03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2016年4月の食卓から~ジビエ続いてますよ~

2016.04.29 08:52|猟と獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

主夫太郎、4月はこんなもの食べてましたん。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

四月になってモリーユ狩りが忙しくなった御蔭でなかなかキッチンでお料理を色々考えるということが出来なくなっちゃいました。というより、鉄砲、釣り、キノコ狩りと3つこなすとなかなか時間がとれない。そもそもどれもこれも食卓を豊かにするために始めたことだが、肝心のお料理に手をかけられなくなってきたのは本末転倒か?と思いきや、最近食べたいものがシンプルなものになってきてしまった。もっと言うと、以前も書いたかもしれないが、美味しければ旨くなくていいという感じ。生活スタイルに合わせて趣味が変わってきたのか単なる言い訳なのかは分からないが、まぁ、そんな具合だから一品一品自慢するような品はなくなり、ブログにもまとめて登場というわけ。

野菜好きの主夫太郎夫妻のある日の夕食だが、

ある日の食卓20160429

こんな感じ。

鹿のすき焼き風以外はみんなお野菜です。セリ、山椒、カブの葉、サラダは野菜だけですね。なんだこれは!とお料理ブロガー時代だったらネタにならない(所謂ボツネタ)ものだが我が家としては幸せな食卓です。鹿のすき焼き風があるのが主夫太郎家らしい。最近全然肉を買わないがもちろん困ってないです。

もうコンニャクの時期も終わってしまった!と思ったらどういうわけか一袋だけコンニャク芋があって健在だったから最近またコンニャク作りを再開してます。手作りコンニャクは一向に世間に広まらないけど、案外僕の周りでは主夫太郎コンニャクのファンもおります。

鹿コンニャク20160429

鹿コンニャク

です。写真のせいでちょっとパサついて見えるけどそんなことないですよ。最近では一番これが旨みが強い料理になったかな。カツオと昆布の出汁で煮たコンニャクに鹿肉を落としたからね。これだけ旨みが強いと他は野菜で十分というわけ。地味だけどメイン料理です。

先日カミさんの弟が遊びに来た時には、もうクドイほど登場している鳩の竜田揚げ、鳩出汁あんかけを作りました。

鳩の竜田揚げ20160429

枝豆はカミさんの趣味です。まぁ、こんなので十分おいしく感じますよ。鳩の竜田揚げを鳩の出汁で頂くわけだから、これが美味しくなかったら鳩のせいです、あはははははは。


以前も紹介したけど、手作りコンニャクを作る過程でちょっと手間をかけると、

そぼろコンニャク20160429

そぼろコンニャク

ができます。多分主夫太郎のオリジナルのコンニャクだな。その名の通りそぼろのような粒粒のコンニャクです。これを肉そぼろに混ぜるとカロリーオフってわけですよ。今回は頂いた

猪ひき肉20160429

猪のお肉

をミンチにして使います。

猪炒め20160429

お肉炒めて

コンニャク入れて20160429

コンニャク入れて

お醤油とお砂糖で味付けして実山椒を入れます。ん~このキッチン汚く見えますが、このあとちゃんと掃除してますよ。ということで、

猪そぼろコンニャク20160429

猪そぼろコンニャク

の出来上がり。半分以上はコンニャクが入ってますからカロリー50%オフですかね。猪とお醤油のうまみは十二分です。これをご飯にかけて食べるとあとは野菜があれば十分です。5月はどんな食卓になりますかねぇ。肩の調子がよくなってお魚が入ってくればいいなぁ。

スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

アミガサタケ狩り2~カミさん今年最後のご出陣~

2016.04.24 14:48|カミさんの狩りのはなし
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

今日は今年最後のモリーユ狩りのお話です


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
主夫太郎夫婦がキノコ狩りを始めたのは去年のことでアミガサタケ(モリーユ)は去年は夢のキノコでした。土日しか休みの無いカミさんは普段は天気予報をみたり、気温や天気、僕の見てくるキノコの状態や場所をつぶさに記録し作戦、指揮を担当しています。僕の方はカミさんの指示により出動し、また偵察を繰り返しながら有用と思われる情報をカミさんに報告し、平日・休日の交通状況や経費、移動時間などを述べ来年に向けての作戦参謀の役割もします。もちろん学者ではないので実験その他は出来ませんし自然のものですから「必ずこうなる」という結論は出せませんが、仮説を立てそれを確かめ、10年後くらいにはかなり効率の良いキノコハンターになろうというのを目標にしてます。もちろん最初は色々経費もかかりますし辛抱も必要です。定説より早い時期に出かけて行って「やっぱり無い」と確かめたり、おいしそうなキノコがあっても敢えて取らず一週間観察して大きくなる具合や虫に食べられてしまう様、雨にうたれてどうなるかなどを観察することなども大事です。根こそぎ出ている分だけ採ることもできますがそうなると学ぶことが少なくなってしまうので去年と今年はそういうことはやっていません。キノコは強い生き物ですから根こそぎとってもそれが理由で居なくなってしまうことはなく、逆に何をしてもいなくなってしまうときはいなくなってしまうそうで、そういう観点から根こそぎとらないということはしませんでした。

さて、今年はカミさんの仕事が忙しく有給休暇がとれなくてカミさんは平日にアミガサタケを狩りにゆくことができませんでした。平日僕がキノコを採ってくると「うらやましい、うらやましい」を連発するものの、数を沢山収穫するのも大事だから僕に対して次の休日まで「採るな」とも言えません。キノコ狩りが大好きなのにお預けをくらっているカミさんが気の毒ですから、なんとかカミさんがキノコ狩りに行ける日に沢山採らせてあげたいと思うようになりました。キノコがでるポイントというのは主夫太郎とカミさんが足で稼ぎ何か所かあるのですが、いったいカミさんがキノコ狩りをできる休日にどこが一番よいポイントか?成長具合や天気を考え、効率を考えて複数のポイントを巡る道順などを設定するのはなかなか頭を使いました。平日は数を沢山採ることを控えて小さいのは残して置きますが他の人にポイントを知られると採られてしまうので目立つ場所にあるキノコは狩り、目立たないところにあるものを育てたりします。色々な不安がありましたが、ついにカミさんがご出陣する休日、朝早くポイントに行ってみると......

群生A20160424

よいしょ!!


群生B20160424

とりゃ!!!!


とアミガサタケが育っていてくれました。結果は.......

最後の成果20160424

138本


重量20160424

756グラム

でした。採集したあとはいつものようにお仕事があります。まずは洗って水につけて虫出しです。ハサミムシ、ムカデ、ナメクジなどなどいることが多いのですが、

虫だし20160424

デンデンムシの赤ちゃん

がいました。もちろん逃がしてあげましたよ。この後半分に切って水を切ります。カミさんは前日までお仕事をしていて、キノコ狩りの日は早起きだったからはやくお昼寝をして欲しいと思っていたのですが、お手伝いすると言って聞きません。よっぽど楽しかったのでしょうね。ということで、

天日干し20160424

天日干し

のお仕事をしてもらいました。時期から言ってカミさんのご出陣は今回で最後、あとは主夫太郎が末期になったモリーユを観察し、来年に繋げられるようにして行きたいと思います。ことしは450本以上、重さにして3キロ以上の収穫がありました。もう少し伸びるかもしれませんが、ひと段落というところですね。来年もキノコに恵まれますように。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

ルーブル探訪記3~フェルメールに最接近~

2016.04.19 17:54|2014ヨーロッパ旅行記
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

2014年の旅行記が未完成です。

今日はルーブル探訪記3ですよ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最近ハンティングのことが多く、以前からの主夫太郎のファン、主に元女子高生をないがしろにしていたのですが、ようやく猟期も終わり以前のファンの皆さまに主夫太郎らしいブログをお届けできます。

さて、日本では大人気のフェルメールですが、ルーブルでは実に扱いが小さいです。もっともモナリザ以外はどの絵も置いてあるだけって感じですけど、特に絵が小さいのもあってなおさら普通の絵に見えます。日本にこのフェルメールの絵が来たら行列間違いないですが、ルーブルではこんな感じ。

カミさんとフェルメール20160419

カミさんと天文学者

ん~実になんでもなく飾ってあります。もう一枚ありますが、それもすぐ隣にあります。

お針子20160419

レースを編む女

なんてこんなにはっきりと写真が撮れます。ん~夢のようですね。ルーブル探訪記では皆さんいつも写真を撮れることに驚いてますが、実は本当に簡単!!!次の動画をみたら日本の美術館しか行ったことが無い人は卒倒ものです。主夫太郎が撮影している風景です。



しかもこの人気の無さ!!ん~禿げ頭に邪魔されるモナリザとは全然違いますよ(禿げ頭とモナリザの関係についてはこちら→ルーブル探訪記1~モナリザに会いたい~)。

まぁ、これくらい有名だと主夫太郎も必死にみますけどね。これから紹介する絵画は有名なようなそうでないような.....まぁ、つまりあんまりわかっていません、あははははは。まぁ、主夫太郎なりに色々思うところを書いて行こうかと思います。では主夫太郎ルーブル探訪記3はじまりはじまり~~~

大きな絵20160419

カミさんと比べても大きな絵

爺さんが若い娘を引き上げて?助けて??いるんでしょうか。さぁ!はやく上に!!!という優しいお爺さん。でもよく見ると....

そこは肉です20160419

そこつままれると痛い!!

ってくらい肉をつかんじゃってる。まぁ、女性の方も大分肉付きがいいけどね。助けてもらうことを考えて元女子高生もたまにはダイエットに励みましょう。ぎっくり腰にならなきゃいいねぇ、お爺さん。

さて、ルーブルと言えばエロい絵の宝庫。でも、エロいと背徳的というのは違いますよね。まぁ、これはいかんでしょう!!

責任とりません20160419

お互い酔ってたから....

だからって責任取らなきゃだめだよ、天使なんだから。ん~神様みてたら怒るぞ!!神話の一部なんでしょうが、そそくさと逃げて行くエロ天使、実にゲスの極み天使ですねぇ。

さて、聖書もなにも知らない僕達にはどう解釈していいか分からない絵も沢山ありますが、この絵の解釈は、

盲腸20160419

院長!

彼にはまだ盲腸の手術は早すぎます!!

ん~そう思うな。盲腸は手術としては簡単な部類だと思うけど、こんなガキンチョにやらせちゃいけないよ。患者の顔は苦痛に満ちてるけど麻酔してあげたのだろうか、あははははは。

まぁ、エロいっての色々種類がありますがこの絵のエロさは呆れるばかりです。

もうちょっと先に20160419

パンツはく前に兜かぶっちゃいました!!


まぁ、普通はさきにパンツをはくと思うんだけどねぇ、いくら急いでいても。まぁ、百歩譲って先に兜かぶっても次パンツでしょう。なんで槍や盾の方がさきなんだか......よくみるとワラジは履いてるよ。だったらパンツはく暇あると思うんだよねぇ.....


さて、小学生のころ男子だったら一度は経験してるんじゃないかなぁ....

プール20160419

今日から体育はプールだったんだ...(涙)

忘れちゃうんだよね、一度くらい。そうか!今日からプールだ!!って思っても後の祭り。水着がない現実を受け入れられず裸になってみたもののどうにもならない。集合させられて体育座りしてるけどガッカリしていて顔もあげられないご様子。ん~わかりますよ、その気持ち。

こちら40歳すぎた多くの男性の悩みに朗報かもしれません。

ハンドパワー20160419

ハンドパワーで薄毛治療中

ん~こんなくらい毛があるうちからなら効くかもしれませんねぇ。同時にハープも引いてくれてリラックス効果抜群。一年後にはフサフサかもしれません。

さて、プロ野球とプロレスは昭和の方が良かったと思うあなたに!!

バックドロップ20160419

バックドロップの図

あははははは。力道山も真っ青ですぞ!!トップロープからなんてもんじゃないですよこの高さ!!なんといっても技をかけている方は羽根が生えてますからね!投げられる方も両手を開いてあきらめ気味。スリーカウント入ったでしょう。

さて、最後はルーブルと言えばオッパイですが不必要な描写が多いですけど、この絵は.....

それどころではない20160419

オッパイどころじゃない図

ん~なんでヨーロッパに放し飼いのライオンが!!と驚くお母さん。まぁ、そりゃはだけてしまった自分の胸を気にするどころじゃなく、自分の赤ちゃんが大変なことになってますね。これははっきり言ってオッパイを描く必要がありますよ。どんだけ驚いたかが胸を隠すのを忘れることで表現されてます。


ルーブル探訪記3はこのへんで。まだ旅行記続くかもしれません。またね~~。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

春続いてます~実家から春が~

2016.04.13 23:07|その他のお料理
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

今日は実家から来た

春のお話です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

春というのは楽しい季節ですね。春というと「卒業」なんて言葉とも結びつきますが、43歳ともなると学校というものと縁が無くなって久しいので全く寂しさは感じません。また、「春眠暁を覚えず」とは言っても昼寝をしているほど春というのは退屈ではありません。おうちの模様替えもエアコンの掃除も体重測定をして夏までのダイエット計画をたてるのもみんなこの時期です。それになんと言っても食べるものも楽しい時期ですね。まぁ、主夫太郎の場合は春夏秋冬どの季節を取っても食べるものが美味しくない時期は全くないのですがやっぱり冬のジビエとはまた違った贅沢が、なによりも鮮やかさが春にはありますね。ちょっとだけ季節が東京より遅れている群馬から

セリ20160413

天然のセリ

が届きました。まぁ、こんなに沢山!!と思っても茹でたりすると小さくなっちゃいます。母親が10分も刈ればあっという間に採れるそうですが贅沢ですね。野蒜(のびる)なんかも群馬には生えますが、東京にも生えているので今年は野蒜は頂きませんでした。セリはいい香りがしますので鰹節とお醤油だけで頂くのも好きですが、この日はお手製の草餅も送ってもらったので

草餅雑煮20160413

草餅とセリのお雑煮

を頂きました。ん~贅沢です。群馬に暮らしていたときは全くもって贅沢だと思いませんでしたがどう考えても贅沢ですよね。今はモリーユなんぞ追いかけまわしている主夫太郎ですが、実家にいたときは野草なんぞ全く興味がありませんでした。普通にあるものですからね。こういうお雑煮よりカレーが好きだった大馬鹿野郎のあのころの主夫太郎、そんな奴に選挙権なんていらないですよね、あははははは(現在の18歳に選挙権が要らないと言っているわけではないですよ)。

まぁ、お肉も頂いておきましょうか。最後にとった鹿を使って玉ねぎと煮込み、卵でとじてセリを乗せました。

鹿すき焼き風20160413

鹿のすき焼き風卵とじセリのせ

です。順調に獲物を消費してますが、脱臼した肩が痛いので羽根をむしれないのとダイエットをするためしばらく鳥系は出てこないかな。まぁ、そんなのでも楽しい我が家です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

2016・今年はじめてのモリーユ~カミさんの初獲物~

2016.04.10 20:47|カミさんの狩りのはなし
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とハンターのみなさ~ん!!

今日は今年カミさんの

初めての獲物のお話です!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
鉄砲の方の解禁は北海道は10月1日、本州は11月15日と決まっていて、僕も3か月半ほど獲物をもとめて出かけてゆくが、カミさんの狩りの方は3月末ごろからはじまる。カミさんの獲物はキノコだがこれは解禁日があるというものでもなく、猪や鹿や鳥のように「どこかには居る」というものでもない。キノコのご機嫌具合で出る出ないがその年によって違い、もちろん人間には出る時期をはっきりと判定する術がないわけだから、「そろそろかなぁ」と思いだしたらそれが解禁日というわけだ。最初の獲物は、モリーユ(アミガサダケ)なのだけれども今年は3月中旬からパトロールに出かけて行き、とうとう先日巡り会うことができた。

並ぶモリーユ20160410

こんにちは!アミガサダケ

奥にも見えるが、こうやって一度生えだすと、やたらと出てくる。いい調子でポイントをまわり、なんて今回は調子がいいんだ!!たった2時間くらいで沢山獲れた!!なんて思ってたら、帰り道にかごを持っている僕等のことが気になったのか地元のおばさんが話しかけてきた。

「あら!これ食べられるの??」なんていういつも僕達に興味がある人達が言うセリフからはじまり、僕等夫婦のことを色々聞いたりなかなか楽しそうにおしゃべりする。まぁ、僕達も地元の方々と話をするのはいつものことだからニコニコ聞いていたのだが、だんだん話がそれて、自分の子供のお嫁さんの話やら、お寿司の美味しいところがあるから今度ご馳走するやら、最後は電話番号まで教えてくれて随分と気に入られてしまった。気が付くと一時間ほど立ち話をしていたが、2時間くらいのはずがもう一時間余計にかかった感じだった。もっともそれがどうのと言うのでもない。おばさんは楽しそうにお話をしていたし、僕等も楽しく息抜きになったからいいし、そもそも鉄砲を撃つにしろキノコ狩りをするにしろこういうものなのだろうとも思う。

さて、そんなこんなの成果は.....

2016初モリーユ20160410

107本!!

でした。あはははははは。楽しかったなぁ。

モリーユ干し20160410

おうちに帰ってきてキノコを掃除して干します。モリーユは干すと美味しいからねぇ。

モリーユパスタ20160410

大漁を祝して夜は宴会になるのだけども、去年乾燥させていたモリーユをやっと使い切る決心がつきました。いつものことで恐縮ですが、パスタ作っちゃいましたよ。

去年のモリーユ使い切り20160410

モリーユのクリームパスタ!!!

モリーユにクリームに塩にパスタだけしか使ってません!ニンニクも使ってないよ。こんなものでもおいしいのだからモリーユは素敵です。これからあと何回かは出かけて行くつもりです。モリーユが終わるとひと月ほどでまたカミさんのキノコ狩りが始まりそのあと鮎釣りの解禁かな。まぁどういうわけか忙しいねぇ。楽しいからいいけどね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

いきなりの白川郷

2016.04.06 16:57|国内旅行
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

今日は白川郷への旅行のお話です


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

肩を脱臼してから2週間ほどが過ぎたが、まだまだリハビリ中だ。抜糸がまだだったのだけど、軽く動かすくらいなら良いということで運転をしてみることにした。肩の高さまで手をあげると痛いので、どうしても「すりハンドル」になるのだけど、カミさんの社宅の駐車場でやってみるかぎり大丈夫そうなので少し遠出をしようかということになり、いつもの郡上八幡まで行こうかということになった。お昼頃、そろそろ到着というころ、カミさんがナビをピコピコといじってたら、

「あ、白川郷ってインターチェンジがあるよ」


と楽しそうな声。ん~ばれてしまったか。そう、郡上八幡から世界遺産までは行けなくもないがそんなこと言ったら「絶対行こう」といわれるので、何度も郡上八幡に来てはいたがずっと黙っていた。が、とうとう見つかってしまった....絶対あと85Kmという表示には気付いているとおもうのだが、そんなことはお構いなし(往復なので倍しなきゃならんがしてないのかもしれないが)、白川郷に行きたい!ということになり、郡上八幡のインターチェンジを通り過ぎて白川郷にゆくことに。下調べもしてないが郡上八幡には定宿があり、「年2回ほど行くので何回か訪れればいいだろう」ということで気軽に向かうことになった。

駐車場から20160404


村営の駐車場からは長い橋を渡って白川郷に。ゆらゆら揺れる橋はちょっと怖いけど、橋の向こうに別世界が待っている感じがあって凄く盛り上がる。

合掌3棟20160404


村全体がテーマパークみたいなものなのだが、この時期お祭りも雪もない白川郷はそれほど観光客もおらず丁度良いといえば丁度良い感じだ。合掌作りが連なっているだけで被写体になると感じるのはやはり世界遺産の御蔭だろうか。世界遺産になる前からずっと合掌作りはあるのに、やはり権威が何かしらの称号を与えると見る目も変わってしまう。もっとも世界遺産になっているからこそ、この姿が保たれているのだとは思うけども。

虫取り少女20160404

虫を取る少女


まで絵になる。ん~なんの虫取っているのだろう。こういう趣味がふくらんでいって将来はハンターになって欲しいものだ。

合掌20160404


合掌作りの何軒かは見学もできる。合掌作りは外から見ると平屋だけども、あの大きな屋根の中は2層、3層になってたりして使用人の部屋などがある。

火見窓20160404

こちらは火見窓


一階にある囲炉裏の日を使用人の部屋から見るための窓らしい。火災が怖い時代、こういう工夫がされたのだろう。

白川郷にはどぶろく祭りというのが秋にあって、毎年神社で作られるどぶろくが振る舞われるそうだが市販はされていない。というのも受け継がれている「文化」ということで、神社の中だけで許可されているお酒造りなのだそう。つまり神社の境内から出ると違法な密造酒ということに理屈上はなるらしく、神主が気難しいというせいでもなく、国からのいわば命令で「門外不出」となっているそうだ。

ところがこの門外不出のどぶろくが、どぶろく祭りの館という神社の境内の中にある博物館で頂ける。300円の入館料を払いどぶろく祭りのビデオをみると帰りに、

どぶろくきったて20160404

どぶろくが頂ける!!


僕は運転手だから飲めないけど、指の先にちょこっとつけて味見を。素朴なお米の甘味がふわりと広がり、ちょうど良い酸味が「もう一杯!」と次の杯を誘うのだろうけども、運転するわけだから、こちらも国の命令で禁酒。まぁ、日本に住んでいる限り国家権力には敵いませんな。巫女さんは沢山飲んで行って下さいなんていうもんだから素敵な場所ですよ。それとこのどぶろくを注ぐ酒器、カッコいいと思いませんか?「きったて」と言ってどぶろくを注ぐためだけに作られたものだそうで、ぶつぶつとした麹を注げるように口が広がっていますよ。密造酒を作るようになったら僕も欲しいなぁ。

メインストリート20160404


最後に訪れたメインストリートはお土産屋さんが並んでいて楽しい春のお散歩。

白川郷お土産20160406


こちらはお土産。巨峰味の豆などなど。少しづつ頂いております。そろそろ春も本番、また色々な収穫をしなきゃねぇ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

鳩一羽盛とおじさんの鳩の話~古き良き日本がここに~

2016.04.01 04:55|猟と獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とハンターのみなさん!!

今日は猟期中のお話と、

簡単なお料理のお写真です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

猟期というのは僕が外に頻繁に出かける唯一と言ってもよい期間で色々な人にお会いします。ハンターに嫌がらせをする農家もいますし、「じゃんじゃん獲って下さい」なんていう農家さんもいます。もちろん主夫太郎のブログ、愉快に運営したいので楽しいお話を今日もしたいと思いますよ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ある日、ある県で鉄砲を担いで猟場にいた時、脇の道をスーッと車が近づいてきて半分ほど舗装から車をはみ出させて停車した。おじさんがこっちを見ているので、「こんにちは」というとあちらも「どうも、こんにちは」なんて言うから、嫌がらせや苦情を言いに来たわけではなさそうなのでホッと一安心。

「どんなくらい獲れたい?」

とニコニコ聞くので、僕もニコニコしながら

「朝からやって鳩一羽です」

というと

「あははははは、一羽?どっから来たの?東京?東京から来て鳩一羽かい??あはははは」

と随分楽しそうだった。僕は鉄砲もうまくないし鳩は早いからなかなかあたらないのだけども、是非是非何羽もとって腹いっぱい食べたいと思っているわけでもないからこんなくらい楽しめればいいと思っているという話をしたら、

「そうだね。そんなに鳩があっても仕方ないよ」

と、このおじさん、やっぱりハンターでしかも「撃つのが好き派」な人らしいと思った。もちろん十分承知してるのだけども一応、

「お父さんも鉄砲撃つんですか?」

と聞いてみると、

「おれ?うん撃つよ」

と言ったあと、はにかみながら

「毎日!」

と付け加えてカラカラと笑った。今日はもう朝にでも撃ったのかと聞くと、

「今日は監視さ」

と言ったあと、車から出てきて本格的に話をするモードになった。まぁ、こうなるとお話が長くなって猟が終わってしまうのは毎度のことなんだが、僕はそれも含めて猟だと思っているのでゆっくり話を聞いてあわよくば情報など聞き出すことにしている。オジサンはあそこはうるさい奴がいてすぐ警察に通報されるとか、あの道から東は撃たないほうが無難だとかいう話をした。もともとそっちには行かないのだけどももちろんありがたく拝聴する。細かいことまで覚えていられないけど、もしかしたらいつか役に立つかもしれないからキーワードだけ覚えていることにしている。まぁ、そんなやりとりがあったあと、この近くはハンターがいないから伸び伸び撃てていいんだ、という話をしたら、

「いや、このあたり結構いるよ。この間だってさぁ、N市ナンバーの車の奴が来てたよ」

と言い、目をキッと吊り上げた。僕はこの猟場に通って3年目だが僕達以外のハンターを見たことがないからものすごく驚いた。おじさんはスイッチが入ってしまったらしく、

「そいつら声かけても挨拶しねぇし、道に出ても銃にカバーかけないから俺も腹立っちゃってさぁ、『銃カバーかけなきゃ、公道なんだから違法なんだぞ!』って言ってやったら謝りながらしぶしぶカバーかけてたよ。ほんとにルールを守らない奴ってのはだめなんだ」

なんて言うもんだから、僕はルールを守らないとすぐ警察に銃を取り上げられちゃうし、そもそも鉄砲撃たない一般人のハンターに対する印象も悪くなるからルールだけは守って欲しいものですよねというと、

「そうそう、ルールだけはね」

と言ってちょっと厳しい顔をした。はい、とこちらが返事してそれで話は終わるのかと思っていたら、おじさんは楽しくなったのか急に自分の猟の話をしはじめた。

「俺はもうさぁ、通報されたりするのも嫌だから空気銃撃つんだよ」

空気銃の方が弾は安いし音も大きくない。最近は空気銃から猟を始める若い人もいるくらいだから至極普通のことなので、

「あぁ、僕も欲しいといえば欲しいけど、鳥が止まってないと撃てないから今のスタイルと合わないんですよ」

と、僕も自分の状況を説明した。するとおじさんはどうやったら鳥が撃てるか教えたくなったらしく、凄く楽しそうに話しをしだした。

「一番いいのはねぇ、風の無い雨の日なんだよ」

おじさんは謎かけをしているみたいに僕を見て一瞬黙ったあと話しを続けた。

「風の無い雨の日はさ、鳩が電線に沢山とまるんだよ。そこを狙って撃つんだ」

と言ってにやりとした。えええ!!!まぁ、一応電線に当たらなきゃ違法じゃないけどそりゃギリギリの射撃だ!

「だって、電線撃ったら大変だから結構近づかなけりゃならないですよね。20メートルくらいまで近づくの大変じゃありません?」

と聞くと

「大丈夫、奴等は車はなんとも思わないから逃げないんだ」

とのこと。法律だと走行中の車の中からは撃ってはいけないのだが静止していればいいかというとそうでもない。実は道路上から撃ってはいけないという大前提があり、たいてい車は道路上にいるものだから普通の状態では車から撃てない。

「だけど車から撃つわけにはいかないですよね」

と、一応聞いてみると

「車から撃つんだよ。車から降りたら鳩にばれちゃうもの」

とおっしゃる。ルールを守るべきだと言っていたおじさんはなかなかアグレッシブだ。

「あれ、車から撃つって大丈夫ですか?」

と一応僕も言葉を選んで質問すると、おじさんは得意げになって

「そんなんわきゃねぇ(訳ない)、(車の)前見て後ろ見て(誰か見てないか確認して)撃ちゃいいんだよ」

と今度は楽しそうではあるが真顔だ。

「そうするとポトリって鳩が落ちるだろう。そうしたら拾ってまた車走らせてると奴等電線にとまってるんだよ。そんなの繰り返すと一日で20羽くらい獲れるな」

と凄く楽しそうだ。鳩は法律によると一日に1人あたり10羽までしか獲っちゃいけないんだけど、もはやその指摘は不要だと思った。おじさんはその後は射撃の話をちょっとしたあと、頃合いだと思ったのか

「じゃぁ、ルール守って楽しんでください」

と言って、車に乗ってぶ~んと走り去って行った。おじさんの言うルールとはなんだったのだろうかと思うと今でもつい笑ってしまう。

今はやたらと窮屈な世の中。ちょっとしたことでルール違反だとか、マナー違反だとかいろいろ言われて本当に嫌な時代だとも思う。特にネットでは自分が安全なところにいるので、いわば陸に向かって艦砲射撃という感じで自分のことを棚に上げた娯楽目的の卑怯な非難が飛び交う。失敗しない人はいないわけだが小さな失敗をすぐみんなで責めるような時代になってしまったようでなんだかちょっと悲しい気もしている。でも古き良き日本は、まぁ本当は「良き」かどうかは分からないけども、もう少し余裕があったのではないだろうか、そんな風に思う今日この頃。そう、こんなおじさんが普通にいる日本、今の時代ならアウトだろう、そんな日本が好きでした。おじさんはとにかく「挨拶くらいすりゃ、まぁ、適当に遊んで行けばいい」って気持ちなんだろうけど、地元の人に挨拶もできないからN市ナンバーのハンターの細かい違反に怒ったのだと思うな。今はまったく逆、挨拶なんて気に入らなければやる義務はないが鳩は10羽までだ!!なんて感じで、まぁ、どっちがいいと思うかは世代にもよるのかもしれない。

さて、そのおじさんが一日20羽も獲ってしまう鳩ですが、今回は照り焼きにしました。おじさんは「そんなに鳩があっても仕方ないよ」って言ってたけどついつい獲っちゃうんだね、多分。


鳩一羽20160330


一羽をさばき、お酒、生姜、砂糖、お醤油に漬ける

タレだけで味付けしようと思うとどうしても濃くなってしまうのでタレに漬ける前に少し塩を振って寝かしておきます。お酒とお醤油は同量、生姜と砂糖は好みで。お砂糖は少し多めの方が僕は好きですね。タレには長く漬けてもいいだろうけど、胸肉を赤い状態で食べたいので僕は結構浅く漬けます。タレも少な目で30分くらいかな。冷蔵庫で漬けると冷たくなって火を通しにくいので常温で漬けておきます。

胸肉はフライパンで何度かタレを付け直しながら焼き、モモ肉と砂肝と心臓は魚焼きのグリルで火を入れます。もちろんモモ肉も何度かタレをつけます。ささ身は小さいのでモモ肉を引き上げたあとのフライパンにタレを入れてタレが十分に煮詰まってきたところに投入したら火を止めて絡めるようにして余熱で仕上げますよ。胸肉は5分から10分くらい休めてから切ると肉汁があふれ出なくてすみます。

鳩一羽盛20160330

洋風な盛り付けだけど照り焼き

鳩の一羽盛!!


鳩一羽盛胸20160330

胸肉はレアに仕上げます

でも切るとき断面に触るとわかるのだけどちゃんと温かい、火が通った状態です。

鳩肝アップ20160330

肝臓・ささ身・砂肝・心臓

もちゃんとありますよ。来季も鳩がちゃんと獲れて美味しく頂ければいいなぁ。まだまだ冷凍のストックがありますけどね。猟期前までに食べ終わる予定です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。