11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ジビエが食べられるお店2軒(東京と名古屋)のご紹介と年末のご挨拶

2015.12.30 08:20|その他のお料理
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

ジビエを食べたいけどどこで?というお問い合わせに

主夫太郎が2軒ご紹介します!

名古屋と東京ですよ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ジビエにトライしてみたいけど、どこで食べればいいのだろう?という主夫太郎へのお問い合わせも多く、それなら来年はこの2軒で決まり!!というお店を紹介しましょう。所謂「猟師のお店」といった雰囲気ではなく、気軽に、でも本格的にジビエを楽しめるお店です。もちろんジビエ以外のお肉も用意してあり、ジビエに興味がないお友達をお連れしても十分満足できるお店です。一軒目は名古屋、2軒目は東京ですよ。出張の折に、新年会に、なんでもなくてもジビエを食べたいという方にお勧めです。お店のHPなどもリンクしますからお値段などはちゃんと確認しましょう。

まず一軒目ですが、名古屋駅からすぐのところにある、

The Roast and Grill

です。上の字をクリックするとお店のHPに飛びますよ!その日の気分や予算でかなり幅を持って使えるお店で主夫太郎が今年見つけたお店の中ではピカイチです。オーナーはハンターですからもちろんお肉にはこだわりがあります。世界のビールが飲めてバーもありお酒とお肉(ジビエも含む)好きにはたまりませんぞ!!

鴨R&G20151230

網獲り3週間熟成の鴨

こうやってこだわる一皿はとても嬉しいです。またこのお店はローストビーフが素晴らしい。考えてみると主夫太郎はおうちにお肉があるのであまり牛肉を買わないのですが、この日は一年分の牛肉の半分くらいを食べてしまいました。

ローストビーフ20151230

ローストビーフ

はオーナー自らお肉を一食あたり200gから300gほど試食しており、もちろん絶品。火入れを部位ごとに研究しつくしておりサッパリとしたお肉は飲み物の様に食べてしまいます。ちなみにオーナーはものすごいスリム。お肉を沢山食べても愛犬の訓練で体を鍛えており毎日食べた分を消費しているご様子。そのストイックさはお料理にも出てますぞ。

ソーセージ20151230

ソーセージ

ビールにはソーセージですよね!鹿のソーセージなどジビエ入門者にはとっても嬉しいメニューもあります。名古屋にお越しの際は是非是非!!


~~~~~~~~~

もう一軒は、東京広尾にある


レストランマノワ

です。上の字をクリックするとお店のHPに飛びます。

ここのオーナーとは狩りを御一緒させて頂いておりまして、もちろんレストランも素晴らしいです。ランチ3500円から、ディナーも6000円からとフレンチレストランとして本格的なのにお得。ちょっとしたプラス料金でジビエに手が届きます。


鴨マノワ20151230

鴨のロースト

はもちろん火入れにこだわりますぞ。

蝦夷雷鳥マノワ20151230

蝦夷雷鳥

はなかなか出てきませんが、持ちこめばOKかな(笑)火入れは試行錯誤を繰り返しものすごく悩んだらしく、この火入れに到達したとのこと。主夫太郎もいつかこんな風にお料理できたらと思います。

マノワのワイン20151230

ワイン

は、このお店の右にでるお店はそうそうないでしょうねぇ.....フランスのワインを楽しむならこのお店!という感じです。グラスワインの充実ぶりも素晴らしくランチに行って、一杯か二杯だけなんて使いかたもオシャレ。でも、出来ればちょっと気張って素敵なボトルを選んでもらうのがいいかな。そう思うときは主夫太郎もちょっと貯金してからの訪問になります。


是非是非主夫太郎お勧めのお店、お近くにお越しの際はご検討くださいね~~。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もちろん、普通の人、主夫太郎も含めてですけど、レストランに毎日行くなんてできないですよね。それでもジビエを食べたい人は、主夫太郎とお友達になると、
雉団子蕎麦20151230

年越しそば(雉団子蕎麦)

を主夫太郎家でご馳走してもらえるかもしれませんよ(写真は29日に食べたお蕎麦です)。ということで主夫太郎と仲良くなりましょうねぇ、あはははははは。

読者の皆さん今年もお世話になりました。来年も是非是非主夫太郎のブログ、東京ハンター生活~水陸両リョウ~を御贔屓に
スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

今期初めての鹿2015~鹿とピアス~

2015.12.24 10:04|猟と獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とハンターのみなさ~ん!!

今日は獲物が出てきますよ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
北海道のエゾ鹿猟では、一日だけだったというのもありますが、結局は獲れませんでした。鹿肉は今年は駄目かなぁと思っていたのですが、先日静岡での鹿猟でついに鹿をゲットしました。今日はそのときのご報告。

僕達がやる本州での鹿猟は「巻狩り」というものです。巻狩りについては、以前主夫太郎が説明をしており鹿もイラストで登場しております(ポチリで飛びます→バレンタインの巻狩り~男ごころに気付くな!メス鹿!!~)。

今回の猟はベテランの勢子(鹿を追い出す係り)がお休みで、始めて勢子をやる方が一人でするという猟でした。もちろん、初めてですから勢子さんは緊張してますし、もちろん僕達も緊張します。2か所ほどせめて犬の反応もなく、「ん~今日はだめかなぁ」なんてみんな思いだしていました。気分転換にご飯を食べて「さぁ、もう一か所!」と皆さん気合いがはいり、タツマ(鹿が来たら撃つそれぞれの持ち場)に散ってゆきました。

通常なら勢子が無線で、「これから犬いれま~す」と言って猟が始まりますが、今回は鹿がハンターに散々いじめられていたのか勢子さんの無線の前に人の気配を感じて(気取り~けどり~)鹿が走り始めたようでした。鹿が来るとしたら僕の右手の方から来るはずなのだけども、僕の右手50メートルくらいにもう一人射手がいるので気取りで鹿が来ても、まずその人の銃声が聞こえてからだと思っていました。ところが、僕の前にいたハンターさんはあまりにも突然鹿が来たので発砲できなかったようで、50メートルなんて鹿にとったら何秒もかからず飛ぶので無線も間に合わない。

バサッ、バサッ

と音がしたと思ったら2秒もしないうちに鹿が3頭あらわれ、右手から左手に向かって飛びます。僕みたいな新米ハンターはこんなとき

「鹿だ!!」


と思ってしまいます。そもそも鹿狩りに来ていて鹿が現れるのは当然といえば当然なのですが、普段暮らしている東京は大田区で鹿を見ることはまずないですから、出会う鹿に何故か感動してしまうものなです。この「鹿だ!」と思う僅か0.05秒くらいが一瞬の動きを鈍くするのでしょう、まず一発目を発射しますがはずれ。その次の瞬間には右手にいた鹿はもう正面に来ており、頭を狙ってもう一発!

絶対当たった!!


って思ったタイミングなんだけど鹿はそのまま走り続けました。次の瞬間にはもう僕の左手。「このまま頭を狙っても僕の腕では当たらないから体を狙おう」と銃口を下げ、体を左にひねりながら撃ちますが、「遅い!!」と自分でも思いました。ところが鹿が転びます。

どうも心臓を狙ったのだけど遅くなって後ろ足にあたった様子。前足だけで逃げて行きます。逃げられたかって思ったけども、どうも様子が変で、みるみる力が抜けて行き座りこんでしまいました。もちろんこうなると早く息の根を止めてあげないと可哀そうなので近寄ってゆき「止め矢」を刺します。ということで.......

軽トラ鹿20151214


無事回収!!

大きな雄鹿でした。本当なら一発目で仕留めていれば他の鹿にも発砲できたのだろうけどそこは経験不足。次回への課題となりました。

ちなみに、「絶対当たった!!」と思った2発目の弾ですが、なんと

ピアス20151214改

耳に当たっていました!!

鹿の耳に綺麗に4つの穴が一直線に空いてます。ピアス用の穴としては大きいですけど、なんかピアスしたくなる感じ。ん~酷いことをしてしまいました。あとほんのちょっと下をねらっていれば即死させられたのに苦しませてしまいましたね。

モモに弾が当たってしまったので食べられる部分が減ってしまいました。片方のモモだけでも無事かと思ったらどういうわけか反対のモモ肉にも損傷が.....その理由ですが...

鹿から出た弾20151224

鹿から出てきた弾

です。スラッグ弾というのは大砲の弾みたいな形をしているのですが、これを横からみると

鹿から出た弾21224

凄く薄い!!

鹿に当たった弾は骨にあたり骨を砕き、その衝撃で鉛弾が半分に裂けて片方は体に残り、もう片方はそのまま進んで反対側のモモから抜けていました。ん~神様は意地悪だ...結局お肉が沢山あるモモ肉で食べられるところが減ってしまった。まぁ、それでも山の恵みを頂けただけ良しとしましょうか。主夫太郎、課題は増えましたが元気に猟してます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

誕生日にキジ撃ちに~居獲りしちゃいました~

2015.12.21 12:01|猟と獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とハンターのみなさん!!

主夫太郎は12月17日で43歳になりましたよ~


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ん~43歳だけれども13歳のころから何も進歩してません。というより退化してそうですよ。まぁ、少なくても掛け算九九くらいは死ぬまで言えるようになっていたいけれども近頃色々なことが適当すぎて、忘れっぽくて困ります。折角の誕生日だからおうちでお祝いでもしてもらえればいいのに、なんと主夫太郎、自分の誕生日を忘れてしまい、群馬まで狩りに出かけてしまいました......

群馬は生まれ故郷で馴染みがあるのだけども、狩りの師匠がいるわけではないのでゆっくりと車を走らせながら猟場になりそうなところを探したりしてます。今年も何度か出かけていって獲れないのだけど雉を見つけたり、鴨に発砲してたりしてました。去年は群馬では鳩一羽だけ。今年もボウズが続いていたので、また駄目だろうなぁという雰囲気で車を走らせ、いつもの猟場に。そこは鳩がよく餌を食べに降りているところで、

「この先の畑はいつも鳩しかいないけどなぁ」

なんて近づいてみると......

俺雉20151221

雉だ!!!


しかも凄くマヌケそう!!ここで車を停めたりすると雉は逃げてしまうので、通り過ぎてから脇に車を停めてゆっくり車を降り、鉄砲に弾を込め近づきます。

ただ、どうも雉の奴こっちに気づいているみたいで、たまにこっちをみたりするのだけど.....

飯食う記事20151221

お前なんか無視!!

と言わんばかりの態度で餌をつついてます。僕はここには雉はいないだろうと踏んでいたのでちょっとどう攻めていいか頭がまわらず。

「あぁ~いつもは鳩しかいなんだけどなぁ」

なんて心の中で思うと.....


俺雉20151221


なんて顔をしてまたこちらを見ます。と、思ったら、


飯食う記事20151221

無視する価値もねぇおとこ!

と言わんばかりに餌をついばむという感じ。ん~若干馬鹿にされてるのかなぁ?場所を変えながらピョコピョコあるき、またあの憎らしい「ん?おれキジだけど...」という顔でこちらをみたり背中を向けたりします。

師匠は「鳥は飛ばしてから撃つのが醍醐味ですよ」というので、この雉をどうにか飛ばして撃ちたいとも思うのだけど、ちょっと脅かすとすぐ近くが藪だから飛ばずに走ってしまうかもしれない。どうやったら飛ばせるかなぁと考えていたら、雉が背中を向けて、ピョンと飛んだあと前につんのめった!それが...

ケツ雉20151221

なんかバカにされている気がして......

急に腹が立って、飛ばさずバン!と発砲!!

誕生日の雉20151221

おこし頂きました。

あははははははは。まぁ、誕生日だから師匠の教えに反して居獲りで撃っちゃいましたが、獲物を頂ければいいかな。思い出深い群馬で最初の雉となりました。こんな感じで主夫太郎は元気に猟をやってます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

鉄砲の修理~先台割れてエポキシマン~

2015.12.16 09:45|猟と獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とハンターのみなさ~ん!!

今日は工作のお話

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今年は実家に多く顔が出せたらと思い、群馬で猟をすることが多くあります。猟場も多く知らないものの獲物との出会いはいくらかあります。獲物は獲れないもののゴキゲンに猟をしていたのですが、先日河原で撃ったときにこけてしまい、その時に銃を河原の石にぶつけてしまいました。そうしたら木で出来ている部分、先台が

割れた先台20151216

割れちゃった.....

破片が見つからず.....どうしようかなぁと頭を抱えちゃいました。なんだこの程度か!って思うかもしれませんが、これを修理に出すとかなり高くつきます。というのも、そもそも鉄砲というのはハイソな、というより貴族レベルの人達の遊びですから実は鉄砲自身はファッションの塊。比較的安く手に入れてる自動銃でも適当に安く修理するということが基本的にはできません。僕としては適当な木端をボンドで貼ってくれればいいのですが鉄砲職人のプライドがそれを許すはずもなく、修理に出せば必ず綺麗になって帰ってきますが費用もかかるのですよ。

それでは自分で木を綺麗に削りボンドで貼ればいいだろう!って思うかもしれませんが、実は主夫太郎.....

図画工作と家庭科は大抵2でした.....

絵は5が多かったけど、工作はいつもギリギリ。工作用紙で箱を作るという課題では、蓋と底を作り忘れるという失態をし、怒られると思ったらクラス全員に大笑いされてお情けで2をもらったことがありましたねぇ。直方体の石膏を削ってペンギンを作る課題では削りすぎが怖くてあまり削る気になれず、結局時間内に出来なくて凄く困ったのですが「デブのペンギンです」と言い張って居残りを回避した御蔭でやっぱり通信簿は2。船をつくる課題では左右対称にできず、いくらオモリを調整しても舟が真っ直ぐ浮かばない。悩んだ挙句に船に大砲みたいなものを幾つか追加して、「戦争に負けた号」と名前をつけて......やっぱり通信簿は2でした。最近流行している学習障害や発達障害なんて言葉も無かったものですから、おかしな奴ということで処理されてましたが今なら変な診断が加わって大人たちが寄ってたかって余計な治療をしてたかもしれません。

と、色々な方に相談して不安を抱えながら購入したのが....

エポキシ20151216

エポキシ系接着剤

です。接着剤なのですが5分で固まる優れもの。しかも接着剤として使えますがこの接着剤は固まると木みたいに固くなるんですよ。セロハンテープのようなビニール系にはくっつきませんがそれ以外はオールマイティーなのでこいつを欠けた部分に

エポキシ荒く20151216

大盛りに盛って

固まるのを待ちます。まぁ、ある程度の型は必要ですが大ざっぱでいいです。もちろんこのままでは表面も荒くかっこ悪いし、そもそもハマるべきところにハマらない。ということで丁寧に削りますぞ。やすりを買ってきて

削りエポキシ20151216

削ります!!

どうです?工作の通信簿が2とは思えないこの出来!!

ガッチリ20151216

もちろんガッチリ部品としてはまりますよ!!

まぁ、まだこの鉄砲撃ってないんだけどさ(笑)問題はないハズです。これを見たカミさんがとても感心しました。高額な修理代を覚悟していたカミさんとしては1300円くらいで修理できたのだから大喜びするのも当然かな。僕の方は図工の授業では褒められたことがないのに案外うまくいったので、「実は私はエポキシを使いこなす、エポキシマンに変身できるのだ!」とカミさんに宣言しました。あははははは。

エポキシマンに変身できると宣言してしまった御蔭でもう少しエポキシを使いたくなりました。そういえば電話を落としてカドが欠けていたのを思い出したので

電話も20151216

電話も修理!!!

これで、完全防水も復活!!やすりで丁寧に削ってゆき、

着色20151216

マッキーで着色!!

ん~触ってみてもつるつる。とても良い出来になりました。このエポキシを使いこなすところをカミさんに見せたくて、日曜日にカミさんがいるところでやって見せたのですが、やすりで削るときにあまりにも集中してしまいカミさんの話に生返事の連発。

「エポキシマンに変身するとお話聞いてくれないねぇ」

と不満を漏らすのだけども、この不満も適当に聞いていたせいか

「エポキシマンの唯一の弱点は聴力が弱いところだ~」

と適当な返事をしてしまいカミさんは苦笑い。結局、エポキシマンになって図工の成績は5になったかもしれないがパートナーとしては2をもらうことになりそうだ。東京ハンター生活の道は険しく、そして遠い.....

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

初めて落としたコジュケイの夕食

2015.12.12 11:28|猟と獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とハンターのみなさ~ん!!

今日は主夫太郎が初めて落とした

コジュケイのお料理だよ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

主夫太郎家には師匠の御蔭で以前もコジュケイが来てますが、今回は初めて自分で落としたコジュケイをお料理したお話。コジュケイを落とすというのは僕も凄い憧れで今年もチャンスがあったものの逃げられてばかり。コジュケイは「チョットコイ」と鳴くのですが、行ってみると逃げちゃうっていう意地悪な鳥さんなので今年も駄目かと思っていたのですが偶然弾があたり、

始めてのコジュケイ20151212


お越し頂きました

あははははははは。凄くうれしいです。猟場からすぐ師匠とカミさんにメールしました!5羽出たのですが1羽しか落とせないのは腕のせい。まぁ、次もあるし、次がダメなら繁殖してくれればいいし。数やお肉の量にはこだわりません。撃ってみて腸を出すときかなりきつい匂いがしてたので、その場でお尻から水をいれて内臓を良く洗いました。何度も洗って綺麗にしないとすぐモモ肉あたりがダメになってしまうので結構念入りに洗います。そのために主夫太郎はいつでも車にお水を積んでます。

コジュケイ弾20151212

剥いてみてわかるのですが、腰の辺りに当たって腸が破裂してたのですね。幸いモモ肉と胸肉は無事です。羽根は弾が抜けきっているのでスープをとるのには問題なしです。背中に当たった弾はそのまま首、頭と抜けて行った様子です。

今回はこれをメインにして宴会です。熟成は上述のように腸に弾が当たっているのでさせませんでした。流石にコジュケイ一羽でフルコースは大変なので、他に食材を足して前菜からメインまでを構成。最初はカミさんがふるさと納税ゲットしたありがたい食材、カラスミで、

カラスミサラダ20151212

カラスミのサラダ

です。三つ葉、インゲン、グリーンピース、塩もみしたカブ、トマトを和えてゆずで香りをつけ、そこにカラスミをすりおろしたものを入れます。もちろん飾りにもカラスミのスライスを。チーズのような使いかたをしてみました。カミさんの獲物をたっぷり使ったのでカミさんもご満悦の一品。

続く前菜は主夫太郎家がこよなく愛するタシギです。皆さん「茄子のシギヤキ」というお料理は馴染みがあると思いますが、あのお料理は全然シギを使いません。どうも調べてみると茄子に枝を刺した形がシギの形に似ているからつけられた名前らしいのですが、どうしてもタシギと茄子の相性がいいのではないか?という思いがぬぐえませんでした。ということで、タシギと茄子を合わせてみることに。


シギヤキ調理20151212

軽くゆでてよく水を切った茄子にタシギの内臓もお肉もいれ少しのエシャロットも入れます。されに、これまたタシギの出汁から作ったベシャメルソースを注ぎタシギづくしのココットをオーブンにいれて、くちばしとモモ肉を添えて、

しぎやき20151212

主夫太郎風茄子のシギヤキ

です。まぁ、グラタンだけどね。勝手な思い込みで作ったけど、茄子とタシギは合いますぞ!!カミさんは次回もこのお料理が良いそうです。ただ、もっと茄子を入れて欲しいとのこと。ん~そうしましょうそうしましょう!!手間がかかるけどこんなに喜ぶならまた作ってあげようと思います。

さて、前菜の後はスープですよ。スープの材料は

コジュケイささ身20151212

コジュケイのささ身

です。凄く小さいでしょう?そりゃそうですね、コジュケイが小さいのだからささ身も小さいわけ。スジをとってスープの具に使いました。

コジュケイスープ20151212

カブのすり流しとコジュケイのささ身のスープ

です。コジュケイのガラでとったスープは香りもよく、すりおろしたカブが甘くなるまで火を通すと実に良い感じです。ささ身は火をとめてからポトンと鍋に落とし、器を用意している間に火が通ります。前回の百合根のポタージュもそうだけどスープはホント地味だねぇ。まぁ、そのぶん器でごまかしてます。

メインはもちろんコジュケイを焼きますが、白身の鳥さんをマスタードで食べてみたかったのでソースは黄色って決めてました。ディジョンマスタードをそのままどっさり使うわけにもいかないので、オーブンでゆっくり火を通した黄色いパプリカをミキサーにかけてコジュケイのスープでのばしそこにマスタードを入れましたぞ。ということで、

コジュケイパプリカ20151212

コジュケイのモモと胸肉のロースト

マスタードとパプリカのソース

です。熟成させてないので少し焦げ目をつけて香りを出します。初めて落としたコジュケイですから白マイタケを添えておしゃれに仕上げたつもり。ん~それでも来年見ると凄くダサい料理に見えるのかな(笑)まぁ、それも進歩の証だからよしとしようか。そういえば去年のお料理の写真あんまり見たくないや、あははははは。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

今期初めての獲物なので気合い入れました2015~雉のフルコース~

2015.12.09 08:55|猟と獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とハンターのみなさ~ん!!

本州での最初の獲物をコースにしましたぞ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前回の記事は「今期はじめのて雉料理」でしたが、今回は「今期はじめての獲物の雉料理」ということでお届けいたします。初猟で獲った雉は至近距離から撃ったにも関わらず、どういうわけか、目立った外傷がありませんでした。なんどもなんども匂いを嗅いでみたりしたのだけども本当に問題なく....

初猟の雉20151209

綺麗なままでした.....

ってことは、凄く鉄砲が下手!!ってことです。あはははははははは。ん~剥いてみてわかったのですが、至近距離から撃っても一発、羽根の根本からクビに抜ける弾が当たっただけでとても一度に200発近い弾が飛び出る散弾銃を撃ったとは思えません。まぁ、食材の状態が良いのだからそれでいいとは思いますけどね。今回の様に3週間も熟成できて良い香りが羽根をむしる段階でしていると、もう何の工夫も必要がありません。ですから、

ささ身サラダ20151208

ささ身とモモ肉のオリエンタルサラダ

なんて感じでシンプルなものから頂きます。薄く切ったモモ肉に塩をして粉をはたき焼くだけで十分おいしいのですが、今回はサラダ仕立てに。コリアンダー(香菜)と三つ葉とグレープフルーツに焼いたモモ肉を和えて、別に焼いたささ身を添えました。ここまで美味しいと焼しめても大丈夫。十分おいしいです。

内臓調理20151209

内臓もとてもよい状態でした。腸は獲ったらすぐ抜いてしまうのですが、それ以外の内臓は入ったまま熟成させます。3週間も内臓が持つかな?と思うかもしれませんが、これがどういうわけか持つのですよ。心臓、肝臓、砂肝を使います。上の写真は、肝を軽く炒めたあと裏ごしして塩、蜂蜜、エシャロットを加えたものです。このペーストと砂肝、心臓のスライスを使って、

内臓パイ20151208

雉の内臓のパイ包み焼き

作りました。ちょっと膨らみ過ぎたかなぁ。もう少しシートを広げればよかったかもしれません。

スープ取る20151209

いつものことですが、ガラだって無駄にしませんよ。塩とセロリとニンニクと生姜でゆっくりスープをとります。これだけでもものすごく良い香りがします。これを今日は我が家のスペシャリテに使います。

百合根マッシュ20151209

百合根をマッシュして

玉ねぎ、ニンニクを優しく炒めたものを雉のスープで伸ばして裏ごししたものに、塩とマッシュした百合根、生クリームを加え温めます。

雉ポタージュ20151208

雉と百合根のポタージュ

です。見えませんが底にはカリッと焼いた雉のモモ肉があります。ここまでは白ワインで頂きました。メインはカミさんが執念で探してきたヤマドリタケモドキ(セップ、ポルチーニの仲間)を使います。

ヤマドリタケモドキ20151209

お湯で戻して、雉のスープを加えて煮詰めクリームを加えてとろみは片栗粉を少しだけ使います。このソースを使って、ワンパターンだけども...

雉ヤマドリタケ20151208

胸肉のロースト

です。ん~こうなると赤ワインで頂きたいですね。雉のお肉、今まではギリギリ芯温が55度になるくらいの(計ってないけどさ)お刺身に近い状態で食べていて今回もそのつもりだったのだけど、調理を初めてみてこれだけ香りがよいと少し深めに火を入れたくなりフライパンでゆっくり焼いたあと100度のオーブンで2分、扉を開けて網に乗せ換え7分ほど余熱を入れました。うす~い白みがかったピンクの断面はワクワクしちゃいましたぞ。本当にたまになんだけど、食材を真剣に見ていると食材がお料理の仕方を教えてくれますよね。猟を始めて3年目、これからどうなってゆくのか自分でも楽しみです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

2015年度最初の雉料理~モモ肉で2品~

2015.12.04 11:20|猟と獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とハンターのみなさ~ん!!

今年度最初の雉料理です~


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今日は頂いた雉のお料理です。雉というと3週間くらい野菜庫で熟成させると美味しいのですが、今回は撃った方から「弾の入り具合が悪いかもよ」とのことなので、新聞紙でくるんで一晩たってからもう一度見てみました。すると雉のお尻が随分臭い。お尻が臭いってのは当たり前に感じるかもしれませんが、それにしても臭いので、熟成をやめて毛をむしってみることにしました。すると腸に弾が当たっていてちぎれていたのが原因のようで、モモ肉の一部などがちょっと臭くなってました。なんでも熟成ってわけにはいかないのがジビエの面白いところです。こんなときにどうやってお料理するかは鉄砲撃ちの腕の見せ所。今回は熟成させないでちょっとまだ固い雉のモモ肉を使ったお料理です。雉食べるとなると野菜が不足するから、

前菜20151204

茹で野菜のトマトソース和え

を食べたあと、お酒を飲みながら2品ほど。

雉のから揚げ20151204

タマゴタケと雉のモモ肉の竜田揚げの炒め物

やはり雉の香りを出すことを優先します。片方のモモ肉は少し香りがきついかもしれないので水に浸けておき、そのあとウィスキーとお塩で漬け込み竜田揚げに。冷凍のタマゴタケを炒めてバター醤油の風味を付けた後に雉の竜田揚げを投入してさっと和えて出来上がり。竜田揚げは少し長めにしないとモモ肉が固いです。冷凍されたタマゴタケも香りがあるので面白いですよ。

スパ準備20151204

もう一品はパスタです。雉のモモ肉をよく叩いてこれも塩とお酒に着け、ニンニク、セロリと一緒に香りがでるまで炒めます。ちょっと焦がすくらいのつもりが良い香りがでます。スパゲッティのゆで汁を加えながら枝豆を入れ、クリームを足してゆであがったスパゲッティをいれて出来上がり。お化粧はパセリです。

雉のクリームスパ20151204

雉とセロリと枝豆のクリームスパゲッティ

です。ん~名前から全部材料が分かってしまう素敵なネーミング!!雉はもちろん熟成させると良い香りをまといますが、こんな料理でもとても美味しいですよ。鶏と違うかって?そりゃ違うのだけどうまく言えない。うまく言えないからまた雉が食べたくなります。雉はハンターにとっては凄いご馳走ですが、早々頂ける幸せ。ん~感謝感激です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

鳩とコジュケイの夕食

2015.12.02 08:18|猟と獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とハンターのみなさ~ん!!

今日は主夫太郎の平日ディナーのご紹介!

鳩の前菜、メインはコジュケイだよ~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今年は法事なんかもあり、まだまだ猟に出る日が少ないのだけども、頂きものの獲物があり冷蔵庫には熟成を待つ獲物が結構あります。2週間前の解禁の日に頂いたコジュケイをメインにして鳩を前菜にしてみました。本当は休日にディナーとも思うけど食べごろが平日じゃ仕方ないです。鳩だって立派なメインになるのだけども3羽とれて一気に食べごろを迎えるとなると贅沢に使ったっていいと思いましてね。コジュケイは弾の当たりどころがよかったのもメインにする理由です。

おなかに弾20151202

料理する前に弾の当たりどころをみますがコジュケイではお肉と皮の間に挟まれるようにある散弾を発見。これは裏側から貫通してきた弾ではないのでどこからか入り込んで皮とお肉の間を通ってここに落ち着いたのでしょう。こんなくらいわかりやすいところにあると下拵えも簡単!

軽く燻製20151202

鳩は胸肉をローストしてスライスし、さらに瞬間燻製にします。僅かな香りがつけばOKなので、こんな感じで煙を立たせたあと、蓋をしてしまいしばらく放置。ありあわせの野菜で...

鳩の瞬間燻製サラダ20151202

鳩の瞬間燻製のサラダ

にしました。三つ葉と鳩の組み合わせは結構たのしかったかな。白ワイン、安めのフランケンでガブリとやりました。鳩はもう2羽いたので、ガラでダシをとり、スープにします。お肉はつみれにしました。手間はかかるけどスプーン一つで食べられるからね。

鳩のスープ20151202

鳩のツクネ、トマトクリームスープ

です。トマトは実家から山ほどもらって来ていて水煮にしただけのものが沢山あり、炒めた玉ねぎに加え裏ごしし、クリームを加えます。ツクネは最後に落とすだけ。鳩らしいお料理になりました。

カミさんはこのスープをおかわりするのを我慢して、メインを待ちます。ふんで当たり前のお料理、

コジュケイのロースト20151202

コジュケイのロースト

にしました。珍しく、ソースに迷った.....春菊のペーストをコジュケイの出汁で伸ばしたものを上にかけたのだけど、煮詰め方がちょっと中途半端。もっと香りをたたせてもよかったです。下に敷いたのはゆずとコジュケイの出汁を使ったものだけど、ゆずは加熱すると少し苦味がたちますね。ゆずと春菊なんて凄く合うと思ったのだけども、素直に春菊の濃いソースにゆずの絞り汁を2,3滴たらせばよかったかな。まぁ、これも勉強です。手前にある赤身がかったお肉はささみでして、あばら骨を付けたまま優しくローストすると生のようないい感じの焼き具合になります。またやり直したいけど、今度はコジュケイ、自分で落としたいなぁ(笑)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。