07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

初猟からお料理まで~今年も我が家に蝦夷雷鳥~

2015.10.16 10:07|猟と獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

ハンターと元女子高生のみなさ~ん!!

今日は蝦夷雷鳥の狩りとお料理のおはなしです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今年の狩猟は北海道のとある場所で蝦夷雷鳥を獲ることから始めました。

1青い空20151016

抜けるような青い空!!

と思いきや、ものすごい低気圧が通り過ぎたあとで実際はとても強い風が吹いていました。少し風が収まってから動画を撮ってみたのですが、いや、この風に揺れる木というものは獲物を狙う僕の心に一瞬の安らぎを与えてくれます。ん~大自然に抱かれているのだなぁと。



そんなことを思うというのは、実は自然をなめています。自然は全然人に優しくありません。蝦夷雷鳥にもエゾ鹿にも、もちろん他の動物にも決して優しくはないでしょう。自然は優しいなどというのは都会の生活では得られない幾ばくかの安らぎを誇大広告しているにすぎません。その証拠に、この林道に入ってから、帰ろうと思ったら.....

2とうせんぼ20151016

倒木がとうせんぼ!!!

あはははははは。自然は人に優しくないでしょう?木が風で倒れるときは人間のことなんか考えてくれませんよ。しかし、これを見た時にはぞっとしました。なんといっても携帯の電波も届かないところ。行きはよいよいで入っていった林道が帰りは僕を出してくれません。人に助けを求めるまでに何キロも歩かなければなりません。幸いなことになんとか木の端っこを折ってどかして、レンタカーのマーチが通れる分だけどかすことができました。脱出したあと次の日までにはノコギリを買っておきました。ん~これも経験ですね。

さて、僕の方は毎年毎年、自分をレベルアップさせるつもりでいます。今年の課題は、

蝦夷雷鳥は前と真下からは撃たない!!

ということ。胸肉に傷をつけないためです。もちろん鳥はちょこちょこ動きますのでどうしても希望通りに後ろから当たるとは限りませんが、少なくても前から、また、真下からは蝦夷雷鳥は狙わない。斜め後ろはギリギリ撃つかな。今回、これにこだわったために何羽か蝦夷雷鳥を撃ち損ねてしまいました。でも傷だらけのお肉を持ち帰ってもしかたないですからね。それに蝦夷雷鳥は今のところ僕の猟の仕方では鉄砲を撃ったら外れる可能性はかなり低いです。実際蝦夷雷鳥を獲り出して3年目ですが、1回外しただけです。これは僕の鉄砲がうまいわけではなく、チョーク(絞り)の選択を間違わなければ誰でもこんなもののはず。撃てれば必ずと言っていいほど獲れるのだから美味しいお肉にこだわって猟をすることにしました。もちろん、逃がした鳥のことを考えるとちょっと残念ですが、

3雷鳥毛むしり20151016

ほら!!!

これなら思う存分お料理できるでしょう!背中とモモ肉に当たってまして、片方のモモ肉は出汁を取るのに使いました。でも胸肉には傷はありません。ということで、


4蝦夷雷鳥ロースト20151016

蝦夷雷鳥のロースト!!

胸肉に加えてささ身もありますぞ!!過去二年間、どうしても火の通し方が納得行きませんでした。今回は真空パックに入れ45度で湯煎をして温度を十分あげたあと、10秒ほど表面を焼き、肉汁を閉じ込め、160度まで温めたオーブンに網を敷いてその上にお肉を置き、オーブンのふたを開けたまま放置。芯の温度が55度くらいになればいいなとお祈りしつつ待つこと15分かな。3年目にして凄く満足の焼け具合でした。ブルーベリーとクレソンのソースで頂きます。

蝦夷雷鳥はものすごく優しい出汁がでます。お米やお餅と相性がよく、地元の人はこれでお雑煮やおうどんをつくるそうですが、主夫太郎家では....

5リゾット材料20151016


モモ肉、栗、茄子とベビーコーン(あまりもの)を使って、

6雷鳥リゾット20151016

リゾット!!

を頂きました。主夫太郎のレストランはお客はいつもカミさんだけですがこのスペシャリテ、特にお客様にお気に召して頂いたようです。一年に一度の蝦夷雷鳥ですからね、もちろん作る方も食べる方も幸せに頂くのよ。

7カミさんのワイン20151016

仕事が終わったあとの一杯は美味しかったなぁ。白ワインでもよかったのだけどね。我が家にはとって置きの白ワインが一本あって、それを飲むってお話はまた今度。


スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

コメント

No title

こんばんは~

本当に抜けるような青空ですが
動画での風はかなりの強さ
立ち木迄こんなになる位の風の中で
猟をされるんですね
この木がもっと大きく人の手で動かなかったらと
思うと、怖いですね~

射止めた蝦夷雷鳥
本格的に研究しつくされた料理になりましたね
柔らかローストに
旨み出汁に栗やコーンのリゾット
レストランでもこんなの出ませんよ~





No title

確かに大自然に抱かれている様子ですね。
なるほど、胸肉を傷つけない工夫ですね。

ものすごくジューシーな感じがします。でも、生じゃなくて火が通っているんですね。
盛り付けもお見事。お店で出てくるような一品ですね。

わーわーわー

北海道から お帰りなさい♫
獲物確保で
美味しそうなローストとリゾット
本格派料理に毎度のことですが
素晴らしい~~(・ω・ノノ゛☆パチパチ

木々たちのざわめきをも堪能させてもらいましたー♪
自然は厳しいですよね。
大きな力を感じます!

胸いっぱいに吸い込んだ北海道の空気を
満喫されたことでしょう♪

奥さまの手作り鳥とカゴ
凄いです!!!
奥様の意気込みを感じます。
そして丁寧な作り込みにもビックリですよ❤

やっぱり素敵な奥さんだわ╰(✿´⌣`✿)╯♡

Re: No title

きゃりあさん こんにちは

> 本当に抜けるような青空ですが
> 動画での風はかなりの強さ
> 立ち木迄こんなになる位の風の中で
> 猟をされるんですね
> この木がもっと大きく人の手で動かなかったらと
> 思うと、怖いですね~

いや、本当に怖いです。
かえってくるまでが遠足だと学校の先生が言ってましたが、
本当に帰ってくるまでが猟です。

> 射止めた蝦夷雷鳥
> 本格的に研究しつくされた料理になりましたね
> 柔らかローストに
> 旨み出汁に栗やコーンのリゾット
> レストランでもこんなの出ませんよ~

やっと自分でも納得のお料理になりました。
ソースもシンプルでいいと思いますから、これはこれでいいかなと。
次回はもう少しスープを活用させようかなと思います。

Re: No title

あんこさん コメントありがとうございます。

> 確かに大自然に抱かれている様子ですね。
> なるほど、胸肉を傷つけない工夫ですね。

これにこだわるのは素人だからでしょうね。
数はそんなに必要ないですから。

> ものすごくジューシーな感じがします。でも、生じゃなくて火が通っているんですね。
> 盛り付けもお見事。お店で出てくるような一品ですね。

生ではないです。ちゃんと温度上がってますね。
温度が上がりっぱなしだと肉汁が出てしまうので
温度が下がるとこんな感じになります。

Re: わーわーわー

やちゃmaruさん コメントありがとうございます。

> 北海道から お帰りなさい♫
> 獲物確保で
> 美味しそうなローストとリゾット
> 本格派料理に毎度のことですが
> 素晴らしい~~(・ω・ノノ゛☆パチパチ

ありがとうございます。
北海道での狩りはそこそこの満足でした。
来年まで行けないのは寂しいですねぇ。

> 木々たちのざわめきをも堪能させてもらいましたー♪
> 自然は厳しいですよね。
> 大きな力を感じます!

北海道の自然はやっぱり厳しいですね。
でも豊かな自然です。
通うたびに魅了されてます。

> 胸いっぱいに吸い込んだ北海道の空気を
> 満喫されたことでしょう♪
>
> 奥さまの手作り鳥とカゴ
> 凄いです!!!
> 奥様の意気込みを感じます。
> そして丁寧な作り込みにもビックリですよ❤
>
> やっぱり素敵な奥さんだわ╰(✿´⌣`✿)╯♡

カミさんには色々なところでお世話になってますからね、
お料理でお礼するのが精いっぱいです。

No title

主夫太郎さん こんにちは(^^♪

倒木、帰り道だったんですね。
太い幹が中央にドーン‥だったらと思うと
怖い気がしますね。
万一の時は営林署の方が救援にきてくれるのでしょうか。

蝦夷雷鳥、北海道民でも知らない人のほうが多いかも。
獲ってきた人にしか楽しめないお味‥スゴイですね。

その貴重なお肉を最良の方法で調理。
しっとりした肉質が美味しさを語っていますね。
優しいお味のだし汁で作ったリゾットも
贅沢なお味なんでしょうね。
奥さまの嬉しそうなお顔が浮かんできます。

No title

こんばんは!
これが主夫太郎さんが仕留めた蝦夷雷鳥ですね!
確かに胸をはずしています☆☆☆
狩猟の腕前もそうですが、やはりシェフ太郎さんの名前に恥じない、3回目の調理方法!
ゆっくり湯煎したあとに10秒外を焼いて、オーブンに入れて、肉の中の温度までしっかり管理する!これは素人の料理ではありません~~~~~
極めつけは、ソース!!!!
甘いブルベリーと少し苦味のあるクレソンの2種類☆☆☆☆☆
これは5つ星の美味しさだったと思います。
リゾット~~~雷鳥って、そんなに出しが出る鳥なんですね~
あの時の雷鳥、遠慮せずに食べておけば良かった(><)

狩猟も料理も、確実に前進しているのはさすがです^0^

Re: No title

はるさん コメントありがとうございます。

> 倒木、帰り道だったんですね。
> 太い幹が中央にドーン‥だったらと思うと
> 怖い気がしますね。
> 万一の時は営林署の方が救援にきてくれるのでしょうか。

営林署に連絡する方法がないので歩いて林道を出て助けを求めるしかありませんね。
本当に怖い気がします。
自分の車に木が倒れてくることもあるわけで、風の日は猟は危険ですね。

> 蝦夷雷鳥、北海道民でも知らない人のほうが多いかも。
> 獲ってきた人にしか楽しめないお味‥スゴイですね。

僅かな苦味がある美味しいお肉です。
あんまり道南にはいないそうですよ。

> その貴重なお肉を最良の方法で調理。
> しっとりした肉質が美味しさを語っていますね。
> 優しいお味のだし汁で作ったリゾットも
> 贅沢なお味なんでしょうね。
> 奥さまの嬉しそうなお顔が浮かんできます。

来季は何を作ろうかと凄く楽しみです。
一年に一回のお祭りですからね。
今から色々妄想中です。

Re: No title

masakohimeさん コメントありがとうございます。

> これが主夫太郎さんが仕留めた蝦夷雷鳥ですね!
> 確かに胸をはずしています☆☆☆
> 狩猟の腕前もそうですが、やはりシェフ太郎さんの名前に恥じない、3回目の調理方法!
> ゆっくり湯煎したあとに10秒外を焼いて、オーブンに入れて、肉の中の温度までしっかり管理する!これは素人の料理ではありません~~~~~

とにかく見た事がないくらい繊細で火の通りが早いお肉です。
真空パックの機械があるので、調理の幅が広がりました。
55度くらいでタンパク質が固まるのでその一歩手前まで温度をあげておくには
真空パック機は欠かせません。

> 極めつけは、ソース!!!!
> 甘いブルベリーと少し苦味のあるクレソンの2種類☆☆☆☆☆
> これは5つ星の美味しさだったと思います。
> リゾット~~~雷鳥って、そんなに出しが出る鳥なんですね~
> あの時の雷鳥、遠慮せずに食べておけば良かった(><)

ソースは今後も色々なバリエーションを持たせようと思ってます。
今度はどんな優しいソースにするか楽しみです。

> 狩猟も料理も、確実に前進しているのはさすがです^0^

進歩は楽しいですからね。
来季の課題はこれから決めようと思ってます。

非公開コメント