08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

いよいよ10月から猟期です・2015

2015.09.29 18:54|猟と獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!

元女子高生のみなさ~ん!!

主夫太郎は10月1日から北海道で

今期の猟を始めます~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今年もまたまたやってきました。楽しい楽しい猟期です。北海道は本州の解禁、11月15日よりも早く10月1日から猟期が始まります。冬が始まるのが早いですからね。今年は主夫太郎、北海道の鴨撃ちはせず、蝦夷雷鳥とエゾ鹿を狙いながら10月9日に東京に帰ってくる予定です。もちろん準備にも余念はありませんよ。今年は鹿を狙う銃のスコープの「ふた」をなくしてしまったので、

スコープカバー20150929

スマホカバーでつくっちゃいました!!

あはははははは。まぁ、専用のものはきっと高いからね。200円くらいで済ませちゃいました。スマホカバーはまだまだ活躍しましてね、

銃カバー20150929

助手席用銃カバー

なるものになってます。北海道だとガイドさんの運転する車の助手席に乗って鹿を探すことがあるのですが、鉄砲を裸で持つわけにはいきません。だけどもあんまりきっちりとしたカバーに出し入れするのはとても大変なので、ふわりと銃にかけられて、しかも一度着けたら簡単にとれないのだけど、いざとなったらパッととれるようにと開発しました。銃口をスマホカバーに入れると布で銃全体が隠れます。軽い布で出来ているのですが四隅には5円玉が縫い付けられていてサッと広がりますぞ。カミさんの力作です。カミさんも一緒に猟に参加してくれてますねぇ。ありがたい限りです。

主夫太郎家、去年とった獲物をちびちびケチケチ食べていたら、まだまだストックがあって冷凍庫が結構埋まってます。ということで最近はジビエな夕食が続いてますよ。

雉とモリーユ20150929

雉とモリーユ

こちらは去年獲った雉と春に採ったアミガサタケを乾燥させたものを合わせました。茶色いソースはアミガサタケとクリームのソースです。茶色はアミガサからでますね。これはカミさんも大興奮。その目は既に来春のキノコ狩りを見据えているようです。

雉うどん20150929

雉出汁うどん

上にのっているのは雉のモモ肉のから揚げです。3週間熟成した雉は実によい香りです。醤油と雉は合うねぇ~。ん~元女子高生をおうちにご招待したいくらいです。もちろんカミさんの獲物だって宴会には登場しますよ。

キタマゴ茎20150929

タマゴタケの茎と枝豆とポテトの炒め物

冷凍してストックしてあるタマゴタケを使い炒めものにしました。いい香りがするのよ。生はシャキシャキして歯応えを楽しむけど、炒めたらいい香りと味がでます。来年も探すつもりですぞ。

最後は主夫太郎とカミさんのコラボです。

鹿シチューとTTG20150929

TTGと鹿のシチュウ

TTG(タマゴタケゴハン)も冷凍物をつかいましたが、全然問題なく美味しいです。鹿は去年主夫太郎が本州で撃ったものですが、なかなかこのブラウンソースから作るのは大変です。市販のドミグラスソースは簡単なのでしょうが、なかなか主夫太郎とカミさんの趣味に合わないのでいつも小麦とバターから作ってます。

こんな前夜祭を延々と続けたら、やっぱり北海道では獲物が欲しい!ですけど安全に帰ってこなければいけませんね。

10月9日に帰ってくるまでは、予約投稿をするとおもいます。ただ、新しいネタはないのでねぇ。どうしようかなと考え中です。


スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

パリのキッチンから2

2015.09.25 15:49|2014ヨーロッパ旅行記
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

主夫太郎は来週から北海道です。

その前になんとか旅行記進めなきゃ!!

あともう少しでおわるんだけどねぇ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、今日はパリのホテルでのお料理の第二弾です。動画があるからそんなに説明はいらないですな。
今回お料理するのは、

う・さ・ぎ

です。なんでもうさぎを飼っている人から言わせると食べるなんて信じられないらしいですが、パリでは普通に売ってます。もちろんパリにもうさぎをペットにしている人はいるでしょうから、2種類のうさぎ好き(食べ物・ペット)がうまく住み分けているのでしょうね。日本もこうであってほしいものです。

丸々一羽料理するのは初めてでした。元女子高生の皆さんもあんまりうさぎを見ることはないとおもうので、パリのうさぎ、お肉になるまえからどうぞ!!




これを何にもわからないのになんとかお肉にしました。




ソースはパリに普通に売ってるジロールつかいました。



ふんでもって仕上がりです。




まぁ、こんな文章少なめの記事で申し訳ないんだけど、流石に動画以上に説明しても仕方ないんでね。材料が無いときは無いなりの適当お料理です。こんなパリ滞在でもそこそこたのしみましたよ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

主夫太郎のムギムギ大作戦

2015.09.22 14:26|その他のお料理
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

今日はちょっとした謎が残りますが。

さて、犯人はいるのかいないのか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*最初に断っておきますが、違法行為は全くしておりません

昔、学生のころだったが、ビールの自宅作成キットというのが売り出された時はものすごいびっくりしたのを覚えている。もちろんアルコールを醸造するというのは自家消費であっても違法で、犯罪としては脱税になると思う。ただ、これにはうまい抜け穴があって1%以下ならば税金がかからない。ということで、この抜け穴を利用し、わずかにアルコールを含んだ飲料をつくることを結構多くの人が楽しんでいるようだ。もちろん大分前にそのことは知っていたのだけどもビールなんて買えばいいと思っていたから全く興味がなかった。ところが先日、カミさんと話をしているときに何の拍子かこの手作りビールキットの話をしたらものすごい勢いでカミさんが食いついてきて、「なんで今まで教えてくれなかったの!」と恨み節を浴びせてくる始末。そりゃ僕がこの話を知ったころはカミさんも学生の時分で全くの下戸だったわけで教える必要がなかったのもあるし、普段から「プレモルが好き」なんてこだわりもあるくらいだから話をする気にもならなかった。

と、こうなるとカミさんは一切ブレーキを踏まない。きらりと目が光ったと思ったら、傍らにあったタブレットを摩擦熱で溶けるのではないかと思われるくらいこすったかと思うと数日後には、


1届く箱20150911

こんな箱がとどいて

2箱開ける20150911

開けて


3箱全体20150911

出してみた。

まぁ、パッケージから見てどう考えてもビール作成キットだ。モルト缶と呼ばれる麦汁とホップが混ざったもの、ブドウ糖の粉、イーストが同封されているが、このブドウ糖の粉を入れて醸造すると違法だ。ブドウ糖は分解されてアルコールになるのだけどもこれでアルコール度が5%弱になるようだ。麦汁にも糖分があり、二次発酵にも砂糖を使うのだが、それが発酵する分にはアルコール度は1%以下になるらしい。この点、信じて作るしかないわけだ。

4仕込み20150911

カミさんはもちろん違法な醸造を主張したが、僕は頑として譲らなかった。なんと言ってもカミさんが捕まると僕が路頭に迷う。僕は犯罪歴がつくと鉄砲を取り上げられるというわけでとても承諾はできない。ただ、僕の見ていない間にカミさんがブドウ糖を入れたかどうか僕は知らない。知らない間にブドウ糖の袋がどこかに消えていた。ゴミ箱にもない。カミさんに聞いても知らないというし、逆に僕が捨てたと思っていたとのこと.....

5魅惑の泡20150911

そんな何か犯罪の香りがする謎が残るが、そんなことと関係なく容器のなかの麦汁はイーストの御蔭で泡を沢山吐き出していた。3日ほど泡を吐きつづけた。泡を綺麗に取り除き、まぁ、色々と世話をしながら待つことさらに3日ほど

6いよいよ20150911

ついに瓶詰の日がきた。

7ボトリング20150911

もちろんカミさんはこのボトリングの日を楽しみにしていたが、どういうわけか味見を僕にさせてくれない。楽しみにあと2週間待つべきだというのだ。ん~ほくそ笑む彼女の顔になんとなく悪魔の影が見えなくもない。

8注入20150911

蛇口から直接瓶に入れると瓶の中で泡がたってしまうのでこうやって長い管を使い瓶の底から静かに注いでゆく。このあと二次発酵用の酵母の餌である氷砂糖をいれしっかりキャップをしめてあとは待つだけ。この瓶内二次発酵で二酸化炭素が生成され、逃げ場がないので液体に溶け込み、最後はビールの泡となるわけだ。

9初めての子達20150911

しめて20リットル!!

ん~こんなに必要なのかわからないが作ってしまった。実は二次発酵に必要な砂糖の代わりに友人からもらったリンゴのシロップを入れてみたのを2本ほど作った。

10リンゴ味20150911

これが本当に香りが面白いビールになった。泡持ちもよく、ほのかにリンゴの味が。ただ、気になるのが、これは本当にアルコール度数が1%未満なのかどうかということだが......飲んだ後、どこかドライブに行こうかとカミさんを誘ったのだが、「今日はおうちでゆっくりすればいいじゃない」という。いつもなら大喜びで出かけるところなのだが.....そのあと急に眠くなり気が付くとベッドの中だった。

さて、真実は何処にあるのだろう。

1.実際に1%未満の飲料ができたが、普段の疲れがでて寝てしまった。

2.カミさんが内緒でブドウ糖を添加して本当のビールを作ってしまった。

3.実は執筆者である主夫太郎がブドウ糖を添加して本当のビールを作ったが保身のためブログを書いた。

4.実は二人とも承知でビールを作った。


名探偵の元女子高生の皆さんは、どう推理しますかな?ただ、真実は永遠に闇の中(瓶の中?)だとは思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

再びキノコ狩り2015秋~調理編~

2015.09.17 11:17|カミさんの狩りのはなし
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

今日は久しぶりにお料理ブロガーに戻った

主夫太郎!!

きっと惚れちゃいますよ。あはははははは。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先日の記事で紹介したキノコたちは、ヤマドリタケモドキ以外その日のうちに頂きました。今回はそのときのお料理のお話。ヤマドリタケ系は初めて採ったのでお料理は手さぐりでシンプルなものばかりです。

さて、なんといっても気持ちよくお料理を食べ始めるならば、最初は優しい味がいいですよね。今回のトップバッターは、

1キタマゴタケむき20150917

キタマゴタケの幼菌

たちです。少し大きいのもあったけど、カサが開く前だから、どれも美菌でとてもフレッシュ。もちろん、そんなフレッシュなタマゴタケちゃんは.....

2キタマゴタケサラダ20150917

キタマゴタケサラダ

にしましたよ。お塩で少しだけしんなりしたら、油を薄くまぶします。これねぇ、高く積み上げるの大変だったのよ。よくみるとホウレンソウが台座(というか堤防みたい)になってます、つるつるしてるからフォークで刺して食べます。僕達にはおいしそうにしか見えないけど、やっぱりこれも毒キノコに見えるのかな(笑)シャキシャキしていて、ほのかな旨み。泡に合いますよ。え~もちろんですとも。

さて、次はムラサキヤマドリタケが登場します。食べたことないから、一応シンプルにお料理しようと思ったのだけども、ヤマドリだけあって鶏のように揚げてみました。

3M&C20150917

マッシュルーム&チップス

いや~これは強烈でした。もちろん美味しいですよ。ヤマドリタケがこんなに強烈だとは!採ってから6時間くらいですからね。レストランではここまでいい感じのものは食べられないかもしれません。とにかくうまさに驚いて、素揚げでは濃縮され過ぎ!ということで引き続きムラサキヤマドリタケのお料理を考えました。

4ムラサキ刻み20150917

こうやって刻み

5ムラサキクリーム20150917

クリーム煮

です。いや~、うまみを和らげようと思ってクリーム煮にしたのは初めてですね。あまったホウレンソウの茎もいれちゃいました。ちょっとかっこ悪いけどさ、家庭料理だから仕方ないのよ。ちょっとアワビに見えなくもないかな。

そしてそして、今回の主役は!


6アカヤマ刻み20150917

アカヤマドリタケを刻んで

7アカヤマ炒め20150917

炒めて!!

8アカヤマパスタ20150917


パスタに!!!


この黄色いパスタ、アカヤマドリタケで着いた色なのよ。普段は白いパスタなんだけどね。材料は油と塩とアカヤマドリタケだけです。ニンニクもハーブも使ってませんよ。アーリオ・オーリオよりさらにシンプルです。まぁ、上手に表現できないけど、美味しいです。旨み強烈ですが、決していたずらに複雑でない旨さ。この旨みは主夫太郎にも優しくて嬉しい。ちなみに茎もカサも美味しいです。茎は虫食いされたところを取るからそんなにないのだけども。

期待させたほど手の込んだお料理でないのは申し訳ないのだけどね。でもこれ以上どうやったらキノコを美味しく味わえるかちょっと思いつかなかったです。お酒飲みながらだしね、あはははははは。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

再びキノコ狩り2015秋~採取編~

2015.09.13 20:46|カミさんの狩りのはなし
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

単独キノコ狩りをはじめて一年目ですが、

また新しいキノコを採ることができました~!!

今回は採取編、次回はお料理編ですよ~。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

どうやらカミさんはキノコ狩りに本当に「はまった」らしく、休みという休みはキノコ狩りに行きたいらしい。まぁ、僕だってカミさんが喜ぶならいくらでもキノコ狩りごとき付き合うのは構わないが、週に二日しかない休みの両方をキノコ狩りに使うとカミさんの体が休まないので土日連続で行きたいという希望だけは却下している。ついこの間旅行先でキノコ狩りをしたばかりなのに、お熱をあげているか彼女としては久しぶりにキノコ狩りに行くという感じだったらしく、朝4時起きでも随分と元気だった。ということは彼女はどうも目的があると寝起きがいいらしい。僕の寝起きは「カミソリ寝起き」とカミさんが言うくらいすっぱりと起きるので彼女と全くの正反対だ。寝起きの悪さは気持ちの問題だと思っている僕は過去に何度も彼女に腹を立てて大きな声を出すこともあったのだが、その話を友人にすると「女性は朝が弱い人が多いから可哀そうだ」などと逆に僕が責められたりした。今振り返ってみるとやっぱり気合いの問題であり僕が正しかったのだと思う。

まぁ、そんな話はともかく今回採れたのは、まず、

1ムラサキヤマドリタケ20150913

ムラサキヤマドリタケ

というイグチ科のキノコ。ムラサキのボディに黄色のてんてんなんていかにも毒キノコらしいけど、これは美味しく食べられるキノコで、ポルチーニの仲間。生で試したことはないのだけど、多分どうやって食べても美味しいキノコだと思う。初めて採るキノコだからテンションはあがりますぞ。さらに、

2沢山ムラサキ20150913

3つもいたりして

かなり楽しい滑り出し。カミさんはメガネを持って行き忘れてかなりテンションが下がり気味だったのだけど、そのぶん、色に注意していたらしく彼女が見つけたのが、

3アカヤマ20150913

アカヤマドリタケ

これでカミさんのテンションはマックス。先日のブログでも紹介したもので、今回は人にあげず自分達でお料理。ん~凄くいいねぇ。こんなに色が鮮やかなのはそうそうないと思う。これがあるとわかると、やっぱり赤っぽいものが気になるのだけども、あれ!アカヤマドリかな?って思って近づくと

4ノウタケ20150913

ノウタケ

というキノコだったことが何度も。基本は茶色なんだけど、ものによっては赤茶色のがあってそれをヤマドリタケだと思って近づくと、「はずれ!」ってことに。実はこのノウタケ食べられるのだけどそんなに美味しいものでもないので僕等は捨ててくることにしている。

まぁ、そんなこんなで歩いていると、ひときわ輝くキノコが!!

5キタマ20150913

キタマゴタケ

ん~これは盛り上がる。いつも採ってるタマゴタケは鮮やかなオレンジ色なのだけど、こちらは鮮やかな黄色。火を通すとこの鮮やかさは消えちゃうから今回は生で食べたのだけども、それは次回の記事で。僕はオレンジのタマゴタケより、キタマゴタケの方がなんとなく嬉しい気もするのだけど。黄色いスイカの方がちょっとだけ嬉しいのと似てるかな。

6幼菌キタマ20150913

近くを探すと、完全な幼菌もあってこれはかなり嬉しい。もちろん中をみて白いとドクツルタケだから確認は必要。キタマゴタケの近くで採ったのだからキタマゴタケの幼菌だと確信はあるものの、確信して確認しないと危ないのがキノコ狩り。その場でちょっとだけ中をみちゃいます。そんで、ちょっと歩くと、

7なんと3つもキタマ20150913

カワイイ子供たちが!

さらなるご褒美が我々を待ってたのだが、それは.....

9ヤマドリタケモドキ20150913

ヤマドリタケモドキ

ヤマドリタケというのはポルチーニのことで、こいつはそのモドキ。モドキと言っても味は凄く美味しい。今回3種類ヤマドリタケを紹介したけど、評判ではこれが一番美味しいらしい。

今回、とらなかったけど、僕等としては一番ビックリしたのが、高さが30センチくらいある

8マントカラカサタケ20150913改

マントカラカサタケ(幼菌)

カサが開くと本当に唐傘みたいにみえるらしいが、僕等の周りには唐傘はなかったなぁ。


と、結局短い時間で.....

10収穫20150913


こんなに採れました!!

食べきれない分はいま干してます。まだ完全に干しきれてないけどもういい香りがしてきてますね。自然の恵みに感謝感激。

お料理編も楽しみにしててね~。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

カミさんの遅めの夏休み・2015初秋

2015.09.09 10:21|カミさんの狩りのはなし
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

カミさんの狩りのお話ですよ~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今年はカミさんがまとめて夏休みを取らず、分散してとりました。9月までに夏休みを取ればいいらしく、色々と頭をひねった挙句、短めだけどゆったりと旅程を組んでどこかドライブに行こう!ということになり、岐阜県は飛騨高山方面を目指して車を走らせました。カミさんの目的は、

キ・ノ・コ

宿のある郡上八幡から飛騨高山を目指したものの、周りは切り立った針葉樹林が広がり、なんとなくキノコを採れそうなところがないです。予め行きたいところを選定してあったものの、なんとなく飛騨高山は遠い!!という雰囲気になって気だるくなってきたあたりで、怪しい林道が!!慌ててハンドルを切ると、クネクネとした山道.....何となくはずれの雰囲気が出たのだけども、無理して山に入ってみると、なんと....

1大きなヤマドリ20150909

アカヤマドリタケ!!

を発見しました!!人生初のアカヤマドリタケです!この大きいのは結構虫に食べられていて食べられそうもなかったのだけど、その奥に見える小さなのは、

2小さなヤマドリ20150909

カワイイアカヤマ君!!

でした。その他、色々苦労して、タマゴタケなどを見つけて山をうろうろ。凄く急な山など登ってみたりしたけど、

3ガードレール20150909

ガードレールにひょっこり

いたりして、なかなか楽しいキノコ狩りになりました。旅先でキノコを確保したあと、どうするかというのはもちろん普通なら問題になるものです。タマゴタケなどは足が速く、処理するのは早ければ早いほどいいですからね。ところが主夫太郎家には一つのアテがありました。それが、

(↑ポチリでお宿のHPへ)

というオーベルジュです。以前の主夫太郎のブログでもご紹介した岐阜のお宿です(そのときの記事→雀の庵~3年間のレポート~)。いつも良くして頂いているので、キノコやジビエを出すお店だからお土産に持ってゆこうということにしてました。

キノコというのはなかなか採った後が面倒なんですよね。だからお土産に持ってゆき、まかないで食べて頂こうと思ったのですが....なんとお料理してもらっちゃいました。.

4タマゴタケサラダ20150909

右から猪のハム、鹿のサラミ、そしてタマゴタケのサラダです。タマゴタケにはチーズが混ぜてあります。シャキシャキ感が最高によいです。そして、

5アカヤマドリパスタ20150909

アカヤマドリダケはパスタに!!

予定していたお料理の段取りが変わるというのは申し訳ないと思いながらかなり嬉しいです。アワビも入っていて触感が実に楽しいお料理でした。

まぁ、そんなつもりはなかったのだけども結局余計な時間を忙しい時に使わせてしまったという申し訳ない気持ちもあり、それに加え、もう少し新しい山でキノコ採りをしたいと思うのもあり、次の朝に早起きして....

6ヤマドリとタマゴ20150909

また獲っちゃいました!!

いや~なかなかの運の良さですよ!!持って帰るよりも差し上げたいということで朝ごはんの時に社長さんに差し上げました。

朝早起きしてアカヤマドリタケを採ってなかなか興奮気味のカミさん。どうもまだキノコ狩りをしたいという雰囲気でした。このあと名古屋にでも寄って、名古屋城を見た後、お目当てのお店にでも行こうと思っていた主夫太郎でしたが、ここでカミさんが決断をします。

中部地方はこれから雨が強くなってキノコ狩りをできない。

ホテルの予約もしてないのだから日程を1日減らして、

キノコ狩りができる場所に移動しよう!!

ん~~!なんていう決断力とキノコ狩りに対する執念だろうか.....ひと夏しっかり働いて楽しみにしていた夏休みだから僕はドライバーに徹することにしてカミさんの意思を尊重。天気予報と宿の検索はカミさんが助手席でやりながら中部地方を離れて、関東地方へ。長距離ドライブで疲れもあり、翌日のキノコ狩りのために宿に着いたらぱったり寝て、気が付くと朝で、無意識のうちに着替えてチェックアウト!林道を探して、適当に入ってみると、まさに奇跡!!

7ダイタマゴ20150909

大きなタマゴタケが!!

ん~奇跡だ!!

8みんなタマゴ20150909

わ~

9並びタマゴ20150909

わ~~わ~~

タマゴタケのお祭りでした!車のナビに場所を覚えさせなかったので次回行けなさそうという不安があるのですが、奇跡だから仕方ないです....

10タマゴの殻20150909

夏のタマゴタケよりずっと大きいですね。これはまだ卵の中に入ってる間に採ったのですが、おうちに帰ってきたら育って顔を出していました。卵の殻を割ってみたところです。タマゴタケの名前の由来がわかりますね~~。ということで、このカミさんの執念、いやいや、冷静な判断の結果、

11タマゴタケ収穫20150909

こんなに採れました!!ここで、雀の庵さんで教えてもらった、タマゴタケのサラダを作ってみることに。タマゴタケには沢山虫がいることがあるので虫出しをしますが、その必要もなさそうな.....

12美菌さん20150909

美菌さん!!!

だけあつめて、

13タマゴタケサラダ20150909

タマゴタケのサラダ

です。お塩と生胡椒とオリーブオイルだけ!のシンプルなサラダです。チーズまぶしても良かったのだけど、ちょっと趣を変えようとおもいましてね。うまいかって?いや、美味しかったですよ。タマゴタケを採る人間の特権ですね~このサラダは。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

100メートルゼロイン失敗~やっぱり焦っちゃったか~

2015.09.04 09:09|猟と獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

今日は色気も食い気もない、

スコープ合わせ(失敗)のお話

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そろそろ猟期が近づいてきました。北海道の解禁が10月1日ですから本当にわくわくです。がその前にスコープを合わせる必要があります。今回は100メートルでゼロインを狙います。銃はサベージ220F、メインの弾はフェデラルのサボット銅弾(2と3/4in, 275grain)です。

スコープってのは元女子高生のみなさんは鉄砲に着ければいつでも正確に狙えるのでは?と思うかもしれませんが、実際は違います。100メートルで真ん中に当たっても、50メートルでは真ん中を狙っても当たりません。そんな微妙な調整をしないと、もちろん鹿にはあたらないです。

50メートルではそんなに狂ってないと思ったのでいきなり100メートルの射台に入ったのですが、これが大失敗!!最初の10発が全然的紙に当たらないんですよ!え!100メートルと50メートルでこんなに上下が違うのか!!!と思って上下に散々鉄砲を動かして、10発程度無駄に。やはりシーズン初めには慎重に合わせるべきでした。これも勉強です。

右往左往20150904

そんでやっと大ざっぱなスコープ合わせが始まった感じです。最初は左によっていて、次に右に、下にと大騒動!!最後の最後に真ん中あたりに当たって、いよいよゼロインか??よし、最終調整にはいろうかなと的紙をかえましたら.....

右にちょっと寄ってる20150904

右下に2発当たってます。本当はもう少し落ち着いて撃つべきだったのだけど、弾の残りが3発!左にスコープを修正して一番上の奴に。あれ?なんで上がったんだろう??なんて思いながらもその次は少し下。また、そのあとやめればいいのに、スコープを下にいじってその下に。弾が無くなって、本当のスコープ合わせは出来ませんでした.....ひ~、弾が~弾が~~!焦ってスコープをいじってしまったのが悔いが残るなぁ。本当はこんなにコマメにやっちゃいけないのに残弾考えてついついいじっちゃいました.....反省しかのこらん。

ウィンチェスター20150904

こちらは弾のメーカーを変えて(ウィンチェスター)みました。右下に落ちるような気がします。赤い跡が銃を固定して、青いのは立ってうちました。これじゃ、鹿にあたらないよ~~。

色々な方からアドバイスを頂きました。もう何回か射場を訪れて真のゼロインに向けて頑張ろうと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

主夫太郎、オークラに再訪~能と狂言とお食事と~

2015.09.01 09:33|雑文
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

ハンターと関係ない記事が続くけど、

主夫太郎は今シーズンオフ。

今日はちょっとの思い出とカミさんとのデートのお話

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今年はカミさんが夏休みをまとめて取りませんでした。いつもはまとめて休みを取って、どこに行こうか、どうしようかと悩むのだけども今年はそんな「遠くに行きたい、あれしたいこれしたい」と主夫太郎を悩ませることもなく平和に夏が過ぎてゆきました。もちろん毎日忙しく働いてくれるので休みをとってゆっくりしてもらいたいのだけども、どうしようか...などと考えていたある日、我々が結婚式を挙げたホテル・オークラ東京から一通の案内が。

1能公園20150901

能・狂言とディナービュッフェがセットになったお得な企画のご案内。ホテルオークラからのお手紙と言えば、大抵僕等の様な庶民には手が届かない、お値段をみるとまずゼロの多さに驚きを隠せない企画ばかりですが、今度ばかりは安心して手が届くものだったので、夏休みの一部として早速予約しました。結婚式を挙げてから2度目のホテル・オークラですが、前回の訪問記はこちら!(→カローラでオークラ!!)なんとカローラでオークラに乗りつけるという、合戦が始まってもいないのに足軽が関ヶ原で家康の陣に殴り込むような蛮勇記でした。

今回は大人しく電車での訪問。そして美しい

2オークラ20150901

正 面 玄 関

を写真におさめました。というのも1962年に建てられたこの本館は2015年8月末日をもって建て替えのため営業を休止して取り壊されてしまいます。僕等が結婚式を挙げたこのホテルが無くなってしまうのはとても寂しいことで、是非是非写真におさめたいと思っていました。

3オークラ外壁20150901

このライトアップされながらも、和の雰囲気を醸し出す本館ですが、それもそのはず、外壁にはこの様な、まさに「和」という文様があしらわれています。

4オークラロビー20150901

結婚式の相談に伺ったとき、まず案内の方が自慢してくれたのが、このロビーでした。このロビーの照明のセンスの良さに加え、これだけのスペースを遊ばせておけるという余裕。無料コンサートなどが開かれたこの空間は一切お金を生み出しませんが、この空間こそがやはりオークラの誇りというものではないかと感心したのを思い出します。そこかしこにある生け花、和服を着た従業員など、新しいオークラに引き継がれるのかどうか僕は知りませんが、なんとかこの雰囲気は保って欲しいと思います。2019年に完成する新しい建物は、こちらのページでどうぞ(→新本館完成予想図)

さて、開演前のビュッフェですが、

5ビュッフェ待機20150901

ホテルらしいビュッフェ

が気分を盛り上げます。

6ローストビーフ20150901

ローストビーフ

はもちろんですが、色々な前菜、パエリア、サンドイッチ、デザートがあり、

7カレー20150901

オークラのカレー

もあったりして、ワインもジュースも飲み放題!!だけど、もちろん、品よく振る舞い、腹八分目、いや、腹8と半分目くらいで自制しました。ちょっと欲張ってしまったのは我々の未熟なところ。

8能舞台20150901

能舞台は平安の間に特別に組まれました。主夫太郎夫婦はなんと一番前の席です!!実はこの写真に主夫太郎が写っていますが、流石に探せないかな(笑)

9衣装20150901

衣装も飾られてます。「紅白段藤棚鳳凰蝶文様唐織」という衣装だそうですが、ん~素敵です。

10切れた柱20150901

舞台の柱は途中で切れてます。面をつけた役者さんが目印にするはずなので柱そのものをなくすわけにはいかないのでしょう。きっとこういう方法で色々なところで公演してるのでしょうね。

演目ですが、能は「土蜘蛛」、狂言は「附子」というまさに外れ無しの演目です。土蜘蛛というのは、まぁ、蜘蛛の化け物が武士と戦うお話で、言ってみればチャンバラ。土蜘蛛が頼光(らいこう)に投げつける蜘蛛の糸はまさに圧巻!華やかで迫力の舞台に僕等は大興奮です。

一方、附子は小学校の教科書に載っていたお話ということもあって筋を知っているわけだけど、お腹を抱えて笑いました。まぁ、現代のお笑いなんて、こういうものに比べればつまらないものです。

11土蜘蛛武器20150901

こちら、土蜘蛛の投げる蜘蛛の糸(非売品)です。これを投げてみたい!!!というのは誰でもあるのでしょうが、それはお能を習わないとできない、我々にははかない夢....ん~なんとか作ってみたいなぁ、この蜘蛛の糸。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。