05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

はじめてのカワハギ釣り~ウマヅラは海にお帰り~

2016.05.06 07:55|釣りと獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生と釣り人のみなさ~ん!!

主夫太郎はじめてのカワハギつりのお話です!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

主夫太郎がまだお料理ブログをしていたころ知り合ったyumiさん(←ポチリで彼女のブログへ)の旦那様に釣りを教えてもらうことが多い主夫太郎ですが、今回はまたまた新しい魚種にチャレンジさせて頂きました。タイトルにもあるようにカワハギです。今まで釣っていた魚というのは、所謂「向こう合わせ」と言ってお魚が餌を食べ十分針がお魚に引っかかるのを待って糸を巻きだすタイプの釣りでした。まぁ、魚が掛かったかどうかはゆっくり見極めればよかったのだけど、このカワハギというのはちょっと違います。カワハギの奴はエサ取り名人で糸を垂らして待っているだけでは常にエサをとられ続けてしまいます。カワハギ釣りのエサはあさりですが、あさりを針に付ける段階からかなり慎重にしないといけない。針をあさりの水管に通したあと、固い肝を縫うようにしてそのあと柔らかい肝の部分で針をかくし、しかも全体が小さくまとまる様につけなけりゃだめだそうで、ぶきっちょの主夫太郎にはこれが一苦労。釣り方も「こちら合わせ」というやつで、こっちが合わせます。ググッとエサを食べたな!とおもった瞬間に竿を素早く引き魚の口に針をひっかけます。ん~運動神経の鈍い主夫太郎には難しい釣りでした。

でも、幸運なことに一匹つれたあと、また掛かりました!!今度はかなり引く!重たい!!と思ったら水面に出てきたらウマヅラハギ!!!大きい!!!!と思って引き揚げようと思ったら針が外れて逃げられちゃいました。カミさんと二人ならあれ一匹でよかったのにぃ。と、そんな残念なこともありましたが、

カワハギ釣果20160505

カワハギ4つカサゴトラギス各1

という可愛らしいけど、夕飯には十分な釣果になりました。まぁ、宴会になりますわな、そりゃ。

カワハギお刺身A20150505

春菊のゴマヨゴシ、
カワハギのお刺身(肝醤油)、
カワハギの香菜和え

です。カワハギの香菜和えは胡麻油とお塩で味付けです。やはり自分の釣ったお魚は美味しいです。一度カワハギからはなれて、

カサゴ揚げ物20160505

カサゴの姿揚げ

です。片栗粉をまぶして揚げるだけなんですが我が家ではこれが大好き。一匹しかいなくてお刺身だと小っちゃくなっちゃうってのもあるけどもさ、あはははははは。

カワハギと昆布の出汁20160505

カワハギの骨は一番小さいのを骨煎餅にしたのだけど、それ以外は出汁をとりました。この出汁を使ってシャブシャブにしようと思ったのだけども、もうちょっと手をかけようってムラムラと思いました。そこで、お酒とお塩とお醤油で出汁に味を付けた後、

カワハギ碗A20160505

カワハギの糸づくりとウドをお椀の底に入れて、

カワハギ碗A仕上げ20160505

出汁を張りました。

シャブシャブのような楽しみ方もして欲しかったので少しカワハギを高く盛ってお好みで出汁と絡めてもらいました。そしたらカミさんが凄く喜んでくれたので、もう一つお椀を作ることにしました。

カワハギ碗B20160505

こちらはお湯通しした肝とカワハギを碗に置き、出汁に枝豆を加えトロミをつけてあんにして張りましたよん。これもカミさんから100点をもらえました。またカワハギ釣ったら作ろうと思います。

さてさて、気分よくなったところで主夫太郎の鬼門となる和風スパゲッティ―に挑戦することにしました。

モリーユカワハギ20160505

先月一生懸命採ったモリーユをカワハギの出汁で戻して、

モリーユとカワハギ20160505

モリーユとカワハギの出汁のクリームスパゲッティ―

をつくりました。昆布の出汁も案外スパゲッティ―に合ってカミさんも満足しましたよ。和風スパゲッティ―で自分で納得する美味しいものを作ったことがなかったのですが、これは美味しかったですねぇ。完全に和風かというとちょっと怪しいけども、まぁ、そのあたりは今後の課題ということで。

久しぶりの釣りでしたが凄く楽しかったです。鮎釣りが始まる前にまた海には出たいなぁって思います。


スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

コメント

No title

料理もきれいで美味しそうですね!カワハギ釣りはうちでは妻が上手で,以前は結構沢山釣ってきましたが,最近はご無沙汰です.春になると横須賀あたりにメバル釣りによくいってましたが,これもご無沙汰.そうこうしているうちにあなごの時期になりますね.これも去年は行ってないです.苦笑

行きたいと言ってるだけではいけませんよね.

No title

カワハギを楽しみましたね。
うちなら、刺身と煮付けか味噌汁で終わりかな。

椀物は料亭の料理にようです。

和風クリームパスタも美味しそう。
確かに完全に和風かといえば疑問もあるけど、美味しければそれが一番です。

Re: No title

ともぞうさん コメントありがとうございます。

> 料理もきれいで美味しそうですね!カワハギ釣りはうちでは妻が上手で,以前は結構沢山釣ってきましたが,最近はご無沙汰です.春になると横須賀あたりにメバル釣りによくいってましたが,これもご無沙汰.そうこうしているうちにあなごの時期になりますね.これも去年は行ってないです.苦笑
> 行きたいと言ってるだけではいけませんよね.

まぁ、釣りというのは、一度行かなくなると非日常化してしまい重い腰をあげるのが大変ですからね。
道具あるなら久しぶりに如何でしょう。
今年は太刀魚やりたいと思ってます。アナゴはなかなか不漁続きみたいですね。

Re: No title

あんこさんコメントありがとうございます。

> カワハギを楽しみましたね。
> うちなら、刺身と煮付けか味噌汁で終わりかな。

お!味噌汁ってのもいいですね。
肝が味噌にとてもあいそうでしすし。

> 椀物は料亭の料理にようです。

ありがとうございます。上品な味わいでした。

> 和風クリームパスタも美味しそう。
> 確かに完全に和風かといえば疑問もあるけど、美味しければそれが一番です。

昆布だしってのをパスタに合わせるのが初めてでした。
お醤油を合わせる自信はないんですがね。
もちろん美味しければどこの国の料理だってかまいませんよね。

No title

主夫太郎さん こんばんは(^^♪

カワハギ、わたしも釣ったことありますよ~♪
あの駆け引き、ちょっとした頭脳プレーですね。

肝醤油でいただくお刺身、ああ~羨ましい。

カワハギの糸づくりとウドのお吸い物。
シャブシャブとはまた違った味わいが美味しそう。
肝とカワハギと枝豆をだし汁餡でいただくなんて
夢のような贅沢ですね。

スパゲティに昆布のお味、わたしは好きですよ
昆布茶は必須アイテムです

もうすぐ鮎釣りですか、ワクワクしますね。

No title

カワハギもカサゴもフランスでは高級魚で、なかなか庶民の口には入りません。
カワハギは自然界でもアサリを餌としているのかしら?
だとすると、割と遠浅の海に住んでいるのかな?
それともアサリってかなり深い海の海底をも居住地としているのかしら?
などと、色々な疑問が湧いてきてしまいましたが、いずれのお料理も美味しそう。
こんなに新鮮なカワハギのお刺身が食べられる奥様がうらやましい。
和風出汁にクリームっていう発想が素晴らしい。
やっぱりそれぐらい柔軟じゃないと、新たな味には出会えませんね。
↓雑草は根っこから抜かないと、草むしりの意味はないですよね。
いずれにせよ、厄介な人がいなくなってくれて、9月まではのんびり暮らせますね。

Re: No title

はるさん コメントありがとうございます。

> カワハギ、わたしも釣ったことありますよ~♪
> あの駆け引き、ちょっとした頭脳プレーですね。

楽しいですよね。気が抜けませんけど。
また釣りたいです。

> 肝醤油でいただくお刺身、ああ~羨ましい。
> カワハギの糸づくりとウドのお吸い物。
> シャブシャブとはまた違った味わいが美味しそう。
> 肝とカワハギと枝豆をだし汁餡でいただくなんて
> 夢のような贅沢ですね。

これは本当に贅沢でした。
ほんのちょっと手を加えるだけなんですけどね。
贅沢って半分は時間のことですよね。

> スパゲティに昆布のお味、わたしは好きですよ
> 昆布茶は必須アイテムです

やっと使えるようになりました!!
進歩です!!

> もうすぐ鮎釣りですか、ワクワクしますね。

実は待ちきれません!!

Re: No title

タヌ子さん コメントありがとうございます。

> カワハギもカサゴもフランスでは高級魚で、なかなか庶民の口には入りません。

お魚に関しては日本に断然軍配があがりますよね。

> カワハギは自然界でもアサリを餌としているのかしら?
> だとすると、割と遠浅の海に住んでいるのかな?
> それともアサリってかなり深い海の海底をも居住地としているのかしら?
> などと、色々な疑問が湧いてきてしまいましたが、いずれのお料理も美味しそう。

どうなんでしょうね。カワハギの歯はものすごいですよ。
でも、むき身でしか釣れないからきっと天然では食べてませんよ。
大体20メートルから30メートルくらいの深さです。

> こんなに新鮮なカワハギのお刺身が食べられる奥様がうらやましい。
> 和風出汁にクリームっていう発想が素晴らしい。
> やっぱりそれぐらい柔軟じゃないと、新たな味には出会えませんね。

和風出汁+クリームは結構いいですね。
カツオ出汁と合うかどうかはわかりませんが、
昆布だしだったら喧嘩しません。

> ↓雑草は根っこから抜かないと、草むしりの意味はないですよね。
> いずれにせよ、厄介な人がいなくなってくれて、9月まではのんびり暮らせますね。

デコ広たらこ唇女にはもう少し復讐してやりたっかったですが、
まぁ、その分穏やかに暮らせるということで良しとします。

非公開コメント