06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ベナック城

2014.07.24 07:13|2014ヨーロッパ旅行記
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!元女子高生のみなさん

今日は旅行記の続きです。

ヒトラー暗殺計画の評判、アクセス数が悪いので、

頑張ってああいう記事増やします!

あはははは。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

実は前回、前々回の旅行記のレゼジー、グランドロック、シャトー・コマルクと一日のうちに移動しておりまして、この日最後の観光スポットはドルドーニュ川沿いのお城、ベナック城です。本当はドルドーニュにあるお城をもっとまわりたかったのだけど、シャトー・コマルクの自然のなかにある廃墟に心奪われてしまい、予定していたところには時間がまわらず。今回のフランス旅行はとうとうお城らしいお城はここだけでした。

運転していてお城が見えてくると興奮しますが、そんな動画です↓ポチリでYoutubeに行きますよ。



城の裏手の駐車場に車をつけて、裏の坂道を登ってお城に向かいます。坂道の途中には民家などもありここはロワールの洗練された平城とは違いますね。本当に戦争(百年戦争)に使われていた城らしいです。


城の裏手の登坂20140714

こんな感じの坂道を登ります。後ろの建物は民家(だと思う)。まだまだ城ではないです。

まだまだ上る20140714

結構有名な観光地のはずだが、道は狭い!まだまだ登るよ!天空にそびえる城だからねぇ。

やっと空が20140714

やっと空が見えてきたが歩きにくそうな道をさらに登ると、

到着のはず20140714


やっと城の入り口らしいところが!!

ところでそこのお姉ちゃん(か、おばちゃん)、ジーンズパツパツすぎないか?写真で見ると足が長くてヒップアップしていて、「お~セクシー」って思うかもしれないけど、実際みるともう「違う動物にしか見えない」というのもこの旅行での発見だった。まぁ、外人さんはスクリーンのなかでみるのがいいよ(笑)このあたりになると写真でも看板が見えると思いますが、レストランなどあります。ん!!レストランには駐車場が!なんと城の入り口まで車で来られたみたい.......まぁ、いいか。

修復中20140714

と入口を抜けてみると案外ショボイ風景が。実はあの入口は無料のエリアで工事中のところに出るのよ。この工事がまた不真面目そうにやってるんだよねぇ。いつ終わるのやら。ここで終わりにしてもいいと思ったくらいつかれたけど頑張って入口を探して、
ベナック内壁20140714

城内に潜入(ちゃんとお金はらったけどさ(笑))

なにか要らないそうな木材なんか立てかけてあってこのあたりの細かさが日本とは違うけど、他人の家をのぞかせてもらってる感じもしてちょっとうれしい?物は考えようかな、あはははははは。


見上げる城20140714


やっぱこの「そびえる感」は無料ゾーンでは味わえない醍醐味だ!

地震に備えて鉄骨とか入ってはいないと思う。日本ではこんな城がないはずだよね。


何の説明もない広間20140714

城の中はツアーに参加しない限りどこもかしこも全く素気がないが、まぁ、それはそれでいいかなと思う。この大広間もキリストの絵もいったいどんないわれがあるのかしらないが、まぁ、結局忘れちゃうだろうからこの石造りの建物を肌で感じることに満足しながら歩くことに。天井が高いって本当にいいもんだな。


鎧20140714

申し訳程度にこんなものも。出来る範囲で観光客には媚びてみようという意図はあるみたいだが、これ一つだけかな、それらしいのは(笑)

なんか城っぽい20140714

見張り台もあるがここからみるのは流石にいい!見張り台だから当たり前だけどさ。このツンツンと突き立っているのは弓矢なんかをよけるものなのかなぁ?ここまで届かないと思うが。

ベニャックの塔20140714

もちろんこんな建物にも入ってみられて、そこからの見晴もいいよ。

目もくらむような20140714

車も道もこんなに小さい。

ドルドーニュの流れ20140714

そしてドルドーニュ川の雄大な流れが一望。天気はよくなかったけどね。川の反対側にあるのはカステルノー城(現在は武器博物館にもなってる)で、どうやらあちらがイギリス軍、こちらがフランス軍の拠点となって断続的に100年も戦争をしてたらしいのよ(百年戦争)。まぁ、百年も戦争するなんて大したもんだよ。なんでもこの戦争でイギリスは大陸から追い出されちゃったらしいが、フィッシュ&チップスが大陸を征服しないでグルメな国が出来上がったのは僕としてはよかった!!フランスってのはドイツと仲が悪いイメージだが、その昔はイギリスとも仲が悪かったんだね。そりゃそうか、地続きなうえにみんな欲張りなんだから、あははははは。

城の全景20140714

帰りがけにもう一枚写真を撮っておきました。雨も上がって綺麗な青空と茶色いお城。ん~綺麗だね~。理屈のいらない観光地でした。ドルドーニュの城をもう少しめぐりたかったのだけど、時間切れで今日の宿泊地に向かいました。


さて、次回の旅行記は、誰もが憧れるあの村が登場しますよ!!お楽しみにね。




スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。