06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

さよなら北海道~魅惑の摩周ブルーと大地の息吹と~

2016.07.22 16:49|国内旅行
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生と道東ファンのみなさ~ん!!

今回で北海道旅行記終わりですよん


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

我々の夏の北海道旅行も終わりの日が来た。思えば色々なことがあったのだけども一つとして嫌なことが無かったのは実に素晴らしいことだったと思う。最終日は空港に向かうだけなんだけど、お昼くらいの飛行機なので寄り道でもと気軽に考えていた。セブンレイクスのオーナーのアドバイスで硫黄山に行くことにしたのだがその前に摩周湖に寄ることにした。オーナーにお別れを言ってハンドルを握ると、旅情からか自然に知床旅情のあの歌詞(3番)を口ずさんだ。

別れの日は来た~♪羅臼の村にも~♪

君は出て行く~♪峠を越えて~♪

あれ?羅臼の村から出て行くのに峠を越えるってなると.....知床峠だなぁ。ってことは行き先は斜里か。斜里も知床半島にあるぞ。ふんじゃ、まだまだ知床の旅続くんだねぇ。3番になってもまだ知床の旅行が続くっていう歌だったんだ!43歳になるまで全然気が付かなかった。な~んてどうでもよいことを考えていた僕に神様が用意してくれていた摩周湖の景色は...

摩周湖A20160722

青く

摩周湖B20160722

そして青く

摩周湖C20160722

また青かった!!


おおお!!!これは素晴らしいじゃないか!!大学生の時は湖一面が雲海だった。もちろんレアな素敵な景色だったが、やはり湖面が見える方がいいな。カミさんも凄く喜んでくれた。第二展望台で会ったおじさんは福井から来ていて摩周湖を訪れるのは50回目だそうだ。写真が目的らしく三脚を立ててカメラを2台持ってパチパチやっている。摩周湖の愛を熱く語るおじさんの話によると「この日は8割以上見えてる」、つまり80点以上の景色とのこと。

「大抵の季節は見てる。私が見てないのは樹氷だけや」

とおじさんは言う。なるほど50回来ていても冬やってくるのは大変な様だ。でもそうやって口に出すのだから是非一度は装備を整えて樹氷の景色を見てみたいに違いないと思って、

「それなら、この冬は樹氷の摩周湖見てみたいですね」

なんて話を合わせると

「いやいや、寒くてかなわんわ。樹氷はいいや。」

「・・・・・・・」

なんとおじさん摩周湖愛を散々語ってたのだが寒い思いをしてまで樹氷は見てみたいとは思わないらしい。やはり会話というのは難しい、というより、人というのは難しいものだ。おじさんはその後も色々摩周湖について語ったが樹氷に対する思いを口にすることはなかった。

第一展望台の駐車場は有料だが来て良かった。お土産もよかったし、なんと言ってもこんな名物が!!

摩周ブルー20160722

摩周ブルー(300円)

というソフトクリーム!!素晴らしいじゃないか!果てしなく青い摩周湖に感動したあとだったら誰でも買いたくなるソフトクリームだぞ!ミックスの「霧」にも惹かれる。もちろん、摩周湖オリジナルソフトだろうな。バニラ味のソフトクリームに「ブルーハワイ」のあのシロップを入れているような安易な作り方ではないだろう。ん~そうじゃない気がする。多分ちがう...食べてみたのだがブルーハワイと同じではなかった。いや、同じだと思いたくない。まぁ、本当のところはどうでもいいんだ!とにかく主夫太郎は旅情と味わう摩周ブルーをオススメします。と、後で写真をよく見ると一番右上の「濃厚ミルク」って摩周ブルーより100円高い400円だ。ってことはこれが一番のお勧めってことなの??????な、な、

なんだかなぁ

あはははははは。主夫太郎、勝手に空回りです。もちろん皆さんはお好きなものを食べて下さいね。

この後訪れたのはオーナーオススメの硫黄山です。まぁ、火山ですね。

写真硫黄山20160722

こんな美しい「硫黄の景色」が間近に見られて素晴らしい景色です。温泉卵も売ってますよん。まぁ、写真よりも二つの動画で見てもらいましょうかね。









硫黄山を後にして、最後は、

美幌峠から20160722

美幌峠でお別れ告げて

目の前にあるのは屈斜路湖、前日ヨットで走った和琴半島が見えます。狩りの季節と違う北海道、まだまだ魅力を発掘できそうですが、今回はここまでです。


スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。