12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

サンセバスチャンの町並み

2015.01.11 13:53|2014ヨーロッパ旅行記
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん

今日は久しぶりの旅行記です。

サンセバスチャンだよん

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
主夫太郎の記事の中でも全く人気がない、アクセス数ガタ落ちのシリーズ、2014ヨーロッパ旅行記をたまには更新しようかなと思いました。実はカミさんがインフルエンザにかかり、成人の日を含む週末には猟に行くのをやめて少し暇ができたのでこの際旅行記でも書いておこうってことになりました。カミさんは元気になったから猟に行ってもよかったのですが、まぁ、ちょっとインドア主夫太郎の生活を思い出すのもいいかなとおもいまして引きこもって記事を書くことにしましたよ。

さて、フレンチバスク、アイノアを出た主夫太郎一行はラリューヌ山というアイノア近くの山に登りました。そこは天気がよければスペインの方まで見渡せる絶景が広がる....はずだったのですがなんと笑っちゃうくらいの悪天候。頂上でコーヒーを飲んで帰ってくるという、どう考えても記事にならないイベントでした。

気を取り直して宿泊地であるスペインはサンセバスチャン、バスク語ではドノスティアと呼ばれる都市に向かいました。高速道路を走ってフランスとの国境を超えると急に周りの運転がラテン系にかわります。乱暴っていうより陽気。道もそんなに広くはない市内に入るとちょっと怖かったけど、大阪なんかとちがって下品ではなく、まぁ、「陽気」なレベルなのでスペインのドライブが初めての主夫太郎でもなんとか無事にホテルにたどり着きました。

サンセバスチャン町20150111

主夫太郎一家がここに来るのはもちろん「食」を求めてだけども、三ツ星レストランでのお食事のお話はまた別の機会にします。食以外に期待してなかったのだけど実際来てみると凄く綺麗な近代的な街でした。なんでもガイドブックによると「ビスケー湾の真珠」とか「カンタブリア海の真珠」と言われているらしいです。ゴミも落ちてないし街並みも統一されて交通網もしっかりしてます。どうもスペインというとあまり良いイメージが無かったのだけど、陽気なのになかなか品のある街でとても町自体が気に入りました。

港付近20150111

抜けるような青い空に石やコンクリートで作られた白い建物は映えます。写真の中の人物を見てもらえばわかりますが、この風景でもそんなに気温が高いわけではなく歩いていて気持ちよかったですな。

砂の絵20150111

ビーチでは砂浜にこんな絵を描いている人も。「へ~公共の場所をこんな広く使って、変わった趣味だなぁ」なんて思っていたら、みんなが小銭を投げ込んでいました。どうも大道芸らしい。大道芸ってのは趣味でやってるのか生活でやってるのか全く分からないけどヨーロッパでは沢山見ることができて、イチイチ小銭を投げていたらかなりの出費になるのでこの程度ならタダで見てもいいだろうとそのまま通過してしまいました。そもそも描いている人の顔を誰一人知らないからねぇ。感心さえしなかったのだけど。

青い海サンセバ20150111

ラ・コンチャ湾という湾が街に面しており、これは絵になる風景。

ビーチ20150111


とそこには、噂では聞いていた日光浴のご婦人達が。ん~~写真の端っこに写っている人が長ズボンはいているでしょう?だからそこそこ涼しいのよ。そんな気温でも平気でおっぱい見せながら紫外線を吸収したいってんだから白人さんにとってはよっぽど太陽ってのはありがたいんだろうねぇ。そんなにありがたいなら「太陽を中心にして地球がそのまわりを周っている」っていう天動説だって素直に受け入れてもよさそうなもんだが、そうでもなかったってのはこれまた不思議。折角の色白の白人さんが日に焼けたくて、生まれながらにそこそこ日焼けしている日本人が白く見せたくて肌が荒れるほどファンデを塗ってるってのは神様がみたらどう思うんだろうか。
サンセバ20150111

このラコンチャ湾を上から見る方法があるのだけど、そこにはバスで行きケーブルカーを乗り継ぎ。木造ケーブルカーでのぼった先には流行らないと思われる遊園地があり、


錆びれたゴリラ20140111

こんなよくわからないアトラクションが。定休日だったのが残念だがこのゴリラ、白いねぇ。白いゴリラと言えば白豚ゴリラ馬だ!主夫太郎といえば白豚コリラ馬との対決の行く末が気になるが未だあの夢の続きは見ていないなぁ。ちなみ「白豚ゴリラ馬」で検索すると主夫太郎の記事がトップで出てきます。どうも僕のオリジナルキャラクターらしいねぇ。ただ、これ見てすぐ白豚ゴリラ馬って思っちゃった。

ここから20150111


遊園地の上にはこんな古い石造りの塔が建っている。中にはエレベータもあるがとても信用できる代物ではなく実際使われておらず、徒歩でてっぺんに登ると、

港全景20150111



こんな風景が。風も強かったけどそれでも随分長く見とれてました。素敵でしたよ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そんで街に戻ってホテルに帰ろうと思ったけど、調べるのが面倒くさくなって、「行き先の地名が、なんとなく見たことがあるなぁ」って思ったバスに乗ってみた。するとなかなかいい感じでホテルから街に向かう道を通り、このあたりで降りたらホテルまで歩けるなぁ、でも、もう少しホテルに近づかないかなぁ、なんて思ってたら急に方向が変わってどんどんホテルから遠くなってしまった。行き先がとても不安になったが終点まで行こうと思って乗っていると、なんと最初にバスに乗ったところに。循環するバスだったわけ。仕方がないので丁寧にバスを調べて乗るバスを決めて乗り込む。一番後ろの広い席に主夫太郎とカミさんが陣取ると随分空いているバスなのにやっぱり一番後ろに乗る親子連れが。ん?って思っていたら

「日本人の方ですか?」

と、いきなり日本語をしゃべりだした。これには凄くたまげた!!たしかにこの親子連れは、バス停でよくこっちを見ってたのだが......まさか日本語をしゃべれるとは....

どうも伊勢志摩スペイン村でご主人が働いていた関係で日本に住んでいたらしく、なんと前日まで日本にいたとのこと。日本で生まれた可愛い坊やは日本語はしゃべれないらしい。サンセバスチャンはいい街ですね、なんていうと「日本からは遠くて時差ボケが大変」なんて言ってた。確かに日本からスペインは直行便もないし大変だ。楽し懐かし会話のうちにホテルの前のバス停についたので手を振って笑顔でお別れ。久しぶりに聞いた日本語がなぜかスペイン人が喋っても懐かしかった。

バスを降りてホテルに向かう途中、

「俺たちさぁ、スペイン人の悪口とかバス停で言ってなかったよなぁ。」

とカミさんに聞いてみたら

「私もそれを心配してたけど、バス停では言ってないよ。街歩いてるときは色々言ってたけどさ」

と僕が思っていたことを言った。

「そうだよな、ケツがでかいとか、ウェストのくびれなんて所詮あってもなくてもあんな太さだとデブはデブだとか」

「まぁ、でもあの人凄くスレンダーだったしそれ聞いてもなんとも思わないと思うけどねぇ。」

「日本語が通じないと思って勝手なこと言わないほうがいいな、今後気を付けよう。」

とまた一つ賢くなった。今思うと、「人のことを悪く言う性格を直そう」とは思わなかったみたいで、まぁ、40歳前後の人間性なんてこんなもんだろうとは思う。

次回、もし更新があればサンセバスチャンのグルメのお話でもと思います。

続きを読む >>

スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。