12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

即席ジビエ料理で家飲み~カミさん歯痛で会社を休む~

2017.01.25 13:05|猟と獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生と時短料理ファンのみなさ~ん!!

今日は久しぶりに主夫太郎の時短料理だよ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

カミさんが朝起きたら、歯が痛いという。口の中を開けてみると確かに歯の一部が茶色くちょっと動いている気がする。会社など滅多に休みたがらないが、「今日は休んで歯医者に行きたい」というから随分心配になった。カミさんは医者が嫌いで調子が悪くてもなかなか医者に行きたがらない。僕がカミさんに怒鳴ると言えば大抵医者に行きたがらないときなのだが、僕が怒鳴ることもなく、医者に行きたいと言い出したのは20年以上一緒にいて初めてかもしれなかったから僕の方が不安になった。

実際行ってみると、歯茎が傷んでいて「歯磨きのし過ぎ」が原因だったのだが、この年齢になるとやはり歯のことは不安になるし今日はお粥かなぁ....と思っていたが、予想外に会社を休み暇になったうえに、歯も削らずかえってきたカミさんは、急に楽しくなってしまったらしく早くから始める宴会をすることになった。平日の早めの飲酒なんてのは昼前のお風呂と同様気持ちがいいものだ。

といっても、折角の宴会ならジビエがいい。ということで、準備0からのジビエ料理宴会になった。当たりどころが悪く熟成に向かない雉の毛をむしり、鴨の脚を塩漬けにしておいたものを使って簡単ジビエの会。元女子高生は鶏と合鴨で真似してね~。

雉ささ身20170125

雉のささ身焼き

雉のささ身に塩を振り全粒粉を薄くはたいてフライパンで焼いただけのものですが、雉のささ身というのはかなり美味しいものです。熟成無しの雉ですがそれでも美味しい。鶏と同じく筋を取って焼きますが、焼くとき細い方が上になる様に半分に折って焼きます。先っちょは火が通りやすいですからね。頃合いを見て伸ばして焼き、余熱で仕上げです。粉はカリット仕上げる必要はなく、ささ身がパサパサするのを防ぐためのものです。火が通りすぎるとやっぱり美味しくないですからここは集中力が大事。


鴨の脚20170125

鴨の塩漬けモモ肉の蒸し物

こう見えても蒸してます。ただ、普通に蒸しても結構固いので、今回は圧力鍋で蒸してます。15分くらいかなぁ。お皿にモモ肉とセロリの薄切りを乗せて蒸しますが、お皿に溜まった脂や汁に赤ワインを入れ煮詰めます。煮詰まったころモモ肉を入れて仕上げます。真空調理とかしてたのですが、時間がかかりますからね。圧力鍋は簡単でいいですよ。時短料理です。

そして、メインは、

雉モモシチュー20170125

雉モモ肉の簡単シチュー

です。モモ肉に粉をはたき、脂で炒めたあといったん取り出し、タマネギ、セロリ、マイタケを炒めてモモ肉を戻して煮込みます。生クリームを入れて短時間煮込んだあと枝豆を最後に加えます。

なんてことはないシチューだけど、市販のルーなんか使わなくても十分雉のうまみがでます。熟成させてないので、ちょっと雉独特の香りがすくないです。もっとも熟成させてたら、こんなに色々入れてシチューにするのは勿体ないからしなかったかもしれません。野菜ゴロゴロのままでも楽しいシチュー。ん~簡単過ぎてカミさんには申し訳ない。

猟期が終わるのが2月15日なのですが、もう本当にあと何日もないです。こんなディナーを食べながら力を蓄え次の猟に備えたいものですよ。



スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。