02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

燕の巣を使ってみたよん~やっと使った燕の巣~

2016.08.23 09:58|その他のお料理
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

今日は純粋なお料理ブログですよん

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

カミさんと台湾旅行に行ったのは2013年だがあれから3年も経っている。台湾というのは素敵な国であった。まぁ、色々お互い誤解はあるだろうし商売と割り切って友好的だったとしてもそれはそれで良いことだと思う。僕は鉄砲やら釣りやらをやっているせいか、結構ワイルドなイメージを持っている人の方が多いかもしれないが、実は高度な文明が大好きだ。旅行をするにもトイレは綺麗じゃないと嫌だし、店員のお行儀が良い方が好きだし、泥棒は嫌いだし、詐欺も嫌いだ。もちろんエアコンがきいていた方がいいし、内心どう思っていても丁寧に接してくれる人の方が好きでホテルではお湯は出て欲しい。つまり、あんまりアジアは好きではない。アジアは韓国、厦門(アモイ・中国)、台湾に行っただけで、韓国はきっと二度と行かないのではないかと思う。別に韓国を批判するわけではなく、空港のお土産屋で勝手にカゴにお菓子を入れられたり、少量を注文すると露骨に嫌な顔をされたりするのが僕と合わないだけだ。そういう商習慣がその国のもので普通のことならそれを否定するつもりはなく楽しむことができる人は行けばいいが僕は行かない。一方、台湾はとても気持ちがよく何度行ってもいいと思った。また是非行きたいと思っていたら、先日カミさんは会社の出張で台湾に出張してとても羨ましかった。まぁ、それならということで久しぶりに台湾の雰囲気のお食事でもと思い3年前のお土産を引っ張りだしてきましたぞ!

燕の巣乾燥20160823

燕の巣

命がけで採ってくる燕の巣は赤い方が高価だそうだが、そんなものを買う余裕はなかった。こちらのものはバームクーヘンの切り落としみたいなもので、割れたものを集めたものだったから我々の手のとどく範囲の代物だった。しかし、3年もほったらかしだったのは、まぁ、そんなに慌てて食べる必要がないからということと、案外面倒臭いからだ。この乾燥した燕の巣を水で戻すこと3時間。すると、


燕の巣もどし20160823

ふやける

そりゃそうだ!!もともと海藻を使って海燕が作った巣を乾燥させたものなのだから。日本で見る燕は土で巣を作っておりあれは食べられない。まぁ、そりゃ見ればわかるねぇ。

燕の巣蒸し20160823

*写真はまだお湯を張ってないです!!

戻した燕の巣に砂糖と蜂蜜をかけ、お湯を張って蒸し器で40分ほど蒸すのだが、そもそも味も旨みもないものだからこれは調理というより海藻に戻し甘味を含ませる「作業」。時間も足りないと思えばさらに蒸せばいいだけの話で難しいものではないけども、これだけだと全く芸がないような気がした。もうちょっと台湾っぽいものにしたいと思ったので、今回は先日台湾出張でカミさんが仕入れてきた台湾茶を使うことにした。カミさんは僕よりよっぽど男っぽく豪快なのだが、その証拠にカミさんが買ってきた台湾茶は....

台湾のお土産茶20160823


ほとんど密輸レベル

ん~よく空港で止められなかったものだ。こんなに同じもの入れてたらかなり怪しいぞ!しかもこのお茶結構高い!値段は言えないくらい高い!!そもそもカミさんが控えめに言っている可能性だってあるし....知りたくもない!!というもの。それをちょっとだけ、

茶入れて20160823

燕の巣の蜂蜜蒸し

に入れて3日ほど自然に茶葉が開くのを待つ。お茶はケチったわけではなくこれで十分だから。台湾の茶葉はかなり大きくなる。温かいうちに茶葉はいれないほうがいいと思う。お湯でお茶を出すとカフェインなどが出ちゃうけど、これなら優しい渋みの香りと味がでるだけだからねぇ。お湯で出すより時間がかかるけど待つ甲斐はあるのよ。ということで、


燕の巣出来上がり20160823

燕の巣蜂蜜蒸し台湾茶風味

の出来上がり!!燕の巣は戻すと結構あるので何度か楽しめますよ。皆さんも手にすることがあったら是非是非。

スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

主夫太郎ただいま休業中~1人の食事はつまらない~

2016.05.26 09:07|その他のお料理
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

主夫太郎、ただいま休業中です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

カミさんが先週の日曜日から一週間、アメリカのワシントンD.C.に出張してます。主夫の僕は掃除も洗濯も炊事も全部自分のためなのでなんとなくやる気がでない。やる気が出ない上に「本当になにもしなくて良い」わけで、それなら羽根を伸ばせばいいだろうと思うかもしれないけど全然そんな気にならないです。とくに食事なんてものは本当に興味がなくなっちゃって大変ですよ。実家に帰って食材をもらって来たけども全くもって単純なものしか作らず恥ずかしい限り。誰に食べさせるわけでもないから恥ずかしいとさえ思う必要がないと思うと本当にやる気がなくなります。本当に1人なんてつまらないものです。読書はしてますが、小保方晴子氏の「あの日」を何度も読み返しています。感想文をブログで書こうと思っているけど、あまりまとまらないうえにカミさんがブログの人気が下がることを理由に反対してます。

さてさて、カミさんがいない間の料理の方ですが、例えばどんな適当な料理を作っているかというと、

アボカド油揚20160525

焼き油揚のアボカド乗せ

とか......なんかお料理ブログをはじめたての人が作るようなお料理を主夫太郎もやる気がなくなると作ってしまいますね。いいんですよ僕ひとりならこんなので。


豚煮込み20160525

煮物の盛り付けも適当

です。カミさんが出かける前に作った猪の煮込みですけどね。こんなものでも飲みたいって強くは思わないですね。カミさんが帰ってくるときに体調を崩すわけに行きませんから毎日は飲みません。一日置きです。飲まないとつまらないけど飲んでもつまらない。

もっとも実家に帰る時間があったのは良かったです。

はなずっき20160525

花ズッキーニ(今年初)

をもらってきました。これねぇ、花ズッキーニでさえないのよ。つぼみなんです。開いてないからめしべに花粉が吹いてないし、花の中も綺麗なままだからとてもお料理しやすい。もちろん詰め物は小さくてつくる気にならないのだけど、火をさっと通すだけでコリコリしてとても美味しいです。

猪ずっき20160525

猪のベーコンと花(つぼみ)ズッキーニの炒め物

あはははははは。適当でしょう?猪のベーコンはカミさんがモクモク艦隊司令長官になって作ったやつです。お次はカミさんがいたらそれほど出てこないお料理です。


田楽20160526

豆腐田楽4種

山椒、チーズ、ネギ、唐辛子の4種の田楽ですが、結構な量のみそを使って塩分が高くなるからカミさんにはそれほど作らないです。出すとしたら他のお料理の塩分を抑えますかね。味噌を乗せる前にしっかりお豆腐を焼くほうが美味しいですね。そうでないと焦げた味噌が乗ってるお豆腐になっちゃうから。

鮎焼き20160525

鮎の塩焼き

10センチくらいまでの鮎です。これくらいの鮎は何をしても美味しいですね。父親が鮎を養殖しているのですが、これくらいの鮎はなかなか天然では出ません。この大きさの鮎を沢山食べられるのは養殖をしている特権ですね。まぁ、1人だと無口のままパクパク食べて面白くないですが、美味しいことは間違いないです。

タシギ頭にアスパラ20160525

タシギの頭とアスパラの穂カラスミ乗せ

です。タシギのお肉はカミさんが出かける前に食べてしまい(前の記事)頭が残っていたので塩焼きにしました。カラスミは冷蔵庫の奥にひとかけら残っていたもの。カラスミだって一人だとやっぱりつまらないです。

カミさんは土曜日に帰国予定ですが、こんな生活が続きネタがないですので、しばらくブログは更新できないかもしれないです。日曜日は僕の所属する猟隊の射撃会ですがカミさんが時差ボケが無ければ写真係りをやってくれるはずなのでそれが次回の記事になるかなぁ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

モリーユと鶏のパイ包み焼き~いつかは雉で~

2016.05.16 07:08|その他のお料理
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

今日はモリーユ使ってお料理だよん!!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
アミガサタケ(モリーユ)が沢山採れたので色々実験をしようと思っているのだけども、モリーユはやっぱり白身の鳥に合うという固定観念があってそうなるとどうしてもジビエだったら雉、もしくはコジュケイということになりますね。しかしながら、雉もコジュケイもそんなに獲れないうえに熟成なんかを楽しみにベストな時に食べたいなんて思うもんだから.....要するに、もう食べちゃって無い.....というわけ。フレッシュモリーユにフレッシュな雉というのは猟期が2月15日で終ることを考えるとどうしても無理なわけだからモリーユは乾燥させて来季を待つことにしたのだけど、お料理の方の腕はあげておかなければなるまい!ということで、今回は雉を想定したお料理のお話です。もっともジビエにはなんの変化球もいらない。素材を生かしたお料理にすればいいわけだから自然と作る料理も決まってくるわけで、今回はシンプルにパイ包み焼きですよん。材料は

材料20160516

鶏むね肉とモリーユを戻したもの

です。戻し汁も使います。この他、卵白、塩、小麦粉、生クリームを混ぜるのだけども、

戻し液もちゃんと20160516

戻し液は難敵

です。これは必至でかき回しては冷蔵庫で冷やすことを繰り返すと大分水分が飛ぶ....気がします。まぁ、いい具合になるまで小麦粉を加えるという手もありますがなるべく小麦粉を使う量を減らしたかったので冷蔵庫を使いました。ふわっと仕上げたいですからね。

卵液塗り塗り20160516


主夫太郎は不器用なので四角に包みます。今回初めて気付いたのですが、パイを包んだあと、これくらい耳を残しておいてもいいみたい。中身は卵白使ったりして一杯空気を含ませたので少し膨らむみたいでした。ということで、

モリーユと鶏むね肉のパイ包み焼き20160516

モリーユと鶏むね肉のパイ包み焼き

新玉ねぎと枝豆のソース

です。新玉ねぎも枝豆も春から初夏にかけての食材ですからね。まぁ、一応季節感もあるお料理というつもり。もう少しモリーユを入れたいけど、そうなると難敵な戻し汁を少し煮詰めた方がいいかな。お酒で香りづけは一切してないのは雉を想定していたからなんだけど、もしかしたらソースか詰め物にお酒の香りをさせた方が鶏肉の場合は楽しいお料理になるかもしれません。それと、少しづつパイ包みが上手になってきたかもしれません。いい感じで端っこがふさがれてます。次回は飾りでも付けようかな。そろそろお友達が遊びにくるときに出せるレベルになってきたかもしれないと、写真を見ながらちょっとうぬぼれてみたりしてます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

社宅の庭で拾いもの~主夫太郎3年間の執念~

2016.05.02 08:49|その他のお料理
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

今日は主夫太郎家の前の庭のお話です!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

主夫太郎はカミさんの会社の寮に住んでいるが現在の大田区の寮に移り住んできたのはもう3年程前になるだろうか。一階に部屋をあてがわれた主夫太郎家の悩みは目の前にある庭の雑草。以前ブログにも書いたのだがこの庭の雑草に関してひと悶着あった。あまりにも酷いので雑草を根っこから掘り起こし、何故か割れた瓦やブロックやオモチャや植木鉢が埋めてあるのを掘り出して捨て、空いた穴をふさぐために土を買って入れ綺麗にした。もともと芝生が植えてあったが手入れが悪いせいでものすごいことになり、蚊は発生するしゴキブリは出るしで随分苦労したが、自分の部屋の前だけでもとせめてもの努力をしていた。すると古株の住民、おでこが広いたらこ唇の女、が出てきて、雑草は根っこを抜いてはだめだと言い出す。雑草の根っこを抜いていけないのは常識だ!と言ってやたらと得意げ。もともと芝だったのだからもう一度植え替えてやってもいい、その方が綺麗になる、と言ったら「芝を植えることを認めると、野菜を植えることを認めることになり、そうすると棒を立てる人が出てきて、それに子供がぶつかると危ない」という屁理屈をこねてどうも草むしりを阻止したいみたいだった。会社に問い合わせるともちろん草むしりは結構なことで根っこを抜いてくれてよいということであったが、そのことを伝えても「私の常識が間違ってました」とは決して言わない。認識の違いだそうだ。他人を常識はずれとして扱っていたくせに全くここまでクズな奴がいるかと思うと本当に日本を脱出したくなった。随分と偉そうなことを言うくせに、そいつの子供は僕の駐車場の出口あたりに雪だるまなんぞを作りやがって全くもってマナーがない。もちろんそんな雪だるまは回し蹴りをお見舞いした挙句車で引いてやったが、それだと江戸の敵を長崎でという感じになるので腹の虫が収まらない。ということで嫌がらせとして庭で野菜を作ってやることにした。もっとも野菜を植えることはデコ広たらこ唇女が監視してるだこうから無理。でも、草むしりはしてもいい。さて、この条件でどうやったら部屋の前の庭で野菜が栽培できるかな?まぁ、それはともかくとして収穫をみてもらおうかな。

野蒜収穫20160502

野蒜(のびる)

です!!僕の実家のほうでは「ののひろ」と呼んでました。山菜だと思っている人もいますが、山菜ってほどでもないですね。フキノトウと同じく里山で沢山出ているものです。

大きな野蒜20160402

こんなに大きいものもありました。僕の親指の頭より大きい。10分も経たずにこれだけのものが収穫できましたよ。まぁ、満足ですね。野蒜を山ほど食べたいとも思わないので大体こんな感じで満足です。

さて、どうやってこの野菜を栽培したかというと、もともと草むしりをしてみるとこの野蒜がちょっとだけ生えてたんですよ。もちろんあのデコ広たらこ唇女のせいで何かを植えることはできないのだけど、

「野蒜以外の草を抜く」


ことは理屈上できるわけ。ということで執念で草むしりをするたびに野蒜以外を抜いてました。こいつはネギみたいなもので5月ごろ花を咲かせて種を作るので種を蹴飛ばしたりしてなるべく広範囲に撒き散らかしてやりました。もちろんそれは結果論であって、僕はサッカーの練習、シュートの素振り練習をしていただけなんですけどね。一年経ってもそれほど増えなかったです。よく見ると寮のあちこちに野蒜が生えているので、善良な主夫太郎は清掃のついでにその雑草を抜き、部屋の前の庭に穴を掘って埋めて早く腐るように水をかけて処分してました。まぁ、素人なので、埋める技術が未熟なため、葉っぱの部分が埋めきれず直立していることが多かったかな、あははははは。まぁ、そうすること3年。ついに気持ちよく収穫できるようになったというわけ。厭味ったらしく、デコ広たらこ唇女の前で収穫してやろうと思っていたのですが、なんと3月、デコ広たらこ唇女一家は会社の寮を出て行ってしまいました。カミさんの話だと退職でも転勤でもないとのことなので、家でも建てたのでしょうな。その家では是非是非雑草の根っこを大事にして欲しいものです、あははははは。

野蒜とサラダで20160502

まぁ、そんなこんなで乾杯。野菜好きの主夫太郎家はいつでも前菜は野菜で、今回は野蒜が加わりました。サラダはコリアンダーとシラスのサラダです。

野蒜頂き20160502

酢味噌で頂きます。まぁ、醤油に鰹節でもおいしい。小さな玉ねぎだからねぇ。コリコリした食感を残すのが好きですよ。勝利の味とまでは行かなかったけど十分満足しました。こんな寮も建て替えのために9月に引っ越します。ん~来年からもっと収穫できると思ったのに3年間の苦労が水の泡。まぁ、これも人生だろうねぇ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お・ま・け


白アスパラの季節ですねぇ~。

白アスパラ20160502

白アスパラのチーズソース

なんぞゴキゲンに頂いてます。それと定番になってますが、

鹿のシチュー20160502

鹿のシチュー

です。パプリカの粉を入れたらピーマン入れなくていいかなぁって思ったけどついつい入れちゃいました。ちょっと赤いのはそのせいですね。主夫太郎、なんだかんだで楽しく過ごしています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

春続いてます~実家から春が~

2016.04.13 23:07|その他のお料理
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

今日は実家から来た

春のお話です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

春というのは楽しい季節ですね。春というと「卒業」なんて言葉とも結びつきますが、43歳ともなると学校というものと縁が無くなって久しいので全く寂しさは感じません。また、「春眠暁を覚えず」とは言っても昼寝をしているほど春というのは退屈ではありません。おうちの模様替えもエアコンの掃除も体重測定をして夏までのダイエット計画をたてるのもみんなこの時期です。それになんと言っても食べるものも楽しい時期ですね。まぁ、主夫太郎の場合は春夏秋冬どの季節を取っても食べるものが美味しくない時期は全くないのですがやっぱり冬のジビエとはまた違った贅沢が、なによりも鮮やかさが春にはありますね。ちょっとだけ季節が東京より遅れている群馬から

セリ20160413

天然のセリ

が届きました。まぁ、こんなに沢山!!と思っても茹でたりすると小さくなっちゃいます。母親が10分も刈ればあっという間に採れるそうですが贅沢ですね。野蒜(のびる)なんかも群馬には生えますが、東京にも生えているので今年は野蒜は頂きませんでした。セリはいい香りがしますので鰹節とお醤油だけで頂くのも好きですが、この日はお手製の草餅も送ってもらったので

草餅雑煮20160413

草餅とセリのお雑煮

を頂きました。ん~贅沢です。群馬に暮らしていたときは全くもって贅沢だと思いませんでしたがどう考えても贅沢ですよね。今はモリーユなんぞ追いかけまわしている主夫太郎ですが、実家にいたときは野草なんぞ全く興味がありませんでした。普通にあるものですからね。こういうお雑煮よりカレーが好きだった大馬鹿野郎のあのころの主夫太郎、そんな奴に選挙権なんていらないですよね、あははははは(現在の18歳に選挙権が要らないと言っているわけではないですよ)。

まぁ、お肉も頂いておきましょうか。最後にとった鹿を使って玉ねぎと煮込み、卵でとじてセリを乗せました。

鹿すき焼き風20160413

鹿のすき焼き風卵とじセリのせ

です。順調に獲物を消費してますが、脱臼した肩が痛いので羽根をむしれないのとダイエットをするためしばらく鳥系は出てこないかな。まぁ、そんなのでも楽しい我が家です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。