03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

僕等のタシギ猟

2015.02.19 13:05|猟と獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とハンターのみなさ~ん!!

今日は主夫太郎が大好きな

タシギ猟をイラストでご紹介です!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

猟期も終わってしまい、主夫太郎はまた主夫に戻りました。少しづつおうちを綺麗にしたりしながら主夫の感覚を取り戻しつつありますが、ちょっとだけ時間がある気がするので、落書きなんかしてます。せっかくイラストを描くならそれをもとに何かブログの記事でも書いてみようと思いました。

一般のハンターさんというのは小さい鳥より大きな鳥を好みます。確かに雉や鴨が獲れるとお肉も多いし「やった!!」って思いますが、なんと言っても主夫太郎が好きな猟は

タ シ ギ

です。写真では散々紹介している、茶色と黒と白がゴマ塩に混ざった模様の鳥さんで、食べられるところなんて100グラムあるかどうかですね。そのおいしさについてはクドイほどご紹介しましたが、我々がやってる猟の具体的な方法はあまり書いていませんでしたね。今回はお料理と関係ない、タシギ猟の猟自体のお話をしようと思います。

タシギというのは、文字どおり、田んぼにいるシギです。まぁ、田んぼだけにいるかというとそうではなく、河原など湿地を好む鳥で、最近の冬に乾いてしまう田んぼではなかなか目にすることができません。僕も田んぼならどこにでもいると思っていたのですがそうではなく、湿地のような、ぐちょぐちょとした田んぼで暮らしている鳥さんなんです。

どんな風に狩りをするかというと、凄くシンプルで、

タシギが居そうな田んぼに入って行き撃つ

というものです。僕がでかけてゆく田んぼは「二番穂」が出ている田んぼでタシギはその二番穂の中に隠れていて僕等には見えません。僕等が田んぼに入ってゆくと、タシギは嫌だなぁって思って、危険だ!って感じた瞬間に飛び出します。そこを撃つというわけです。

ところが、このタシギ、僕らには見えないんですがタシギから僕等は見えているんですよ。そりゃ小さい奴が田んぼにそびえるデカい人間を見えないわけはないですからね。光学迷彩をまとった彼らが二番穂の中で人間に見つかることは少ないですから、ここで人間には一つハンデがあります。タシギは人間を見つけるとすぐ飛ぶかというと実はそうではないそうです(師匠談)。まぁ、たまに寝ぼけたタシギもいますが、大抵のタシギは人間を見つけると、なんと、

逃げるタシギ20150219


走って逃げる!!

そうです。飛べるくせに全くご苦労な奴です。まぁそんでもって、田んぼに人間が入ってきていよいよ距離がつまり、あああああ、逃げたい!!って思ったときに

「ジュ!!」

って鳴いて飛び出します。ほんのわずかな時間真っ直ぐ低く飛ぶのですが、その後

ジグザグしながら上昇


します。このジグザグしだしたら、まず鉄砲が当たる気がしません。実際ジグザグ飛んでいるのか体を傾けながら一生懸命上昇するのかは動画でも撮らないとわからないのですが、ハンターにはとにかくジグザグ、稲妻のようにカクカクした飛行跡を残し天高く逃げてゆきます。

ですからハンターは

ジュ!って声を聞いたら田んぼのどこからタシギが飛び出すか判断し

どちらに飛ぶか判断し、

狙いをつけて、上昇する前に撃つ

ということをしないと獲れないです。もちろん河原などで望遠鏡でタシギを見つけ空気銃で遠射するという猟もあるのですが、それは今の主夫太郎の趣味には合いませんね。

さらにタシギ猟独特の難しさがあります。

タシギはこちらが歩いているとき飛び出ることがほとんどです。歩いているときはいつも地面が足についているとは限りません。しかも湿地帯のような田んぼを歩くわけですからズボって足がはまって一生懸命足を抜いてるときに飛び出したりします。すると、そんなときは

片足撃ち20150219


片足で撃つ!

なんてこともあります。まぁ、どう考えても当たる要素がないねぇ。足はふらふらしてるし、そもそも狙いがつけられてないんだから。自分でもどこ撃ってるか分からないときもあるのよ。

それから追い込まれているからと言ってハンターの前からでるとも限らないわけ。真横からでて後ろに飛んだり、ハンターが通り過ぎてからやっと勇気がでてハンターの後ろに向かって飛び出すタシギもいるんだな。もちろんそんなときは、

ひねり撃ち20150219

ひねり撃ち

しなければいけません(よいこは真似しないでね!!)。もちろん後ろが道路だったらこんなことはできませんけどね。瞬時に安全確認もしなければなりませんから、これもそれほど当たる気がしませんよね。

そう、こうなったらまず当たらん!!

じゃぁなんで撃つの??って疑問がでるかもしれません。無理とわかってなぜ引き金を引くのか?って

それがたまに当たるんだよこれが!!

ほんと始末が悪いんだなぁ。撃たないより撃つほうがいい!!なんて思うと撃っちゃうんだよね。これに加えて猟期が進むと「ジュ」って鳴かない奴も出てきます。そうするとひばり(非狩猟鳥)と区別できなくて撃てなかったりします。だから、見たら撃つ!!ときには50発撃って一羽しか獲れないなんてときもあります。一発32グラムの弾丸を50発、1.6キロの弾を放って100グラムの鳥を獲る。ん~なんてご苦労なんだ。ちなみに50発撃つとそれだけで3400円です。ん?一キロ3万4000円のお肉?????おい!なんだこのお肉は!松坂牛より高い肉だぞ.......まぁ、きっと来年も頑張ると思います、多分。

スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

コメント

No title

主夫太郎さん、イラスト上手ですね。
師匠さんと組んで、イラスト入りの猟の本を出版したらどうでしょう?
鳥さんもなんで飛ぶ前に鳴いちゃうんでしょう?
こっそり飛び立てば撃たれる可能性も下がるのに、人間が焦った時に思わず『あ!』って言っちゃうような感覚なのかしら。
↓雉のお肉が凄く綺麗な色ですね。
低温ローストですか?
主夫太郎さんは奥様のお蔭で大好きな釣りや猟を楽しみ、奥様は主夫太郎さんのお蔭で普段口にすることができないようなお肉やお魚を楽しむ。
実に素敵な関係ですね。

No title

猟期が終わったんですね。また、今年の秋までお預けですね。

奥さんの理解があればこそ、カレーも美味しそうだし、感謝ですね。

イラストうまい。

たまに当たるから、やはり当たらないと思っても撃つんですね。

その気持ちなんとなくわかります。

コスト的には見合わないんだろうけど、楽しそうですね。

定年になってからというのは体力的に厳しいのかな?

No title

こんにちは~

猟というものは
好きな人が自分の近くにいない限り
あまり知る事の無い世界ですが
こうしてユニークな話や
とても上手なイラストで
楽しんでる主夫太郎さんが伝わってきます

私も挑戦してみたい事をたくさん見つけて
ワクワクする日々を送りたいです

No title

再び今晩は。

>50発撃つとそれだけで3400円です。ん?一キロ3万4000円のお肉
先ほどのコメントは取り消しです!
そんな高いお肉、趣味の範疇を超えていますよ~
ひたすら、奥様に尽くすべし!!!!

それから、言い忘れました
雉、美味しいから国鳥になったわけではないと思うのですが…
いや、もしかしたらそれも理由の一つだったりして~(爆笑)

このイラストをみて思ったのは、足腰を鍛えましょう~
そして、バランスをとるためには体幹も鍛えることも必要ですね。
来期のために、今からトレーニングを開始してください^0^

Re: No title

タヌ子さん コメントありがとうございます。

> 主夫太郎さん、イラスト上手ですね。
> 師匠さんと組んで、イラスト入りの猟の本を出版したらどうでしょう?

まぁ、ドタバタ狩猟記ってのでよければ原稿はかけそうです。
本を出さなくてもブログで楽しんで頂ければいいと思ってます。

> 鳥さんもなんで飛ぶ前に鳴いちゃうんでしょう?
> こっそり飛び立てば撃たれる可能性も下がるのに、
> 人間が焦った時に思わず『あ!』って言っちゃうような感覚なのかしら。

やっぱりそうだと思いますよ。
お化け屋敷でお化けみたら悲鳴がでるのとおなじだと思います。
よく女性なんか黄色い声だしてますよね。

> ↓雉のお肉が凄く綺麗な色ですね。
> 低温ローストですか?

ゆっくり焼きました。焦げないくらいの凄く小さな火です。
しっとり仕上げました。

> 主夫太郎さんは奥様のお蔭で大好きな釣りや猟を楽しみ、
> 奥様は主夫太郎さんのお蔭で普段口にすることができないようなお肉やお魚を楽しむ。
> 実に素敵な関係ですね。

カミさんもタヌ子さんのコメントに頷いてます。
僕も楽しいし、カミさんも楽しい。いいことだと思います。

Re: No title

あんこさん コメントありがとうございます。

> 猟期が終わったんですね。また、今年の秋までお預けですね。
> 奥さんの理解があればこそ、カレーも美味しそうだし、感謝ですね。

猟期終わってしまったので、もうカミさんに料理を作らせることはないと思いますが、
まぁ、来年からはそんなのも楽しみになりそうですよ。
おうちに帰ってご飯が出来てるってとてもありがたいです。


> たまに当たるから、やはり当たらないと思っても撃つんですね。
> その気持ちなんとなくわかります。
> コスト的には見合わないんだろうけど、楽しそうですね。
> 定年になってからというのは体力的に厳しいのかな?

定年になってから始めるというのがもったいないと思います。
できれば早いうちに初めて上手になれば、みなさん70歳くらいまでは普通にやってますよ。
思い立ったら今はじめてください!!

Re: No title

きゃりあさん コメントありがとうございます。

> 猟というものは
> 好きな人が自分の近くにいない限り
> あまり知る事の無い世界ですが
> こうしてユニークな話や
> とても上手なイラストで
> 楽しんでる主夫太郎さんが伝わってきます

ありがとうございます。
元女子高生が怖がらないように書き出したイラストですが、
なかなか悪くないみたいで良かったと思います。

> 私も挑戦してみたい事をたくさん見つけて
> ワクワクする日々を送りたいです

鉄砲は流石に難しいでしょうか?
ワクワクすることやりたいとおもったら、
その時が吉日!!是非是非ブログで挑戦宣言してください!!

Re: No title

masakohimeさん コメントありがとうございます。

> >50発撃つとそれだけで3400円です。ん?一キロ3万4000円のお肉
> 先ほどのコメントは取り消しです!
> そんな高いお肉、趣味の範疇を超えていますよ~
> ひたすら、奥様に尽くすべし!!!!

まぁ、たまたまそういう計算になるときもあるというだけの話ですよ。
鉄砲はカミさんが喜ぶためにもやってますから、
カミさんが喜ばなくなったらいつでも辞める覚悟がありますよ。
それが専業主夫の誇りというものでもあります。


> それから、言い忘れました
> 雉、美味しいから国鳥になったわけではないと思うのですが…
> いや、もしかしたらそれも理由の一つだったりして~(爆笑)

まぁ、当時の役人が適当に決めたのでしょうね。
でも美味しいことは本当です。機会があれば是非。

> このイラストをみて思ったのは、足腰を鍛えましょう~
> そして、バランスをとるためには体幹も鍛えることも必要ですね。
> 来期のために、今からトレーニングを開始してください^0^

もちろんトレーニングをしないで猟期は迎えませんよ。
来年も松坂牛以上のお肉を獲るつもりはないですからね。
ことしより上手になることが、僕のこのオフの使命です。
非公開コメント