞬間、エイ!!って竿を振りあげたら......

ウマヅラ20170708

本当に釣れました!!

大きいけど、ちょっと痩せ気味。よく見ると柔道のS原さんに似てますねぇ。まぁ、この後も間抜けなウマヅラがもう一匹、なんの苦労もせずかかりましたが、外道はその二匹だけでした。

さて、そんななんとも言えないモンモンとした時間が過ぎたあるとき、竿を垂らすと、すぐグイグイ!指示された水深まで糸を垂らしたか垂らさないくらいのときに、竿がぐぐぐッと絞られるなんて時間がやってきました。俗にいう入れ食いですよ。そう!

イサキ20170708

イサキ

が釣れだしました!!いままでじらされた分、「この野郎!!」とばかりに釣ってやります。まぁ、10くらいでやめとこうなんて思っていたのですが、これだけじらされるとせっかく釣った魚に「なんだ、ずいぶん小さいな!もういっちょ!!」なんケチを付け、初心忘れて理性が吹っ飛びました。

結局それほど大きいのは釣れなかったのですが、数えるのも嫌になるような30越え.....

イサキ出しとり20170708

出汁とり

もこんなザマです。この日はカミさんがおらず、兜焼きや炭焼きもする気になれなかったので、全部三枚におろしてアラは出汁にし、掃除まで含めて仕事が完全に終わったのは夜の11時ころでした。まぁ、まともな神経ではこんなものやってられないので、ビール飲みながら、出先のカミさんと電話でおしゃべりしながら、ニュース見ながらとダラダラ仕事でしたからでしょうけどね。とういことで、少なくても今年はもうイサキはいいです。

この時期のイサキは卵も白子もまだ抱えていて、それは楽しいことの一つ。翌日カミさんが帰ってきてから、

いぶりガッコ肝20170708

いぶりガッコ、白子、卵の和え物

なんぞ作りました。まぁ、イサキの白子や卵は小さいから燻製にするのも面倒なので、いぶりガッコと合わせて燻製風ですね。もう一品は、

〆イサキ20170708

〆イサキ

です。塩と酢で〆れば、まぁ、白身のお魚はなんでも美味しい。カミさんも満足ですよ。30超えるイサキで出しをとると、さすがに量も半端なく5リットル以上なので、

イサキうどん20170708

イサキの出汁うどん

で贅沢消費。次回の更新はイサキ・ウマヅラ料理になるかなぁ。釣ったあとがこんなに大変なのは主夫太郎が釣りを始めてから初の経験でした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。