03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

サンセバスチャンのピンチョス1

2015.04.10 09:20|2014ヨーロッパ旅行記
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

お久しぶりの旅行記です!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もう去年の旅行から一年も経とうとしてますが、記録が目的なんでちょっと古いお話、お付き合い下さいませませ。さて、前回はもうご記憶に無いとは思うけどサンセバスチャンの街並みを紹介しました。古くから避暑地として栄えたこの街はもちろんとても綺麗なんだけども、何と言っても美食の街で有名です。その中心となってる食べ物がピンチョスです。前菜を意味するタパスと同じ意味のピンチョス。pintxo(バスク語)という串を意味する単語からきており、文字通り最初は串に刺した前菜風のものをピンチョスと呼んだようですが、現在はタパスと同じ意味で使われているそうです。

観光客の殆どがこのピンチョスを出すバルをハシゴするのを目的にこの街を訪れます!..と思うなぁ。このピンチョスの登場は案外新しく70年代ころ。バルに人が集まりだし賑やかになり出したのは80年代。その後ピンチョスも進化をしながら世界的に有名な美食の街になったというのだから、町おこしの企画を立てては失敗している日本の市町村もこのあたりをヒントに出来るのではないかと思わなくもないねぇ。百番煎じのゆるキャラも結構だが「人を呼ぶ」というのはこういうことかと街を歩きながら関心しきりだったのだけど、食という人間の本質に訴えるものを中心に据えたのがこの街の成功の鍵だったのか、うどんやそばといった幅の狭い一品勝負ではなくピンチョスというバラエティー豊かなものを名物として売り出したのがよかったのか、それともスペイン人の明るさと相まってこうなったのか、いやいや、まだまだ他の理由がてんこ盛りなのか、流石に短期の滞在でその答えをだすのはちょっと無理でした(そりゃそうだ)。ピンチョスは美食か?と疑問に思う人もいるかもしれないけど、そのあたりはまた後の記事ということにして、今回はピンチョスのいくつかを見てもらおうかと思います。

カミさんは前日から鼻息が荒く、「明日はピンチョスを一日中食べてくいだおれるのだ!」と気合い十分。朝食もとらずにバスに乗り中心街に向かうと....

朝早すぎて20150408


どう考えても早すぎるぞ!!

ガイドブックによると確かに早くからやってる店もあるんだけど、探すのが大変なのと、流石に日本のお店のように定刻になるとドアが開いて「いらっしゃいませ~」と客を迎える雰囲気を出すという繊細なサービスもしないので、やってるのだか準備中なんだかわからず入りにくい店もいくつか。しばらくブラブラするとガイドブックに載っていて、しかも幸いにも人が入って既に一杯飲んでるお店を発見!!


Goiz20150408


Bar Goiz Argi

看板はよくみるとBarのarとArgiのarを重ねて使っているのだが、この御蔭で本当にこのお店が見つからなかった。こういう実に大したことがないデザインは困るものだが、そんな不満以上に期待は高まってました。

並んだピンチョス20150408

こんな感じでカウンターには既にピンチョスが沢山。海がある街だからなんとなくお魚もエビも美味しそうです。真ん中のはエビと卵とマヨネーズだけど、まぁ、そりゃ美味しいだろうねぇ。朝からこんなのが食べられちゃうのはやはり旅先マジックとしか言いようがないな。普段マヨネーズ使わないけど流石にテンションがあがります。

海老ソース20150408

こちらはなんだったか記憶になかったので調べてみたら、チャングーロのサンセバスチャン風とのこと。カニとカニみそを使ったスープで、そりゃ美味しいだろう!という一品。チャングーロってのはクモガニというカニらしいです。

マッシュルームとベーコン20150408

もつ煮込みマッシュルームとベーコンの串焼き海老の串焼きです。もちろん二人でこの分量ね。そうじゃないとこの一軒で終っちゃうから。梯子するのが楽しいのに一軒だけで帰るなんて悲しいからガマンガマン。このマッシュルームとベーコンの串焼きが妙にうまそうなんだよねぇ。パンはいらないと思うんだけどさぁ、どういうわけかくっ付いてくるんだよねぇ。


なんだろ20150408

これはなんだか本当に忘れちゃったけど、ハムかな。ちょこっとかじってカミさんとシェアしたと思う。

チャコリ20150408

そんでサンセバスチャンでお酒といえば、シードルとチャコリと言われる白ワイン。チャコリってのはこのあたりで作られるワインで高いところから口の広いコップに空気を沢山ふくませながら注ぎます。さすがに日本人にとってこれを一日何杯も飲むのはきつい!と分かっていながら「サンセバスチャンに来たらチャコリだろ!」なんて初めて来たのにいい気になって朝から飲んじゃいました。

ふっと隣をみると、なんと日本人観光客(子供連れのご夫妻)が!!前日4軒だか5軒こんなお店をハシゴして、今日もハシゴして午後にはこの街を離れるとのこと。凄い!凄すぎる!!何が凄いって子供連れて朝から酒飲むために凄い交通の便がわるいサンセバスチャンまで極東の国から人が来るってことが凄い!!ん~~~~ホント、我が故郷の群馬県、カミさんの故郷の栃木県もこんな街が一つ二つできないかなぁって思うけど、まぁ、世界の群馬!とか世界の栃木!!って、もう言葉の響きからおかしいから無理そうだなぁって思いました。なんだろうねぇ、この感想。

次回の旅行記もバル巡り、ピンチョスが登場するよ!元女子高生も宴会のおつまみの参考になるからまた見てね~~

スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。