07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

はばたけ蝦夷雷鳥君2号!!~僕とみつをと雷鳥と~

2015.10.12 12:58|猟と獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

ハンターと元女子高生のみなさ~ん!!

主夫太郎は北海道から無事帰還。

今日は蝦夷雷鳥のお話です!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ついに待ちに待った北海道の狩猟解禁です!9月30日に飛行機で北海道に入り10月1日夜明けとともに蝦夷雷鳥猟をしました。初猟の話はちょっとおいて、今回は猟を通じてお知り合いになったハンターIさんとの共猟のお話をしようと思います。蝦夷雷鳥は名前の通り日本では北海道にしかいません。獲るのもなかなか大変で沢山みかける鳥ではないので僕にとっては大変貴重な鳥。もちろん猟場も北海道に住んでいるわけではないので多くは知りませんが、ハンターIさんが今回は貴重な猟場をご案内下さりまた。さらに猟をしている僕の写真も沢山撮って下さり二重にも三重にも感謝感激です。今回はハンターIさんの写真を多くお借りして記事を書かせて頂きます。

1雷鳥の森20151012

蝦夷雷鳥の森

蝦夷雷鳥と皆さんよくご存じの雷鳥は全く違う鳥で、蝦夷雷鳥は標高の高いところに住んでいるわけではありません。こんな風な森の中に住んでいます。ある方法で蝦夷雷鳥ハンティングをするのですが、それは教えて下さった方の秘密でもあるのでここでは詳しくは書きません。でも僕がする猟のなかで最も楽しい猟ですから本当は言いたいのよ。

2待つよ20151012

待ち焦がれる主夫太郎

詳しくは書けませんが、基本は蝦夷雷鳥が居そうなところを探し、やってくるのを待ちます。時には一時間近くも待ったりするのですが、カミさんの帰りを待つときよりもずっと楽しい。でもちょっと寒くて眠い。今回は僕としては珍しくあっという間でした!

3雷鳥確保20151012

蝦夷雷鳥獲りました~~

朝4時に集合したのに、朝ごはんを食べる時間になる前に終わっちゃいました。え?猟なんていくらでも続ければいいのに!!と思うかもしれませんが、蝦夷雷鳥は一日2羽までしか獲ってはいけないんですよ。自然に感謝し、命を頂く大切さは心得ているつもりですが、もちろん笑顔もついついこぼれます。だって人間だもの、人間だもの仕方ない。こんな言い訳をする自分が恥ずかしいですが、カミさんが言ってました、「人はみな、ついつい、みつをになっちゃう」。その通りだと思います。

4腸抜き20151012

しかしながら、いつまでも「みつを」になっていられません。素早く腸を抜かないと折角の獲物が痛んでしまいますからね。こちらはハンターIさんが小枝をナイフで切って、腸抜きのフックを作りささっと腸を抜いているところです。ん~やはり蝦夷雷鳥マスターは手際が違います!!

早々に猟が終わってしまったので、この日は秘密兵器を投入し、蝦夷雷鳥観察をしてみることにしました。その秘密兵器とは、

5製作過程20151012

カミさんが夜なべをして作った.....


6森の雷鳥君20151012

はばたけ蝦夷雷鳥君2号!!

です。最初は僕が蝦夷雷鳥の模型を作っていたのですが、「そんなんじゃ間に合わないから私がやる!」と材料を取り上げられ、編み棒まで買ってこさせられ改良まで加えられちゃいました。僕が作っていた未完成品が「はばたけ蝦夷雷鳥君1号」でしたがデビュー前に引退。この「はばたけ蝦夷雷鳥君2号」を自分が撃ちやすいと思う枝の上に設置して、蝦夷雷鳥が仲間だと思ってやって来たところを撃つというグッズなのだけど、この日はもう規定の2羽を獲ってしまったのでこの「はばたけ蝦夷雷鳥君2号」の設置してある枝に本物の蝦夷雷鳥がとまったら僕等の勝ちということで、待つことしばし。

7とまる雷鳥君20151012

咳をしても一人

のはばたけ蝦夷雷鳥君2号.......構想3日、製作期間4日の「はばたけ蝦夷雷鳥君2号」は大都会東京の香りを身に纏ったままだったせいか北海道の自然には受け入れてもらえませんでした。夜なべをして作ってもらったのに悪いなぁ、さぞかしカミさんはガッカリするだろうと思ったら、「しかたないよ~、だって自然相手だもの」と大自然型みつをに変身したと思ったら、しばらくしたら下の写真を送ってきました。

8キノコのかご20151012

キノコ用の手作りカゴ

右のは市販品ですが、ちょっとボロくなってきたのとあまり大きいのが入らないので夜なべをしてお気に入りの形のものを製作したそうです。猟をしたいと思う気持ちが強いことを「猟欲がある」という言い方をしますが、はばたけ蝦夷雷鳥君2号を作ったりキノコのカゴを作ったりとカミさんは僕なんかよりよっぽど猟欲がありますねぇ。こんな身近な人間に猟欲が負けるとは....まぁ、負けるときもあるよねぇ、だって人間だもの。最近ついつい「みつを」になっちゃうな、あははははははは。



スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

コメント

No title

主夫太郎さん こんばんは(^^♪

おかえりなさい~!
明日から11月中旬くらいの寒気がやってきて、
札幌でも雪が舞う予報、良い時に帰られましたね。

蝦夷雷鳥、会心の猟ができたのですね、おめでとうございます。
幸先の良い今シーズンのスタート、今後の期待も膨らみますね。

奥さまの意気込み、頼もしいですね。
疑似雷鳥の作成に、キノコ採りのカゴ。
どちらも完成度が高い~☆

No title

なるほど、誰でもみつをになる。いい勉強になりました。

蝦夷雷鳥、早々の成果だったんですね。今年は幸先がいいかな。

奥さんの茸狩りへの意欲は並々ならぬものがありますね。

まだ、茸シーズンは続くから行かれるのかな。

Re: No title

はるさん コメントありがとうございます。

> おかえりなさい~!
> 明日から11月中旬くらいの寒気がやってきて、
> 札幌でも雪が舞う予報、良い時に帰られましたね。

なんとか台風の交通の混乱も避けられよかったです。
寒くなると猟も厳しいですからね。本当に良かったです。

> 蝦夷雷鳥、会心の猟ができたのですね、おめでとうございます。
> 幸先の良い今シーズンのスタート、今後の期待も膨らみますね。

鹿がでめでした....
でもこれからですからね!
頑張ろうと思います。

> 奥さまの意気込み、頼もしいですね。
> 疑似雷鳥の作成に、キノコ採りのカゴ。
> どちらも完成度が高い~☆

ありがとうございます。
夫婦が同じ方向を見るというのは楽しいものです。

Re: No title

あんこさん コメントありがとうございます。

> なるほど、誰でもみつをになる。いい勉強になりました。

ついつい、みつをになりますよね。


> 蝦夷雷鳥、早々の成果だったんですね。今年は幸先がいいかな。

鹿はだめでしたが、雷鳥はそこそこでした。
楽しい猟の始まりでした。

> 奥さんの茸狩りへの意欲は並々ならぬものがありますね。
> まだ、茸シーズンは続くから行かれるのかな。

僕が鉄砲を撃ち出すのでちょっと行けるかどうかわかりませんが、
なんとか欲しいと思っていると思います。
冬のキノコもねらったりするつもりみたいですよ。

No title

お帰りなさい!
何故か、何故か主夫太郎さんが北海道に行くと、荒天!
でも、今回は蝦夷雷鳥を2羽もゲット☆頑張りましたね。
まだ1羽は冷凍庫の中なのかしら~
それにしても、奥様の愛情こもった夜なべして作った「手作り蝦夷雷鳥2号」!その気持ちが何より嬉しいですね。(私は、出来ませんが…)
そして、この籠!キノコ狩りに対する奥様の熱い思いが、この籠の大きさをみただけで伝わってきます!
今年は、キノコが大豊作だそうです(夏のキノコと秋のキノコが混在しているとのこと)
夫婦二人で一緒に楽しめる☆シアワセですね~^0^

Re: No title

masakohimeさん コメントありがとうございます。

> お帰りなさい!
> 何故か、何故か主夫太郎さんが北海道に行くと、荒天!
> でも、今回は蝦夷雷鳥を2羽もゲット☆頑張りましたね。
> まだ1羽は冷凍庫の中なのかしら~

もう終わってしまいました。蝦夷雷鳥を獲るのは大変ですが、
凄く満足する猟ができました。台風は仕方ないですね、こういう季節に狩りをしてるということだと思います。


> それにしても、奥様の愛情こもった夜なべして作った「手作り蝦夷雷鳥2号」!その気持ちが何より嬉しいですね。(私は、出来ませんが…)

今後の活躍もちょっと疑問ですが、
色々試すのが猟の楽しいところ。
今後も色々考えたいと思います。

> そして、この籠!キノコ狩りに対する奥様の熱い思いが、この籠の大きさをみただけで伝わってきます!
> 今年は、キノコが大豊作だそうです(夏のキノコと秋のキノコが混在しているとのこと)
> 夫婦二人で一緒に楽しめる☆シアワセですね~^0^

キノコは我々夫婦に新しい趣味を与えてくれました。
最近多くの自然に感謝することが多くなりました。
それもありがたいことです。
非公開コメント