06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ギュスターヴ・モロー美術館

2015.07.27 09:58|2014ヨーロッパ旅行記
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

芸術の秋なんて言ってる

秋だけ上品になりたい人はおいといて

我々年中芸術派はもちろん夏でも芸術です!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前回の旅行記のルーブル探訪記の続きでもと思っていたのだけど、「このままルーブルでふざけると、旅行記最後までふざけ倒すことになるよ」というカミさんのアドバイスにより、ちょっと真面目な美術館訪問記を入れようと思います。

僕のように群馬の田舎でバッタを追いかけていたような人間はもちろん芸術作品、とくに油絵なんてものは触れる機会もなく、好きな画家なんてものは存在しませんでした。そんな無教養なまま30歳前に訪れたパリでは随分と適当に美術館を見ていました。そんな美術館巡りもちょっと飽きてブラブラと散歩してたときにヒョイと見つけたのがこのギュスターヴ・モロー美術館です。ギュスターブ・モローという画家さえ知らなかったのにどうして入る気になったのか分かりませんが物凄く感動して大好きになり、もういちど、是非是非カミさんを連れて訪れたいと思ってました。

1入口20150727

ギュスターヴ・モローがアトリエ兼住居としたアパートがそのまま美術館になっているので、入口も小さく、中の作りもアパートそのまま。狭い階段に狭いトイレなどなど、パリのアパートをちょっと体験できてうれしいです。当時の僕の旅行記では「木製の便座にびっくりした」なんて書いてありますが、どうでもよいので木製便座の写真は今回撮りませんでした。

2寝室20150727

作品はもちろん、寝室や執務室などもそのまま保存されており画家の生活の一部を肌で感じられます。

3うちわ20150727

こんな和風な小物も。幾分日本の影響を受けたのでしょうか?それならちょっと嬉しいな。

4デッサン20150727

この美術館の作品数は14000点以上ということで、もちろん一回の訪問で全てを見ることはできません。こんな風に作品が仕舞われていて訪問者は自分で棚を開け、中のデッサンなどを見ることができます。僕も絵を描くのがすきなので、画家の習作、デッサンなどを見られるのはとてもうれしい。カミさんも感心して真剣に見学してます。

5マス20150727

人類の生

なんてどうも有名な絵があるらしいですが、そんな有名な絵の習作だか下絵だかも

6マス習作


こんな風に探せたりします。画家なんていうものはチョチョイと絵を仕上げるのかと思ってたりしましたが、やっぱり練習も構想もとても緻密にしてゆくものなのですね。


7解説20150727

日本人も沢山訪れるのでしょう。こんな風に日本語の解説パネルもあります。このパネルをもちながら作品を見て回って、ホー!なんて感心してると時間が経つのはあっという間。何々?解説によると「右胸に矢を射られたばかりの青い服を着た青年がいる」ですと??

8解説後20150727

いたいた!!

なんてだけでも楽しい。息がかけられるほどの近さで見られるので絵の具の盛り上がりまでが本当に観察できます。油絵を勉強したくなりますねぇ。近くで絵が見られると色々な発見もあります。例えば、

9遠く20150727



こんな絵に



10象さん20150727

象さんが隠れてます!!


11出現20150727

有名な「出現」という作品の

12出現アップ20150727

生首の血の様子なんかも

よくみえますよ。この人、首が切られたはずなのに、クビの切り口より髪が長いですねぇ。ん~~首を切られずに引き抜かれたのか、それとも切るときに髪をアップにしてたのか.....謎は深まるばかりです。

さすがにアパート(というには失礼なような広さだけど)だけあって、上に高い。まぁ、つまり階段を上って展示室を移動します。


13螺旋階段20150727

こんな螺旋階段はおしゃれですねぇ。僕の家にも欲しいですが、まぁ、PCをいじっている6畳の部屋にこれがあったらそれだけで部屋がいっぱいになっちゃいますので諦めて、登って楽しむことにします。


14階段の上から20150727

階段の上から展示室を見ます。凄い迫力でしょう?階段に興奮して大人げない!って思うかもしれませんが、

15階段のカミさん20150727

カミさんだって興奮です

こんな馬鹿っぽいのは日本人だけか?というと実はそうではなく、結構みんなこの階段にも夢中!皆さんも訪れたときには恥ずかしがらずに階段で記念写真を撮っちゃいましょう!とにかくお勧めですが、ツアーではまず組み込まれないでしょうね。是非是非個人旅行で行って見て下さい。







スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。