05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

さよなら北海道~魅惑の摩周ブルーと大地の息吹と~

2016.07.22 16:49|国内旅行
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生と道東ファンのみなさ~ん!!

今回で北海道旅行記終わりですよん


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

我々の夏の北海道旅行も終わりの日が来た。思えば色々なことがあったのだけども一つとして嫌なことが無かったのは実に素晴らしいことだったと思う。最終日は空港に向かうだけなんだけど、お昼くらいの飛行機なので寄り道でもと気軽に考えていた。セブンレイクスのオーナーのアドバイスで硫黄山に行くことにしたのだがその前に摩周湖に寄ることにした。オーナーにお別れを言ってハンドルを握ると、旅情からか自然に知床旅情のあの歌詞(3番)を口ずさんだ。

別れの日は来た~♪羅臼の村にも~♪

君は出て行く~♪峠を越えて~♪

あれ?羅臼の村から出て行くのに峠を越えるってなると.....知床峠だなぁ。ってことは行き先は斜里か。斜里も知床半島にあるぞ。ふんじゃ、まだまだ知床の旅続くんだねぇ。3番になってもまだ知床の旅行が続くっていう歌だったんだ!43歳になるまで全然気が付かなかった。な~んてどうでもよいことを考えていた僕に神様が用意してくれていた摩周湖の景色は...

摩周湖A20160722

青く

摩周湖B20160722

そして青く

摩周湖C20160722

また青かった!!


おおお!!!これは素晴らしいじゃないか!!大学生の時は湖一面が雲海だった。もちろんレアな素敵な景色だったが、やはり湖面が見える方がいいな。カミさんも凄く喜んでくれた。第二展望台で会ったおじさんは福井から来ていて摩周湖を訪れるのは50回目だそうだ。写真が目的らしく三脚を立ててカメラを2台持ってパチパチやっている。摩周湖の愛を熱く語るおじさんの話によると「この日は8割以上見えてる」、つまり80点以上の景色とのこと。

「大抵の季節は見てる。私が見てないのは樹氷だけや」

とおじさんは言う。なるほど50回来ていても冬やってくるのは大変な様だ。でもそうやって口に出すのだから是非一度は装備を整えて樹氷の景色を見てみたいに違いないと思って、

「それなら、この冬は樹氷の摩周湖見てみたいですね」

なんて話を合わせると

「いやいや、寒くてかなわんわ。樹氷はいいや。」

「・・・・・・・」

なんとおじさん摩周湖愛を散々語ってたのだが寒い思いをしてまで樹氷は見てみたいとは思わないらしい。やはり会話というのは難しい、というより、人というのは難しいものだ。おじさんはその後も色々摩周湖について語ったが樹氷に対する思いを口にすることはなかった。

第一展望台の駐車場は有料だが来て良かった。お土産もよかったし、なんと言ってもこんな名物が!!

摩周ブルー20160722

摩周ブルー(300円)

というソフトクリーム!!素晴らしいじゃないか!果てしなく青い摩周湖に感動したあとだったら誰でも買いたくなるソフトクリームだぞ!ミックスの「霧」にも惹かれる。もちろん、摩周湖オリジナルソフトだろうな。バニラ味のソフトクリームに「ブルーハワイ」のあのシロップを入れているような安易な作り方ではないだろう。ん~そうじゃない気がする。多分ちがう...食べてみたのだがブルーハワイと同じではなかった。いや、同じだと思いたくない。まぁ、本当のところはどうでもいいんだ!とにかく主夫太郎は旅情と味わう摩周ブルーをオススメします。と、後で写真をよく見ると一番右上の「濃厚ミルク」って摩周ブルーより100円高い400円だ。ってことはこれが一番のお勧めってことなの??????な、な、

なんだかなぁ

あはははははは。主夫太郎、勝手に空回りです。もちろん皆さんはお好きなものを食べて下さいね。

この後訪れたのはオーナーオススメの硫黄山です。まぁ、火山ですね。

写真硫黄山20160722

こんな美しい「硫黄の景色」が間近に見られて素晴らしい景色です。温泉卵も売ってますよん。まぁ、写真よりも二つの動画で見てもらいましょうかね。









硫黄山を後にして、最後は、

美幌峠から20160722

美幌峠でお別れ告げて

目の前にあるのは屈斜路湖、前日ヨットで走った和琴半島が見えます。狩りの季節と違う北海道、まだまだ魅力を発掘できそうですが、今回はここまでです。


スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

コメント

お疲れ様でした~!

知床峠に屈斜路湖でのヨット、
摩周湖に硫黄山、そして美幌峠と、
実に濃い道東旅行でしたね。

しかし摩周湖おじさんの一言には笑いました。
50回(!)も道東に足を運んでいる人でも、
北海道の冬の寒さというのは辛いものなんですね。

実際に住んでいるとそれが当たり前になってしまうのか、
マイナス15度くらいでも「今日はあったかいね」
なんておとなりさんと話しているんですが…。
こちらの感覚が麻痺してるんでしょうか(笑)。

樹氷は真冬、狩猟で山に入った時によく見ます。
晴れていると爽やかで綺麗な景色なんですが、
真っ暗に曇ってくると童話の世界に入り込んでしまった
ような錯覚を覚えて、途端に不気味に見えます。

晴れた日の「夜」に見る樹氷はまた幻想的で綺麗です。
同じ樹氷なのに状況で見え方が変わってくるのは不思議ですね。

No title

夏に摩周湖が見える確率は半々だそうなのでよかったですね。

ソフト、濃厚をかっちゃいそうですが、折角なので濃厚にもそれらしいネーミングをしてほしかったと思います。

硫黄岳、私も行きました。まあ、30年も前のことですが、ひたすら臭かったという記憶しかありません。

また、行きたいけどあと5年は無理かな。

背中の哀愁がいいですね。

こんばんは~♪

摩周湖 真っ青~~~~
私が行った時は霧が、かかってて
綺麗に見えなかったんです。。。。
2度も(笑)

こんなに綺麗だったんですねー
やはり リベンジしたい♪

この時もやはりバスガイドさんが
布施明の摩周湖の唄?
を、歌ってもらいましたね~
あのマイクを通した声が
すごく素敵で上手だったのを覚えてます。

硫黄山の所にもソフトクリーム売ってませんでしたか~?
そこで食べた記憶があるんですけど・・
記憶違いかなー(*´艸`*)

黄昏てる主夫太郎さんの美幌峠で
北海道旅 終了~~~
少し寂しいですねー!!

もしかして北海道食材での
レシピがあるとかとか(* ^ω^)ゞ
期待してるのですが・・・ニャハハ。。。

No title

こんにちは(^^♪

北海道滞在中、ずっと良いお天気に恵まれて良かったですね。
どの空も真っ青、日頃の精進のたまものですね。

ハッカようじ、50キロ道なり、ホタテの燻油漬け、野生の鹿、
撮ってください看板、ウニいくら丼、知床旅情、摩周ブルー
しっかりポイントを押さえた周遊プラン、さすがです。

摩周湖、私も2回行きましたがどちらも素晴らしい青!
お互い、日頃の行いが良いせいでしょう。
あ、売りは「霧の摩周湖」でしたよね。

再び猛暑の日々‥お疲れがでませんように。

Re: お疲れ様でした~!

鈴木さん コメントありがとうございます。

> 知床峠に屈斜路湖でのヨット、
> 摩周湖に硫黄山、そして美幌峠と、
> 実に濃い道東旅行でしたね。

旅行中はとても楽しかったのですが、
帰京当日はぐったりしてしまいました。
それくらいのめり込んでいたのだと思います。
また行きたいですねぇ。

> しかし摩周湖おじさんの一言には笑いました。
> 50回(!)も道東に足を運んでいる人でも、
> 北海道の冬の寒さというのは辛いものなんですね。

本当に北海道を知っている本州の人の発言なのかもしれませんね。
僕なら気楽に樹氷をみたい!って言ってるかもしれません。

> 実際に住んでいるとそれが当たり前になってしまうのか、
> マイナス15度くらいでも「今日はあったかいね」
> なんておとなりさんと話しているんですが…。
> こちらの感覚が麻痺してるんでしょうか(笑)。

想像つかない感覚です。
-15度ってお水がすぐ凍っちゃいますよね。
ワンちゃんも外で飼えないですねぇ。

> 樹氷は真冬、狩猟で山に入った時によく見ます。
> 晴れていると爽やかで綺麗な景色なんですが、
> 真っ暗に曇ってくると童話の世界に入り込んでしまった
> ような錯覚を覚えて、途端に不気味に見えます。
> 晴れた日の「夜」に見る樹氷はまた幻想的で綺麗です。
> 同じ樹氷なのに状況で見え方が変わってくるのは不思議ですね。

光の具合で色々な感じで見えるのですね。
摩周湖おじさんは写真集で色々見ているようですが
綺麗な樹氷ばかりでしょう。不気味に見える樹氷から幻想的な樹氷まで、
興味はあるけど摩周湖おじさんの一言がかなり重く感じられて、
今のところ僕も勇気は出ていません。
でも、いつか見られたらいいかなと思います。



Re: No title

あんこさん コメントありがとうございます。

> 夏に摩周湖が見える確率は半々だそうなのでよかったですね。

本当に綺麗でした。素晴らしい青でしたよ。

> ソフト、濃厚をかっちゃいそうですが、折角なので濃厚にもそれらしいネーミングをしてほしかったと思います。

そうなんですよ!!
なんで濃厚ソフトっていう正攻法なのか???

> 硫黄岳、私も行きました。まあ、30年も前のことですが、ひたすら臭かったという記憶しかありません。
> また、行きたいけどあと5年は無理かな。
> 背中の哀愁がいいですね。

硫黄山、もちろん臭いですけどね。旅の終わりはいつも寂しいものです。

Re: こんばんは~♪

やちゃmaruさん コメントありがとうございます。

> 摩周湖 真っ青~~~~
> 私が行った時は霧が、かかってて
> 綺麗に見えなかったんです。。。。
> 2度も(笑)

そういうことも結構普通みたいです。
霧も一つの名物ではありますよね。

> こんなに綺麗だったんですねー
> やはり リベンジしたい♪
> この時もやはりバスガイドさんが
> 布施明の摩周湖の唄?
> を、歌ってもらいましたね~
> あのマイクを通した声が
> すごく素敵で上手だったのを覚えてます。

霧の摩周湖ですね。
ガイドさんの歌がうまいともちろんバスツアーは盛り上がりますよね。
美人だともっといい!!

> 硫黄山の所にもソフトクリーム売ってませんでしたか~?
> そこで食べた記憶があるんですけど・・
> 記憶違いかなー(*´艸`*)

一目散に卵を目指したので見てませんでした。


> 黄昏てる主夫太郎さんの美幌峠で
> 北海道旅 終了~~~
> 少し寂しいですねー!!
> もしかして北海道食材での
> レシピがあるとかとか(* ^ω^)ゞ
> 期待してるのですが・・・ニャハハ。。。

今回は食べ物は抜きです(笑)
いつも食べてばかりですからね。
猟解禁からはまた逆に食べ物ばかりです。
また行きたいなぁ。

Re: No title

はるさん コメントありがとうございます。

> 北海道滞在中、ずっと良いお天気に恵まれて良かったですね。
> どの空も真っ青、日頃の精進のたまものですね。

ありがとうございます。北海道の空は広くて青くて素敵でした。

> ハッカようじ、50キロ道なり、ホタテの燻油漬け、野生の鹿、
> 撮ってください看板、ウニいくら丼、知床旅情、摩周ブルー
> しっかりポイントを押さえた周遊プラン、さすがです。

出会った全てが素晴らしかったですねぇ。
楊枝は特に楽しいアイテムでした。

> 摩周湖、私も2回行きましたがどちらも素晴らしい青!
> お互い、日頃の行いが良いせいでしょう。
> あ、売りは「霧の摩周湖」でしたよね。

2回行って両方素晴らしい景色とは、
よっぽど行いが良いのでしょう。
5回行ってダメな人もいるみたいですから。

> 再び猛暑の日々‥お疲れがでませんように。

しばらく本州で暑さに耐えなければなりません。
考えるだけでぐったりです。

No title

>一つとして嫌なことが無かった。
ここ数十年、そんな旅行はした記憶がありません(苦笑)
摩周湖、私が訪れた時は雲一つない青空で、鏡のような湖面でした。
地元の人にこんな摩周湖を見てしまった女性は嫁に行けないよ!と言われたのですが、その当時はうら若き乙女だったので、あと2年後ぐらいに結婚するもんね~と鼻で笑っていたら、その言葉通り見事に行き遅れました(笑)
当時はこんなソフトクリームはなかったはず。
あったら絶対濃厚ミルクを選んでいたはず(濃厚という言葉に弱い)。
硫黄山、画像から強烈な硫黄の匂いが漂って来そうなほど迫力ありますね。

Re: No title

タヌ子さん コメントありがとうございます。

> >一つとして嫌なことが無かった。
> ここ数十年、そんな旅行はした記憶がありません(苦笑)

あらら。旅行は楽しくやりたいもんですね。

> 摩周湖、私が訪れた時は雲一つない青空で、鏡のような湖面でした。
> 地元の人にこんな摩周湖を見てしまった女性は嫁に行けないよ!と言われたのですが、その当時はうら若き乙女だったので、あと2年後ぐらいに結婚するもんね~と鼻で笑っていたら、その言葉通り見事に行き遅れました(笑)

まぁ、素敵な御主人様と巡り会えたのですから、摩周湖に感謝ですよ。
もっとも、婚期を遅らせた摩周湖の方も、まさかフランスまで行ってしまうとは思ってなかったでしょうが。
もう少し色々な摩周湖をみてみたいですね。
「鏡のような」摩周湖見てみたいです。

> 当時はこんなソフトクリームはなかったはず。
> あったら絶対濃厚ミルクを選んでいたはず(濃厚という言葉に弱い)。
> 硫黄山、画像から強烈な硫黄の匂いが漂って来そうなほど迫力ありますね。

濃厚は確かに魅力はありましたが、
摩周ブルーのネーミングにやられました(笑)

硫黄山は卵食べたくなる匂いでしたねぇ。そのせいで卵を買っちゃいました。

非公開コメント