09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

主夫太郎アーカイブス~総理大臣になった夢~

2017.08.14 14:39|雑文
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日の終戦記念日の前に

昔、以前のブログで掲載した

夢の話でもどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


めずらしく、僕が喋りまくる夢だった。
もちろん夢はもう少しまとまってないのだけども、ちょっと補完しながら文章にしてみた。
僕にはどうも政治が向いていなさそうだということがこういう文章を書くとわかる。
ん~~僕の将来に政治家はないなぁ(笑)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

内閣総理大臣という役職に続き僕の本名が書かれた黒い三角柱が机の前方、中央に横にされていた。椅子での居眠りから覚めると僕は内閣総理大臣になっていたわけだ。

トントンとドアがなり、軍服姿の禿げ頭がずけずけと入ってきて、

「アメリカとの初戦はハワイです。山本が譲りません」

と言ってきた。ん?昭和なの?今。山本って山本五十六かなぁ。

「あれ、今、昭和何年だっけ?」

と僕は確認のためとぼけると、

「昭和16年ですよ。いい加減に目を覚ましてくださいよ」

とびっくりするようなことを言ってきた。ここで思っていたことが出てしまった。

「多分勝てないからやめようよ」

すると、軍服禿げ頭は

「え?本当ですか?それならそうしましょう」

と言って足早に出て行った。あら、俺戦争やめにしちゃったよ。なんだかいいことしたのだと思うけどもこんな簡単に事が進んでいいのかなぁ。するとドアがバンと開いて、

「総理!ご英断感謝します!」

と次々と色々な人が入ってきた。山本五十六もいたし、海軍大臣の米内光正もいた。と、外が随分と物々しい。陸軍の人間と海軍の若い将校が勢いよく話す。「腹の虫が収まらん!アメリカと戦争させろ!」と言っている。僕はそいつらを一括し、大演説をぶってその場を鎮めようとした。

「諸君!日本はアメリカと戦争しても勝てない。それはアメリカ人はこんなデカいハンバーガーをおやつに食うような奴らだからだ。卵焼きがご馳走な今の日本がいったいどうして勝てようか!そもそも戦争なんてのは、腹が立つからやるなんてのは間違っている。大国にスリスリして生きて行けるならそれでいいのだ。悔しいという感情と関係なく、そう生きるしかない国なのだから仕方ない。資源もない、防衛線も無限と言っていい長さもあるこの国が戦争をしたところで一つもいいことはない!
戦争とは国民の腹いせにするのではなく、外交の最終手段であり、独立を守るときのみ行われるものだ。従って戦争をしながらも外交チャンネルはあけておかなければならない。ただドンパチするなぞ、「あがりのない双六」をはじめるようなものだ。戦争は終わらせ方が決まらない限り、感情やら薄い論理で始めてもロクでもない結果にしかならん!貴様らはこのイクサの終わらせ方を考えているのか!」

と啖呵を切ったが、青年将校が銃に手を置いたのが見えたので僕は少しだけ語調を買えることにした。

「しかもだ!自由にシナリオが描ける作り話だって終わりかたは難しい。ドラゴンボールだって最後の方はぐたぐたしながらもなかなか終わらなかったろう?終わらせ方はフィクションでも難しいのだ。人間・経済を扱う政治にいたってはさらに「終わり方に関する決断」は難しい。絶対的な力を持っていそうな秋元康だって、おニャン子クラブを終わりにできたのは結構会員番号が大きくなってからだ!もちろんモー娘。を引っ張るつんくはなおさら大変そうだ!

君たちは知らないかもしれないが、戦争の準備などして行くと、とんでもない馬鹿を普通のことのようにやるようになる。いちど壊れてしまえば何がおこるかわからない原子炉を魚雷一発で沈む潜水艦に乗せちまうような頭の悪い国に日本がなる可能性だってあるんだ。まずはアメリカ人に負けず、こんなデカいハンバーガーを健康に気をつけながらも10時のおやつに食う民族になろう。そうすれば余裕ができる。余裕ができれば、今までだったらよくわからないものまでが、芸術だと思えてきて、さらに幸せになる。君たちの孫あたりが熱狂する太陽の塔などがそれだ!ただ、余裕ができても、僕にはヤマンバルックはわからなかった。君たちは信じられないかもしれないが一匹の黒い鼠が将来、千葉で東京を名乗りながら日本人からお金を吸い上げてアメリカに仕送りをする!しかも、千葉を東京と名乗るカッコ悪さを知っていながら大きな顔の鼠の魅力にだれも勝てない時代がくるのだ!それでも、それが世界一平和な文化的国家なのだ!」

最後の方はかなり適当だった。皆ぽかりと口を開けていた。すると海軍大臣が前にでてきて

「まず、秋元康氏とは誰で、おニャン子クラブとは?」

と聞くので

「ん~まぁ、最初から説明するのが大変なんだけど、あぁ、今の人ならAKBって言えばいいのだけどもねぇ。ん~あれも選挙結果に文句が出だして、グタグタしてきたから今年か来年終わるんだろうか...」

と困っていたら目が覚めた。

ん~~終戦記念日が近いからだろうか。わかり切った内容を長く演説したと思う。夢見がわるかった......
スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

コメント

No title

うふふ・・壮大な夢ですね~
北のあの方にも聞かせたい^^v

Re: No title

しろくまさん コメントありがとうございます。

> うふふ・・壮大な夢ですね~
> 北のあの方にも聞かせたい^^v

まぁ、夢というのはとかくうまくゆくものです。
北のあの方の夢はきっともっと壮大ですよ(笑)
非公開コメント