05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

レゼジー

2014.07.08 08:28|2014ヨーロッパ旅行記
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヨーロッパ旅行記の続きだよ!!

今日はちょっと立ち寄った

小さな村のお話です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

朝チェックアウトをしようと思ったらジュリアロバーツはちゃんと時間通りにきていた。前日に付近の観光地をジュリアロバーツが解説してくれていた。日本で手に入るガイドブック(例えば「地球の歩き方」など)は電車やバスでの移動を前提にしているので現地人のジュリアのお勧めのポイントはあまり載っていない。それでも、ジュリアによると「レゼジーは美しいまちだから是非」ということなので、地球の歩き方にのってはいるけども次の目的地への途中ということもあり行ってみることにした。

レゼジーってのはとても小さな村で、とおり過ぎてしまいそうな村。今回の動画はなにも面白いものが映ってないのだけども、何も知らなければ通り過ぎてしまいそうな村というか、集落が観光の村になってる感じ、つまり、

何てことはないところに観光地がある感

が伝わればいいと思います。(動画:レゼジーに到着!!)道の両脇にあるのがレゼジーの中心地。ん~~これで観光地ってのは凄いなぁ。

レゼジー路駐20140703

そんでもってね、村に駐車場ってものがまともにないのよ。動画の画面に映ってるのだけど、みんな路駐。パーキングチケットをマシンで買って車のダッシュボードにおいておくらしいのだけど、ふんじゃ、取り締まるお巡りさんがいるかというと一度も見なかった。というかこんな小さい村にお巡りさんがいるのかどうか謎。

レゼジー朝市20140703

ホアグラなんかが有名らしく、朝市がたってたりして面白そうだったけど、主に缶詰なんか売っていてスルーしてしまった。

が、


後から得た情報によるとこれホアグラの生産者が直接売っていたかもしれないのよ。パリやリヨンで買うより断然安く手に入ったはずだから買っておけばよかったと、後悔先に立たず。情報を仕入れておくのは大事だ。上の写真のこの岩が村の売りでもあるのだけどそれは後ほど。

レゼジーを高い位置から20130703

ちょっと高い位置から見ても綺麗だけどこじんまりした村。ん~こんな牧歌的なところでパツ金美女と恋を語らってみたいと思うのはなぜだろう。映画「サマーストーリー」のせいかな(あれはイギリスの話だけどさ)。イモジェン・スタッブスが歩いていたら声をかけたくなる風景。

岩場の小道20140703

さて、こちらは朝市の写真の正面に映っている岩のふもと(動画で言えば道からみて左側)にあるいい感じの細道。この細道は生活道路みたいで、歩いて行くと両側に家が立ち並び、住人がおしゃべりなんかしている。

本当に人が住んでる20140703

もちろん、ボンジュール!なんて愛想を振りまきながら通りすぎてフランス大好き日本人をアピール。まぁ、挨拶というのはあたりまえのことだね、人の家の前通るんだから。観光客が写真を撮るくらいは全然気にしないみたいで、助かる。最近は妙にプライバシーだの何だのとうるさくなって日本では写真も撮りづらく、しかも公開しづらいので、このあたりなんとなく新鮮。

それにしても、岩と家近くありません?だってねぇ、

迫力のめり込み20130703

岩場に家がめり込んでいるのよ!!

ってことはあの大きな岩が家の上にせり出しているわけで、どうしてそんな状態で安眠できるのか、地震多発地帯の日本人には理解不能だ。ん~所変わればですね~。もともと洞穴に住んでた民族だし、なんとも思わないのかな(偏見かね)?


さてさて、レゼジーというのは実はね、クロマニヨン人の骨が見つかったところで有名なんですよ。最初の人類の骨が見つかったのは1868年。それから村が栄えたのか、人骨が見つかってから村ができたのかはしらないけど、まぁ、間違いない観光資源。こんな小さな村に国立先史博物館なる立派な博物館(2004年リニューアル)があってもちろんそこを見学した。

クロマニヨン人201407003

こちらがクロマニヨン大先生です。村の人からしたら「先生」つけたくらいでは足りないくらいありがたい存在のハズ。エマニエル夫人なんて映画作っちゃう国でも流石に大事なところでは葉っぱで隠している。当時の人類が葉っぱで大事なところを隠しているかどうかはわからないが、まぁ、妥当な展示だと思う。ちなみにエマニエル夫人は見たことないけど(見てみたい気もするが「今更な映画」なんだろうな)、エマニエル坊やは好きでした。リンリン電話がトゥナイトトゥナイト♪

食べたい鹿20140703

おお!こんな鹿がいたのか!!こんなの獲れたら、おれ興奮しちゃうな。1年分のお肉だよ!背ロースもたっぷりあるぞ、きっと!!と大興奮の主夫太郎。

洞窟の壁画も20140703

これはルフィニャック洞窟に描かれていた壁画だと思うのだけど(未確認)、でもヨーロッパにサイがいたらしいのよ。ん~~いついなくなっちゃったのか分からないけど、壁画として残っているのだからいたんだろうねぇ。寒くてもいいのか、サイって。


この博物館は屋上に出られるようになっていて、そこはあの岩場のえぐれたところ!!

トンネルを抜けると20140703

なにやら怪しいトンネルを抜けると....

クロマニヨンの像201400703

なんと大ざっぱなクロマニヨン人の像が!!

村を見守るようにたってます!そして、その隣には、

クロマニ嫁20130703


クロマニ嫁!!!



あはははは。クロマニヨン人と同じ方向をみてレゼジーの写真をパチリとしてました。
とこのあたりで次の目的地にということになり村を後に......

さようなら20130703

さよならクロマニヨン人!!

人類の明日に視線をおくるクロマニヨン人に僕等は世界平和を誓いました.....
ってのはちょっとウソ、あははははは。だって権力がないからそんな大それたことはお約束できませんな。まぁ、僕みたいな一般市民が平和を守るっていうのは、いっぱい食べて気持ちよくお風呂にはってぐっすり眠ってカミさんと喧嘩しないってことだね、あはははははは。




スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

コメント

No title

主夫太郎ちゃん、こんにちは!

レゼジー村って日本のガイドブックには載っていない観光地なんですね。
クロマニョン人の骨が出てこなくても、こんなこじんまりとした可愛い村だったら、行ってみたいです。
マルシェまでたっていいなあ。乙女心に火が付きました。(笑)ヽ(^。^)ノ

動画からも、良い感じの村がしのばれます。あんな石畳の上、車が走っていいんですね。

ヨーロッパにはこんな整然とした可愛らしい村、他にもいっぱいあるんでしょうね。

しかし、今にも落ちそうに感じる岩の下に平気で住んじゃうんですね。
所変わればとはいえ、びっくりです。

今回の旅行記も奥様への愛に満ち溢れてるね~~♡♡♡

↓の記事の鴨、上手に仕留めて、上手にお料理されてますヽ(^。^)ノ
火の通ったレアって理想的ですが、難しいのよね。。
とっても美味しそうに焼けてる!!血が滴りそうで滴ってない。。。(^^)v

>カニ炒飯、作ったら食べたくなるのわかっていますが、
あの日のメニューだとご飯のおかずがなーーい!って言われそうだったのであえて炒飯にしました。
自分の分も作ったのだから、確信犯ですね。。(笑)

No title

こんばんは。
モニターの食品で、生活費を少しでも稼ごうと思っています~(爆笑)

さて、ヨーロッパのこんな小さな村に滞在できたら良いな♪
缶詰ばかりのマーケット?きっと美味しいフォアグラがあったはず!惜しい!

小道の横のこの岩肌、ツルツルなのかな~上の方は、デコッパチのようにせり出している!どうしてこの形に岩がなったのか、とても興味があります。
そして、その下(中)に家が!何百年も崩れたことがないのか…この岩の形が鍵なのか…カッパドキアみたいに穴を掘っているのかしら?見ていると色々疑問や興味がわいてくる町ですね。
クロマニヨン人の化石が出るくらいだから、古くからの町なのでしょうね。
「地球の歩き方」に載っている観光地も捨てたものではないでしょう~

さすがハンター、最近動物(獲物)を見る目が違いますよ。動物園に行くとどんな風に、動物を見ることになるのかしら。思わず撃つ姿勢に構えたりして~^0^

No title

こんばんは。

ヨーロッパは都会もいいですけど、名もない?ような
小さな田舎町の方が惹かれます。
長閑で素敵な街ですね♪

あら、主夫太郎さん裸で登場?と思ったら
クロマニヨン大先生だったのですね(笑)
...ヘラジカですか??
アメリカで野生を見たことがあるのですが
こんなに大きいのに出会ったら恐怖だわ。
主夫太郎さんは、猟→食べる方へと
想像が働くのですね^^
さすがハンターです!!

No title

こんばんは~

ガイドブックにも乗らない小さな村
統一感のある建物の街並み、素敵です

せり出した岩の下に家!!!
岩の下に住むことで、安心感でもあるのかしら?(信仰心とか)
まあ、日本でも田舎人にから見ると、神奈川あたりの斜面に立ち並ぶ高層マンションや、熱海のあたりの恐ろしく急な坂の途中に立ち並ぶホテル
川辺にそりだした家とか、見ていて怖くなりますが・・・

動画の中のお二人、いつも仲の良さが伝わってきます

先日頂いたコメントをヒントに作らせて頂きました
リンクさせていただいています
宜しくお願い致します

No title

クロアチアのクラピナという町にあるネアンデルタール人の里を思い出しました。
クラピナも博物館以外には取り立てて観光すべきところはなかった気がする。
でも、レゼジーは崖の中に食い込んだ家を見るだけでも、一応観光する価値はありそう。
この辺りは原始人の博物館が多いですね。
博物館内のクロマニヨン大先生、合羽橋にいる金色の河童にちょっと似てるかも。
大事なところを葉っぱで隠しているというと、すぐにアダムとイブを思い浮かべるけれど、youtubeで『もしアダムがゲイだったら』を見てからというもの、アダムと聞いただけで笑いがこみ上げてきて困ってます。
崖の上のクロマニヨン人、夜にライトアップされてたら怖いですよね(笑)

主夫太郎さんこんにちは♪
レゼジー、素敵な町?村?じゃないですか〜〜!地元の人が外国人にお勧めしてくれるくらいだから、良いところなんでしょうね。フランス、というか、ヨーロッパって、日本人が知っている場所、観光地、大都市以外の、大部分の地方のことには無頓着になりがちですよね。よく知らないし…(私だけかな?)
こういう出会い、イイですね〜。旅の醍醐味です。私も旅に出かけたくなりました!

No title

クロマニョン人なら立派な観光資源だけど、有名観光地のはしごをする日本人には小さすぎてスルーなのかな?

岩と家の佇まいがヨーロッパ風ですね。
外国人が日本の山奥で和風住宅や茅葺をみて写真を撮る気持ちが何となく理解できました。

微妙なクロマニョン人(笑)日本人の感覚とここらも違いますね。

フォアグラ残念でした。

Re: No title

きりまりさん コメントありがとうございます。

> クロマニョン人の骨が出てこなくても、こんなこじんまりとした可愛い村だったら、行ってみたいです。
> マルシェまでたっていいなあ。乙女心に火が付きました。(笑)ヽ(^。^)ノ

ん~主夫太郎のルックスに対しても乙女心燃やしてほしいわん。

> 動画からも、良い感じの村がしのばれます。あんな石畳の上、車が走っていいんですね。

フランスの旧市街は特に石畳が多いけど、車がバンバン走ってます。
もちろん定期的に張り替えていますけどね。

> ヨーロッパにはこんな整然とした可愛らしい村、他にもいっぱいあるんでしょうね。

美しい村100選ってのがあるくらいですからね。
でも全然大したことない村もあるのよ。
この村は素敵な方です。

> しかし、今にも落ちそうに感じる岩の下に平気で住んじゃうんですね。
> 所変わればとはいえ、びっくりです。

地震がないってことは凄いことで、
石造りの塔なんかがそこかしこに建てられてますからね。
そんなのより安全なのかもしれません。

> 今回の旅行記も奥様への愛に満ち溢れてるね~~♡♡♡
> ↓の記事の鴨、上手に仕留めて、上手にお料理されてますヽ(^。^)ノ
> 火の通ったレアって理想的ですが、難しいのよね。。
> とっても美味しそうに焼けてる!!血が滴りそうで滴ってない。。。(^^)v

これがワインとあうのよ、赤ワインとね。

> >カニ炒飯、作ったら食べたくなるのわかっていますが、
> あの日のメニューだとご飯のおかずがなーーい!って言われそうだったのであえて炒飯にしました。
> 自分の分も作ったのだから、確信犯ですね。。(笑)

美人の確信犯って憎めないねぇ。美人は得です。

Re: No title

masakohimeさん

> モニターの食品で、生活費を少しでも稼ごうと思っています~(爆笑)

羨ましいですね。そんな生活してみたい。

> さて、ヨーロッパのこんな小さな村に滞在できたら良いな♪
> 缶詰ばかりのマーケット?きっと美味しいフォアグラがあったはず!惜しい!

全くです。ん~~旅の前半の方だったから荷物が重くなるのもなんだしって思っちゃったのよん。

> 小道の横のこの岩肌、ツルツルなのかな~上の方は、デコッパチのようにせり出している!
> どうしてこの形に岩がなったのか、とても興味があります。

川だったとも考えにくいし、えぐれた理由は分からんですねぇ。

> そして、その下(中)に家が!何百年も崩れたことがないのか…
> この岩の形が鍵なのか…カッパドキアみたいに穴を掘っているのかしら?
> 見ていると色々疑問や興味がわいてくる町ですね。

わざわざここに家をたてる理由がわかりませんな(笑)
まぁ、安全ならば問題ないですけども。

> クロマニヨン人の化石が出るくらいだから、古くからの町なのでしょうね。
> 「地球の歩き方」に載っている観光地も捨てたものではないでしょう~

地球の歩き方は車用のガイドではないので、
出てない村や街も沢山あります。

> さすがハンター、最近動物(獲物)を見る目が違いますよ。
> 動物園に行くとどんな風に、動物を見ることになるのかしら。思わず撃つ姿勢に構えたりして~^0^

もちろんですけど、ムクドリなんかが飛んでると傘もってるときは構えてたりしますよ。
流石に動物園は動物園で楽しもうと思います。
貴重な動物ばかりですからね(笑)

Re: No title

shoko♪さん コメントありがとうございます。

> ヨーロッパは都会もいいですけど、名もない?ような
> 小さな田舎町の方が惹かれます。
> 長閑で素敵な街ですね♪

退屈な街ではあると思いますが、
日本から休みをとってノンビリするのはこんな村の方がいいと思います。

> あら、主夫太郎さん裸で登場?と思ったら
> クロマニヨン大先生だったのですね(笑)

さすがに恥じらいくらいはありますよ(笑)

> ...ヘラジカですか??
> アメリカで野生を見たことがあるのですが
> こんなに大きいのに出会ったら恐怖だわ。

ヘラジカかオオツノシカかな。
僕もヘラジカかと思ったのだけど、角の形と博物館にいるってことから
オオツノ鹿かもしれませんね。

ヘラジカ見たことがあるんですか!!!!
いいなぁ。僕もいつか見てみたい。
食べてみたいけど、本当は。

> 主夫太郎さんは、猟→食べる方へと
> 想像が働くのですね^^
> さすがハンターです!!

そりゃそうですよ。
鹿見たら食べたい。
実は人間の本能ですよ(笑)

Re: No title

きゃりあさん コメントありがとうございます。

> 統一感のある建物の街並み、素敵です

村の景観は大事にしているみたいですね。
可愛い村でしたよ。

> せり出した岩の下に家!!!
> 岩の下に住むことで、安心感でもあるのかしら?(信仰心とか)
> まあ、日本でも田舎人にから見ると、神奈川あたりの斜面に立ち並ぶ高層マンションや、
> 熱海のあたりの恐ろしく急な坂の途中に立ち並ぶホテル
> 川辺にそりだした家とか、見ていて怖くなりますが・・・

あはははは。そういやそうですね。
日本でも大分危ないところあるなぁ。
そもそも、地震大国だからそれだけで怖いといえば怖いですね。

> 動画の中のお二人、いつも仲の良さが伝わってきます

喧嘩するとつまらんですからね。二人しかいないし。

> 先日頂いたコメントをヒントに作らせて頂きました
> リンクさせていただいています
> 宜しくお願い致します

ありがとうございます!!
うれしいなぁ、リンクして下さるの。

Re: No title

タヌ子さん コメントありがとうございます。

> クロアチアのクラピナという町にあるネアンデルタール人の里を思い出しました。
> クラピナも博物館以外には取り立てて観光すべきところはなかった気がする。

まぁ、何もないところだからこそ、骨なんか残っているのでしょうからね。

> でも、レゼジーは崖の中に食い込んだ家を見るだけでも、一応観光する価値はありそう。
> この辺りは原始人の博物館が多いですね。

洞窟も沢山あるみたいですよ。
まぁ、そのあたりは次回です。

> 博物館内のクロマニヨン大先生、合羽橋にいる金色の河童にちょっと似てるかも。
> 大事なところを葉っぱで隠しているというと、すぐにアダムとイブを思い浮かべるけれど、
> youtubeで『もしアダムがゲイだったら』を見てからというもの、
> アダムと聞いただけで笑いがこみ上げてきて困ってます。

みつけてみたら何かのCMのようですね。
理屈だとゲイだったとするともう一人人類の祖先がいないと。
いない異性には恋できない気もしますが(笑)

> 崖の上のクロマニヨン人、夜にライトアップされてたら怖いですよね(笑)

古代人なんだから夜くらい寝せてあげたいですね。

Re: タイトルなし

yumiさん コメントありがとうございます。

> レゼジー、素敵な町?村?じゃないですか〜〜!地元の人が外国人にお勧めしてくれるくらいだから、
> 良いところなんでしょうね。

いいところですよ。日本のガイドブックの扱いは凄く小さいのはしかたなく、
本当に交通の便が悪いです。周りは洞窟なんかあって沢山見どころはあるんですけどね。
今度はもう少しゆっくりまわりたいです。

> フランス、というか、ヨーロッパって、日本人が知っている場所、観光地、大都市以外の、
> 大部分の地方のことには無頓着になりがちですよね。よく知らないし…(私だけかな?)

そりゃそうですよね。
日本にくる外国の人も、東京、京都その他って感じなんじゃないですかね。

> こういう出会い、イイですね〜。旅の醍醐味です。私も旅に出かけたくなりました!

是非旦那様をドライバーにして旅してください。
楽しいですよ。

Re: No title

あんこさん コメントありがとうございました。

> クロマニョン人なら立派な観光資源だけど、
> 有名観光地のはしごをする日本人には小さすぎてスルーなのかな?

まぁ、交通の便が悪いですから仕方ないですね。
今回みたいな長旅なら組み込んでもいいと思います。

> 岩と家の佇まいがヨーロッパ風ですね。
> 外国人が日本の山奥で和風住宅や茅葺をみて写真を撮る気持ちが何となく理解できました。

可愛い木と石でできた村でした。
なんか素朴なおうちでしたね。
もちろん立派なおうちもあるんだけども。

> 微妙なクロマニョン人(笑)日本人の感覚とここらも違いますね。
> フォアグラ残念でした。

なんでこんなに大ざっぱな彫刻なのか(笑)
フォアグラはまた今度です。

おおお~~~

す・す・凄い所に家が~~~~
めりこんじゃってる!!!!

トナカイの角がすごくなっちゃった鹿に
抽象クロマニョン人
岩場の下から見ると
見送ってくれてる感じだーーーe-320

ひゃ~~隠れ観光地
見所満載じゃないですかー。
ホアグラget!ならずで残念ですねーーー
朝市で缶詰っていうのもビックリですが・・

またまた堪能させてもらいました♪

Re: おおお~~~

やちゃmaruさん コメントありがとうございます。

> す・す・凄い所に家が~~~~
> めりこんじゃってる!!!!

そうでしょう?なかなかの迫力でした。

> トナカイの角がすごくなっちゃった鹿に
> 抽象クロマニョン人
> 岩場の下から見ると
> 見送ってくれてる感じだーーーe-320
> ひゃ~~隠れ観光地
> 見所満載じゃないですかー。

もちろん有名な村なんだけど、どうも日本から行くのは結構大変なんです。
電車の発達具合は日本は凄いですよ。

> ホアグラget!ならずで残念ですねーーー
> 朝市で缶詰っていうのもビックリですが・・

ホアグラ欲しかったなぁ。
でも仕方ないですね。
今度いったら必ずケットしますよ。


No title

主夫太郎さん こんにちは(^^♪

あ~! 車が右を走ってる~!
お~! ナビが日本語しゃべってる~!
とことん田舎者のはるさんでした(-_-;)

その昔、海外渡航を制限される職業だったの。
(ご想像にお任せしまっす、今は割と自由にイケるみたいです。)
なので、外の国には一歩も出たことがありません。
ま、本州の方にしてみたら北海道も海外!?

レゼジー、なんとも落ち着く街並み。
絶対に日本では見ることができない風景ですね。
こういうトコを目的も持たずに尋ねるっていうのは贅沢ですね。

岩に囲まれた家‥飲み込まれそうな家?
なんとなく大自然に包まれてるっていう安心感があるような(^^)
実際に見たら怖いッて思うかな。

Re: No title

はるさん コメントありがとうございます。

> あ~! 車が右を走ってる~!
> お~! ナビが日本語しゃべってる~!
> とことん田舎者のはるさんでした(-_-;)

いやいや、やっぱ自分で今見ても不思議な風景ですよ。

> その昔、海外渡航を制限される職業だったの。
> (ご想像にお任せしまっす、今は割と自由にイケるみたいです。)
> なので、外の国には一歩も出たことがありません。
> ま、本州の方にしてみたら北海道も海外!?

ん~~スパイですか?あははははは。
まぁ、スパイってむしろ海外に出てゆく方かな、あはははは。


> レゼジー、なんとも落ち着く街並み。
> 絶対に日本では見ることができない風景ですね。
> こういうトコを目的も持たずに尋ねるっていうのは贅沢ですね。

時間はなによりのご馳走ですよ。
こんなところで日向ぼっこしてもいいわけですからね。

> 岩に囲まれた家‥飲み込まれそうな家?
> なんとなく大自然に包まれてるっていう安心感があるような(^^)
> 実際に見たら怖いッて思うかな。

そりゃ怖いですよ。ん~なんでこんなところに家作ったんだろうっておもいます。
住人はもちろん平気な顔してましたねぇ。

非公開コメント