04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

主夫太郎カミさんにフラれるの巻

2016.05.30 17:06|旅行
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あぁ、元女子高生のみなさん

今日は、主夫太郎がカミさんにフラれて

カミさんが雲の上の人になったお話。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
カミさんがワシントンD.C.に出張が決まったのは2か月くらい前の話だと思う。一週間もアメリカに行ってしまうのは主夫太郎としてはつまらないのだが、カミさんとしてもそこそこつまらないことなのだと思っていた。というより、そう言っていた。朝早い飛行機でワシントンに行くので前日は成田空港の近くのホテルにとまり、車で空港まで送ったあと、空港で朝ごはんでも食べてお別れしようという計画だった。

ところが、これが出張の前々日くらいに不穏な空気が!!カミさんは、な、なんとビジネスクラスで行くらしいのだ。ん~我々のような身分でプライベートでビジネスクラスなんてのはありえない話で、一生に一度だろうとカミさんはウキウキしている......まぁ、朝ごはん食べたあと美味しい機内食が食べられないのは可哀そうだから軽いものにしようかなぁ、なんて思ってたら出張前日には成田空港の「ビジネスクラス専用ラウンジ」というのをネットで発見して

「すごいよ、ラウンジ!サンドイッチもワインもビールもお蕎麦もおうどんもおじぎり(おにぎり)も全部食べ放題だよ!!」

と僕に報告する。ん~~~おにぎりを「おじぎり」というときは間違いなくカミさんはおにぎりを食べたくなっている時だからこれはもしや....と思っていたら、出国当日の朝、「あたし、ビジネスラウンジで朝ごはん食べるわ。早めに帰って体休めてね」と言い残し空港の中に消えて行ってしまった。カミさんと知り合って23年、一度もアッシー君もメッシー君にもなったことはなかったのだが、ついにメッシー君に昇格できないアッシー君になり下がってしまった。涙にぬれる寝ぼけ眼にこころのワイパーをかけて自宅にかえり体を休めていると、なんと飛行機の上からカミさんが次々とビジネスクラスの中の様子を送って来ました。ビジネスクラスにはWiFiもあるみたいです。

というわけで、今回は主夫太郎からカミさんを奪い取ったニックキビジネスクラス機内の様子をカミさんが送ってきた写真を使ってご紹介します。

行きアミューズ20160530

行きのアミューズ

らしいですが、僕が油揚のアボカド乗せを食べているときにこんなオシャレなものとは!!ってまぁ、いいんだけどね。しかし、まぁ、こりゃエコノミーと全然違いますな。

行き前菜20160530

こちらは前菜

だそうな。んんんん~~~~~。会社持ちとはいえ凄い贅沢だ。ん~カミさんはもう僕の届かない人、文字通り雲の上の人になっちゃいました。

行きメイン20160530

牛がメイン

だそうですが、こりゃそこらのビストロより真面目に作っているような。

座席はフルフラットになるそうですが、寝返りを気持ちよくうてるものではないそうです。ちなみにカミさんと一緒に出張したベテランの先輩によると、日本を飛び立つ飛行機で洋食を頼むのは全くの素人だそうな。やはり日本から積まれる食事は美味しくてしかも新鮮らしいです。ディナーに和食を頼むと御造りなんかもあるそうな。ん~二度とビジネスクラスに乗ることにないカミさんと僕にはあまり役に立たない情報ですがねぇ。

なんでも、ビジネスクラスってのはいつでもご飯を注文できるのだそうですよ。カミさんは欲かいて、ディナー食べたあと、

行きラーメン20160530

一風堂のラーメン

頼んじゃったらしいです。ん~いくら僕がコンニャクつくってダイエット考えてもこんなことされたらかないませんなぁ.....まぁ、しかたないか、一生に一回だろうしねぇ。

行き朝ごはん20160530

朝ごはんは和食を頼んだそうです。いくらか食べたあと写真とったみたいですね。たしかに和食はおいしそうだなぁ。これが朝ごはん?て思っちゃいましたが、朝ごはんだそうです。


もちろん帰りもビジネスクラスだったのですが、あちらではビジネスラウンジはそれほど豪華でもなくワインも有料だったとか。いちおうアメリカから日本に向かう機内のお食事もご紹介しましょうかね。

帰りアミューズ20160530

帰りアミューズ

なかなかのクオリティですな。

帰り前菜20160530

アメリカンな前菜

な気がしてしまうのは僕だけかな。ってか前菜の時点でなんで白と赤のワインが揃ってんだろう。ん~仕事が終わってまたまた自由にやっちゃってるようですな。


帰りメイン20160530

アメリカンなメイン

に感じるのはちょっと野菜が少ないからかな。それともカミさんが食べちゃったのかなぁ。これだけ食べればいいかと思ったら.....


帰りチーズ20160530

チーズ

頼んでいる!!白ワインは終わって赤ワインでチーズ楽しんでるぞ!!!なんだかこうなると帰ってきた後にご馳走つくるわけいかないね。いきなりダイエット料理だ!なんて思ったら必殺技炸裂ですぞ!!

帰りラーメン20160530

帰りもラーメン!!

なんでも帰りは味噌味だそうです。さらに、

帰り朝ごはん20160530

帰りの朝食

もちゃんと食べてる。そういわれれば、アメリカから積まれた和食はちょっとイマイチかな。


とにもかくにも、どうも飛行機というのはエコノミーとビジネスでは人扱いと犬扱いくらい違うのではないかと思えなくもないです。そもそもエコノミークラスってのは「経済的な」って意味ですが、ビジネスクラスってどういう意味なんですかね。もし、「このクラスのお客様から私たちのビジネスの対象です」って意味だったらショックですな。エコノミークラスしか乗ったことないけど、ビジネスクラスに比べたらなんかお客っていうより「荷物」な気もしますよ。しかし、ビジネスクラスとエコノミークラスの差ってファーストクラスとビジネスクラスの差と比べてどうなるんでしょうなぁ。ファーストクラスのレポートをいつかできるような身分になりたい!とも思いますが、きっとファーストクラスにいつも乗れるようになったらビジネスクラスのことをケチョンケチョンに言うんでしょうね。舛添都知事はファーストクラスでなきゃ嫌だ!!って言ってますが、やめられないんでしょうねぇ、一度乗ったら。

スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

主夫太郎ただいま休業中~1人の食事はつまらない~

2016.05.26 09:07|その他のお料理
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

主夫太郎、ただいま休業中です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

カミさんが先週の日曜日から一週間、アメリカのワシントンD.C.に出張してます。主夫の僕は掃除も洗濯も炊事も全部自分のためなのでなんとなくやる気がでない。やる気が出ない上に「本当になにもしなくて良い」わけで、それなら羽根を伸ばせばいいだろうと思うかもしれないけど全然そんな気にならないです。とくに食事なんてものは本当に興味がなくなっちゃって大変ですよ。実家に帰って食材をもらって来たけども全くもって単純なものしか作らず恥ずかしい限り。誰に食べさせるわけでもないから恥ずかしいとさえ思う必要がないと思うと本当にやる気がなくなります。本当に1人なんてつまらないものです。読書はしてますが、小保方晴子氏の「あの日」を何度も読み返しています。感想文をブログで書こうと思っているけど、あまりまとまらないうえにカミさんがブログの人気が下がることを理由に反対してます。

さてさて、カミさんがいない間の料理の方ですが、例えばどんな適当な料理を作っているかというと、

アボカド油揚20160525

焼き油揚のアボカド乗せ

とか......なんかお料理ブログをはじめたての人が作るようなお料理を主夫太郎もやる気がなくなると作ってしまいますね。いいんですよ僕ひとりならこんなので。


豚煮込み20160525

煮物の盛り付けも適当

です。カミさんが出かける前に作った猪の煮込みですけどね。こんなものでも飲みたいって強くは思わないですね。カミさんが帰ってくるときに体調を崩すわけに行きませんから毎日は飲みません。一日置きです。飲まないとつまらないけど飲んでもつまらない。

もっとも実家に帰る時間があったのは良かったです。

はなずっき20160525

花ズッキーニ(今年初)

をもらってきました。これねぇ、花ズッキーニでさえないのよ。つぼみなんです。開いてないからめしべに花粉が吹いてないし、花の中も綺麗なままだからとてもお料理しやすい。もちろん詰め物は小さくてつくる気にならないのだけど、火をさっと通すだけでコリコリしてとても美味しいです。

猪ずっき20160525

猪のベーコンと花(つぼみ)ズッキーニの炒め物

あはははははは。適当でしょう?猪のベーコンはカミさんがモクモク艦隊司令長官になって作ったやつです。お次はカミさんがいたらそれほど出てこないお料理です。


田楽20160526

豆腐田楽4種

山椒、チーズ、ネギ、唐辛子の4種の田楽ですが、結構な量のみそを使って塩分が高くなるからカミさんにはそれほど作らないです。出すとしたら他のお料理の塩分を抑えますかね。味噌を乗せる前にしっかりお豆腐を焼くほうが美味しいですね。そうでないと焦げた味噌が乗ってるお豆腐になっちゃうから。

鮎焼き20160525

鮎の塩焼き

10センチくらいまでの鮎です。これくらいの鮎は何をしても美味しいですね。父親が鮎を養殖しているのですが、これくらいの鮎はなかなか天然では出ません。この大きさの鮎を沢山食べられるのは養殖をしている特権ですね。まぁ、1人だと無口のままパクパク食べて面白くないですが、美味しいことは間違いないです。

タシギ頭にアスパラ20160525

タシギの頭とアスパラの穂カラスミ乗せ

です。タシギのお肉はカミさんが出かける前に食べてしまい(前の記事)頭が残っていたので塩焼きにしました。カラスミは冷蔵庫の奥にひとかけら残っていたもの。カラスミだって一人だとやっぱりつまらないです。

カミさんは土曜日に帰国予定ですが、こんな生活が続きネタがないですので、しばらくブログは更新できないかもしれないです。日曜日は僕の所属する猟隊の射撃会ですがカミさんが時差ボケが無ければ写真係りをやってくれるはずなのでそれが次回の記事になるかなぁ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

タシギのみたらし~熟成肉ってどうだろう~

2016.05.20 08:07|猟と獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

今日はお料理の写真は一枚ですが

お肉について考えます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最近獲れる獲物が無いせいか主夫太郎の食卓にジビエを乗ることが少なくなってます。もっとも一週間全くジビエを食べないということはなく、何かしらのものを口にしてますね。こちらはタシギのお料理です。

タシギべっこう20160520


タシギのみたらし餡煮


です。タシギの出汁にお酒・生姜・ニンニクでタップリ香りを付け砂糖とお醤油で味をつけ片栗粉で餡にまとめたところにタシギのお肉をいれ一分ほど煮た後、蓋をして余熱で火を通します。

安全にしかも柔らかくお肉に火を通す方法をいつも考えてますが、温度を十分あげた餡で半分蒸すようにして煮るのは結構いいアイデアでした。普段は焼き鳥にするタシギですが、今回はちょっと考えてしまいました。というのも、猟期に忙しく、このタシギは冷凍するまでに10日ほど新聞紙にくるんで野菜庫で放置したものです。まぁ、熟成といえば良く聞こえますが、そんな高尚なものでなく忙しすぎて忘れちゃったもの。新聞紙にくるんで獲った日付は書いておくのですが、連続で猟に出かけるとどうしても毛を剥かなければいけない鳥は処理が後回しになってしまいましてね。

焼き鳥だとここまで放置しちゃうとレバーのような香りが強くなりますが、匂い消しを施した餡と一緒に食べたら香りも柔らかくなるのではないかと思いました。餡と絡めると美味しいお料理でしたよ。お肉の状況をみながらのお料理というのは楽しいもので、お肉を見てると自然に料理法を思いついたり、そこまで行かなくても「今日は焼き鳥じゃ美味しくないな」なんてことはわかりますね。

最近の僕の中では熟成肉について色々な結論が出てきています。もちろん我が家の野菜庫で保存するという条件ですけどもね。「タシギは熟成させなくても美味しい」というのはカミさんと出した結論です。なんでもかんでも熟成というのは間違いな気がしますね。上述のようにタシギは10日も放っておくとレバーの香りが強くなり、それを良しとするかどうかは別として、フレッシュなものとは別物になります。

主夫太郎家の鳥(毛付き)熟成レシピ(2016年現在)ですが、

タシギ・・・・・当日から6日くらいまで
ヤマシギ・・・3日から4週間
鳩・・・・・・・・翌日から6日まで
雉・・・・・・・・3週間以上、4週間くらいまで?
鴨・・・・・・・・2週間から4週間くらい
蝦夷雷鳥・・5日くらいから3週間くらいまで?
コジュケイ・・経験不足で分からず(一週間くらいで美味しかった)
雀・・・・・・・・経験不足で分からず(当日でもおいしかった)
ヒヨドリ・・・・脂が乗ってれば当日から4日くらい

という感じ。タシギ、鳩に関しては期日を過ぎるとちょっと劣化が始まる感じでした。本当は劣化ではないのかもしれなし、タシギは脂が乗ってるともう少し持つ気がします。それに今回みたいに料理法を変えれば10日熟成でも食べられるわけだから目くじら立てるような期日ではないですね。鳩は当日でもおいしい気もするけど、なんとなく翌日がいい気が...あははははは。そんなに確信はないな、沢山獲れてるから、まぁいいか!あははははは。

ヤマシギはかなり使い勝手がよく、すぐ食べても熟成しても美味しい。これはタシギと違うところですね。不思議。

雉は状態がよければ3週間過ぎると突然よい香りがでてきて、カミさんは熟成肉が大好きです。4週間以上の熟成をしたことがないので「?」付ですが腸が傷んでいるときはすぐ食べないと悲惨ですねぇ。鴨は4週間までというのが我が家の結論。2週間必要かというともう少し早くても美味しいは美味しいと思うな。好みの問題といわれればそれまでか......あんなに繊細な蝦夷雷鳥が結構熟成に耐えるのは驚きですが、雉のように凄く変わるという実感がないです。雉と同じく突然良い香りがでるのかは今後の研究課題。まぁ、上のリストも少しづつ変わってゆくのかな。

来季は捌いて真空パックするとどれくらい持つかという実験もする予定です。ああ、こんなマトメ書いてたら猟期が待ち遠しいですよ。ん~読み返してみると何の役にも立たない情報ですね、あはははははは。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

モリーユと鶏のパイ包み焼き~いつかは雉で~

2016.05.16 07:08|その他のお料理
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

今日はモリーユ使ってお料理だよん!!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
アミガサタケ(モリーユ)が沢山採れたので色々実験をしようと思っているのだけども、モリーユはやっぱり白身の鳥に合うという固定観念があってそうなるとどうしてもジビエだったら雉、もしくはコジュケイということになりますね。しかしながら、雉もコジュケイもそんなに獲れないうえに熟成なんかを楽しみにベストな時に食べたいなんて思うもんだから.....要するに、もう食べちゃって無い.....というわけ。フレッシュモリーユにフレッシュな雉というのは猟期が2月15日で終ることを考えるとどうしても無理なわけだからモリーユは乾燥させて来季を待つことにしたのだけど、お料理の方の腕はあげておかなければなるまい!ということで、今回は雉を想定したお料理のお話です。もっともジビエにはなんの変化球もいらない。素材を生かしたお料理にすればいいわけだから自然と作る料理も決まってくるわけで、今回はシンプルにパイ包み焼きですよん。材料は

材料20160516

鶏むね肉とモリーユを戻したもの

です。戻し汁も使います。この他、卵白、塩、小麦粉、生クリームを混ぜるのだけども、

戻し液もちゃんと20160516

戻し液は難敵

です。これは必至でかき回しては冷蔵庫で冷やすことを繰り返すと大分水分が飛ぶ....気がします。まぁ、いい具合になるまで小麦粉を加えるという手もありますがなるべく小麦粉を使う量を減らしたかったので冷蔵庫を使いました。ふわっと仕上げたいですからね。

卵液塗り塗り20160516


主夫太郎は不器用なので四角に包みます。今回初めて気付いたのですが、パイを包んだあと、これくらい耳を残しておいてもいいみたい。中身は卵白使ったりして一杯空気を含ませたので少し膨らむみたいでした。ということで、

モリーユと鶏むね肉のパイ包み焼き20160516

モリーユと鶏むね肉のパイ包み焼き

新玉ねぎと枝豆のソース

です。新玉ねぎも枝豆も春から初夏にかけての食材ですからね。まぁ、一応季節感もあるお料理というつもり。もう少しモリーユを入れたいけど、そうなると難敵な戻し汁を少し煮詰めた方がいいかな。お酒で香りづけは一切してないのは雉を想定していたからなんだけど、もしかしたらソースか詰め物にお酒の香りをさせた方が鶏肉の場合は楽しいお料理になるかもしれません。それと、少しづつパイ包みが上手になってきたかもしれません。いい感じで端っこがふさがれてます。次回は飾りでも付けようかな。そろそろお友達が遊びにくるときに出せるレベルになってきたかもしれないと、写真を見ながらちょっとうぬぼれてみたりしてます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

そろそろ鮎の季節~去年の鮎を美味しく~

2016.05.12 09:04|釣りと獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生と釣り人のみなさ~ん!!

あともう少しで鮎の季節ですよ!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
鮎の解禁までもう少しです。川によって違いますが、だいたい6月からですね。主夫太郎も今から楽しみで、脱臼した肩のリハビリに勤しんでます。待ちきれない鮎釣りのシーズンを前に、鮎の一夜干しを解凍しました。

冷凍一夜干し20160512

鮎の一夜干し

これは釣ったものではなく、主夫太郎の実家で養殖された鮎です。天然と養殖の差は確かに塩焼きにすると大きく感じられることがありますが、それをもって養殖はけしからん!!というのは頭が悪いというもの。養殖でも天然でも美味しく頂く方法を考えればいい事です。養殖と天然(川で釣ったものという意味)の差はもちろん餌です。主夫太郎の父親の養殖する鮎は食用に作っているわけではないのでここまで大きくなるとあまり餌をあげませんが、大抵は早く大きくするために沢山餌をあげて早く太らせます。すると余計な脂が付いてクドクなり内臓の香りも良くありません。塩焼きにしてもなんか水っぽい。ということで内臓をとってしまい、一夜干しするとこの弱点は少し和らぎます。もっとも主夫太郎のように年間何十匹も鮎を食べるひとでもないと、塩焼きを食べたくなるとはおもいますけどねぇ、沢山もらってこまったら一夜干しがオススメです。

一夜干し焼き20160512

鮎は夏のお魚ですが、主夫太郎は冬に解凍して一夜干しにします。一夜干しと言いますが、実際は二日ほどかけて干します。太陽に当てると臭みがでるので、夜だけ二晩かな。塩の具合により味の差はでますがそこは素人料理の楽しみというものです。フライパンで骨のついてる方から焼きます。油はいりません。鮎が持ってる脂が十分ありますからテフロン加工なら全然いらない。ゆっくり焼くと、鮎の脂で骨が揚げられたようになり、全部食べられます。ゆっくり脂を飛ばすように焼くと出来上がり。

カワハギ汁20160512

こちらは先日釣ったカワハギの出汁で作ったお野菜のお汁です。カブと人参は予め茹で半分ほど火を通すのが主夫太郎の好きな料理法です。水から茹でたキノコに茹でたカブと人参を加え出汁とお醤油で味付け、火を止める寸前に茹でたインゲンと山椒の実をいれておしまい。簡単なお汁です。

食卓20160512

枝豆入りのそぼろおかかコンニャクとコンニャクの煮物で一汁三菜。五穀米のご飯で質素ですけど鮎に手作りコンニャクとは今の時代はなかなか贅沢ですよ。

早く鮎釣りがしたいけど、一方で川でゆっくりしてもらって大きくなって欲しいとも思います。ただ、鵜に食べられるのだけは許せないですなぁ。鵜をみると本当に腹が立つ今日この頃。日差しが最近強いですよねぇ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

はじめてのカワハギ釣り~ウマヅラは海にお帰り~

2016.05.06 07:55|釣りと獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生と釣り人のみなさ~ん!!

主夫太郎はじめてのカワハギつりのお話です!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

主夫太郎がまだお料理ブログをしていたころ知り合ったyumiさん(←ポチリで彼女のブログへ)の旦那様に釣りを教えてもらうことが多い主夫太郎ですが、今回はまたまた新しい魚種にチャレンジさせて頂きました。タイトルにもあるようにカワハギです。今まで釣っていた魚というのは、所謂「向こう合わせ」と言ってお魚が餌を食べ十分針がお魚に引っかかるのを待って糸を巻きだすタイプの釣りでした。まぁ、魚が掛かったかどうかはゆっくり見極めればよかったのだけど、このカワハギというのはちょっと違います。カワハギの奴はエサ取り名人で糸を垂らして待っているだけでは常にエサをとられ続けてしまいます。カワハギ釣りのエサはあさりですが、あさりを針に付ける段階からかなり慎重にしないといけない。針をあさりの水管に通したあと、固い肝を縫うようにしてそのあと柔らかい肝の部分で針をかくし、しかも全体が小さくまとまる様につけなけりゃだめだそうで、ぶきっちょの主夫太郎にはこれが一苦労。釣り方も「こちら合わせ」というやつで、こっちが合わせます。ググッとエサを食べたな!とおもった瞬間に竿を素早く引き魚の口に針をひっかけます。ん~運動神経の鈍い主夫太郎には難しい釣りでした。

でも、幸運なことに一匹つれたあと、また掛かりました!!今度はかなり引く!重たい!!と思ったら水面に出てきたらウマヅラハギ!!!大きい!!!!と思って引き揚げようと思ったら針が外れて逃げられちゃいました。カミさんと二人ならあれ一匹でよかったのにぃ。と、そんな残念なこともありましたが、

カワハギ釣果20160505

カワハギ4つカサゴトラギス各1

という可愛らしいけど、夕飯には十分な釣果になりました。まぁ、宴会になりますわな、そりゃ。

カワハギお刺身A20150505

春菊のゴマヨゴシ、
カワハギのお刺身(肝醤油)、
カワハギの香菜和え

です。カワハギの香菜和えは胡麻油とお塩で味付けです。やはり自分の釣ったお魚は美味しいです。一度カワハギからはなれて、

カサゴ揚げ物20160505

カサゴの姿揚げ

です。片栗粉をまぶして揚げるだけなんですが我が家ではこれが大好き。一匹しかいなくてお刺身だと小っちゃくなっちゃうってのもあるけどもさ、あはははははは。

カワハギと昆布の出汁20160505

カワハギの骨は一番小さいのを骨煎餅にしたのだけど、それ以外は出汁をとりました。この出汁を使ってシャブシャブにしようと思ったのだけども、もうちょっと手をかけようってムラムラと思いました。そこで、お酒とお塩とお醤油で出汁に味を付けた後、

カワハギ碗A20160505

カワハギの糸づくりとウドをお椀の底に入れて、

カワハギ碗A仕上げ20160505

出汁を張りました。

シャブシャブのような楽しみ方もして欲しかったので少しカワハギを高く盛ってお好みで出汁と絡めてもらいました。そしたらカミさんが凄く喜んでくれたので、もう一つお椀を作ることにしました。

カワハギ碗B20160505

こちらはお湯通しした肝とカワハギを碗に置き、出汁に枝豆を加えトロミをつけてあんにして張りましたよん。これもカミさんから100点をもらえました。またカワハギ釣ったら作ろうと思います。

さてさて、気分よくなったところで主夫太郎の鬼門となる和風スパゲッティ―に挑戦することにしました。

モリーユカワハギ20160505

先月一生懸命採ったモリーユをカワハギの出汁で戻して、

モリーユとカワハギ20160505

モリーユとカワハギの出汁のクリームスパゲッティ―

をつくりました。昆布の出汁も案外スパゲッティ―に合ってカミさんも満足しましたよ。和風スパゲッティ―で自分で納得する美味しいものを作ったことがなかったのですが、これは美味しかったですねぇ。完全に和風かというとちょっと怪しいけども、まぁ、そのあたりは今後の課題ということで。

久しぶりの釣りでしたが凄く楽しかったです。鮎釣りが始まる前にまた海には出たいなぁって思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

社宅の庭で拾いもの~主夫太郎3年間の執念~

2016.05.02 08:49|その他のお料理
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

今日は主夫太郎家の前の庭のお話です!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

主夫太郎はカミさんの会社の寮に住んでいるが現在の大田区の寮に移り住んできたのはもう3年程前になるだろうか。一階に部屋をあてがわれた主夫太郎家の悩みは目の前にある庭の雑草。以前ブログにも書いたのだがこの庭の雑草に関してひと悶着あった。あまりにも酷いので雑草を根っこから掘り起こし、何故か割れた瓦やブロックやオモチャや植木鉢が埋めてあるのを掘り出して捨て、空いた穴をふさぐために土を買って入れ綺麗にした。もともと芝生が植えてあったが手入れが悪いせいでものすごいことになり、蚊は発生するしゴキブリは出るしで随分苦労したが、自分の部屋の前だけでもとせめてもの努力をしていた。すると古株の住民、おでこが広いたらこ唇の女、が出てきて、雑草は根っこを抜いてはだめだと言い出す。雑草の根っこを抜いていけないのは常識だ!と言ってやたらと得意げ。もともと芝だったのだからもう一度植え替えてやってもいい、その方が綺麗になる、と言ったら「芝を植えることを認めると、野菜を植えることを認めることになり、そうすると棒を立てる人が出てきて、それに子供がぶつかると危ない」という屁理屈をこねてどうも草むしりを阻止したいみたいだった。会社に問い合わせるともちろん草むしりは結構なことで根っこを抜いてくれてよいということであったが、そのことを伝えても「私の常識が間違ってました」とは決して言わない。認識の違いだそうだ。他人を常識はずれとして扱っていたくせに全くここまでクズな奴がいるかと思うと本当に日本を脱出したくなった。随分と偉そうなことを言うくせに、そいつの子供は僕の駐車場の出口あたりに雪だるまなんぞを作りやがって全くもってマナーがない。もちろんそんな雪だるまは回し蹴りをお見舞いした挙句車で引いてやったが、それだと江戸の敵を長崎でという感じになるので腹の虫が収まらない。ということで嫌がらせとして庭で野菜を作ってやることにした。もっとも野菜を植えることはデコ広たらこ唇女が監視してるだこうから無理。でも、草むしりはしてもいい。さて、この条件でどうやったら部屋の前の庭で野菜が栽培できるかな?まぁ、それはともかくとして収穫をみてもらおうかな。

野蒜収穫20160502

野蒜(のびる)

です!!僕の実家のほうでは「ののひろ」と呼んでました。山菜だと思っている人もいますが、山菜ってほどでもないですね。フキノトウと同じく里山で沢山出ているものです。

大きな野蒜20160402

こんなに大きいものもありました。僕の親指の頭より大きい。10分も経たずにこれだけのものが収穫できましたよ。まぁ、満足ですね。野蒜を山ほど食べたいとも思わないので大体こんな感じで満足です。

さて、どうやってこの野菜を栽培したかというと、もともと草むしりをしてみるとこの野蒜がちょっとだけ生えてたんですよ。もちろんあのデコ広たらこ唇女のせいで何かを植えることはできないのだけど、

「野蒜以外の草を抜く」


ことは理屈上できるわけ。ということで執念で草むしりをするたびに野蒜以外を抜いてました。こいつはネギみたいなもので5月ごろ花を咲かせて種を作るので種を蹴飛ばしたりしてなるべく広範囲に撒き散らかしてやりました。もちろんそれは結果論であって、僕はサッカーの練習、シュートの素振り練習をしていただけなんですけどね。一年経ってもそれほど増えなかったです。よく見ると寮のあちこちに野蒜が生えているので、善良な主夫太郎は清掃のついでにその雑草を抜き、部屋の前の庭に穴を掘って埋めて早く腐るように水をかけて処分してました。まぁ、素人なので、埋める技術が未熟なため、葉っぱの部分が埋めきれず直立していることが多かったかな、あははははは。まぁ、そうすること3年。ついに気持ちよく収穫できるようになったというわけ。厭味ったらしく、デコ広たらこ唇女の前で収穫してやろうと思っていたのですが、なんと3月、デコ広たらこ唇女一家は会社の寮を出て行ってしまいました。カミさんの話だと退職でも転勤でもないとのことなので、家でも建てたのでしょうな。その家では是非是非雑草の根っこを大事にして欲しいものです、あははははは。

野蒜とサラダで20160502

まぁ、そんなこんなで乾杯。野菜好きの主夫太郎家はいつでも前菜は野菜で、今回は野蒜が加わりました。サラダはコリアンダーとシラスのサラダです。

野蒜頂き20160502

酢味噌で頂きます。まぁ、醤油に鰹節でもおいしい。小さな玉ねぎだからねぇ。コリコリした食感を残すのが好きですよ。勝利の味とまでは行かなかったけど十分満足しました。こんな寮も建て替えのために9月に引っ越します。ん~来年からもっと収穫できると思ったのに3年間の苦労が水の泡。まぁ、これも人生だろうねぇ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お・ま・け


白アスパラの季節ですねぇ~。

白アスパラ20160502

白アスパラのチーズソース

なんぞゴキゲンに頂いてます。それと定番になってますが、

鹿のシチュー20160502

鹿のシチュー

です。パプリカの粉を入れたらピーマン入れなくていいかなぁって思ったけどついつい入れちゃいました。ちょっと赤いのはそのせいですね。主夫太郎、なんだかんだで楽しく過ごしています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。