01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2014年度の猟期終わり~さびしさと嬉しさと安堵感~

2015.02.16 20:02|猟と獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

ハンターと元女子高生のみなさ~ん!!

今期の猟期終わっちゃいました。

暇になったからデートに誘ってねぇ~

あははははははははは

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

とうとう、この日がやってきてしまいました。そう!猟期が終わる日....2月15日です。猟が始まったときには猟期なんて終わらなければいいと思ってましたが、やっぱり区切りがないと、鉄砲という強力な道具を使うから危険な気がします。もちろん駆除やったりしてる人は鉄砲を一年中使ってたりするのでしょうが僕には無理ですね。やはり慣れが出て来て丁寧に扱わなくなる気がします。もちろん次の猟期は楽しみですが10月まで一休み。この東京ハンター生活もハンティングの記事は減ってゆくと思います。

今回は今期を振り返りながらダラダラとした文章でも書こうと思います。長文はご容赦下さい。


さて、なんと言っても主夫太郎としてはこの鳥さん、

タシ220150216

タ シ ギ

には本当にお世話になりました。この鳥さんは美味しくて撃つのも面白いうえに、誰もやりません。競争相手がいないというのが凄く魅力でした。千葉にタシギを撃ちにゆくのですが、いつもディズニーランドの脇を自動車で通り、僕のタシギの猟場、タシギーランドへ。ディズニーランドにゆく家族連れも心はわくわくでしょうが、僕はもっとワクワク。鼠に会いにゆく家族とタシギに会いにゆく僕。ん~~人の趣味はそれぞれですが、みなさんならどちらがいいですかね?タシギーランドは入場料は無料ですよ!他人の田んぼですけどね、あはははははは。

ヒヨ3羽20150216

こちらは今年から始めたヒヨドリです。ヒヨドリというのは果物から葉野菜までなんでもつついてしまう、凄く悪い鳥さんです。僕の猟場ではブロッコリー畑があり、そのブロッコリーを散々食い荒らしているせいで、腸の中身は殆ど緑色。脂も乗り切ってとても美味しく、しかも農家さんにも喜ばれるというおまけつきで、来年は脂が乗ってくる1月あたりから結構本気で獲ろうかと思います。木に止まったところを撃てば数は撃てますが、僕は飛んでるヒヨドリを撃つのが好きです。他の鳥と違って弾に弱いのかあんまり半矢にならないようですし、来季は作戦も色々たてて頑張ってみようと思います。

天城の鹿たち20150216

さて、こちらは今年お肉になった鹿さん達。北海道でエゾシカを散々外したあと、静岡でも僕は沢山鹿をはずしましたが、最後にとれました。そんなお話もおいおいイラスト入りで記事に出来たらと思ってます。とにかくエゾ鹿を外して本州鹿をとり、上手い具合に帳尻があいました。猟の神様に凄く感謝です。僕がエゾ鹿を外したとき北海道のSハンターさんが「何処かで帳尻があうものですよ」とおっしゃって下さいましたが、本当にそうなりました。先輩ハンターの素晴らしいアドバイスに感謝してます。


鹿シチュー20150216

そんでもって和洋折衷のシチュウです。ネギなんかたっぷり入れて健康にも配慮。今年は猟期中は沢山食べた御蔭で痩せることがありませんでした。太ることもなかったのですが、「あれ、痩せないぞ!」なんて思うとついつい食事も考えちゃいますね。やっぱりお野菜たっぷりで猟果を頂くのはこれ以上ない喜びですよ。

キジ胸うまさ20150216

雉肉って僕にとっては淡泊で物凄い旨みがあるお肉に感じていなかったのですが、今年は雉のおいしさを理解することができました。蝦夷雷鳥を獲ったときに淡泊なお肉をどう料理するか色々考えたのですが、それが雉のお料理に生きたかなぁって思います。これは胸肉を焼いたものですが、やっぱり皮は欲しいなぁ。一度皮ごと剥いでしまいましたが、やっぱり皮は美味しいです。獲ってから3週間ほど野菜庫で熟成して、本当に素晴らしい香りになりました。お肉を熟成させることをフランス語では「雉する」というそうですが、熟成がうまく行ったときの雉は例えようがありません。

胸肉は柔らかいのですが、モモ肉が少し硬く感じる人もいるかなって思います。今回そんな人のために、モモ肉を叩いて

雉パスタ20150216


雉モモ肉のクリームパスタ

を作ってみましたが、これは凄く良かった。雉とクリームは相性がいいですねぇ。菜の花も出回り、猟期が終わころらしいお料理になりました。来季も作りたいなぁ。雉頑張って獲らなきゃ!日本の国鳥になるだけはありますよね。とにかく美味しい!

今年の出猟回数は北海道を含めて、ちょうど50日でした(旅行日除く)。我が家に来た鳥さんは、師匠が下さる分も含めて沢山あり、目標より多いものでした(僕が落としたタシギの数は目標にちょっと及ばなかったかな)。鹿肉、猪肉を含めると十分なお肉があり、これからお料理するのも凄く楽しみです。

師匠、猟友、猟の神様に猟果と楽しい時間と無事を感謝し今猟期を終えることができたのはとても幸せなことですね。少しやすんで生活を立て直したいです。

出猟が続いたとき、どうしてもご飯を作るのが間に合わず、カミさんには僕が主夫であるのにも関わらずご飯を作らせてしまったこともありました。

カミさんカレー20150216

カミさんのカレー

もちろん家族やカミさんにも感謝して鉄砲をロッカーに収めようと思います。東京ハンター生活のブログを応援して下さった読者のみなさんにも厚く御礼申し上げます。猟期は終わりましたが、まだブログは続けるつもりですので、引き続きの御贔屓をよろしくお願いいたします。イラストが描けたら更新するかなぁ。ではでは。


スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。