02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

すずきとアオサで3品~すだての恵み1~

2016.06.10 08:30|釣りと獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とお魚好きの皆さ~ん!!

今日はスズキのお料理です!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

鬱陶しい梅雨になりましたね。もっとも梅雨も日本の自然、もっぱら主夫太郎が関心を持つのは食材ですけども、を豊かにする大事な季節ですよ。昔にくらべて梅雨に食中毒を気を付けなくてもよくなったのは冷蔵庫の大型化がありますかね。昔は余ったお菓子を戸棚にしまっておいてカビが生えちゃった!なんてことは普通にやる失敗でしたが、今はすぐ冷蔵庫に入れてしまうのでそんなことも少なくなったでしょう。ついついスマホなどのIT機器の進化などが生活向上のバロメーターにされたりしますが、根本的な生活向上というのはあまりにも当たり前のこと過ぎて感じられないところにありますよね(まぁ、冷蔵庫もコンピューターが入っているんですけど)。IT機器を全く利用しないわけではありませんが、なるべく時代に逆行しながら人生の楽しみを探そうとしている主夫太郎夫妻はお料理もついつい古典的なものになりがち。今回の記事も真新しいものはないですが、楽しんで頂けたらと思います。

さて、色々な食材をすだてで手に入れてきましたが、今回はすずきとアオサ(前回は海苔?って思ってましたが、あんこさんの指摘でアオサだとわかりました)を使ったお料理のレポートです。

すずき切20160609

やはり獲りたてのすずきは綺麗ですね。惚れ惚れしちゃいます。まだまだお魚を三枚におろすのが下手なのだけどもそれでもいい感じのツヤですねぇ。これを今回はパイ包み焼きにします。

のりソース20160609

今回使うファルスはアオサを使います。玉ねぎ、ニンニク、マッシュルームを炒めて冷ましたあと、アオサと卵を加えてミキサーにかけます。

ノリ乗せて20160609

すずきに乗せて

塗って20160609

包んで塗り塗り

といつもの作業をして、焼きます。まぁ、オーブンも昔は薪やガスでしたね。今は電気で完全制御。素晴らしい時代です。

パイ包み20160609

すずきのパイ包み焼き

の出来上がりです。もちろんソースはスズキの出汁使います。スズキの出汁にご自慢のモリーユを使いクリームを足した後、片栗粉で薄いトロミをつけます。火を下ろした後、卵液の余りで繋いだだけの単純なソースですがこれがこのお料理にはよく合いました。盛り付けがいい加減なのはかなり宴も進みかなり酔っぱらってからだからです。

さて、このアオサのソースをカミさんが気に入ってくれたのでこれを使って見ました。翌日挑戦したのがスズキのポワレ(すずきの出汁で蒸し焼きに)。

ソース塗って次20160609

皮の方にソースを塗って、薄く切ったジャガイモを乗せます。ウロコ模様になるように並べたつもりだったのだけども......

ジャガ焼き20160609

見た目は失敗!!

ジャガイモを張り付けた後に粉を振っちゃったのが良くなかったですね。

ジャガ焼きアップ20160609

カリッと焼けて身はふんわりだったので味は良かったですよ。アオサのほのかな香りが食欲をそそります。すずきはお刺身でもおいしいのでしょうけど、柔らかく火を通したときにやはり実力が出ますね。ふんわり甘く仕上がったすずきの身にカリッとしたジャガイモはよく合いますよ。まぁ、見た目は今後の課題でしょうな。精進します。

まぁ、それでも気を良くした主夫太郎、

みそと20160609

みそと合わせて

田楽20160609

すずきの田楽

作っちゃいました。これもまたまたアオサの香りがよくフンワリ焼けた身とよく合いましたね。本当は炭火使うと違うんだろうなぁって思うけど、それは引っ越してから挑戦かな。

どこの世界もそうだと思いますが、なかなか古典を超えるものを作るというのは大変ですよね。料理を商売にしているわけでもないので真新しさを追求する必要もないので、これからもどんどん古典に向かって行けたらと思いますよ。

スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

コメント

No title

どれも美味しそう。
折角手に入れたアオサを十二分に使っていますね。

私は、近所の海(100メートルぐらい)に行けば、いくらでもあると思うと滅多に使いません。

そうそう、スズキは私も刺し身よりも加熱した方が好きです。まあ、これも父親がすずき好きでしょっちゅう、刺身が出て来ていて逆に嫌になったのかも分かりませんが。

薪で沸かしたお湯が柔らかいとか、氷で冷やした方がいいとか聞きますがよくわかりません。

No title

アオサは善玉コレステロールを増やしてくれる素晴らしい食材だという番組を日本滞在時に見ました。
美味しくて、ヘルシー、言うことなしの食材ですが、外国で買えないのが残念。
鱸のパイ包み、美味しそう。
大分前に料理本でイサキにジャガイモを張り付けて焼く料理を見て、こちらで買える鱈の親戚みたいな魚で作ってみたことがあるけれど、身が崩れやすくて悲惨な姿になってしまいました。
そうか、鱸で作ればいいんですね。

Re: No title

あんこさん コメントありがとうございます。

> どれも美味しそう。
> 折角手に入れたアオサを十二分に使っていますね。

アオサ美味しかったです。生のアオサはいいですよ。

> 私は、近所の海(100メートルぐらい)に行けば、いくらでもあると思うと滅多に使いません。

いや、それなら是非是非!!!楽しいですねぇ。

> そうそう、スズキは私も刺し身よりも加熱した方が好きです。まあ、これも父親がすずき好きでしょっちゅう、刺身が出て来ていて逆に嫌になったのかも分かりませんが。
> 薪で沸かしたお湯が柔らかいとか、氷で冷やした方がいいとか聞きますがよくわかりません。

すずきは火を通して真価を発揮するとおもいますねぇ。
今後の課題でもありますね。色々な火の通し方研究したいです。

Re: No title

タヌ子さん コメントありがとうございます。

> アオサは善玉コレステロールを増やしてくれる素晴らしい食材だという番組を日本滞在時に見ました。
> 美味しくて、ヘルシー、言うことなしの食材ですが、外国で買えないのが残念。

これだけ日本食は流行るのに、海藻はどうも広がりませんよね。
昆布もワカメもアオサも生えているとは思いますけどねぇ。

> 鱸のパイ包み、美味しそう。
> 大分前に料理本でイサキにジャガイモを張り付けて焼く料理を見て、こちらで買える鱈の親戚みたいな魚で作ってみたことがあるけれど、身が崩れやすくて悲惨な姿になってしまいました。
> そうか、鱸で作ればいいんですね。

すずきでももう少し小さくした方が焼き安いです。
ポールボキューズではヒメジが使われてます。
ポールボキューズが使っているので、ヒメジならきっとフランスでも手に入りますよ。

非公開コメント