05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アミガサタケ狩り2~カミさん今年最後のご出陣~

2016.04.24 14:48|カミさんの狩りのはなし
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

今日は今年最後のモリーユ狩りのお話です


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
主夫太郎夫婦がキノコ狩りを始めたのは去年のことでアミガサタケ(モリーユ)は去年は夢のキノコでした。土日しか休みの無いカミさんは普段は天気予報をみたり、気温や天気、僕の見てくるキノコの状態や場所をつぶさに記録し作戦、指揮を担当しています。僕の方はカミさんの指示により出動し、また偵察を繰り返しながら有用と思われる情報をカミさんに報告し、平日・休日の交通状況や経費、移動時間などを述べ来年に向けての作戦参謀の役割もします。もちろん学者ではないので実験その他は出来ませんし自然のものですから「必ずこうなる」という結論は出せませんが、仮説を立てそれを確かめ、10年後くらいにはかなり効率の良いキノコハンターになろうというのを目標にしてます。もちろん最初は色々経費もかかりますし辛抱も必要です。定説より早い時期に出かけて行って「やっぱり無い」と確かめたり、おいしそうなキノコがあっても敢えて取らず一週間観察して大きくなる具合や虫に食べられてしまう様、雨にうたれてどうなるかなどを観察することなども大事です。根こそぎ出ている分だけ採ることもできますがそうなると学ぶことが少なくなってしまうので去年と今年はそういうことはやっていません。キノコは強い生き物ですから根こそぎとってもそれが理由で居なくなってしまうことはなく、逆に何をしてもいなくなってしまうときはいなくなってしまうそうで、そういう観点から根こそぎとらないということはしませんでした。

さて、今年はカミさんの仕事が忙しく有給休暇がとれなくてカミさんは平日にアミガサタケを狩りにゆくことができませんでした。平日僕がキノコを採ってくると「うらやましい、うらやましい」を連発するものの、数を沢山収穫するのも大事だから僕に対して次の休日まで「採るな」とも言えません。キノコ狩りが大好きなのにお預けをくらっているカミさんが気の毒ですから、なんとかカミさんがキノコ狩りに行ける日に沢山採らせてあげたいと思うようになりました。キノコがでるポイントというのは主夫太郎とカミさんが足で稼ぎ何か所かあるのですが、いったいカミさんがキノコ狩りをできる休日にどこが一番よいポイントか?成長具合や天気を考え、効率を考えて複数のポイントを巡る道順などを設定するのはなかなか頭を使いました。平日は数を沢山採ることを控えて小さいのは残して置きますが他の人にポイントを知られると採られてしまうので目立つ場所にあるキノコは狩り、目立たないところにあるものを育てたりします。色々な不安がありましたが、ついにカミさんがご出陣する休日、朝早くポイントに行ってみると......

群生A20160424

よいしょ!!


群生B20160424

とりゃ!!!!


とアミガサタケが育っていてくれました。結果は.......

最後の成果20160424

138本


重量20160424

756グラム

でした。採集したあとはいつものようにお仕事があります。まずは洗って水につけて虫出しです。ハサミムシ、ムカデ、ナメクジなどなどいることが多いのですが、

虫だし20160424

デンデンムシの赤ちゃん

がいました。もちろん逃がしてあげましたよ。この後半分に切って水を切ります。カミさんは前日までお仕事をしていて、キノコ狩りの日は早起きだったからはやくお昼寝をして欲しいと思っていたのですが、お手伝いすると言って聞きません。よっぽど楽しかったのでしょうね。ということで、

天日干し20160424

天日干し

のお仕事をしてもらいました。時期から言ってカミさんのご出陣は今回で最後、あとは主夫太郎が末期になったモリーユを観察し、来年に繋げられるようにして行きたいと思います。ことしは450本以上、重さにして3キロ以上の収穫がありました。もう少し伸びるかもしれませんが、ひと段落というところですね。来年もキノコに恵まれますように。



スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

コメント

No title

すごい研究とその成果ですね。

こんな風に生えているんだ。

今年はもう無理っぽいけど、来年こそ頑張ろう。

赤ちゃんでもちゃんとでんでんむししていますね。

Re: No title

あんこさん コメントありがとうございます。

> すごい研究とその成果ですね。
>
> こんな風に生えているんだ。
>
> 今年はもう無理っぽいけど、来年こそ頑張ろう。

是非是非、4月頭からならきっと生えてますよ。

> 赤ちゃんでもちゃんとでんでんむししていますね。

そうですね。こんな小さいのですね。びっくりしました。
つっつくと目をちゃんとしまいます。

No title

でんでんむしの赤ちゃん、初めて見ました。可愛いですね。
モリーユがこんなに生えているところって都内なのですか?
キノコって本当に気候に左右されますよね。
フランスではここ数年ポルチーニの外れ年が続いていますが、モリーユもあの値段からすると、きっと外れ年が続いているのだと思います。
今年は犬にポルチーニの匂いをかがせて、トリュフ狩りならぬポルチーニ狩りをしようと目論んでいますが、ワンワンとお知らせが来る前に、犬のおもちゃと化して食いちぎられてしまいそうです。

Re: No title

タヌ子さん コメントありがとうございます。

> でんでんむしの赤ちゃん、初めて見ました。可愛いですね。

塩水で虫だしするときもあるんですが、塩をいれてなくて良かったです。

> モリーユがこんなに生えているところって都内なのですか?

都内でも50個くらい採れるところはありますが、それは運しだいですね。
実際は都内だと5つから10個くらいが普通です。
これは実家の方に向かう途中に見つけたシロです。ガソリン代はかかっちゃいます(笑)


> キノコって本当に気候に左右されますよね。
> フランスではここ数年ポルチーニの外れ年が続いていますが、
> モリーユもあの値段からすると、きっと外れ年が続いているのだと思います。

天気は大事ですよね。よく、キノコと鮎が両方調子のよい年はない、って言われます。
雨が降るとキノコは元気だけど、鮎釣りできないですからねぇ。

> 今年は犬にポルチーニの匂いをかがせて、トリュフ狩りならぬポルチーニ狩りをしようと目論んでいますが、ワンワンとお知らせが来る前に、犬のおもちゃと化して食いちぎられてしまいそうです。

あはははは。その辺りまで仕込めたら立派な猟犬ですね。今年はポルチーニ豊作ならいいですねぇ。
非公開コメント