12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

北海道狩猟余話2~オホーツク・ショコラッティエ~

2017.01.12 19:24|猟と獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とチョコ好きのみなさ~ん!!

バレンタインにはオホーツク!!

チョコと言えばオホーツクですよん


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北海道、道東に狩猟に行くという話をすると、とてもとても寒く、何もないところでひたすら黙って狩りをするというイメージがあるらしいのだが主夫太郎の狩りはそこまで「ザ・マタギ」という感じのものでもないです。そもそも北海道の雪の中で狩りをするなんて慣れていない僕にとったら自殺行為だから雪の降らない10月上旬しか僕は狩りをしない、というより出来ないです。将来北海道に移り住み、4輪駆動車を縦横無尽に走らせ鹿を獲りまくって生業とするというなら色々と学ばなければならないし寒い思いも寂しい思いも体験するだろうけど今のところ少しづつ鹿狩りと蝦夷雷鳥狩りを体験して行ければよいくらいに思っているので、まぁ、真剣にやっている人からみれば随分ふざけたハンターということになると思います。ふざけたハンターだからというわけではないけど、ハンティング以外でも北海道を楽しませてもらってます。

今回ご紹介するのは、北見のSハンターさんから教えてもらった北海道は美幌町にあるオホーツク・ショコラッテイエ(←ポチリで飛びます)のチョコレートです(通販可能)。Sハンターにお会いした際、このチョコをプレゼントして頂いたのだけど、カミさんのお土産にちょうど良いかも、なんて思っていました。すると、北海道滞在中にSハンターから「ミントチョコ食べちゃってください」というFBメッセージが入り、ん?これは早急に食べる必要があるだろうということでホテルで頂くと、

美味しい!!

これゴディバ以上じゃないか???って思いました。特にミントのチョコが抜群に美味しい。もう一度、いやもう一粒食べたい!!って思ったら狩りはどうでもよくなってこのオホーツク・ショコラッティエの本店に行きたくなり、パッケージの住所をレンタ―カーのナビに入れて唾タップリの口のまま向かうと、その住所には......

歯医者さん20170112

歯医者さんが!!!!

ナビがボロイから歯医者さんに来ちゃったのかと思いその周辺を歩いてみたのだが全く見つからない。仕方ないので電話をしてみた。

「すみません、オホーツク・ショコラッティエさんですか?近くまで来ているのですがお店がないんです。車のナビに任せてきたら歯医者さんに来ちゃったのだけど、どうしたらいいですか??」

「あ、はい、そうですそうです。その歯医者さんの中にお店があります。」

「え?歯医者さんってのはチョコ食べちゃダメって言うところだと思っていたんですが、チョコ売っちゃっているんですか...」

「はい、院長さんが経営しているチョコ屋さんなんです。歯医者さんに入って受付でチョコを買いに来たことを言ってください」

ん~~凄いぞ!床屋さんで脱毛剤売っているような不思議な感覚だ。言われた通り歯医者さんに入り、すみませんチョコ欲しいんですけど、と受付でいうと怒られるどころかまるで当たり前のように接してくれてしばらくするとチョコ屋のおねぇさんがやってきてくれた。

チョコ屋さん20170112

チョコ屋さんの看板

おねぇさんは歯医者さんの片隅にあるこんな看板の付いた小さな扉からやってきて注文を取ります。もちろん気に入ったミントのチョコが入ったセットを買いました。チョコ屋さんの看板の付いた扉はこのおねぇさんが出入りするところで、お客さんはこの扉の中に入って工房を見学したりはできないそうです。歯医者さんの待合室でチョコを買い自宅に配送する手続きをするという驚き体験をしてこちらが固まっていると

「どちらからいらしたのですか?」

とおねぇさんが聞く。

「東京です」

「ええ!そんなに遠くから!どうしてお知りになったのですか?」

「はい、北見の友人にこのチョコを頂いてそれで気に入って本店に来たいなって思ったんです。ゴディバより美味しいですよ」

と言ったら、

「え~東京の人に言って頂くならまちがいないですね。うれしいです~~」

となんとなく「東京」に力を入れながら喜んでくれた。あまりにも笑顔で接してくれ、最後は歯医者さんの出口まで来て頭を深々と下げてくれるから

「おねぇさん!俺、東京に住んでいるけど実は群馬出身なんです!ごめんなさい!本当は田舎者なんです!!ゴディバを知ったのは21歳になってからです。ぬか喜びさせてすみません!!」

って言いたくなったのをグッとこらえて

「東京で妻と一緒に食べるのが楽しみです」

と、東京を更に前面に出してお暇してきてしまった。

さて、そんなオホーツク・ショコラッティエのチョコ

オホーツクチョコ20170112

素敵でしょ!!



このミントのチョコレート単なるミントのチョコではなく美幌町で栽培されているミントの和種「アヤナミ」を原料に使っているんです。カミさんもこのミントチョコにぞっこん!!もちろん他のチョコも美味しいです。バレンタインデーはこのチョコを買ってくれると言ってました。



スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。