01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

あさりの定番料理~すだての恵み2~

2016.06.13 12:20|釣りと獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生の皆さ~ん!!

今日はあさりで普通のお料理さ

おいしそうだと思ったら主夫太郎に恋してね

あはははははは。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
すだてでの潮干狩りはやっているときは楽しいのだけども、帰ってきてからはなかなか大変です。なんて言っても、すぐにでも飲みだしたいのに魚も貝も処理しなければなりませんからね。砂を吐かせたらもちろん簡単なお料理しちゃいますよ。普通すぎてお料理ブログには載せられませんが、ハンターブログだから載せちゃいます!

ボンゴレ20160613

ボンゴレ

まぁ、こりゃ間違いなく美味しいですよ。理屈無しに美味しい。貝のうまみ成分であるコハク酸は、他のうまみ成分、グルタミン酸やイノシン酸と相乗効果がないそうです。なるほどシンプルに料理したくなるはずです。まぁ、理屈無しって言いながら理屈をこねてみましたが、こんな知識があると余計な実験をしなくて済みますね。もっとも歳を取ってきてから本当にシンプルなものが好きになったので若い人がやるような色々と組み合わせる料理のチャレンジはしなくなってしまいました。ん~老いるといろいろな欲が無くなって来ますが、そう考えると円楽(僕のなかではまだ楽太郎なんだけど)は凄いですねぇ。43歳の僕は今でも若い女の子と不倫なんて嫌ですなぁ、めんどくさいし。

アサリ串打ち20160613

こちらはあさりを剥いて、串に打って扇風機にあてながら一晩干しました。

一夜干し20160613

あさりの一夜干しwithすずきの肝の串焼き

です。まぁ、こりゃ強烈に旨みがでますよ。でも貝を生のまま剥くのが大変なのでそんなにつくりませんでした。残りは酒蒸しにして、

蒸して剥く20160613

剥きアサリ


を作りました。こりゃ大変でしたが砂もちゃんと洗ってとれるので後々使いやすいです。酒蒸ししたときに出る出汁はかなり濃いですね。これは薄めて使います。茹でちゃうと丁度よい味のスープがとれるのだけど、何と言っても量が沢山出来ちゃうから今回はこの方法。それでも3リットルくらいとれましたよ。というわけで、この出汁を贅沢に使います。1.5倍くらいに薄めて作ったのが、

アサリご飯20160613

あさりご飯

あはははははは。実に贅沢にあさり使っちゃってます。アサリはご飯が炊きあがってから入れます。出汁で炊いているので味はバッチリです。長い時間火をいれると固くなっちゃいますから最後に入れるのですが、そのときに茹でた茄子も加えました。結局、

茄子入り20160613

茄子あさりご飯

になりました。茄子はただ茹でただけで味を付けません。色止めに酢は使いましたけどもね。ついつい美味しいものを作ろうとするとじゃんじゃん工夫して味を付けちゃいたくなりますが、あさりの出汁が十分おいしいので、味のない茄子がたまに舌に当たるのはむしろおいしさを感じられると思います。まぁ、これも歳を取ったってことでしょうかね。

こんなあさりご飯にはこんなおかずは如何でしょうか?

花スッキーニ20160613

花ズッキーニとあさりの炒め物

なんの工夫もないものですがね。贅沢です。塩と胡椒だけです。コリコリとしたズッキーニの食感が好きなので、これもそういう風に仕上げてあります。ヨーロッパでは柔らかく仕上げる料理が多いそうですが、誰が何と言ってもコリコリのズッキーニが好きです。と、こんなお料理を作ると出てくるのが貝殻ですが、あれだけあると主夫太郎家のゴミ箱は.......

主夫太郎貝塚20160613

主夫太郎貝塚

となってしまいました。まぁ、このまま放っておけば3千年後くらいにまた偉い学者先生が発見して何とか貝塚になるのかもしれませんが、ごみの日に出しちゃいましたよ。まぁ、そりゃそうだよね、あははははははは。
スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

コメント

No title

おいしそうですね!いや,絶対美味しいはず.
元女子高生じゃないから恋はしないですけど.笑

No title

こんばんは~

歳をとりすぎた元女子高生は
完全にあさりのとりこです。
日本海側は満潮・干潮なんて見てもきずかないほどしか
海が変わらないので、潮干狩りと言うものを経験したことがありません
やってみたいですね~
ここ掘れワンワン みたいなイメージなんですが・・・

面倒くさがり屋(若い子に対してだけ)の主夫太郎さん
串刺しして一晩乾燥とか
バケツいっぱいのあさり剥きとか
中々粘り強い性格とお見受けします
忍耐ですよね。(だだちゃ豆剥きと同じだ)と思いました
けど
この料理を食べたら、達成感半端ないでしょうね~

No title

主夫太郎さん こんばんは(^^♪

「主夫太郎貝塚」、本当にすごい量ですね。

“あさりご飯”! ご飯が全く見えな~い!
あまりの贅沢さに口をあんぐりです。
あえて味をつけない茄子との組み合わせ、素晴らしいなあ。

串に刺したアサリの一夜干し、絶品なんでしょうね。
根気のいる仕事‥“愛”ですね。

No title

すごい量のアサリですね。
アサリご飯も贅沢の極み。

串に刺したのもおいしそうだけど、これは面倒なので無理かな。

しょうがたっぷりの佃煮も良さそうですね。

そうそう、何にでも濃い味をつけるのはよくないですね。濃いものと薄いもの、食感を楽しむものなどを色々組み合わせたいです。

Re: No title

ともぞうさん コメントありがとうございます。

> おいしそうですね!いや,絶対美味しいはず.
> 元女子高生じゃないから恋はしないですけど.笑

コハク酸は素直に美味しいですよ。
恋したいときは鍵コメでお願いします(笑)

Re: No title

きゃりあさん コメントありがとうございます。

> 歳をとりすぎた元女子高生は
> 完全にあさりのとりこです。
> 日本海側は満潮・干潮なんて見てもきずかないほどしか
> 海が変わらないので、潮干狩りと言うものを経験したことがありません
> やってみたいですね~
> ここ掘れワンワン みたいなイメージなんですが・・・

ここ掘れわんわんっていうより宝さがしって感じです。
手先に神経を集中させてアサリを探す感じ。

> 面倒くさがり屋(若い子に対してだけ)の主夫太郎さん
> 串刺しして一晩乾燥とか
> バケツいっぱいのあさり剥きとか
> 中々粘り強い性格とお見受けします
> 忍耐ですよね。(だだちゃ豆剥きと同じだ)と思いました
> けど

料理は愛情ってのはこの粘り強さのことを差していると思いますよ。
豆も剥くの大変ですがあれも愛情ないとできませんよね。

> この料理を食べたら、達成感半端ないでしょうね~

達成感があるのは僕だけですから、ついつい過剰に反応を求めちゃいます(笑)
確かに半端ないですよ~。

Re: No title

はるさん コメントありがとうございます。

> 「主夫太郎貝塚」、本当にすごい量ですね。

こればかりは食べられませんからそのまんまゴミになっちゃいます。
口開いてるからなおさらカサマシされますよ~。

> “あさりご飯”! ご飯が全く見えな~い!
> あまりの贅沢さに口をあんぐりです。
> あえて味をつけない茄子との組み合わせ、素晴らしいなあ。

これは本当に美味しかったですね。
ご飯と味噌汁だけで大満足、ご馳走なんですよ!

> 串に刺したアサリの一夜干し、絶品なんでしょうね。
> 根気のいる仕事‥“愛”ですね。

愛ですよ。手間と愛は料理に関しては同義語ですよね~。

Re: No title

あんこさん コメントありがとうございます。

> すごい量のアサリですね。
> アサリご飯も贅沢の極み。
> 串に刺したのもおいしそうだけど、これは面倒なので無理かな。

ご飯は贅沢ですよ。串刺しは大変。珍味の部類ですかね。

> しょうがたっぷりの佃煮も良さそうですね。
> そうそう、何にでも濃い味をつけるのはよくないですね。濃いものと薄いもの、
> 食感を楽しむものなどを色々組み合わせたいです。

美味しいものとうまみタップリのものは同じじゃないですよね。
歳をとてから気付きました。
非公開コメント