03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

サンセバスチャンのピンチョス2~飽きずにツマミ歩き~

2015.06.01 08:31|2014ヨーロッパ旅行記
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

もう忘れつつあると思うけど、

主夫太郎のヨーロッパ旅行記。

おつまみの参考程度にはなると思いますよ~!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

サンセバスチャンの一流レストラン、マーチンベラサテギに行ったお話から一転、またまたピンチョスのお話になります。マーチンベラサテギと前回のピンチョスのお話はこちらから→(マーチン・ベラサテギ~ピンチョスだけでないサン・セバスチャン~, サンセバスチャンのピンチョス1

まぁ、復習しておくと、サンセバスチャンというのは旧市街がグルメの街となっていて、ピンチョスという前菜を食べ、一杯ひっかけながら街を歩くのが観光の楽しみの一つになっています。マーチンベラサテギを始めとする3つの三ツ星レストランが食の文化をけん引している一方、街をあげてピンチョスというグルメの裾野の方にいる我々の要求に十分応えてくれるという分厚い食文化を保持しています。日本の地方の市町村がB級グルメだけで町おこしを推し進めるやり方は、流石にこの街のやり方からみるとものすごく危なっかしくかつ持続性に疑問が出てきますが、お国柄といえばお国柄かもしれません。

一応お店20150408

こんな感じで覗いてみたくなるお店が一杯。豚の足で作ったハムなんかが沢山ぶら下がっているのは日本ではなかなか見られない絵ですね。もちろんどれも本物.....だと思うな。信じられないくらい沢山ありますよ。

迷う主夫太郎20150408

お店に入れば迷って仕方ないです。

チョイスしたもの20150408

一軒だけではつまらないからこうやって少しづつ頂きます。二人でこれだけ。よく見ると大したものでもないものもありますね。唐辛子の酢漬けとオイルサーディーンが楊枝にささっているだけのものもありますが、こんなものがおいしそうに感じます。作りも結構雑なんだけど、そこのところはチェーン店でないという証拠(セントラルキッチン方式でない)と前向きに捉えましょう。見た目にそんなにこだわることはないしね。

ジロールの店a20150409

こちらはガイドブックにも載る有名店、ガンバラです。有名店で結構混むのだけども、こんな感じの小さなお店ですよ。日本のミスドの方がよっぽど大きいです。中にはピンチョスもありますが、

ジロール20150408

ジロールのソテー

などオーダーもできます。でも流石にちょっと値段がはりました。ジロールってヨーロッパでもそこそこ高いのね(笑)

ハムとたらこ20150408

たまには炭水化物も!なんてこんなものをとってみたり。ハムとクロワッサンと魚卵なんて組み合わせ、家じゃやらないねぇ、あははははは。旅先マジックです。

このお店もこのくらいにして、まだまだ周りましたよ。お店の外観も撮り忘れたし、名前もわすれちゃったけどねぇ。

まだまだ!20150408

まぁ、どのお店もこんな風に飽きるくらい色々ありますが、ここでは.....

血のソーセージ20150408

こんなチョイスです。奥に見える黒い物体は豚の血入りのソーセージです。日本でも豚の血は売ってるんだけど、主夫太郎はまだまだそのお料理には手が出せないでいますよ。こういうのが普通に出てくるのは食文化の違いでしょうね。こういうお店がある程度の共通店を持ちながら個性を少しづつ主張して街に点在するというのは面白いですね。全体をみたら徒歩圏内とは言いにくいくらい広いところにあるのだけど、食べながら飲みながら結構遠くまで歩いて行ってしまいます。

サンセバスチャンは決して交通の良い所でもありませんし、見てお分かりのように凄く手が込んだ特別なお料理が出てくるわけでもないのですが、やっぱり息の長いブランド作りの賜物なのでしょうかね。ん~~日本にもこういう街、出来ないかなぁって思います。



スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

コメント

No title

こんにちは。
やはりツアーでないと、自分たちの好きなお店で、好きなだけ時間を過せるから良いですね~特に食事は旅行の中でもかなり重要な部分ですから。
我が家は、旅行費用の安さと便利さで、ついツアーになってしまいます…
ピンチョスの種類が多いこと!
この写真以外にも沢山食べたのでしょうね☆う~ん、また行きたくなったわw
ジロールというキノコ知らなかったので、ググッてみました~
アンズタケ!和名でも知りませんでした…
卵黄が1個!絡めて食べるのかしら、これすっごく美味しそうです~♪

こうして、ブログに写真を載せて、文章を書くと意外と記憶に残りますね。
何もしないでいると、行ったことも忘れてしまいそうなこのごろで、怖いです(><)

No title

こんにちは(^^♪

おしゃれなお店でコース料理をいただくのも素敵だけど
こんな肩のこらないグルメを楽しむほうが気楽だわ。

楊枝に刺さってるだけのオイルサーディン‥心惹かれます。
食べたいものを指さしてオーダーすれば良いというのも良いですね。
好みのものをちょこっと食べては次のお店へ‥

日本にもこんな食事とお酒を提供してくれるところがあると良いのになあ。

No title

色んなものをちょこちょこと食べられるのはいいですね。

日本だとカウンターに並んだ煮物などのお惣菜のイメージかな。

大阪の立ち飲み屋があるけど、怪しさはあれどもこういった明るさはないですね。

血のソーセージ、噂には聞きますが美味しいのかな?

Re: No title

masakohimeさん コメントありがとうございます。


> やはりツアーでないと、自分たちの好きなお店で、好きなだけ時間を過せるから良いですね~特に食事は旅行の中でもかなり重要な部分ですから。
> 我が家は、旅行費用の安さと便利さで、ついツアーになってしまいます…

ツアーも一長一短ですよね。我が家は現地でのツアーはつかいますが、
日本からのツアーは使いません。出国、帰国のタイミングが我々の好みに合わないものが多いので。

> ピンチョスの種類が多いこと!
> この写真以外にも沢山食べたのでしょうね☆う~ん、また行きたくなったわw
> ジロールというキノコ知らなかったので、ググッてみました~
> アンズタケ!和名でも知りませんでした…
> 卵黄が1個!絡めて食べるのかしら、これすっごく美味しそうです~♪

ピンチョスの数はお店一軒一軒で違うしお店でも沢山あるので
数えきれないですよ。
ジロールは日本ではなかなかの高級品ですが、海外でもそこそこ高いみたい。
卵絡めてたべるの美味しいです。シイタケでもおいしいとおもいますよ。

> こうして、ブログに写真を載せて、文章を書くと意外と記憶に残りますね。
> 何もしないでいると、行ったことも忘れてしまいそうなこのごろで、怖いです(><)

僕もそうですよ。この年齢になってやっと写真の重要さが分かってきました。

Re: No title

はるさん コメントありがとうございます。

> おしゃれなお店でコース料理をいただくのも素敵だけど
> こんな肩のこらないグルメを楽しむほうが気楽だわ。

歩かなければならないのがたまにキヅかな。
もっともそれも楽しみなんですけどね。

> 楊枝に刺さってるだけのオイルサーディン‥心惹かれます。
> 食べたいものを指さしてオーダーすれば良いというのも良いですね。
> 好みのものをちょこっと食べては次のお店へ‥
>
> 日本にもこんな食事とお酒を提供してくれるところがあると良いのになあ。

そうですね。ピンチョス村みたいのがあればいいのに。
でもグルメ雑誌で特集されて人気店に行列ができるって落ちかな。
それは嫌ですねぇ。

Re: No title

あんこさん コメントありがとうございます。


> 色んなものをちょこちょこと食べられるのはいいですね。

回転寿司ってこんな風に外国の人にはみえるのかな。

> 日本だとカウンターに並んだ煮物などのお惣菜のイメージかな。
>
> 大阪の立ち飲み屋があるけど、怪しさはあれどもこういった明るさはないですね。

そんで、次のお店!!って感じがないかな。

> 血のソーセージ、噂には聞きますが美味しいのかな?


美味しいですよ。できれば自作したいくらいです。

No title

日本は居酒屋文化があるじゃないですか…
スペインにはタパス、バスクにはピンチョす、イタリアにはチケッティがあるのに、フランスにはなぜこういうおつまみ的料理を出すお店がないのか…と言う疑問は、あっさり回答が見つかりました。
フランス人は一つのお皿を数人で分けるのが嫌いだし、ワインはあくまでも食事のお供で、自宅や友人の家以外で『飲む』ことを良しとしないフランスでは、『アルコール』のお供的なおつまみを出すお店は存在しないのです。
ピンチョスやタパスって何を選ぼうか…と並んでいる料理を見る段階から楽しみが始まるので、凄く得した気分になります(沢山取りすぎるとお会計時にギョっとするけれど…笑)。
ゲテモノ系は苦手ですが、ブーダンは大好き。
ジロルと一緒に盛られているキノコが気になります。

Re: No title

タヌ子さん コメントありがとうございます。

> 日本は居酒屋文化があるじゃないですか…

そうなんですが、どうもだんだん均一化してしまいますよね。
チェーン店ってのがあるかなぁ。

> スペインにはタパス、バスクにはピンチョす、イタリアにはチケッティがあるのに、フランスにはなぜこういうおつまみ的料理を出すお店がないのか…と言う疑問は、あっさり回答が見つかりました。
> フランス人は一つのお皿を数人で分けるのが嫌いだし、ワインはあくまでも食事のお供で、自宅や友人の家以外で『飲む』ことを良しとしないフランスでは、『アルコール』のお供的なおつまみを出すお店は存在しないのです。

なるほどねぇ。おつまみってのは太ることを除くとかなりいい食べ物ですよね。フランス人が痩せてるわけでもないですが。
でも、こういう魅力的な文化というのは堰を切ったように流れ込みますから数年後には流行っているかもしれませんよ。

> ピンチョスやタパスって何を選ぼうか…と並んでいる料理を見る段階から楽しみが始まるので、凄く得した気分になります(沢山取りすぎるとお会計時にギョっとするけれど…笑)。
> ゲテモノ系は苦手ですが、ブーダンは大好き。
> ジロルと一緒に盛られているキノコが気になります。


楽しみの一つですよね、選ぶのは。ブーダンはそのうち作りたいと思ってます。
ジロールと一緒のはセップですかねぇ?実は忘れてしまったんです。

こんばんは~~♡〜٩( ╹▿╹ )۶〜♡

主夫太郎さんのお料理は
絶対食べれない食事満載で
ドキドキワクワですね~~~

そして旅行記の食事も
たまらないものばかり!!!

カウンターにズラリは圧巻ですね。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。
もぅ思わず目が❤でギラギラしちゃいそう♪

主夫太郎さんは、さすが熟知されてるので
チョイスもすご~~いと見とれて
是非とも口運んでみたいと思うものばかり!!

ワイン飲みまくりそうです(*´艸`*)

豚の血のソーセージは一度食べてみたいと
思ってたのです。。。
どんなお味なのでしょうーーー
きゃーーー妄想です(笑)
今夜は夢見そうですよー(o_ _)o.。oOOグゥグゥ・。・。・。zzzZZZ

Re: こんばんは~~♡〜٩( ╹▿╹ )۶〜♡

やちゃmaruさん コメントありがとうございます。

> カウンターにズラリは圧巻ですね。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。
> もぅ思わず目が❤でギラギラしちゃいそう♪

はじめて回転ずしに入ったときのようなドキドキワクワク感がありましたね。
ん~もっとかもしれないです。

> 主夫太郎さんは、さすが熟知されてるので
> チョイスもすご~~いと見とれて
> 是非とも口運んでみたいと思うものばかり!!
>
> ワイン飲みまくりそうです(*´艸`*)

飲みまくっちゃいました。
ただ、両を沢山というのではなく、ワインの方もちょこちょこって感じですかね。

> 豚の血のソーセージは一度食べてみたいと
> 思ってたのです。。。
> どんなお味なのでしょうーーー

これはうまく表現できないのですけどね。
ん~~一度は食べる価値がありますよ~。


> きゃーーー妄想です(笑)
> 今夜は夢見そうですよー(o_ _)o.。oOOグゥグゥ・。・。・。zzzZZZ

僕は自分のブログを見るたびにまたまた食べたくなって妄想してます(笑)


非公開コメント