FC2ブログ
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

お嬢と鯛~主夫太郎、若い女性と会う~

2018.09.10 09:16|その他のお料理
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とお魚ファンのみなさ~ん!!

今日は主夫太郎が若い女性とお茶した話

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

僕が仕事をやめてもう6、7年経とうとしている。僕の以前の仕事は随分と殺伐としていたけれども、そのとき18歳の随分と可愛い女の子と出会った。いつも眠そうな顔で僕の仕事場にくる彼女は芯は真面目そうだが斜に構えるようなクセがいくらかあったと思う。僕はそんな態度を半分小馬鹿にして彼女のことを「お嬢」とよび、「一人前になったらレディと呼んでやる!」と随分と厳しく接したと思うが、当時僕の周りにいた「イケメン」というあだ名のあんまりイケメンでない長身の青年と、イケメンだけどイケメンというあだ名がつかなかったそんなに背が高くなかった青年、この2人の仕事ぶりのよさのためかお嬢と僕は特に大きな衝突もなく半年ほどが過ぎ、仕事の仕組み上それ以降職場では顔を会わすことはなくなった。その後在職中では駅のエスカレーターですれ違いざまに「お嬢!」と声を掛けたのが一度あったキリだったと思う。お嬢というあだ名をつけていたからすぐには名前を思い出せなかったのだが、エスカレーターですれ違った日、たまたまツイッターの「フォロワーのフォロワー」にお嬢を見つけてフォローしたのがきっかけでSNSでつながる様になった。確か僕がお嬢と会ったときは経営だか経済だか文系の学生だったと思うが、何の一念発起をしたのか分からないけれども気が付くと国立大学の理系の学生になり、そのまま大学院に進学し、今では名前を聞いたことがない人は日本人ではいないであろう大企業の社員になっている。もちろん彼女が勉学に励み自己研鑽を重ねているあいだ、僕はおうちのお掃除をし、ぼんやりと釣りをし、鉄砲を撃っていたわけで「一人前になったらレディと呼んでやる!」という偉そうなセリフは思い出すだけでも赤面を禁じ得ない。

この全く重ならなそうな僕とお嬢の人生に一点だけ共通点が生まれた。「釣り」だ。お嬢の方は最近始めたらしい。よほど夢中になっているのだろうとはSNSの様子から分かっていたが、ある日、次のようなメッセージが届いた。

「鯛を釣りすぎたのでもらって下さいませんか?」

と。一人暮らしでは夢中になって沢山釣ると全部食べるのはとても大変だ。せっかく釣った鯛を冷凍するのはもったいないし誰かにもらってもらおうと思ったに違いない。チカメキントキの在庫もいい具合で減ってきたので、有難くいただくことにして駅で待ち合わせをして受け取ることにした。鯛を受け取ってサヨウナラというのもなんだから駅の近くの喫茶店でいくらかの近況報告をしあった。僕はすっかりおしゃべりが下手になってしまったのを実感したが、随分とお嬢の方がシャキシャキと喋り面白く話を聞かせてもらった。僕の記憶が正しければ若さとは力強いが過信を伴い、精神の高揚の維持によりその形を保つが一方で脆く、突如として幻影と化すものだ。彼女のもつ「若さ」もきっと例外ではないはずだが6年間の隠居で若さに対する一切の免疫を失った僕には彼女の若さはただただ眩しく、そして凛々しく見えただけだった。


.......ここまで書いてなんだけどねぇ、最初はちょっとシリアスな感じで今回の記事を書き切ろうと思ったのだけど疲れちゃったよ。年とるっていやだねぇ、シリアスが一時間続かない。まぁ、短く言うと「お嬢からお魚もらいました」ってだけだからさ、もともとシリアス路線だけでは書けない題材だよねぇ、あはははは。ということで、ここからはいつもの調子でお料理のお話です。


自慢するほど大きなソイが釣れたそうです!!そんな貴重なものを主夫太郎に分けて下さいました。

ソイのお刺身20180909

お嬢の釣ったソイのお刺身

自慢のお魚だから、我が家の一番のお皿に盛り付けました。ん~美味しい白身の魚だねぇ。きっと彼女もこれくらいなら消費できたろうけど美味しいお魚なので僕に下さったに違いありません。で、鯛というのはこちら

お嬢の鯛20180909

お嬢の釣った鯛

です。これは一人暮らしの女性にはやっかいな大きさです。お魚って大きくても小さくてもそんなに処理する手間って変わらないですよね。ウロコを取らなきゃならないのは大きくても小さくても変わらない。この他にもお魚が釣れたならそりゃ食べきれないだろうと思いました。彼女いわく「お刺身はちょっときついかもしれないです。目とかみて判断してください」とのことだったから、そんじゃなんか工夫しようかという気になりましたぞ。

鯛の出汁20180909

あらはダシにします

さばいてみると、なるほどお刺身には少しグスグスしてる気がしたので、

練練り20180909

フードプロセッサー

に入れました。さらに塩と卵白をいれて攪拌し、小さな器に入れて蒸すと、

かまぼこ20180909

簡単かまぼこ

の出来上がり。まぁ、小麦粉とか入れたりしてもいいのだけども今回は面倒だからねぇ。ちょっとくらい固くったっていいし。これで3匹分だからかまぼこってのは随分と贅沢だとは思う。出汁とかまぼこがあれば、

鯛にゅう麺20180909

鯛にゅう麺・鯛のカマボコ乗せ

なんてわきゃないねぇ。美味しくいただきました。しかし、鯛の出汁ってのは綺麗だねぇ。ほれぼれしちゃうな。他にもお土産いただきましたが、それはまたのお話にします。大変美味しくいただきました。御馳走さまでした。

さて、8年の時を経て可憐な少女から美しい大人の女性に変身した「お嬢」の顔見たくありません?今日は特別公開しましょう(本人未承諾)。権利関係がややこしくなってそのうち消えちゃうかもしれませんから必見。可憐な少女が学問を修め一流企業でバリバリと働くキャリアウーマンに。眩しく、凛々しく、そして何よりもミステリアスな大人の雰囲気をまとい僕の前に現れましたよ.....







お嬢すまん。顔だしちゃいます。











お嬢像20180910

お嬢像
(※写真はイメージです。実際とは異なる場合があります)


あははははは。熊の毛皮の帽子って動物愛護の人達がみたら大激怒だなぁ。まぁ、こんな暑そうな格好してなかったけどね、九月の頭だったし。ってかこのオチ、26歳のお嬢にはわからない気もするなぁ。松本零士は26歳にはきっとキツイねぇ、あははははは。

スポンサーサイト

テーマ:主婦の日常日記
ジャンル:日記

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

頂き物の記録とたまにはジビエ以外の話

2018.08.01 07:46|その他のお料理
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生と頂き物大好きのみなさ~ん!!

主夫太郎、夏バテ気味です~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

夏というのはキンキンにビールを飲んだついでにバカ食いしてしまったり、反対に食欲がなくなったりと「食」という面ではなかなか難しい季節だと思います。カミさんの健康管理を請け負う主夫太郎としても色々工夫はするのだけど、最近アイデアもバテてきて、カレーが少し多めに登場したり、体重計とにらめっこをしてサラダの比重を多くしたりしてたのですが、なかなか果物という発想が湧いてきませんでした。何と言っても果物、特にデザートとしてそのまま頂ける果物というのは「高い」ですよね。そりゃ農家さんのご苦労を考えれば妥当なお値段だとは思うのですが、それでも「出費の絶対額」として、お惣菜と同等のお金がかかると思うと中々手が出なかったりするのが主夫の心情というものです。

と、そんな折、

頂きサクランボ20180801

さくらんぼ

が山形から届きました。学生時代からお世話になっているお蕎麦屋さんからの季節のご挨拶を頂き、ありがたい限りですよ。塩水にいつものように浸してからあっという間に食べちゃいました。なるほど果物というのは元気がでます。まぁ、何と言っても果物は華やかで楽しいですよね。

と、思ったら、

台湾マンゴー20180801

台湾マンゴー

が届きました。台湾のお茶屋さんから毎年お茶を購入してるのですが、去年から夏にマンゴーが送られてくるようになりました。14個、食べきりましたよ、あははははは。日本のマンゴーより甘くはないのですが、その分さわやかで果物らしくて美味しいです。果物ってそんなに甘い必要はないと思うのは僕だけですかね。

頂きものというのは変ですが、実家に行ってもらってきたのが、

ジャンボズッキーニ20180801

ジャンボズッキーニ

です。ジャンボズッキーニという品種があるわけではなく、ズッキーニが大きくなっただけです。この大きさになるとズッキーニのタネもしっかりしてきて、中をくりぬかずに食べるのは無理ですね。頭の部分はなかなか固くて煮物にしました。まぁ、消費するのはものすごく大変でしたけど、

ズッキーニのかき揚げ20180801

ズッキーニのかき揚げ

をヤブレカブレで作ってみましたが、案外正解でした。かぼちゃの仲間ですからかき揚げにならないわけはないですが、カボチャのような甘味はなくご飯のおかずにはいいかもしれません。これと言った特徴もないですけどね。特徴がないってのが特徴です。


七輪を買ってから贔屓にしているのが、

田楽焼きセット20180801

焼き豆腐

です。今までは網で焼いたりしてたのですが、田楽用の串を買ってこうやって炭で焼いてみたかったんですよ。

田楽20180801

くるみ味噌田楽

はカミさんのお気に入りになりました。クルミを擦り、砂糖と味噌とお酒で伸ばしたものを焼き豆腐に塗りちょいと焦がすだけなんですがね。豆腐というのは水を抜き、炭で焼くだけでかなり美味しいものになりますね。安いお豆腐でも十分美味しくなります。

主夫太郎は先週末、カミさんから有給休暇をもらって3泊4日で仙台に遊びに行ってきました。楽しすぎて写真をほとんど撮らず、一番楽しかった思い出に関しては写真が無し。ブログ始めるまでは写真なんて撮っても撮らなくてもどっちでもいいと思っていた人間なので、素がでてしまうと写真には興味がなくなって記録のない記憶だけの楽しい休暇を過ごしてきました。有給休暇、長いのは今年はこれでおしまい。あと2回、2日ほどもらうことになる予定だけど、合計5日くらいの有給休暇はもらってもバチがあたらないかな?親の介護とかはまだなんだけど、介護が始まっても主夫・主婦だって有給休暇は大事だと思いますね。全国の元女子高生のみなさ~ん!!主夫・主婦の有給休暇、20日取得を目指しましょうね~あはははははは。



テーマ:主婦の日常日記
ジャンル:日記

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

2018タラの芽とり~鹿以外の山の恵みも楽しい~

2018.04.17 05:24|その他のお料理
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生と山菜ファンのみなさ~ん!!

タラの芽は美味しいよ!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
タラの芽、小さい頃こんなものは全然美味しく感じませんでしたが、どういうわけか今は虜です。ああ、僕はいつか死ぬんだと思いますよ。ハンバーグとラーメンとカレーさえあれば生きて行けると思っていた十代、ビールと日本酒と唐揚げとお刺身があれば生きて行けると思っていた二十代、ワインとオマール海老とチーズがあれば生きていけると思っていた三十代。一生モモヒキなんかはかないと誓ったころ、同時に一生こんなじじくさいものは食べないと誓っていたのに四十代になりモモヒキもタラの芽もこよなく愛する男になりました。主夫太郎は一歩一歩老いへと近づいているのです。老いるというのはもっと悲しいことかと思っていましたが、ぜんぜんそうでもなかったですねぇ、だって、タラの芽の収穫が、

タラの芽全収穫20180416

凄く嬉しい!!

猟友と師匠と僕の3人で山を3時間か4時間くらいですかね。ありがたい限りですよ。

我が家分20180416

我が家の取り分はこれくらい!

だけど、あっという間に、

タラの芽天ぷら20180416

天ぷらで!!

3分の2をたべちゃいました。タラの芽の天ぷらだけでお腹一杯にする幸せ。残りは湯がいておき、翌日、

タラの芽ベーコン20180416

自家製ベーコンとタラの芽炒め

で頂きました。

いつか山を買って、山椒とタラの芽と山ウドをたらふくたべたいなぁ。まぁ、しばらくはおとなしく東京ハンター生活をしようと思います。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

友人からの誕生日プレゼント2017~トラフグ2匹の贅沢~

2017.12.26 07:25|その他のお料理
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とトラフグ好きの皆さ~ん

誕生日プレゼントにトラフグ!!

最高でしたよん


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

毎年恒例なのだが、学生時代の後輩が誕生日にプレゼントを贈ってきてくれる。以前ほど頻繁に連絡を取っているわけでもないがお互いの誕生日にはプレゼントを贈るという習慣は続いており、負担にならないよう金額も決め、貰うのも贈るのも実に楽しみという季節の行事みたいなものになっている。彼とは学生のときに知り合い、その時点では後輩だったのだが、その後職場こそ同じだったことはないが同じ業種の仕事をしながら付き合いを続けるいわば戦友みたいなものだった。僕の方は早々に落ちこぼれて隠居を決め込んだが、特筆すべき才能を持った彼は順調に出世をし来年度から職場を山口から宮城に移してその業界では最高位の職に就くという連絡が今年の10月くらいに入っていた。その時、

「主夫太郎さん、今年の誕生日プレゼントなんですがねぇ、僕も山口にいるのも今年度限りだから海産物ってのはどうかと思うんですが、如何でしょう?」

という。

「ん~、君、以前一斗缶にめいっぱい入った殻付きの牡蠣を送ってもらったが、あれは勘弁してくれ。一日中牡蠣の殻をむかなきゃならんのだ。テレビでみるとおばちゃんが随分素早く殻を開けて身を取り出しているがあれはかなりの熟練だぞ。あと、あの時の一斗缶、捨て方が分からずまだうちのベランダに置いてあるよ。」

「あ~。あれ、主夫太郎さんに贈ってから自分でも買ってみたのですが、あれは大変でしたねぇ。あははははは。流石にあれは二度はないですよ。山口の海産物といえば、ほら、あれがあるじゃないですか?」

「ん?そりゃあれだろ?ふぐだよ、君。だが、山口のふぐなんて二人で取り決めた金額では間に合わないだろうよ。ふぐって言ってもトラフグだぜ、山口と言えば。」

「いや、そこでご相談なんですがねぇ、ふぐを刺身にしてもらって皿一杯に広げた奴だと予算が足りんのですよ。だけど、毒の部分を取り除いただけの丸々の奴だと山口の港で買うとそこそこ安いんです。ただ、ご自宅に届いてからお刺身にするには三枚におろして薄く切るっていうかなりの手間が必要ですから.....今回はそのご相談ってことでして....」

「おう!そりゃ面白いじゃないか。ごろっとしたふぐが届いてそれを刺身にするなんて経験は君がいなきゃできないことだ。まぁ、一斗缶一杯の牡蠣の殻を剥くのも君がいなきゃできなかったことだが絶対あれよりやる気がでて楽しい。なんかもらう方が『ふぐでいいよ』というのも何だが、よければ是非にと思うな。」

ということで、我が家にふぐが届くことになった。

届いてみるとふぐが2匹も入っておりびっくりしたが、びっくりして写真を撮り忘れてしまい、

ふぐ身20171225

三枚におろしたふぐ2匹

の状態でやっと写真をとることができた。ふるさと納税でカミさんが買ってくれた長い包丁で丁寧に丁寧にふぐを削いでいって、

ふぐ刺し20171225

ふぐ刺し!!

を造った(これで一匹分。もう一匹は後日頂いた)。お酒は北海道の猟友から頂いた「旭神威」で、実にふぐと相性がいい。いつ飲もうかいつ飲もうかと思案するうちにすっかりオブジェみたいな扱いになってしまっていたお酒だがふぐとの出会いを待っていたかと思うと飲まずにいたのは正解だったと思う。

ふぐ皮20171225

ふぐの皮

もちゃんと2匹分来た。湯がいて氷水で冷やす。今回はこれまた猟友からいただいた「チャンジャ」に加えて、

チャンジャ皮20171225

ふぐ皮のチャンジャ和え

にしてみた。ふぐ皮は味があるわけではないのだが、チャンジャの味になじんで歯ごたえが楽しく実に美味。

ふぐの頭と骨で出汁を取り

ふぐ湯豆腐20171225

湯豆腐

を作った。あまった汁を雑炊にせず、お醤油とゆずを加えて汁ものにして飲んでしまったが、こちらは温まって実に幸せだ。

アラ、顔の部分は粉をはたいて、

ふぐから揚げ20171225

から揚げ

にした。一番手前に見えるのが顔で、よく見るとガチャピンみたいな歯が見える。カミさんは「気持ち悪い」といって残しそうだったのが、美味しいから食べてみなさいと言って食べさせた。もちろん食べれば美味しいわけでふぐの顔だけ安く売ってたら欲しいくらいだ。

茶碗一杯の出汁と刺身の切れ端を使って

ふぐ炊き込みご飯20171225

炊き込みご飯

で〆。マイタケは炊きあがる直前にいれると歯ごたえが残って美味しい。淡く、しかも力強いふぐの旨味がご飯に染み込んで実に美味だった。


カミさんも僕も満足で、まぁ、そうそうできない経験をさせてもらった。ここまで楽しませてもらうと、流石に彼の誕生日に何か工夫しなければなるまい。7月まで楽しい思案が続きそうだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

ボツネタ料理~2017初夏~

2017.07.27 09:06|その他のお料理
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とお料理ファンのみなさ~ん!!

今日は主夫太郎ボツネタ特集です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お料理ブログをやっているときに唯一人気があったのがこのボツネタ特集なのだが、まぁ、今となっては主夫太郎に料理を期待している人も少ないとは思うので、夫婦の食の記録として、半端ものになった写真を載せて料理のメモ代わりにしようと思います。まぁ、それにしても贅沢!スダテや潮干狩り、キノコ狩りに頂きものと振り返るとこの2017年の初夏は実に贅沢三昧でした。まぁ、人の贅沢なんて羨ましくもないだろうけどたまにはいいもんですよ。贅沢って言ってもホリエモンもたいなことはできませんから、庶民の贅沢です。ちょっと足を延ばしたり運が良ければ転がりこんでくる贅沢ですよん。


アサリ編

アサリグラタン20170727

アサリのグラタン

は、流石にたくさんアサリがあると出来ます。ホワイトソースを作るのが唯一面倒ではあるけど、慣れればなんでもないですね。流石にお腹いっぱいになります。


アサリとユリの根のポタージュ20170727

アサリの出汁とユリ根のポタージュ

は実に写真映えしない白い器に白いポタージュという....まぁ、実はこれにわけがありましてね。お友達夫妻を招待したときに作った料理ですが、流石にコロンビアセージグリーンを2歳のガキンチョに出せませんからねぇ。普段使いの器を使ったんです。ユリ根のポタージュは主夫太郎家のスペシャリテ。ジャガイモで作るより上品に仕上がりますよ。


アサリカレー20170727

アサリとキャベツのカレー

は美味しいけれどボツネタ入り。スパイスから作るのだけど、いつもの定番スパイスカレーだからボツネタ入りね。


スダテ編

スダテ遊びのお料理も半端ものがあるので載せておきます。アサリのほかに


サルボウ20170625

サルボウも採れました!

赤貝みたいな貝なんだけどね。何も思いつかなかったから、

サルボウ天ぷら20170702

サルボウの天ぷら

にしちゃいました、あははははは。かき揚げにさえしなかった手抜き料理ですよ。もっと採れたらいろいろ考えたんだけどねぇ。スダテではお魚が!

舌平目20170625

舌平目!

を頂いてまいりましたが、舌平目といえばフレンチ!ところが、フレンチの気分でなかったので、せっかくカッコいい舌平目を五枚におろしちゃって骨から出汁を取って、

舌平目あんかけ20170702

舌平目の竜田揚げあんかけ

にしちゃいました。なんか作ったときはせっかくの舌平目を手抜き料理にしてしまって恥ずかしかったのだけど、今見るとまた食べてみたい気がします。出汁+竜田揚げは主夫太郎家の定番お惣菜です。海藻も拾ってきたのですが、

海藻ポテト20170727

のり塩ポテト

みたいに作りましたぞ。まぁ、ボツネタにしたのは多分おいしさが伝わらないから。また来年食べたいな。


海以外編

ことしもおふくろから花ズッキーニもらってきました。

花ズッキーニ20170727

花ズッキーニの炒め物

です。毎年毎年、小さい花ズッキーニが好きになっていってとうとうこんな小さいのをもらって来るようになりました。まぁ、贅沢としか言いようがありません。実家で4本ズッキーニを植えたのですが、みんな枯れちゃったそうで、今年はこれっきり。ん~残念。

2歳の子供を連れたご夫妻、ちょっと大変だったのは小麦粉と卵のアレルギーをお子さんが持っていたこと。ということで、

グルテンフリー卵フリーカルボナーラ20170727

グルテン・卵フリーのカルボナーラ

今、米の粉で作ったペンネなんか売ってます。本当にカルボナーラのような見た目と味なんですがね。レシピ書いても誰も真似しないから写真だけね。

このパーティーでは主夫太郎家の定番お料理も出しました。

シカモリーユ20170727

シカのモリーユソース

お子ちゃまのために久しぶりに薄切りのシカ肉。まぁ、薄切りの必要はなかったとは思いますがね。


いただき物編

台湾のお茶屋さんから、突然

台湾からマンゴー201707207

台湾マンゴー

が届きました!いきなりでびっくり!最初宅急便やさんが「仙台からマンゴーが届いてます」って言われて「?」マークが頭の中を飛び交いました。届いてみると仙台ではなく台北からでした。「北」の「台」だと仙台だと思ってしまったのでしょうね。お茶を買っているだけだから何かの間違いではないかと思い早速台湾のお茶屋さんに電話したら、「長い間買ってくれたお礼ですよ~間違いではないですよ~」とのこと。なんと義理堅いのだろうと感動しました。

5キロの台湾マンゴー、全部食べちゃいました。アイスにしたりしましたけど、ほとんど生をかぶりつくというもの。甘さも香りも宮崎マンゴーより弱いけども、その分、沢山食べられます。台湾マンゴーの方が年取った僕には合ってる気もしますねぇ。

学生時代から通っているお蕎麦屋さんから、

サクランボ20170727


山形のサクランボ

が2キロほど。いや~頂きもので潤ってますよ。

まぁ、たまにはお料理ブロガーみたいなことしてもいいですかね、あははははは。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。