04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

社宅の庭で拾いもの~主夫太郎3年間の執念~

2016.05.02 08:49|その他のお料理
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

今日は主夫太郎家の前の庭のお話です!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

主夫太郎はカミさんの会社の寮に住んでいるが現在の大田区の寮に移り住んできたのはもう3年程前になるだろうか。一階に部屋をあてがわれた主夫太郎家の悩みは目の前にある庭の雑草。以前ブログにも書いたのだがこの庭の雑草に関してひと悶着あった。あまりにも酷いので雑草を根っこから掘り起こし、何故か割れた瓦やブロックやオモチャや植木鉢が埋めてあるのを掘り出して捨て、空いた穴をふさぐために土を買って入れ綺麗にした。もともと芝生が植えてあったが手入れが悪いせいでものすごいことになり、蚊は発生するしゴキブリは出るしで随分苦労したが、自分の部屋の前だけでもとせめてもの努力をしていた。すると古株の住民、おでこが広いたらこ唇の女、が出てきて、雑草は根っこを抜いてはだめだと言い出す。雑草の根っこを抜いていけないのは常識だ!と言ってやたらと得意げ。もともと芝だったのだからもう一度植え替えてやってもいい、その方が綺麗になる、と言ったら「芝を植えることを認めると、野菜を植えることを認めることになり、そうすると棒を立てる人が出てきて、それに子供がぶつかると危ない」という屁理屈をこねてどうも草むしりを阻止したいみたいだった。会社に問い合わせるともちろん草むしりは結構なことで根っこを抜いてくれてよいということであったが、そのことを伝えても「私の常識が間違ってました」とは決して言わない。認識の違いだそうだ。他人を常識はずれとして扱っていたくせに全くここまでクズな奴がいるかと思うと本当に日本を脱出したくなった。随分と偉そうなことを言うくせに、そいつの子供は僕の駐車場の出口あたりに雪だるまなんぞを作りやがって全くもってマナーがない。もちろんそんな雪だるまは回し蹴りをお見舞いした挙句車で引いてやったが、それだと江戸の敵を長崎でという感じになるので腹の虫が収まらない。ということで嫌がらせとして庭で野菜を作ってやることにした。もっとも野菜を植えることはデコ広たらこ唇女が監視してるだこうから無理。でも、草むしりはしてもいい。さて、この条件でどうやったら部屋の前の庭で野菜が栽培できるかな?まぁ、それはともかくとして収穫をみてもらおうかな。

野蒜収穫20160502

野蒜(のびる)

です!!僕の実家のほうでは「ののひろ」と呼んでました。山菜だと思っている人もいますが、山菜ってほどでもないですね。フキノトウと同じく里山で沢山出ているものです。

大きな野蒜20160402

こんなに大きいものもありました。僕の親指の頭より大きい。10分も経たずにこれだけのものが収穫できましたよ。まぁ、満足ですね。野蒜を山ほど食べたいとも思わないので大体こんな感じで満足です。

さて、どうやってこの野菜を栽培したかというと、もともと草むしりをしてみるとこの野蒜がちょっとだけ生えてたんですよ。もちろんあのデコ広たらこ唇女のせいで何かを植えることはできないのだけど、

「野蒜以外の草を抜く」


ことは理屈上できるわけ。ということで執念で草むしりをするたびに野蒜以外を抜いてました。こいつはネギみたいなもので5月ごろ花を咲かせて種を作るので種を蹴飛ばしたりしてなるべく広範囲に撒き散らかしてやりました。もちろんそれは結果論であって、僕はサッカーの練習、シュートの素振り練習をしていただけなんですけどね。一年経ってもそれほど増えなかったです。よく見ると寮のあちこちに野蒜が生えているので、善良な主夫太郎は清掃のついでにその雑草を抜き、部屋の前の庭に穴を掘って埋めて早く腐るように水をかけて処分してました。まぁ、素人なので、埋める技術が未熟なため、葉っぱの部分が埋めきれず直立していることが多かったかな、あははははは。まぁ、そうすること3年。ついに気持ちよく収穫できるようになったというわけ。厭味ったらしく、デコ広たらこ唇女の前で収穫してやろうと思っていたのですが、なんと3月、デコ広たらこ唇女一家は会社の寮を出て行ってしまいました。カミさんの話だと退職でも転勤でもないとのことなので、家でも建てたのでしょうな。その家では是非是非雑草の根っこを大事にして欲しいものです、あははははは。

野蒜とサラダで20160502

まぁ、そんなこんなで乾杯。野菜好きの主夫太郎家はいつでも前菜は野菜で、今回は野蒜が加わりました。サラダはコリアンダーとシラスのサラダです。

野蒜頂き20160502

酢味噌で頂きます。まぁ、醤油に鰹節でもおいしい。小さな玉ねぎだからねぇ。コリコリした食感を残すのが好きですよ。勝利の味とまでは行かなかったけど十分満足しました。こんな寮も建て替えのために9月に引っ越します。ん~来年からもっと収穫できると思ったのに3年間の苦労が水の泡。まぁ、これも人生だろうねぇ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お・ま・け


白アスパラの季節ですねぇ~。

白アスパラ20160502

白アスパラのチーズソース

なんぞゴキゲンに頂いてます。それと定番になってますが、

鹿のシチュー20160502

鹿のシチュー

です。パプリカの粉を入れたらピーマン入れなくていいかなぁって思ったけどついつい入れちゃいました。ちょっと赤いのはそのせいですね。主夫太郎、なんだかんだで楽しく過ごしています。


スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。