08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

主夫太郎のムギムギ大作戦

2015.09.22 14:26|その他のお料理
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

今日はちょっとした謎が残りますが。

さて、犯人はいるのかいないのか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*最初に断っておきますが、違法行為は全くしておりません

昔、学生のころだったが、ビールの自宅作成キットというのが売り出された時はものすごいびっくりしたのを覚えている。もちろんアルコールを醸造するというのは自家消費であっても違法で、犯罪としては脱税になると思う。ただ、これにはうまい抜け穴があって1%以下ならば税金がかからない。ということで、この抜け穴を利用し、わずかにアルコールを含んだ飲料をつくることを結構多くの人が楽しんでいるようだ。もちろん大分前にそのことは知っていたのだけどもビールなんて買えばいいと思っていたから全く興味がなかった。ところが先日、カミさんと話をしているときに何の拍子かこの手作りビールキットの話をしたらものすごい勢いでカミさんが食いついてきて、「なんで今まで教えてくれなかったの!」と恨み節を浴びせてくる始末。そりゃ僕がこの話を知ったころはカミさんも学生の時分で全くの下戸だったわけで教える必要がなかったのもあるし、普段から「プレモルが好き」なんてこだわりもあるくらいだから話をする気にもならなかった。

と、こうなるとカミさんは一切ブレーキを踏まない。きらりと目が光ったと思ったら、傍らにあったタブレットを摩擦熱で溶けるのではないかと思われるくらいこすったかと思うと数日後には、


1届く箱20150911

こんな箱がとどいて

2箱開ける20150911

開けて


3箱全体20150911

出してみた。

まぁ、パッケージから見てどう考えてもビール作成キットだ。モルト缶と呼ばれる麦汁とホップが混ざったもの、ブドウ糖の粉、イーストが同封されているが、このブドウ糖の粉を入れて醸造すると違法だ。ブドウ糖は分解されてアルコールになるのだけどもこれでアルコール度が5%弱になるようだ。麦汁にも糖分があり、二次発酵にも砂糖を使うのだが、それが発酵する分にはアルコール度は1%以下になるらしい。この点、信じて作るしかないわけだ。

4仕込み20150911

カミさんはもちろん違法な醸造を主張したが、僕は頑として譲らなかった。なんと言ってもカミさんが捕まると僕が路頭に迷う。僕は犯罪歴がつくと鉄砲を取り上げられるというわけでとても承諾はできない。ただ、僕の見ていない間にカミさんがブドウ糖を入れたかどうか僕は知らない。知らない間にブドウ糖の袋がどこかに消えていた。ゴミ箱にもない。カミさんに聞いても知らないというし、逆に僕が捨てたと思っていたとのこと.....

5魅惑の泡20150911

そんな何か犯罪の香りがする謎が残るが、そんなことと関係なく容器のなかの麦汁はイーストの御蔭で泡を沢山吐き出していた。3日ほど泡を吐きつづけた。泡を綺麗に取り除き、まぁ、色々と世話をしながら待つことさらに3日ほど

6いよいよ20150911

ついに瓶詰の日がきた。

7ボトリング20150911

もちろんカミさんはこのボトリングの日を楽しみにしていたが、どういうわけか味見を僕にさせてくれない。楽しみにあと2週間待つべきだというのだ。ん~ほくそ笑む彼女の顔になんとなく悪魔の影が見えなくもない。

8注入20150911

蛇口から直接瓶に入れると瓶の中で泡がたってしまうのでこうやって長い管を使い瓶の底から静かに注いでゆく。このあと二次発酵用の酵母の餌である氷砂糖をいれしっかりキャップをしめてあとは待つだけ。この瓶内二次発酵で二酸化炭素が生成され、逃げ場がないので液体に溶け込み、最後はビールの泡となるわけだ。

9初めての子達20150911

しめて20リットル!!

ん~こんなに必要なのかわからないが作ってしまった。実は二次発酵に必要な砂糖の代わりに友人からもらったリンゴのシロップを入れてみたのを2本ほど作った。

10リンゴ味20150911

これが本当に香りが面白いビールになった。泡持ちもよく、ほのかにリンゴの味が。ただ、気になるのが、これは本当にアルコール度数が1%未満なのかどうかということだが......飲んだ後、どこかドライブに行こうかとカミさんを誘ったのだが、「今日はおうちでゆっくりすればいいじゃない」という。いつもなら大喜びで出かけるところなのだが.....そのあと急に眠くなり気が付くとベッドの中だった。

さて、真実は何処にあるのだろう。

1.実際に1%未満の飲料ができたが、普段の疲れがでて寝てしまった。

2.カミさんが内緒でブドウ糖を添加して本当のビールを作ってしまった。

3.実は執筆者である主夫太郎がブドウ糖を添加して本当のビールを作ったが保身のためブログを書いた。

4.実は二人とも承知でビールを作った。


名探偵の元女子高生の皆さんは、どう推理しますかな?ただ、真実は永遠に闇の中(瓶の中?)だとは思います。


スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。