10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

本州初猟、準備と最初の獲物

2014.11.17 13:17|猟と獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!ハンターのみなさ~ん!!

主夫太郎、本州の初猟が終わりましたぞい。

今日はその準備と初めての獲物の話


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

師匠と待ち合わせのサービスエリアに行くまでに仮眠をとらなければいけなかったのだけども、本州の初猟でワクワクしていたのがあってなかなか眠れない。お酒でものんでグッと寝ちゃおう!!なんてのは若いころの馬鹿な発想であって、目がさえちゃったときのことを考えるととてもそんなことが出来ないので、最低の仮眠時間(3時間)を確保するギリギリの時間一杯までこんなものを作ってました。

自作の鴨キャッチャー20141117


鴨キャッチャー

です。ん?鴨って鉄砲でとるんじゃないの?と思ったそこの元女子高生のみなさ~ん。そう、鉄砲でとるんだけどね、鉄砲で撃った鴨がよく池に落ちるのよ。そんで釣竿を使ってひっかけて回収するというわけ。主夫太郎マニアの人は北海道の鴨猟~準備編・おすすめ銃カバー~でも「鴨キャッチャー」ってのを見たのを覚えているかもしれないけど、あれ、結局は全然役に立たずに糸がこんがらがってしまっておさらばしました。総額6000円くらいで作ったのだけどねぇ。そこでいつまでも涙を流していても仕方ないので森田健作みたいに、さらば涙と言って色々な人の意見を聞いて、また一から作り直しました。

竿とリールが1400円、もともとついていた糸は弱いから全部捨てて新しい強い糸(PE6号)を55mで1200円くらい。良く飛ぶという噂のルアーが一個400円で浮きが300円くらいかな。あとふぐの針(20号)が100円くらいだろうか。まぁ、とにかく4000円くらいで前回とは見違えるものが出来ましたぞ!!

ルアー部分20141117


ルアーの部分はこんな感じ。尻尾にはふぐ用の20号の三本イカリをつけ、ルアーにあった元々の針は真ん中のは外してあります。絡まないようにね。浮力をつけるために浮きが何個も着いてるのだけど、これは適当に買った浮きの浮力が少なくて、必死に付け足した結果。そんでも浮力が足りないから台所のスポンジを切って防水スプレーをして浮きの代わりに付けました。ん~この調整だけで2時間。最後は睡魔との戦いになっちゃった(笑)

そんで主夫太郎の独自の工夫はルアーの下に写っているの輪ゴムをつなげたものです。実際は3本あってね、これは

輪ゴムA20141117


こんな風にひっかけて、



竿短く20141117

こうやってリールに固定すると竿を短くつかえます。鴨のいる池の周りには結構木が生い茂っていたりするから気持ちよく竿を振れないときがあるので、竿を短くするような工夫が必要だと思いました。と、こんなことを思いついたらもう夜遅く。仮眠をして、待ち合わせの場所に向かいます。


ワンちゃんズ20141117

去年もお世話になった師匠のワンちゃん、なっちゃんとチェリーちゃんです。フレンチブリタニースパニエルって犬種です。もう10歳を超えているけど、まだまだ健在ですよ!もちろん無理はさせないです。鴨猟では回収のとき出動します。キジ猟なんかはキジをとるのも目的だけど、この二人を遊ばせるのも一つの目的。もちろん今回もご機嫌に野山を駆け回ってくれました。


イヤーマフ20141117

さてさて、こちらは鉄砲の音で耳を傷めないためのヘッドホン型の耳栓です。これは電池をいれると、普段の会話は聞き取れるのだけど、鉄砲の大きな音は遮断するという優れもので結構高い。本当に高いよ!!高級耳栓って感じです。ところが猟場でこれをしようと思ったら師匠に笑われました。

「北海道じゃないんだからそんなにバンバン撃たないから必要ないよ~~」

ってことでしたが、折角持ってきたので使うことに。

地元の人も集まって、鴨のいる池のそばに陣取ります。日の出の時間が来て緊張が走るのだけど、全く鴨が出ない。

「いないよ~」

との声で一同ガッカリでした。下見のときは20以上見たのになぁ。師匠も「折角連れてきたのに申し訳ない」なんて謝るもんだからこちらとしても恐縮でしたが、気を取り直して近くの用水路を見に行くことにしました。ふだんはコガモしかいない用水路でしたが、な、なんとそこにカルガモがいて......


始めてのカル20141117


いえ~~い!!

主夫太郎、千葉のカルガモ初ゲットです。弾が当たったのが凄くうれしいですなぁ。こっちに向かってきたのを撃ったら、なんとパタパタ言いながら主夫太郎の目の前にボンと落ちました。全然回収に苦労しませんでしたね。そうこうしてるうちに鴨も何羽か出たのだけども全然当たらずでした。まぁ、それでもゴキゲンかな。

師匠の方も落としたのだけど肝心の落とした鴨が見つからず。散々探したのだけど諦めることになりました。致命傷にならず(半矢っていいます)逃げちゃったのかもしれないとのこと。残念ですよね。

その後は場所を移動してキジなんかも狙ってみたのだけどおらず、ちょっとがっかりしたと同時に主夫太郎がとんでもないことに気づきます。なんとあの


高級な耳栓がない!


車のどこを探してもない!!!さっきの猟場に忘れてきたんですよ。ああ!なんてマヌケなんだと自分を責めました。大抵は何かおっちょこちょいをするんですよね。師匠に言ったら快く探しに行こう!ってことになりさっきの鴨のいた用水路あたりで耳栓をさがすという無駄な時間を過ごしました。


っていうマヌケな初猟のお話.......


ではなくてねぇ、これが。耳栓を探していたら、ふらふらと力なく飛び上がる鴨がいたのよ!そんで幸いなことに同じ用水路にまた降りた。そんじゃ!ってんでみんなで鉄砲を担いででかけました。間違いなくカルガモ。でっかい鴨ですよ。息をひそめながら用水路に近づくと鴨が飛び出して、そこを師匠がバン!って撃ってこんどは無事回収できました。

そんで無事耳栓も見つかってねぇ。全然僕には損害がないし、師匠も獲りそこなった鴨をもう一度撃てて凄くご機嫌。ん~流石高級耳栓!!忘れたから探しに戻って鴨ゲット!!最低でもカルガモ一羽の価値がありましたよ(笑)やはり高級なものを買うべきですねぇ。

目いっぱい初猟を楽しむともう日暮れ時。カミさんから電話が掛かってきて、ご飯はどうするのかって聞かれたんだけど、初猟ははしゃぎすぎて疲れったっていったら、それじゃ!ってんで初獲物のお祝いにカミさんが

ウナギ20141117


ウ ナ ギ

を買ってきてくれました。んん~少しでも趣味と実益を兼ねて猟をしようと思ってるのに、実益の部分が吹っ飛ぶくらいの出費をカミさんにさせてしまった。まぁ、カミさんも怪我なく無事帰って来られたうえに獲物が来て嬉しかったとのこと。今度は猟に夢中になっても、もう少し早めに帰って夕食の準備ができるようにはしたいと思いました。




スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。