07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

昨季の猟果から7~鹿の始まり~

2014.07.17 22:46|猟と獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日はもしかしたら、

元女子高生にはきついかも。

無理なさらずに、

読まなくてもいいのよん。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いよいよ、昨季の猟果の紹介も最後の獲物となりました。エゾ鹿です。本州の鹿も狩りにいったのですが、獲れませんでした。本州の鹿とエゾ鹿は一般には狩りの仕方が違います。本州の鹿はなるべく多くの人が鉄砲を持って山を囲い、犬を連れた勢子という人が鹿を追いかけ、逃げて来た鹿を誰かが撃ちます。もちろん逃げられちゃうこともありますよ。いくら大人数でやってももちろんうまく行かないことはあります。この方法を巻狩りといいます。なかには一匹オオカミで鹿を追う人もいるらしいですが、そうすると本当に沢山の犬が必要だそうです(詳しいことはハンター一年生の僕には本当はわかりません)

一方、北海道道東の方でやるエゾ鹿のハンティングは、基本は「流し」と言われる狩猟方法で、車で林道を走りつつ鹿を探し、鹿を見つけたら車から降りて道から外れ(そうしないと違法です)そこで撃ちます。去年は鹿を「駆除」すると貰える報奨金が凄く上がり、みんなが鹿を追いかけた御蔭で、全くもって鹿が臆病になっていたので、本当に大変でした。大変でしたといっても初めてやるエゾ鹿猟なので大変な状態で初猟を迎えたというわけです。

そんななか、本当に幸運なことに一頭だけ巡り会い、そして.....

初めての鹿20140717

仕留めました。ガイドの人が僕よりも喜んだくらい、とにかく鹿をとるのにはきつい季節に行ったのですが、こんな幸運はなかったと思います。初めての銃、初めての弾、初めての土地でよく外さないで当たったとおもいますね。腕ではなくて運であることは射場に行って撃ってみるとよくわかります。

この鹿は本州にいる鹿の大人くらいの大きさですが、小鹿(メス)です。小鹿を撃つなんて!というご意見もごもっともですが、一方この時期に親とはぐれて(多分親が撃たれて)しまった小鹿はなかなか厳しい冬を越せないそうです。自然というのはやはり厳しいものですね。だから可哀そうではない、なんて思いませんが、少しだけ心の痛みが軽くなりました。僕の最初の獲物は鴨、続いて鳩でその次にこのエゾ鹿でした。嬉しい反面、とうとう大きな動物の命を奪ってしまったといういくらかの動揺があったというのが正直なところです。もちろん頂いた命に感謝しなければならないことは頭で分かってましたが、本当に心の奥から「頂いた命に感謝するべきだ」、「生きることというのは他の生物の命を頂くということだ」と理解できたのはこの鹿をお料理して頂いてからだったと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




さて、お料理のお話にしましょう。
なんにしろ鹿を一頭取ったので全て僕のものです。胃や腸などは食べないようですが、その他の内臓は結構食べるみたいですね。腎臓のお料理の仕方が僕は分からなかったのでガイドの人に処分をお願いしましたが、それ以外はもらってきて食べました。特に変わった調理法ではないのですが記録しておこうと思います。

鹿タン2014416

こちらは鹿のタン。小鹿ですから小さいですが、脂分がある立派なご馳走です。

鹿のタン2014416

塩味で炒めました。ちょっと隠し包丁なんかいれて食べやすいようにしてあります。ハンターならではですねぇ、これを食べられるのは。


さて、お次は.......
鹿肝臓2013416

肝臓です。もちろん獲ったあと解体して、すぐ水に浸けて血抜きをすると全然臭くなく頂けます。まぁ、何にするかと言えば、

鹿レバニラ2014416

レバニラ炒め

です。ほんのちょっとのお醤油とお塩と胡椒かな。味醂で少し甘目にしてあります。

鹿って甘いタレとよく合うんですよ。

鹿あばら照り焼き2014416

そんな甘いタレと本当によく合うバラの部分を照り焼きにしました。鹿のバラは本当に食べるところが少ないんですよ。豚や牛のように、たっぷり肉が付いてないから骨と一緒に焼いてしゃぶるようにして頂きます。これも市場にはなかなかでまわらないですねぇ。感謝しながら頂きました。

鹿心臓2014416

最後になりましたが、こちらが小鹿の心臓です。ものすごく大きいのがわかりますかね。僕のこぶしをはるかに超える大きさです。これが子どもの心臓。

鹿心臓炒め2014416

筋肉質です。鶏のハツなどもあまり旨みを持っていないから、鹿もそうかなぁって思って茸で旨みを足し、お醤油炒めにしました。こういう内臓系をオシャレな料理にしてもいいのですが、なんにしろ初めてのことで難しかったのと、他のお肉は後日宅急便で届くのですが、内臓系は悪くなるので、クーラーボックスにいれて当日持ち帰ります。それで、くたびれて帰ってくるとそうそうお料理がおもいつかないのよ。お酒や塩を振って鮮度を保つ工夫をしたらぱっと作れるものをつくっちゃう感じでしたねぇ。今度は考えなきゃいけません。


さて、今後は鹿のお料理についていくらか書いてゆこうとおもいます。ネタが無くなったら、まぁ、ハンターブログではなくなっちゃうね。釣りがいくらかネタがあるから、それでつないで、来季を待とうと思います。

スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

コメント

harusnn

主夫太郎さん こんばんは(^^♪

こちらで鹿、撃たれたんですね。
おめでとうございます。
ボディに傷が見当たらないということは頭部に命中ですか‥?
食用のため狩る時は、頭部を狙わなくてはダメと聞いたことがあります。
もうこれは運じゃ無くて実力ですね。

こちら、一部のスーパーでは鹿のロース肉などが定番で売られていますけど
さすがに内臓系は‥まさに仕留めた人の特権ですね(^^)

子鹿を撃つ‥可哀想って言うのは簡単ですけど鹿の食害はかなりひどい状況。
一時手厚く保護したツケが今になって現れた感じですね。
最近は、飼われていたアライグマが野生化して畑のトウモロコシが全滅なんて
こともあるそうなの。
共存共栄‥難しいですね。

No title

我が家に遊びに来る鹿ちゃんも、親とはぐれてしまった小鹿のようです。
フランスでは、森の中に餌を置き、鹿やイノシシがそれを食べてるところを撃つという、姑息な手段に出る輩が多いのです。
規模の大きな森では、昔ながらの乗馬スタイルの猟をする人もいるようですが、それはほんの一部で、大半はおびき寄せ作戦の洋です。
それにしても、車を走らせながら鹿を見つけるって、流石北海道、スケールが違いますね。
ゲームミートはちょっと甘めの味付けが合いますよね。
クロアチアではそれほど食べなかったけれど、お隣のスロヴェニアやオーストリアでは鹿のベリーソースをよく食べてました。
ここまで無駄なく食べてもらえれば、鹿さんも撃たれ甲斐(?)があるってものですよね。

No title

主夫太郎さんこんにちは!
鹿、まだ食べた事ないのー。
脂身のあるお肉は苦手だから、赤身のお肉な感じから見ると好みな感じ♡
レバニラがすっごくすっごくおいしそう!
レバニラ大好き!
心臓すごいね!心臓の形だ!
縦に切って心室と心房の様子をじっくり観察したくなるこれ。
心臓おっきいんだねー。あんだけ動き回るからでっかくないと必要な血液送り出せないのかなぁ。
この一番最初の写真、すっごく覚えてるー!!
まっっっったくうれしそうじゃない表情!笑

Re: harusnn

はるさん コメントありがとうございます。

> こちらで鹿、撃たれたんですね。
> おめでとうございます。
> ボディに傷が見当たらないということは頭部に命中ですか‥?
> 食用のため狩る時は、頭部を狙わなくてはダメと聞いたことがあります。
> もうこれは運じゃ無くて実力ですね。

ネックショット(首)とまで言い切れるかわかりませんが、可食部分には当たってません。
頭を狙ったけど、ちょっと下にずれたみたいです。

> こちら、一部のスーパーでは鹿のロース肉などが定番で売られていますけど
> さすがに内臓系は‥まさに仕留めた人の特権ですね(^^)

釣りも猟もやってみると、狩人の特権があるってわかりますよね。
だからやめられないです。

> 子鹿を撃つ‥可哀想って言うのは簡単ですけど鹿の食害はかなりひどい状況。
> 一時手厚く保護したツケが今になって現れた感じですね。

去年から酷いくらいの駆除をされてます。
もちろん個体数をある程度維持するのは大事なんだけども
食文化も大事ですしね。
生態系なんて人間の浅知恵ではどうしようもなく、ある程度左右にふれるのでしょう。
沖縄に放たれたマングースみたいに結局駆除に躍起になったり。

> 最近は、飼われていたアライグマが野生化して畑のトウモロコシが全滅なんて
> こともあるそうなの。
> 共存共栄‥難しいですね。

何事もやりすぎてはいけないですが、アライグマの駆除は必要みたいですね。
ただ、たべられないからどうしても獲る気にならないです。


Re: No title

タヌ子さん コメントありがとうございます。

> 我が家に遊びに来る鹿ちゃんも、親とはぐれてしまった小鹿のようです。

まぁ、これから夏ですからね。撃たれなければ大丈夫ですよ。


> フランスでは、森の中に餌を置き、鹿やイノシシがそれを食べてるところを撃つという、
> 姑息な手段に出る輩が多いのです。

流石に餌付けした奴を撃つほど、ゲームミートにこだわろうとは思いませんねぇ。
やはり「狩り」の結果のお肉であって欲しいです。飢えてこまっているなら別ですけどね。

> 規模の大きな森では、昔ながらの乗馬スタイルの猟をする人もいるようですが、
> それはほんの一部で、大半はおびき寄せ作戦の洋です。

貴族の様な猟は難しいですね。

> それにしても、車を走らせながら鹿を見つけるって、流石北海道、スケールが違いますね。

待ち猟は寒くて人間が参っちゃいますからねぇ。
運ぶのも大変なんですよ、鹿が大きいから。
車がないと何もできません。

> ゲームミートはちょっと甘めの味付けが合いますよね。
> クロアチアではそれほど食べなかったけれど、お隣のスロヴェニアやオーストリアでは鹿のベリーソースをよく食べてました。
> ここまで無駄なく食べてもらえれば、鹿さんも撃たれ甲斐(?)があるってものですよね。

初めての四足の獲物でしたからね。心を籠めてお料理しました。
もちろんこれからも無駄にしないようにしたいです。

Re: No title

yuriさん コメントありがとうございます。

> 主夫太郎さんこんにちは!
> 鹿、まだ食べた事ないのー。
> 脂身のあるお肉は苦手だから、赤身のお肉な感じから見ると好みな感じ♡

来年獲れたらの話だけど、新鮮なお肉あげますよ。
今年のはもうみんな冷凍しちゃったしね。

> レバニラがすっごくすっごくおいしそう!
> レバニラ大好き!

鹿の味がとくにするってのじゃないけど、
レバニラ自体が凄く食材の組み合わせとして素晴らしいからね。
これ以上のお料理は実は思いつかない。

> 心臓すごいね!心臓の形だ!
> 縦に切って心室と心房の様子をじっくり観察したくなるこれ。

もちろんそうしました。洗わないといけないしね(笑)

> 心臓おっきいんだねー。あんだけ動き回るからでっかくないと必要な血液送り出せないのかなぁ。

子鹿でも速いからね。心臓もこれくらいないとダメなんだと思います。

> この一番最初の写真、すっごく覚えてるー!!
> まっっっったくうれしそうじゃない表情!笑

しかたないよ。僕もハンターになる前は普通の人だったんだから(笑)

No title

エゾシカは増えすぎて被害がひどいそうですね。可愛そうだけどある意味しかたないのかな。バランスの取れた共存をしないといけないんでしょうね。

小豆島でハンターの撃ったシカ肉の刺身は食べたことがありますが、ほかの部位はないです。

ばら肉は脂身がないんですね。

心臓そのまんまだ。これだけでかいから運動能力もすごいんですね。

Re: No title

あんこさん コメントありがとうございます。

> エゾシカは増えすぎて被害がひどいそうですね。可愛そうだけどある意味しかたないのかな。
> バランスの取れた共存をしないといけないんでしょうね。

そうですね、共存のためには駆除も必要でしょうね。

> 小豆島でハンターの撃ったシカ肉の刺身は食べたことがありますが、ほかの部位はないです。
> ばら肉は脂身がないんですね。

多分召し上がったのはロースだとおもいます。
本当はお刺身は危ないらしいです。肝炎になる可能性があるとか...

> 心臓そのまんまだ。これだけでかいから運動能力もすごいんですね。

子鹿がこの大きさですからね。オスなんて凄いと思いますよ。

No title

こんにちは!
連休、楽しんでいますか。
あの時の鹿料理ですね。内臓系、こうしてばらばらにしてしまうと鹿かどうか分からないけれど、味は牛、豚とはまったく違うのですね。
レバニラ、これすごく美味しそうに焼けていますね♪
部位によって、味付けを考えて作っているのが素晴らしい~☆☆☆
同じ鹿さんなのに、ここまで多彩の味付けで堪能できるのはさすがハン太郎さん!そうそう、ハンター部門で9位!トップを目指しましょう~
残りの部位のお料理も楽しみにしています^0^

Re: No title

masakohimeさん コメントありがとうございます。

> 連休、楽しんでいますか。

釣りや結婚式などあってなかなか楽しく過ごしてます。

> あの時の鹿料理ですね。内臓系、こうしてばらばらにしてしまうと鹿かどうか分からないけれど、
> 味は牛、豚とはまったく違うのですね。

やはり香りが違いますからね。

> レバニラ、これすごく美味しそうに焼けていますね♪
> 部位によって、味付けを考えて作っているのが素晴らしい~☆☆☆
> 同じ鹿さんなのに、ここまで多彩の味付けで堪能できるのはさすがハン太郎さん!

日本人が味つけを変えるとすると、
塩、しょうゆ、味噌、あとは辛みですかね。
それだけで結構色々なものと良くあいますからあとはインスピレーションかなぁ。

> そうそう、ハンター部門で9位!トップを目指しましょう~
> 残りの部位のお料理も楽しみにしています^0^

ありがとうございます。
オフシーズンに沢山更新してるってのが理由だとはおもいますけどね。

ホーーーーー!!!

さすが 豪快!!!

鹿のレバニラだなんてハンターさん特権でしょうか。
鹿バラもまた食べたことがありません。
どんな味なのか
想像がつかない私デス。

ハツも焼き鳥のハツ味しかわからない・・・(笑)
だけど両方ともすごく美味しそうーー♪


私も釣ってる時に色々考えてはいますが
釣りに帰ってからはやる気が起こりません。
釣りでさえそうなのに

ハン太郎さんの猟になると←hime殿からパクリ
さすがにくたびれますよね。
捌くだけでも大変でしょうーーー!!!

次回はまた違ったレシピが出て来るのを
楽しみにしてます♪

No title

こんにちは~

3連休に入って少しは手の混んだ料理でも作ろうと
考えてはいたのですが・・・素材の味を生かすとなると
シンプルがやはり美味しいですね
鹿のお肉は食べたことがありません
上のはるさんのコメントを読ませて頂いて
鹿の肉がスーパーで売られていることにびっくり
それぞれの部位を生かした料理
さっと作れるのは、さすがですね

↓の動画や旅行記 
自然が作り出した鍾乳洞、人間の手によって作り出された城跡
どちらも魅力たっぷりの風景を
涼しいお茶の間で リアル動画
テレビを眺めているのとは全然違う気分で
旅行記楽しませてもらってます

Re: ホーーーーー!!!

やちゃmaruさん コメントありがとうございます。

> 鹿のレバニラだなんてハンターさん特権でしょうか。
> 鹿バラもまた食べたことがありません。
> どんな味なのか
> 想像がつかない私デス。

いや~鹿は本当に例えが難しい。鹿としか言えないような気もします。
ウサギだと鳥に近いとか、なんとか言えそうだけど。

> ハツも焼き鳥のハツ味しかわからない・・・(笑)
> だけど両方ともすごく美味しそうーー♪

美味しいですよ。また獲りたいって思うくらいですから。
でもこれも例えが難しい(笑)

> 私も釣ってる時に色々考えてはいますが
> 釣りに帰ってからはやる気が起こりません。
> 釣りでさえそうなのに
>
> ハン太郎さんの猟になると←hime殿からパクリ
> さすがにくたびれますよね。
> 捌くだけでも大変でしょうーーー!!!


そうそう、himeさんのコメントに「ハン太郎さん」ってあったからちゃんと返事しようと思ったのだけど、
忘れてしまった(笑)。まぁ、ハン太郎っていうほどうまくないのですが、いつか主夫太郎を卒業してハン太郎になりたいもんです。ブリみたいにだんだん名前が変わっていくものいいですね、出世のたびに。

主夫太郎→ハン太郎→ハンターチャンス!→ハンター→ハンターマスター→ハンターキング

みたいな。
本当に捌くの大変ですね。この間鯵が大分釣れたのですが結構大変でした。
もう焼くか叩きかって感じです。

> 次回はまた違ったレシピが出て来るのを
> 楽しみにしてます♪

一杯あるんですよ、これが。鹿って大きいから(笑)

Re: No title

きゃりあさん コメントありがとうございます。

> 3連休に入って少しは手の混んだ料理でも作ろうと
> 考えてはいたのですが・・・素材の味を生かすとなると
> シンプルがやはり美味しいですね

そうですね。シンプルだから美味しくないってもんでもないですしね。
無理しないで塩で焼くだけなんてものもいいですが、
獣肉ってなるとどうしても香りを抑える必要があるので、
その点だけは手間がかかるかなぁ。

> 鹿のお肉は食べたことがありません
> 上のはるさんのコメントを読ませて頂いて
> 鹿の肉がスーパーで売られていることにびっくり
> それぞれの部位を生かした料理
> さっと作れるのは、さすがですね

肉質をみると、大抵どんなものにしたらいいか想像がつきますが。
鹿は脂がないからどうしても油と合わせたくなります。
砂糖とお肉は良くあいますねぇ。

> ↓の動画や旅行記 
> 自然が作り出した鍾乳洞、人間の手によって作り出された城跡
> どちらも魅力たっぷりの風景を
> 涼しいお茶の間で リアル動画
> テレビを眺めているのとは全然違う気分で
> 旅行記楽しませてもらってます

ありがとうございます。最近更新のペース早くしないと旅行記が書き終わらないので
ちょっと焦ってます。

No title

こんばんは♪
い・・・いかん!
料理だけ見るとおいしそうなのに、
その前の調理前のものを見てしまうと鳥肌が立ってしまう!(笑)
レバニラとか、最近食べれるようになったんですよー!
レバーがすごく苦手だったんです。


狩、すごく怖いけど、
普段だと食べれない部位とか食べれるというのは
少し得した気分かも・・・?♪
主夫太郎さん生命力めっちゃ付きそう!(笑)

No title

主夫太郎さんこんばんは〜
今日はコメントありがとうございました。
鹿、自分でしとめて、捌いて〜

一つ一つの臓器も綺麗ですね!子鹿だから?
どれも美味しそうです!

そうそう、鳩ってこんなに美味しいんだと思いました!
あの赤身何とも言えませんね!

Re: No title

かなみにぃさん コメントありがとうございます。

> 料理だけ見るとおいしそうなのに、
> その前の調理前のものを見てしまうと鳥肌が立ってしまう!(笑)
> レバニラとか、最近食べれるようになったんですよー!
> レバーがすごく苦手だったんです。

すべての食材、もとは生き物だったりしますからね。
でも仕方のないことです。
もっともそんなこと意識する必要はないですけどね。
現代に生きてるんですから。

> 狩、すごく怖いけど、
> 普段だと食べれない部位とか食べれるというのは
> 少し得した気分かも・・・?♪
> 主夫太郎さん生命力めっちゃ付きそう!(笑)

長生きして世界征服したいです(笑)

Re: No title

すみれさん コメントありがとうございます。

> 鹿、自分でしとめて、捌いて〜
>
> 一つ一つの臓器も綺麗ですね!子鹿だから?
> どれも美味しそうです!

内臓に関して大人の鹿と比べたことはないのですが、
僕も同じく、キレイな内臓だなぁって思いました。

> そうそう、鳩ってこんなに美味しいんだと思いました!
> あの赤身何とも言えませんね!

おいしいですよね。
かみしめるおいしさ。ワインにもあいますしね~。
非公開コメント