12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

鹿のクビを

2015.01.07 15:13|猟と獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

ハンターと元女子高生のみなさ~ん!!

寒いですね~



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今年は2015年羊年だそうですな。そういや、ハンター主夫太郎、羊は撃ったことがありません。というより日本には野生の羊なるものがいないと思われます。コジュケイのように放たれた狩猟鳥なんかもいるわけですから、羊だってどっかの牧場から抜け出して野生化してもよさそうですがWikipediaによると(←まぁ、100%信じることもないですが)日本の風土に合わないらしいです。それどころか江戸時代でさえ羊は飼育されてませんから日本人にとって羊というのは実はそれほど馴染みのない動物ってことになります。

高温多湿の日本の風土にあのモコモコの毛は暑すぎますから
もっと涼しいところで生きてゆくのに適しているのでしょう

って書くとみんな「そりゃそうだ!」って思いますね。ところが、なんでもあんこさん(←ポチリで彼のブログへ)の情報によると日本人のハゲ率は2割、一方あの寒いヨーロッパ人は5割だそうですから土地にあった毛が生えてくるわけでもなさそうですし、毛くらいなんとかなるのかもしれませんから他の理由なんでしょうなぁ。まぁ、そんなことはともかく、干支に入っている動物のうち、虎、龍に続き実は羊も昔の日本人にとっては想像さえできないものだったんですね。ん~今日まで全く気づきませんでした。

さてさて、羊に比べたら全然お馴染みの鹿ですが、干支に入ってませんね。お釈迦さまが寝込んでいる時に、あんなに逃げ足が速いクセにいち早くお見舞いにもいかない罰当たりの鹿君を仲間のハンターがやっつけてくれ、ありがたく頂いてまいりました。

鹿のクビ20141211

これは鹿のクビの部分です。メスでそんなに大きくなかったのかな?まな板に乗るサイズです。なんだか可哀そうな気もしますが、エゾ鹿はクビが固くて食べられないそうで、それから比べたら成仏させてあげられてよかったって思いますなぁ。まぁ、残酷にみえますよね。
鹿のクビ洗い20150107

解体所ではなく野外で捌くので土が沢山ついたりして一生懸命あらったりします。鹿の毛も解体のときに着いてしまうのですがこれは仕方がないこと、あとで丁寧な仕事をすればいいですよね。

鹿のクビ捌き20141211

そんでもってなんとか捌きました。鹿のクビというのは食べたことがないのですが、「焼くとコリコリしてうんまいよ~」っていう先輩ハンターのお話をきき、

甘辛く20141211

野菜と一緒に焼いちゃいました。砂糖とお醤油で味付け。玉ねぎ、インゲンなどと一緒に。
これがまた、びっくりするくらい美味しいのよ。歯ごたえはたまらないコリシャキ感があって、ん~~珍味かつ美味です。なんで鹿のクビ、スーパーで売ってないんだろうっておもうくらいですな。

鹿のクリームカレー20141211

この食感を残しながらクリームタップリのカレー煮込みにもしました。鹿とカレーとクリームはよくあいますね。元女子高生のみなさんはハンターさんから鹿のクビをもらったら是非試してみてください。ハンターさんは流石に首肉のおいしさはご存じだと思いますが、まぁ、新米ハンターの書くブログということで。



続きを読む >>

スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。