09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

猟期前にカミさんの好物を~ワラサとヤマシギ~

2015.11.08 13:56|猟と獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とハンターのみなさん!!

そろそろ猟期なので今日はカミさん孝行の話


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

11月15日の本州の猟解禁を迎えると主夫太郎はなかなか手間をかけてお料理ができなくなります。シンプルなお料理が美味しく感じるのもあるのですが、二日続けて猟に行くとさすがに疲れて1日はたっぷり休みたくなりますからお料理が大抵手抜きになってしまいます。次の猟のためにお洗濯などもしなければなりませんしお掃除に獲物の処理と結構大変。カミさんは一切文句を言わないのですが、まぁ、その分、猟期以外では一生懸命お料理しようかと思ってます。今回、来週の解禁前の最後の週末なので彼女の好きそうなものを作ってあげようということで11月8日土曜日の夕食が始まりました。久しぶりにここまで手間をかけましたぞ。

0ハーブポテト20151108

ハーブポテト

は全然フレンチっぽくないけどカミさんが大好きだからつくりました。よく見るとワラサのフライも混ざってます。フィッシュ・アンド・チップス(多めのハーブ)って感じかな。クレマンドブルゴーニュで乾杯です。このお料理、人に出してあんまり文句言われたことないですね。まぁ、文句の言いようもないかな(笑)

そんでもって、これでおしまいになったワラサです。

1ワラサ全粒粉焼き20151108

全粒粉でのワラサのムニエル

ソースはトマトソースに主夫太郎が栽培したハバネロから作ったコーレーグースーでピリ辛にしました。ハバネロと言えば主夫太郎夫婦が離婚の危機に直面した原因になった植物。そのときのお話は長くなりますが、こちらの記事をポチリで→ハバネロ物語

ん~離婚の危機の原因になった食材、やっと最近使い初めました。

そんでもってメインはタイトルにもあるけど、ヤマシギです。普段だったらジャムと赤ワインで簡単にソースを作ってしまうのですが、今回はしっかりソースをとります。まぁ、主夫太郎の読者でヤマシギを見た事が無い人もいないと思いますが、こちらが

2ヤマシギ20151108

ヤマシギ

です。実は去年の猟の最初に師匠が落としてくれて、ヤマシギが大好きなカミさんに!と言って下さったのですがカミさんの誕生日にとっておいたのにあれよあれよと猟期前まで冷凍庫に。でも、羽根を付けたまま真空パックをして冷凍庫が強力なため、

3綺麗な内臓20151108

全くフレッシュ!!

です。内臓(肝臓・心臓)も十分使えます!!これはテンション上がりますねぇ。

4ガラ洗浄20151108

血合いや血を含んだ内臓などを綺麗に洗浄して、手羽もお掃除して砂肝も使いソースの素を作ります。
5ソース作成

エシャロット、玉ねぎ、にんじん、砕いたガラをゆっくり炒め、塩、クローブを振り、ローリエを加え赤ワインを入れグツグツ煮ます。それをミキサーにかけて裏ごししてまた煮詰めたあとイチジクのジャムの上澄みを加え、最後に火を止めたあと肝臓のペーストを入れて手早くかき混ぜて出来上がり。まぁ文章で書くと大変ですが、どの工程も当たり前のことをやるだけなので楽しくていいです。

6ヤマシギロースト20151108

ヤマシギのロースト

の出来上がり。カミさんもとても喜んでくれました。まぁ、猟期中もこれくらい手間がかけられればいいのですけどね.....
もちろんできるだけ頑張るつもりですよ。ん~今から猟期が楽しみです。ああ、早く猟期が来ないかなぁ。

スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

コメント

No title

手間をかけたと言うだけあって本当に素晴らしいです。

冷凍庫も強力なんですね。真空パックしているから霜焼けも起らないのかな。

ハバネロ離婚の危機

なるほど、奥さんは茸の採取もそうだけど、実のなるような収穫物はOKなんですね。

Re: No title

あんこさん コメントありがとうございます。

> 手間をかけたと言うだけあって本当に素晴らしいです。
> 冷凍庫も強力なんですね。真空パックしているから霜焼けも起らないのかな。

しもやけは殆どないです。真空パック機は一万円弱ですが、
凄く便利ですよ。

> ハバネロ離婚の危機
> なるほど、奥さんは茸の採取もそうだけど、実のなるような収穫物はOKなんですね。

あ、このころあんこさん僕のことしらなかったのですね。
そっちの方がびっくり(笑)
カミさんの方が僕より獲物好きですよ。

No title

主夫太郎さん こんばんは(^^♪

ヤマシギ、完璧な状態での保存、すごいですね。
そしてお料理がまた最高!
ソースを作る工程、大変そうに見えますけど
大切な恵みをあますところなく使っていて、
主夫太郎さんの自然に対する畏敬のこころが見えるようです。

わ~~~~~

こんにちは!!!

ハーブポテト~~~~~
ほんとにほんとに
ちょうど作りたいと思ってたところです!!!!
驚き~~
お魚も一緒に上げてフィッシュ&チップス
きゃーーやっぱり食べたい♪

今度のお休みにたくさん作っちゃいますo(^▽^)o

ハバネロソースのワラサ❤
そういう手も んんん~~~
ハバネロの赤が綺麗だし
食欲わかせてくれるひと皿ですね♪
勉強になりました。

そして我が家も島唐辛子を友人からもらったので
色々と漬けようかな~と考えてたので
早速しなくちゃ。

今回は2つも偶然が重なって
すっごく参考にさせてもらえて
よかったです☆.。.:*・

Re: No title

はるさん コメントありがとうございます。

> ヤマシギ、完璧な状態での保存、すごいですね。
> そしてお料理がまた最高!
> ソースを作る工程、大変そうに見えますけど
> 大切な恵みをあますところなく使っていて、
> 主夫太郎さんの自然に対する畏敬のこころが見えるようです。

この手のソースつくるの簡単ですよ。
野菜とお肉のうまみを煮出して、煮詰めるだけです。
むしろお手軽さがお勧めポイントですが、
時間だけはかかりますねぇ。

Re: わ~~~~~

やちゃmaruさん コメントありがとうございます。

> ハーブポテト~~~~~
> ほんとにほんとに
> ちょうど作りたいと思ってたところです!!!!
> 驚き~~
> お魚も一緒に上げてフィッシュ&チップス
> きゃーーやっぱり食べたい♪

僕は最近ローリエをちょうどよく油を通してパリパリ食べるのがすきです。
ちょっと油断するとこげちゃいますけどそれでも香りはいいですよ。

> 今度のお休みにたくさん作っちゃいますo(^▽^)o

是非是非!

> ハバネロソースのワラサ❤
> そういう手も んんん~~~
> ハバネロの赤が綺麗だし
> 食欲わかせてくれるひと皿ですね♪
> 勉強になりました。

ピリ辛は美味しいですね。洋の東西を問いませんよね。

> そして我が家も島唐辛子を友人からもらったので
> 色々と漬けようかな~と考えてたので
> 早速しなくちゃ。
>
> 今回は2つも偶然が重なって
> すっごく参考にさせてもらえて
> よかったです☆.。.:*・


唐辛子、何年ももちますからねぇ。
僕は大事に使ってます。
来年あたりまた作ろうかなぁ。

No title

こんにちは!
何回か伺ったのですが、コメントを残す時間がなくやっと~^^

何度みても素敵なお料理ですね☆
ハーブポテト、ローズマリーの香りで、カリッと焼けたポテトはビールでもワインでも美味しく飲めそうです。
ワラサのムニエルは、ハバネロの辛味が私の大好きな味だと思います。ハバネロは鷹の爪より辛くて、甘い感じでしょうか。
そして!ヤマシギのロースト♪
内臓をソースにするための、丁寧な下処理と手間(時間)をかけたソースは絶品だったことでしょう!
肉の焼き方は、低温調理方法ですか?
さすがシェフ太郎さんならではの、「お家でも本格的料理」ですね^0^

Re: No title

masakohimeさん コメントありがとうございます。

> 何度みても素敵なお料理ですね☆
> ハーブポテト、ローズマリーの香りで、カリッと焼けたポテトはビールでもワインでも美味しく飲めそうです。

ローズマリーは自家製ですよん!ローリエを揚げると美味しいというのが我が家のポテトの売りです。

> ワラサのムニエルは、ハバネロの辛味が私の大好きな味だと思います。ハバネロは鷹の爪より辛くて、甘い感じでしょうか。

ハバネロはちょっと甘い香りがしますね。焼酎が多すぎたせいかそれほど辛くないのですが、
普通の唐辛子とは違う風味があって気に入ってます。

> そして!ヤマシギのロースト♪
> 内臓をソースにするための、丁寧な下処理と手間(時間)をかけたソースは絶品だったことでしょう!
> 肉の焼き方は、低温調理方法ですか?
> さすがシェフ太郎さんならではの、「お家でも本格的料理」ですね^0^

このヤマシギのお肉は常温に戻したあとフライパンで焼きました。
肋骨をお肉に残しておくと優しく火が入ります。熱がいったん骨を通りますからね。
生に見えてもちゃんと温度は上がってますよ~。


非公開コメント