05 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ノイシュバンシュタイン城~憧れのお城へ~

2014.05.31 08:54|2014ヨーロッパ旅行記
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

読者の皆様は

「また城かよ!!」

って思うかもしれませんが、

仕方ないのよ、城に行ったんだから。

ゆるしてね~


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ホーエンシュバンガウのお城を見終わるとちょうどよい時間になってノイシュバンシュタイン城に向かうことに。もっとも他に行くところはないんだけどもね。お土産なんかも見てみるが、絵葉書くらいしか見るべきものは無く、何か買おうという気にはならなかったです。ノイシュバンシュタイン城に行くには1.5キロほどの緩やかな坂道を登らなければならない。呑気に歩く人もいたし、バスを使う人もいるのだけど我々は、

馬車2014518

馬車!!

ん~お馬ちゃんが実に可愛いですね~。ポクポクいいながらゆっくりと登って行ってくれます。
まぁ、そのときの様子は.....


そして、着きました。とうとう。カミさんが憧れて、僕も申し訳ないと思いながら是非是非連れて来たかったお城。
入口をくぐると

入口の上20140518

こんなところまでは無料で入れます。もっともここだけ見て帰るなんてもったいないけどね。
この部分はちょっと高くなっているのですが、

カミさんご機嫌20140518

そこから入口付近の僕を見下ろしてご機嫌になるカミさん!!僕もうれしくなっちゃうね。

お城の中は残念ながら撮影禁止なのよん。とっても残念なんだけど仕方ないですね。以前訪れたときの僅かな記憶の御蔭で、いい加減だけどガイドとして幾分カミさんの気分を盛り上げることもできたと思う。

例えば、扉を開けるとそこは鍾乳洞!!という部屋があるんだけど、そこはとても感動するから、

「扉が開くまで(隙間から次の部屋を)覗いちゃだめだ」

なんて言えたのはよかった。

それと一つ前の記事で、ホーエンシュバンガウ城を湖と一緒に撮った写真があるのだけど、それは

ここから撮った20140518

このバルコニーから撮った写真でした。もちろんこんなバルコニーにジュリエットがいたらロミオは登れないねぇ、まぁ、ジュリエットのつぶやきも聞こえないけどさ。写真好きのカミさんのために、見学コースから少し外れてるこのバルコニーにはちゃんと案内しなきゃいけないと思ってましたが忘れなくてよかった。

お城から出て、行きたかったところが僕にはありました。それは城を美しくみることのできる


「マリエン橋」



という橋です。以前来たときはとても疲れていて、お城から15分ほどあるくこのマリエン橋には行かなかったのだけど凄くそのことが悔やまれていました。今回は絶対行こう!!と決心していたのだけども、やっぱりお城からマリエン橋をみると、




マリエン橋20130518

遠い!!

でも勇気を振り絞って、そしてカミさんは慣れない靴で足が痛かったようだけども頑張って橋に向かいました。橋の下は渓谷で

橋の下20140518

こんな綺麗な水が岩肌を流れているのだけども、やっぱりそんなことはおまけみたいな景色です。

橋になんとかたどりついてお城を見た感動を動画で見たい人は↓をクリック!!







まぁ、一応は橋からパチリと一枚とりました。








マリエン橋から20140518

ノイシュバンシュタイン城
(いまさら、次郎、城だと次郎いわないでよね~♪)

堂々としてるなかの優雅さ。ん~僕も足かけ10年超の後悔がやっとここで良い思い出に変わりました。
カミさんもすごく満足!!足が痛くても橋まできてよかったと。

塔のアップ20140518

東京ディズニーランドのシンデレラ城のモデルにもなったというこのお城。塔がとてもきれいですね。青い空と白いお城。是非訪れて欲しいと思います。本当はこの塔だって行きたいけど、ここは公開されてません。

僕が訪れたころは、お城の近くに劇場があって、「ルートビヒII」という、このお城を建てた王様ルートビヒ2世の生涯をミュージカルにして上演していて、レストランまでついていてねぇ、鴨を食べたのを覚えてます。ルートビヒ2世は最後謎の水死体(自殺との説も)として発見されるのだけど、クライマックスでは劇場に突如本当の水を使った湖が出現してそこに役者が沈んでゆき凄くびっくり!これはカミさんに見せてやらなきゃって思っていたのだけど、なんともうミュージカルはやっていなくて、それはとても残念だった。敢えていうとそれが心残りかな。



さて、ここで一回ヨーロッパ旅行記はお休みをして、ハンターブログに戻ります。もちろん、旅行記はまだまだ続くよ!!





~ お ま け ~



当時いくらしたか覚えてないのだけども、日本円で一万円はこえてたかなぁ、ミュージカル。思い切って見てみたのは凄くいい思い出だ。下の写真は2002年に旅行したときの旅行日記です。写真持ってゆかなかったからみんな手書きでした。

ルートビヒII20140526

当時字幕という英語をしらなくてねぇ、よく字幕スーパーっていうからさ、

Are there Japanese super ?

(日本語の字幕スーパーはありますか?のつもりだけど、日本のスーパーあるか?っていみだねぇ)

って聞いたら、そんなものはないと言われた(笑)

Japanese title

っていうんだねぇ、日本語字幕のこと。まぁ、そんなことも勉強したあのころです。

凄い長いセリフが日本語とか英語だと妙に短いんだよねぇ。ん~~まぁ面白かったからいいのだけども。

2002年の旅行はタイプしてイラスト加えて知り合いに見せたら案外評判が悪くて途中で断念してしまった。
今回の旅行記は最後まで続けばいいと思ってます。





スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。