06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

昨季の猟果から5

2014.07.04 00:02|猟と獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!今日は猟のお話だよ!

元女子高生は気をつけてね。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最近は主夫太郎のブログにも、ハンティング関係の方が訪れてくるようになり、ちょっとだけ嬉しく、でもちょっと緊張するような感じ。お!今日は何か獲物の話か?なんて思ってやってきたら「ムラサキババァ」の話だったなんてのは気の毒と言えば気の毒なんだけども、まぁ、こういうブログということで勘弁してもらおうと思います。

また、今日のお料理はFacebookとかなりかぶるんですけど、そのあたりFacebookでのお友達の皆様、ご容赦下さいませませ~(さだまさし風)

今日のお話は鴨の話で、実は僕が前やっていたブログでも鴨のお話を書いています。大人数で獲る北海道でのお話なんかはそちらの記事(ポチリで飛びます以前の主夫太郎の鴨猟の記事)で楽しんでいただければと思います。主夫太郎の分かりやすいイラスト付きです!散弾銃で鴨を撃つと一気に5羽も6羽も落ちると思ってらっしゃる方いますが、違いますよ。そんな説明もしてあります。

鴨というと、スーパーで買えるのは合鴨がほとんどだと思いますが僕の感想だと合鴨はちょっと水っぽい。やっぱり鴨はジビエがいいですね。ハンターさんが好きな鴨は、マガモカルガモの2種類、あと美味しいからコガモが加わるって感じらしいです。カルガモは留鳥(渡り鳥でない)で、大田区石川町のコンクリートでできた川にもたまに泳いでます。


歩く鴨2014416

これね、これ!これ大田区石川町のカルガモ。多分マズいです。このどぶ川っぽい川の藻なんかを一生懸命つっついていたりしますから、食べ物がまずよくない。ハシビロガモなんかも人気がないし、僕も一羽頂きましたがかなり臭いです。やっぱり食べているものに大きく味が影響され、お米などの穀物を食べている鴨は本当に美味しいです。


カルガモ2014416

こちらは北海道で獲った鴨ですが、

菱の実2014416

菱の実(現地の言葉でペカンペ)を丸々呑み込んでました。ん~石川町のカルガモはグルメでないけど、撃たれる心配はなく、北海道の鴨は美味しいものを食べられるけど鉄砲の脅威にさらされる......まぁ、来世生まれ変わるならどっちもいやですな、文明国の清潔で楽しい、そんな国のお金持ちの家にイケメンで生まれたいです。

さてさてお料理の方ですが、

鴨のコンフィ2014416

熟成の時間がちょっと短いと、モモ肉や手羽は固いので、低温長時間のコンフィにしてしまうことがおおいです。そんなにうまくゆかないこともあったけど、結構おいしく頂きましたよ。熟成が進むともちろんモモもかなり柔らかくなって美味しいのですが、弾の当たり具合なんかみないと、内臓が壊れてたりしたら長期熟成はちょっと無理。だいたい主夫太郎は平均すると2週間くらいだったかな。来季はもっとチャレンジしようと思ってます。

ま、とにもかくにも、胸肉はご馳走です!!!

鴨胸焼く2014416

あばら骨を付けたままだとゆっくり火が通ります。中は赤いままが美味しいですよね。血が滴ってはいけないですね。焼いてから十分お肉を休ませるとお肉から肉汁は出てきません。赤いけど火が通った、でもジューシーで旨みが出る焼き方。たまに上手にやけましたが、そんなときのお写真はこちら、

トロトロ鴨2014416
鴨の胸肉のロースト!!

うまいよ~。ん~伝わるかなぁ~。ささ身もみえます?とにかく柔らかく焼くのがすきです。

もちろん胸肉だけ食べたら命に申し訳ないので、ガラも使います!ガラを使ってスープをとると、これがお蕎麦と良くあうのよ!!!そばと鴨は凄い組み合わせです(これも教えてもらったことですけどね)。

鴨そば2014416

なめこと鴨のそば(鴨の出汁)

いいでしょう?この天然鴨そば、う~んプライスレス(ちょっと死語かなぁ、瀕死語ってかんじかも。)

鴨の出汁はネギにもよくあいます。鴨ネギなんて言うくらいですからね。ということで、こんなお料理作ってみました。

鴨葱ねぎだく2014416

焼ネギの鴨の出汁煮込み

醤油と胡椒で味付けね。これがねぇ、おいしさが伝わらないんだけど、なんていうか、「凄く美味しい!ほっぺ落ちそう!!」というおいしさというよりはネギと鴨の組み合わせの良さに感心して、「ああ、これいつ食べてもいいなぁっ」ておいしさなのよ。お肉がなくなって出汁があまったから作ったのだけどね。われながら頭の悪い料理だけど気に入ってます(笑)。


スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。