05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ひな壇芸人になった夢~主夫太郎、夢で2タレになって池上彰さんに会う~

2015.06.30 13:47|雑文
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

今日は主夫太郎が未来でひな壇芸人になった夢です。

ん~池上彰を知らないとちょっと分からないかもしれないねぇ。

でも、池上さん本人とは全く関係ないよ~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

久しぶりに変わった夢をみたので記録しておきます。主夫太郎がひな壇芸人になった夢です。ひな壇芸人という言葉、何年後まで通じるかわからないのでちゃんと記録しておくと、テレビのバラエティー番組などでゲストとして芸人が呼ばれるとき、多くの芸人を出演させてワイワイガヤガヤやることが2015年現在流行っており、同時にその芸人を映すため?もしくはカメラの台数を節約するため?素人の僕にはよくわかりませんが、ひな壇を作ってそこに芸人を配置することが手法として確立しております。一流の芸能人というのはそのひな壇に座らせられないでちゃんとした席が用意されます。ひな壇に座らせられる程度の芸人、言ってみれば「その他大勢の芸人(二流タレント、2タレ)」を「ひな壇芸人」と呼んでいます。

さて、夢の中で池上彰さんのような人が出てきたのだけど、実際ご本人とは全く関係ないことを事前にお断りしておきます。池上彰さんを知らないとちょっときついとは思いますが、まぁ、適当に読んで下さい。以下本分では「彰氏」と便宜上呼ぶことにします。いつものように支離滅裂にならないようにセリフなどを補っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

気が付くと僕はテレビの収録のためにスタジオにいて、いわゆる、ひな壇芸人になっていた。スタッフが「本番5秒前、4、3」と声をかけ、2秒前と1秒前は声を出さずに指でカウントダウンし、スタートの合図がだされた。すると派手な音楽が流れて観客が合図に合わせて拍手をし、司会の池上彰氏(のような人)と女性アナウンサーが頭を下げたかと思うと、女性アナウンサーは元気よく頭をあげ

「お待たせしました。教えて彰さん!1000年前の日本、のお時間です~~」

と声を張り上げた。あれま、1000年前とは随分昔の話だなぁと思った。いつものように1000年前に生きていたみたいに彰氏は話をするのだろうが、僕の仕事としては適当に驚いたり、いい加減なジョークを言っておけばいいだろうと思った。ADの合図で拍手が鳴りやむと彰氏がゆっくりといつもの調子で話を始めた。

「みなさん、こんにちは!池上彰です。今日は、皆さんと一緒に時間旅行、それも1000年の昔に旅をしてみようと、こう思うわけです。ご存じのように我が国ニッポンは、丁度1000年前、西暦2016年、年号で申しますと平成28年に一大転機をむかえ、その後多くの戦争や革命、世界的な飢饉や文明後退の渦に巻き込まれながらもこうして当時以上の科学技術を復活させ他に類を見ない一つの国として立派に発展をつづけております。今回はその2016年以前の、先人の生活ぶりや政治、学問などをもう一度分析し、未来に進む参考にしようではない...か....とこう思うわけです。どうぞよろしくお願いいたします!」

というと、またスタッフの合図で拍手が始まり、ひな壇芸人たちが騒ぎだした。ん?そんじゃ僕は3016年にいるのか!偉いことになったな。2016年っていうと、今が2015年だからどうも来年あたり酷いことが起きるらしいじゃないか。帰ってカミさんに教えなきゃって思ったけどどうも体が動かない。どうしようもないまま、このテレビの収録につきあうことになった。

「さて、最初ですが、当時の科学技術の最先端でも見てみましょうか、ね。まず、こちらをご覧下さい」

と彰氏が言うとアシスタントのおねぇちゃんがお盆に乗せてスマホを持って来た。それを白い手袋をして彰氏が受け取ると、

「さぁ、皆さん、これ大変貴重なものを国立文化文明修復研究所からお借りしてきました。何だかわかりますかね。」

というと僕の隣の芸人が、

「エアコンでしょうか?」

と言った。すると彰氏が

「いや~流石に1000年前ですから今のエアコンと同じ大きさではないでしょう」

と言って笑った。会場にも小さな笑いが起きた。スゲーな!1000年後はエアコンがこんな風になっちゃうんだ、と思った。

「さ、他に意見はございますでしょうか?」

と彰氏が言うとまたまた他のひな壇芸人が

「学校?」

と言った。すると彰氏は

「ですから1000年前ですよ。確かに今は大学もこれ位になってますが、当時学校というのはわざわざ家から出かけて他人に教えを乞う、「場所」だったんですよ。ちがいます。そんな大それた機関ではないです、はい、他に」

とちょっとイライラ気味で意見を切り捨てた。彰氏はこの芸人が嫌いらしい。しかし、学校っていうのはこんな感じで配られるものなのか。これで授業受けたり、調べ物したり、サークルやったり....どうやってするんだろうか。今度は女性タレントが

「楽器でしょうか?」

という。すると彰氏はちょっとご機嫌になって

「お、なかなかいいですね。ここに小さい穴が開いていているの.....ご覧いただけますでしょうか。当時この部分は古代イングランド語で『スピーカー』と呼ばれてました。スピーク、という「話す」という動詞が語源になってますが、そう、この小さな穴が話すんですよ。ここから音が出るんです。でも楽器ではありません。なんでしょうか?」

と彰氏がヒントを出す。するとさっきの女性タレントが

「もしかして、他人とおしゃべりする機械?え、基本機器!!」

と最後はわかったとばかりに声を張り上げると

「はい、正解!これ、1000年前の人が、遠く離れた人に言葉を届ける、当時の言葉で言う「電話」というものでした」

と彰氏は言った。

「へ~!!すご~い」

と電話に会場中が関心した。

「よくこんな大きなもの使って会話してましたねぇ」

と別の芸人が言った。え!1000年後の電話はもっと小さいのか。

「あははははは。そうですよね。それでは今の電話、もっとも今は電話とは言いませんが....とちょっと比べてみましょうか。まず大きさを比べてみましょう」

と彰氏は言っていきなり公衆の面前で鼻をほじり出した。なんだよ、ひどいなぁ、おい。いくらなんでも収録中にそれはないだろうよ!と思ってたら、

「はい!これ、『基本機器』ですね。重さ0.02グラムで普段我々は鼻の中にしまっていますが、どうです、この差!この電話というものに乗せてみると、比べるべくもありませんね。」

といった。え!!この時代の人は鼻に小型のスマホ入れて携帯してるのか!スゲーな。と思っていたら、いきなり彰氏が自分の人差し指をパクリと舐めてゴクリ喉を鳴らした。うわ~まるで鼻くそ食べてるみたいだ!気持ち悪いなぁって思ったら

「あ、すみませんちょっとまって下さいね.....あ、いつもの位置の鼻の奥に収まりました。」

と言った!えええええええ!そうやって電話を体に着けるの!!とまたまた驚いてしまった。ん~鼻くそ掘って食べちゃう動作が携帯電話を持つのと同じ行動とは.....時代というのは進めばいいというものではないらしい。

「今の基本機器と全く変わらない機能なのですか?」

という質問を僕はしてみた。すると

「いい質問ですねぇ~。実はではすね、この電話と我々が身に着けている基本機器とは、「電話」という機能とナビゲーションシステム、もっとも今のナビゲーションシステムとは似ても似つかないものですが.....その二つ以外全く共通点がありません。いま電源をいれてみますね。え~少々お待ち下さい、電源が入るまでに時間がかかりますので、一旦コマーシャルです」

ん~確かに電源入れてる間にコマーシャルできるくらい、スマホってのは立ち上がるのに時間がかかるかなと、あのイライラ感を思い出した。コマーシャルが明けると淡々と彰氏が解説を始めた。

「当時この2次元の画面を通じて古代の人々は情報を取得したり発信したりして時間をつぶしていたようです。今では考えられないくらい非生産的なことを古代の人はやって楽しんだようですね。今チンパンジーが似たようなことをして遊んでいますが、当時の人達というのはだいたい今のチンパンジーと同じようなことで満足していたようです。」

というと会場はその解説に感心する声が一斉にもれた。ん~彰氏、見て来た様な嘘を言うなぁとつい2015年の人間のまま思ってしまい、もう少しで突っ込むところだった。

「それでは当時の人達はチンパンジーとも仲良く遊んでいたのですか?」

と女性タレントが質問すると池上彰は笑いながら、

「いやいや、当時のチンパンジーは今のチンパンジーよりも知能が大分劣っていて木に登ったり、バナナをめぐって喧嘩したりという日常を送っていたそうですよ。あ、やっと電源が入って使えるようになりました」

というと、スマホの画面が立ち上がり、見慣れたアイコンがでてきた。

「このラインというのをやってみましょうか。これは当時やりとりされていたデータを忠実に再現したものですが、ほら、やっぱり古代人だけあって、古代日本文字の後に象形文字など使ってます。これらはス・タ・ン・プといわれて、この象形文字自体が取引などされていたようですよ。」

おい、ちょっと違うぞ!まぁ、1000年前のことを研究するんだから仕方ないか、少しの間違いは。ここでも口を出すのをやめようと思った。

「次はこのパズドラというのをやってみましょうか。パズルというものをしてドランゴンという想像上の生き物を殺すという....ゲームと呼ばれる、言ってみれば野蛮な暇つぶしなんですがね....パズルとドラゴンがどうして結びつくのかは古代人のセンスとしか言いようがないでしょう。」

と半ば古代人、僕からしたら現代人をバカにしながら、彰氏はパズドラを立ち上げた。するとパズルの画面が出てきて、ゲームのやり方を彰氏が一通り説明すると実際パズドラをやり出した。やるのはいいが、タッチパネルで画像を動かしているのに、1000年後の人達は画面の中の画像に彰氏がじゃれているように見えるみたいで、方々で小さな笑いが起き、

「本当に猫がじゃれているみたいですね~」

と彰氏も自虐的にいった。タッチパネルに慣れるというのは、まぁ、やっぱり未来人でも最初は大変なんだなぁと妙なことに関心した。じゃれてる彰氏はついついムキになって汗までかいてきて、最後には会場は爆笑の渦だ。ひな壇芸人たちも大騒ぎで「猫だ猫だ」と大喜びしている。どうやら1000年経つとチンパンジーは進化したらしいが猫は進化してないみたいだ。

「まぁ、古代の人はこのくらいが楽しかったのでしょう。本当に猫になった気分ですよ。猫じゃらしじゃなくて、このパズドラは言ってみれば「人じゃらし」ってところじゃないですかね。」

僕も通勤電車のなかで一生懸命スマホをいじっている人をみると、なるほどあの機械にじゃれてるなぁと思っていたからここは1000年後の人と同じ感覚かなぁとちょっと未来人っぽい自分が嬉しかった。しかし、2015年の人間がスマホにじゃれているように見えて、3016年の人間はスマホみたいなものの御蔭で鼻くそを食べているように見える.....本当に電子機器というのは人を幸せにするんだろうか、と不安になってしまった。彰氏は続ける。

「だいたいこれが電話以外のメインの機能です。我々が身に着けてる基本機器というのは体中に微弱な電気を流して色々な体の機能をサポートしますね。ご存じのように、視力が低下した場合には視神経に直接電気を流し網膜が捉えた画像の補正をします。暗いところでは網膜が捉えた画像が視神経を通る瞬間に基本機器から微弱電流がながれて視神経の中の電気信号を増幅し暗いところで昼間の様に目がみえますね。このような技術は一切ありませんでした。」

「え~じゃぁ、昔の人達は目が悪くなったり、夜にはどうしてたんですか?」

と、ひな壇芸人が叫ぶと、

「暗いところでは照明器具を使いました。これは今でもたまに使いますね。視力が低下した場合は非常~に原始的な方法で自らの視力を補っていたんですよ。では、皆さんひな壇の一番上をご覧ください!」

と彰氏が僕を指さすとみんなが一斉に僕を見た。

「いつの間に!」

「あはははは、なにそれ!!」

とひな壇芸人たちが僕をみて大げさに驚く。僕の方がそれに驚き半笑いをしていると、彰氏が続けた

「視力の低下は角膜、水晶体のゆがみなどが問題なので、無理やり光学レンズを顔の前に着けて、原始的な方法で矯正するんですよ。当時そのレンズをメ・ガ・ネと言いました。どうですか?メガネをかけた感想は?」

と振って来た。普段からメガネをかけている僕は普通のことだから困ってしまったが

「鼻が重たいです」

と適当なことを言ったら会場が爆笑の渦に。メガネをかけることが普通の2015年から来た僕は複雑な心境だが爆笑がとれたので少し仕事ができたかなと思って何故か満足だった。

このあと、もちろん聴力もこの「基本機器」とやらでサポートされているらしいし、その他、下痢や便秘も結局は腸が動くかどうかの話で、必要な時に腸に電気を流すから3016年では心配もないらしい。どうやら肩こりや腰痛にも効果を発揮するらしく健康を保持するにはもう不可欠な機械らしいが、一方でナビ機能も凄くて、目的の場所に歩いてゆくときイチイチ地図を見る必要もなく、例えば右折するときは、交差点で右の鼻がかゆくなって方向を教えてくれるらしい。2015年から来た僕には驚くことばかりでスマホ嫌いな僕でもこれならまぁ、身に着けたいと思ってしまった、というより、健全な電子機器の進化の方向だと思った。

「古代の人達はそんなに暇だったのですか?そんな何も役に立たないスマホにじゃれてるくらいだから」

と一人の芸人が言うと彰氏は

「いえいえ、これ位で驚いてはいけませんよ!この時代、この恥ずかしいくらい低機能なスマホに乗せて個人情報を世界中に発信してました。当時ブ・ロ・グと呼ばれていたものです。どれくらい暇だったか......たとえばこの「東京ハンター生活」というブログを見てみましょう、か、はい、出ました....」

と言って僕のブログにアクセスすると、

「この主夫太郎と名乗る人、どうやらパートナーに働かせて自分では家で遊んでいたみたいですよ。いかに自分が暇であるかを自慢しているみたいです。この当時、パートナーは異性が普通だったみたいですね。「カミさん」とここでは書かれていますが、カミさんのために色々食糧を加工して、料理と当時言ったそうですが、その写真を撮ったりしてます。」

ん~~~やばいぞ、やばいぞ!!これ、なんとなくやばい展開だ。

「なんといっても彼は暇に任せて、あろうことか野生動物を食糧にしてました。さ、ご覧下さい。こちらが彼が鉄砲と呼ばれる残虐な武器を使って虐殺していた動物の一覧です!」

と言って僕が獲った鳥たちの写真が紹介されてゆく。

「キジバト、カルガモ、マガモ、ハシビロガモ、タシギ、ヤマシギ、キジ、エゾ鹿、蝦夷雷鳥など、殆どの種が現在では絶滅していますが、当時仕事もしないこの主夫太郎という人は鉄砲をもってこの動物たちを一歩一歩絶滅に追い込んでいったようです」

会場から悲鳴が聞こえる。うわ~、こりゃやばい。本人がいるなんて誰も思ってないだろうけどさ。

「え~だってスマホにじゃれてるだけで満足している古代人がなんでそんなことやってたんですか?」

と女性タレントがいうと、彰氏は

「どうもこの主夫太郎という人、かなりの精神病を患っていたのではないかという見方があります。古代日本文字の解読はまだ完全には終わっていないので全貌は明らかではないのですが、例えば、主夫太郎が生きていた更に500年も前の人物である佐々木小次郎になったと夢想したり、彼が生まれる前の独裁者ヒトラーを暗殺する計画を立てたりしてます。しかもこのブログのあちこちで無意味に『あははははは』と笑ってたりしてとても正常な人間とは思えないのですよ。その点から考えるとどうも動物を狩るという行動は病気が原因だったのではないかと。こう研究者の間では言われています。」


ちがう!全然ちがうぞ!!!と僕は心の中で叫ぶが、口には出てこない。なんで俺が研究対象になってんだよ。

「うわ~そんな情報が平然と流されていて誰も彼を止めないんですか?」

とひな壇芸人が言うと

「とめるどころか、他のブログをやっている人がコメントまで残しています。なかには、次の獲物が楽しみです、なんてコメントする人もいますが、もしかしたら同じ病気をもつ人達同士でコミュニケーションをとることで病気の進行を遅らせていたのかもしれませんね。しかしですね、この彼を、というより彼の様な人達を放置するという行動が、2016年のあの歴史的事件に関わってくるんですよ」

と彰氏は言った。

「そしてあのおぞましい暗黒の時代を迎えるわけですが、この主夫太郎という人物の末裔がこの会場にいるんです。先ほど、DNA判定で初めて分かったことなんですがね。さぁ、日本をあの暗黒時代に導く事件に深くかかわった人物、主夫太郎の末裔、今こそ1000年分の償いをしてもらいましょうか。実はこの番組、その為に企画されたものなんですよ。さぁ、覚悟してもらいましょう、主夫太郎の末裔~~~」


おおおおおおおおお!!やめてくれ~。お願いだ~!!!みんな狩猟なんてやってるよ。お友達も師匠もやってるぞ!助けて~~~。

僕にスポットライトがあたり、眩しくて目を細めたくなる..思い切って目を開けてみると......寝室の天井がそこには見えた。ん~~~、来年、一体何がおこるか分からないがなんか夢見が悪い。事故を起こさないようにしてなんとか乗り越え、無事に終猟となりたいものです。しかし、アクセス数が50そこそこのこのブログ、来年には大事件を起こす切っ掛けになるのかどうか.......まさかねぇ~~~、あはははははは。

ではでは。

*ヒトラー暗殺計画や佐々木小次郎になった夢は実際ブログに載ってます。以下のリンクをポチリとどうそ。



スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

コメント

No title

中々に面白い夢ですね。オチもあるし。

中に出てくる技術が1000年後はともかく、100年後ぐらいに実現していたりして。

Re: No title

あんこさん コメントありがとうございます。

> 中々に面白い夢ですね。オチもあるし。
>
> 中に出てくる技術が1000年後はともかく、100年後ぐらいに実現していたりして。

こんな技術があったらサイボーグも夢ではないですかね。
僕もサイボーグになれるんなら顔は009がいいです。

No title

主夫太郎さんに超能力がないことを祈るばかりですが、主夫太郎さんが世界を震撼させる大事件を起こすとは思えないので、多分超能力もないし、精神も病んでない普通の人なのでしょう。
基本器機で電話をかける場合、どうやって相手を呼ぶんでしょうね?
ただ相手の名前を思い浮かべるだけでかかってしまうとしたら、昔好きだった人の名前なんか思い浮かべた日には、面倒くさいことになりますよね(笑)
器機が健康管理をしてくれるのは実に有りがたいことです。
コンタクトも入れなくて済むし、毎日聴覚があまり優れていない夫のテレビの音量の大きさにも悩まなくて良いとなると、その基本器機が早く発明されないかと心待ちにしてしまいますが、そこまで科学が進歩しているとなると、死ぬ人はいなくなると思うので、この芸人さん達も皆500歳ぐらいなのかもしれませんね。

No title

こんばんは~
やっぱり夢の話には、コメント少ないな~って思っているころでしょうか^^
前にも言いましたが、私は毎晩2,3本の夢をみます。でも殆ど「夢をみた」こと以外は覚えていません。時々覚えているときも、話や場所が支離滅裂でこんなふうに文章にすることは不可能です。
1000年後!人類がまだ生きているのですね~鹿や猪は狩猟の果てに絶滅してしまったのですか。それも仕方ないですが、人間は生き延びているのはどうしたものか…。ゴキブリはまだ生き残っているのか、知りたかったです。
でも~よく考えると、あのひな壇が1000年後にもまだあるなんて~(爆笑)
今夜は、どんな夢に遭う(逢う)のでしょうね^0^

Re: No title

タヌ子さん コメントありがとうございます。

> 主夫太郎さんに超能力がないことを祈るばかりですが、主夫太郎さんが世界を震撼させる大事件を起こすとは思えないので、多分超能力もないし、精神も病んでない普通の人なのでしょう。

超能力はないですが、一方で普通の人と思われることが少ないので貴重なご意見です。

> 基本器機で電話をかける場合、どうやって相手を呼ぶんでしょうね?
> ただ相手の名前を思い浮かべるだけでかかってしまうとしたら、昔好きだった人の名前なんか思い浮かべた日には、面倒くさいことになりますよね(笑)

そんなことできたら、石田純一氏の言うように「不倫は文化」になっちゃいそうですな(笑)

> 器機が健康管理をしてくれるのは実に有りがたいことです。
> コンタクトも入れなくて済むし、毎日聴覚があまり優れていない夫のテレビの音量の大きさにも悩まなくて良いとなると、その基本器機が早く発明されないかと心待ちにしてしまいますが、そこまで科学が進歩しているとなると、死ぬ人はいなくなると思うので、この芸人さん達も皆500歳ぐらいなのかもしれませんね。

神経伝達は全て電気信号によるものですから夢の中のような技術が出来てもおかしくないですよねぇ。
普段起きているときはこんなこと考えもしないのに、どういうわけか寝ているとバカバカしいSF小説みたいなことを思いつきます。500年近く他人を笑わせられる芸人さんとは凄いですよね。

Re: No title

masakohimeさん コメントありがとうございます。

> やっぱり夢の話には、コメント少ないな~って思っているころでしょうか^^

まぁ、これはいつものことで仕方ないです。
夢の話を出すときは更新の見通しが立たないときで、
夢の話が出た時は次の更新まで時間があるなと思って下さい(笑)

> 前にも言いましたが、私は毎晩2,3本の夢をみます。でも殆ど「夢をみた」こと以外は覚えていません。時々覚えているときも、話や場所が支離滅裂でこんなふうに文章にすることは不可能です。

慣れですよ。すぐできるようになります。

> 1000年後!人類がまだ生きているのですね~鹿や猪は狩猟の果てに絶滅してしまったのですか。それも仕方ないですが、人間は生き延びているのはどうしたものか…。ゴキブリはまだ生き残っているのか、知りたかったです。
> でも~よく考えると、あのひな壇が1000年後にもまだあるなんて~(爆笑)

池上彰氏までいるみたいですからねぇ。まぁ、所詮夢ですけど、1000年後を少し垣間見られてよかったと思います。

> 今夜は、どんな夢に遭う(逢う)のでしょうね^0^

また、そのうち記事にしますよ。
非公開コメント