03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

いきなりの白川郷

2016.04.06 16:57|国内旅行
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

今日は白川郷への旅行のお話です


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

肩を脱臼してから2週間ほどが過ぎたが、まだまだリハビリ中だ。抜糸がまだだったのだけど、軽く動かすくらいなら良いということで運転をしてみることにした。肩の高さまで手をあげると痛いので、どうしても「すりハンドル」になるのだけど、カミさんの社宅の駐車場でやってみるかぎり大丈夫そうなので少し遠出をしようかということになり、いつもの郡上八幡まで行こうかということになった。お昼頃、そろそろ到着というころ、カミさんがナビをピコピコといじってたら、

「あ、白川郷ってインターチェンジがあるよ」


と楽しそうな声。ん~ばれてしまったか。そう、郡上八幡から世界遺産までは行けなくもないがそんなこと言ったら「絶対行こう」といわれるので、何度も郡上八幡に来てはいたがずっと黙っていた。が、とうとう見つかってしまった....絶対あと85Kmという表示には気付いているとおもうのだが、そんなことはお構いなし(往復なので倍しなきゃならんがしてないのかもしれないが)、白川郷に行きたい!ということになり、郡上八幡のインターチェンジを通り過ぎて白川郷にゆくことに。下調べもしてないが郡上八幡には定宿があり、「年2回ほど行くので何回か訪れればいいだろう」ということで気軽に向かうことになった。

駐車場から20160404


村営の駐車場からは長い橋を渡って白川郷に。ゆらゆら揺れる橋はちょっと怖いけど、橋の向こうに別世界が待っている感じがあって凄く盛り上がる。

合掌3棟20160404


村全体がテーマパークみたいなものなのだが、この時期お祭りも雪もない白川郷はそれほど観光客もおらず丁度良いといえば丁度良い感じだ。合掌作りが連なっているだけで被写体になると感じるのはやはり世界遺産の御蔭だろうか。世界遺産になる前からずっと合掌作りはあるのに、やはり権威が何かしらの称号を与えると見る目も変わってしまう。もっとも世界遺産になっているからこそ、この姿が保たれているのだとは思うけども。

虫取り少女20160404

虫を取る少女


まで絵になる。ん~なんの虫取っているのだろう。こういう趣味がふくらんでいって将来はハンターになって欲しいものだ。

合掌20160404


合掌作りの何軒かは見学もできる。合掌作りは外から見ると平屋だけども、あの大きな屋根の中は2層、3層になってたりして使用人の部屋などがある。

火見窓20160404

こちらは火見窓


一階にある囲炉裏の日を使用人の部屋から見るための窓らしい。火災が怖い時代、こういう工夫がされたのだろう。

白川郷にはどぶろく祭りというのが秋にあって、毎年神社で作られるどぶろくが振る舞われるそうだが市販はされていない。というのも受け継がれている「文化」ということで、神社の中だけで許可されているお酒造りなのだそう。つまり神社の境内から出ると違法な密造酒ということに理屈上はなるらしく、神主が気難しいというせいでもなく、国からのいわば命令で「門外不出」となっているそうだ。

ところがこの門外不出のどぶろくが、どぶろく祭りの館という神社の境内の中にある博物館で頂ける。300円の入館料を払いどぶろく祭りのビデオをみると帰りに、

どぶろくきったて20160404

どぶろくが頂ける!!


僕は運転手だから飲めないけど、指の先にちょこっとつけて味見を。素朴なお米の甘味がふわりと広がり、ちょうど良い酸味が「もう一杯!」と次の杯を誘うのだろうけども、運転するわけだから、こちらも国の命令で禁酒。まぁ、日本に住んでいる限り国家権力には敵いませんな。巫女さんは沢山飲んで行って下さいなんていうもんだから素敵な場所ですよ。それとこのどぶろくを注ぐ酒器、カッコいいと思いませんか?「きったて」と言ってどぶろくを注ぐためだけに作られたものだそうで、ぶつぶつとした麹を注げるように口が広がっていますよ。密造酒を作るようになったら僕も欲しいなぁ。

メインストリート20160404


最後に訪れたメインストリートはお土産屋さんが並んでいて楽しい春のお散歩。

白川郷お土産20160406


こちらはお土産。巨峰味の豆などなど。少しづつ頂いております。そろそろ春も本番、また色々な収穫をしなきゃねぇ。


スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

コメント

No title

こんばんは~

白川郷
あの風景には 日本人として惹かれる物がありますね
曲がりくねった田の畦道にも愛おしさを感じてきます。
山間に文化財としてい残っているかやぶき屋根の家はありますが
集落として、保存してゆくには、屋根の葺き替えや生活住居としては
経費も掛かり個人で残すのは無理なんでしょうね。

雪解けの白川郷もいいでしょうね~


No title

郡上八幡と白川郷、近いようで遠いですね。

私は白川郷には行ったことがありません。微妙に遠い。

でも、こうやって見せていただくといいところのようだから、機会を見つけていってみます。

春の収穫、奥さんのハンターの血がうずいているのでは?

No title

脱臼で縫合するって、本当に重度の脱臼だったんですね。
3年前に白川郷に行ったのに、吊り橋を渡った記憶がない。
バスの停留所は別のところにあったのかしら?
観光ハイシーズンは原宿状態になるけれど、雪には遅く、桜には早い時期だから、ゆったり散策できてよかったですね。
私は試したことはないけれど、海外在住の日本人は自分でどぶろくを作ってる人が多いですよ。
巨峰味の豆菓子?
日本人って面白い物を作りますね(笑)

Re: No title

きゃりあさん コメントありがとうございます。

> 白川郷
> あの風景には 日本人として惹かれる物がありますね
> 曲がりくねった田の畦道にも愛おしさを感じてきます。
> 山間に文化財としてい残っているかやぶき屋根の家はありますが
> 集落として、保存してゆくには、屋根の葺き替えや生活住居としては
> 経費も掛かり個人で残すのは無理なんでしょうね。

そうですね。やはり昔と違って経済というものがお金中心になってますから、
現代人はとにかく暇がなくああいうものの保存というのは大変だと思います。
残っていってほしいものですね。

> 雪解けの白川郷もいいでしょうね~

気持ちよい太陽のなかお散歩でした。
また行きたいです。

Re: No title

あんこさん コメントありがとうございます。

> 郡上八幡と白川郷、近いようで遠いですね。
> 私は白川郷には行ったことがありません。微妙に遠い。
> でも、こうやって見せていただくといいところのようだから、機会を見つけていってみます。

是非是非、いいところですよ。でも微妙に遠いのは確かです(笑)

> 春の収穫、奥さんのハンターの血がうずいているのでは?

次回はその記事です!

Re: No title

タヌ子さん コメントありがとうございます。

> 脱臼で縫合するって、本当に重度の脱臼だったんですね。

今でも腕が水平になるのがやっとなので、釣りができません。
もう少し辛抱が必要のようです。

> 3年前に白川郷に行ったのに、吊り橋を渡った記憶がない。
> バスの停留所は別のところにあったのかしら?

入口近くで降ろしてもらったのですかね。
なかなかいい感じのつり橋でしたよ。

> 観光ハイシーズンは原宿状態になるけれど、雪には遅く、桜には早い時期だから、ゆったり散策できてよかったですね。
> 私は試したことはないけれど、海外在住の日本人は自分でどぶろくを作ってる人が多いですよ。

人が少なくてよかったです。
どぶろくをつくるのは大変ですがお米は果物より手に入りやすいですからね。
リンゴのお酒なんかより難しいですが、容易にできますよね。

> 巨峰味の豆菓子?
> 日本人って面白い物を作りますね(笑)

まぁ、これがどういうわけかなかなか美味しいんですよ。
日本のお菓子はレベル高いとおもいますよ。
非公開コメント