05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2016年度終猟~今年も無事故無検挙~

2017.02.17 07:10|猟と獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とハンターのみなさ~ん!!

猟期おわっちゃったよ~

ああああああ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今年もとうとうこの日がやって来てしまいました。そう、猟期の最終日2月15日です。バレンタインデーというのは世間的には一大イベントかもしれませんが、ハンターにとっては最終日の前の日という程度のもの。最終日の前日、師匠と猟をして、

終了前日20170216

猟果に恵まれました!!

出猟日数、本州36日、北海道12日で計48日。総獲物数52、そのうちエゾ鹿1、本州鹿3でした。獲物数は去年より減ったものの、カルガモや鹿の数が多くお肉はたっぷりで全くもって満足のゆく猟果。今年は四足猟の猟隊も2回ほど宿泊企画があり夜の飲み会も楽しく充実してました。猟隊としての猟果は鹿11頭、イタチ一匹で我々の猟隊としては豊猟。幹事をやらせてもらった身としてはこれ以上ない年でした。さらになんと言っても、

無事故無検挙!

素晴らしいの一言でしたねぇ。もう来年が待ち遠しいですが、また鉄砲の腕を磨いて来季に備えたいと思います。これから鉄砲のお掃除などなど色々忙しいのですがね、それも楽しみのうち。10月までの8か月間、あっという間に過ぎて欲しい一方、ゆっくり休みたい気もしてます。寂しいですよ、猟ができないのは。でもこの寂しさの分だけ猟期一か月前のワクワク感を感じられます。カミさんにも大分色々協力してもらったので、これからは優しくしなきゃねぇ。キノコ狩りや温泉旅行などなどカミさんと過ごせる時間を大事にしたいと思います。


~猟期後記~

10月1日の北海道への狩猟旅行から始まり千葉の共猟(鳥撃ち)で終るといういつものパターンではあるものの、やはり高々4年目だと色々な発見があった。蝦夷雷鳥猟はいつも不安だ。全然獲れなかったらどうしようなんて考えるのだけど、今年はどういうわけか沢山蝦夷雷鳥がいて10羽の猟果に恵まれた。鳥の性格を読むのはとても面白く、きっと来年も楽しく猟をするに違いない。台風の傷跡は北海道に残るけれども、蝦夷雷鳥はたくましく生きていてくれて自然というのはそうそう簡単に壊れるものではないのだろうとも思うし、去年獲れた森にもちゃんといたからハンターが遊ぶくらいは大した打撃にはならないのだろうと思わせてくれた。よい発見だったと思う。エゾ鹿が初年度以来の2頭目で実によかったが、ここで一番勉強になったのは撃ち上げや撃ち下ろしが難しくメガネが不利であるということ。いままで教えてもらったことがなかったので凄く勉強になり、来季に生かしたいと思う。発見というよりよい体験だったかな。本州ではどう考えても季節が遅れていたと思う。タシギの渡りが遅く、鴨の着きも悪かったが、猟期が進むようになっていつもの年のようになった。今年は小さい鳥をあまり狙わなかったが、タシギにはいつも通りお世話になった。ただ、土質改良がすすみ、いつまでできるか分からない。数は減っている。もちろん撃てるタシギが減っているという意味で生態系のことは分からないが、いずれにしろこれは寂しい発見だった。それと、なんと言ってもスズメがいない。僕が小さいころあんなに田圃にいたスズメが本当に少ない。群馬にも千葉にも茨城にも、考えてみると東京でも本当に少なくなってしまいとても撃つ気にならない。これは驚きと不安の発見だった。鴨が沢山獲れたのはよかった。カルガモはやっぱり美味しい。美しさで言うと青首には及ばないものの脂の乗りも良く冷凍庫に保存したのでしばらく楽しめそうだ。マガモが獲れなかったのは残念の極みだがそんな年でも終われば楽しい思い出。これもよい発見の一つかな。一方獲れないけれどもヤマドリを見るチャンスが増えて本当に良かった。来季は是非獲りたいがこれは神様の決めることで焦らずにやろうと思う。ちょっとだけヤマドリの行動パターンが分かってきたのは一つの発見かな。雉は師匠の御蔭で獲れたけど、猟期後半では外しまくってしまい後悔と反省が残るところ。シーズンオフの射撃練習に力を入れたいところだ。猟期が進むと射撃がいい加減になるみたいだ。これも発見だったが、去年や一昨年に気付いていてもよさそうなことだとは思う。

さて、今年も各地でハンターの事故・事件があった。ハンターだけでつくるSNS(Facebookのグループ)では事故・事件が起きると、すぐに事故を起こした人をやり玉にあげるような投稿が相次いでとても嫌になった。どうもハンターというのは自意識過剰な人が多少いるみたいだ。「ハンターがこういう人ばかりだと思われるのは迷惑だ!」なんて投稿が沢山あったが、一般人はそれほどハンターなんてものを意識はしていない。「鉄砲ってのは怖いねぇ」と思うくらいなんだが当のハンターはそう思えないらしい。飲酒運転で酷い事故が起こっても「ドライバーがこういう人ばかりだと思われるのは迷惑だ!」なんて言う奴を見たことがないし、そんな奴がいたところで、ああそうですかと思うだけだろうと思う。普通に考えればこれと同じ事だと分かるようなものだがやはり内側からでは見えないものもでてくるのかな。僕も年月を重ねるごとに色々なものが見えにくくなるのかも知れないから気を付けようとは思う。

トモエガモの錯誤捕獲の記事では、ブログ人生初、ハンターの書き込んだコメントに切れた。そもそも初めてコメントするのに「こんにちは」も「はじめまして」もないうえ、お前の文章はネタとして不要だとか、お前の意見なぞ「笑っちゃう」という趣旨の文章が書いてある。不愉快である旨の返事をすると、再度来たコメントには「穿った見方をされても」などと書かれていて一切の謝罪がなかった。そもそも文章というのは誤解が生じやすいから、最初の挨拶や定型文というものが必要なわけでそんなもの一切無視した小学生並の無教養なコメントをしておきながら「俺様の文章を誤解したようだな!それは穿った見方だ!」といわれてもフォローの仕様がない。謝罪するべきだと再度返信するも無視。アクセスログを見ると何度か来ているようだが謝罪のつもりがないらしく小学生どころか尻尾切って逃げる爬虫類並の脳みその人間だったらしい。コメントは削除するつもりだったが自戒のためにも残しておいて置こうと思う。


今年は去年よりさらに、神様に感謝した猟期だった。僕は非科学的なことは大嫌いなのだが、神様に対してはいてもいなくても構わないので感謝するようにしている。一年目、鉄砲をやって「命の尊さがわかった」と思ったこともあったがそれなら半矢をどう説明するのかと思う様にもなった。何故なら動物にとったら半矢なんて物凄い無駄死にだ。我々から逃げた先でものすごく苦しんで死ぬか、他の動物の餌になる。もしかしたら「命が消えてゆくことがどういうことか理解し実感するようになった」というのが正しかったのかもしれない。もちろん可哀そうだと思うこともある。一方で獲物が獲れればもちろん嬉しい。ハンターというのは動物の命が消えてゆくときに喜びを得ているのだと言われても仕方ないかとも思うが、ヒステリーな動物愛護狂が言うような「殺して楽しい」というのとは違う。もちろん悪とも思わないのだが、4年目の若輩者の僕がうまく説明するには荷が重すぎる。遠い日に提出する宿題としておこうと思う。




スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

コメント

No title

無事の終猟おめでとうございます。(こんな言葉があるかどうかは分からないけど)

去年より少なかったんですか?結構大猟だと思ったのは鹿が沢山とれたようだったからかな。

スズメは、言われてみると香川の田舎でも減っている気がします。カラスは増えていますが。

また、今秋の猟期が楽しみですね。
その前に、キノコハンターかな。

Re: No title

あんこさん コメントありがとうございます。

> 無事の終猟おめでとうございます。(こんな言葉があるかどうかは分からないけど)

ありがとうございます。無事が一番の猟果です。

> 去年より少なかったんですか?結構大猟だと思ったのは鹿が沢山とれたようだったからかな。

そうですね。数は少なくてもお肉は沢山です。
もちろん数を競うわけではないですからもちろん満足です。

> スズメは、言われてみると香川の田舎でも減っている気がします。カラスは増えていますが。

そうなんですよ。凄く悲しいです。
美味しい鳥さんらしいんですがね。

> また、今秋の猟期が楽しみですね。
> その前に、キノコハンターかな。

キノコハンターは頑張らないといけませんねぇ。
また頑張る日が続きそうです。

こんばんは~♪

狩猟期最後だったのですねー。
お疲れ様でした!!

来期を楽しみに
今度は、お魚でしょうか?
きのこもありましたよね(*´艸`*)

今から暖かい時期に入っていくので
他の事で楽しみましょう♪

主夫太郎さんブログを
楽しみに見てます!
今まで通りの
料理あり、笑える夢あり、狩猟あり、釣行記あり
が、主夫太郎さんブログの味です♪

Going my wayで 楽しませてくださいね♪゜・*:.。. .。.:*・♪


Re: こんばんは~♪

やちゃmaruさん コメントありがとうございます。

> 狩猟期最後だったのですねー。
> お疲れ様でした!!

もっと疲れたかったなぁ....
でもちょうどよい気もします。
また来年ですね~。

> 来期を楽しみに
> 今度は、お魚でしょうか?
> きのこもありましたよね(*´艸`*)


やちゃmaruさんに負けないように、
これからはおさかなの季節です!!
きのこはカミさんの趣味ですが、
こちらは全力サポート。まぁ、もちろん僕の楽しみなんですけどね。

> 今から暖かい時期に入っていくので
> 他の事で楽しみましょう♪

一年中遊んじゃいます。

> 主夫太郎さんブログを
> 楽しみに見てます!
> 今まで通りの
> 料理あり、笑える夢あり、狩猟あり、釣行記あり
> が、主夫太郎さんブログの味です♪
>
> Going my wayで 楽しませてくださいね♪゜・*:.。. .。.:*・♪

ありがとうございます。「涙あり」がないのは主夫太郎ブログのよいところだと思ってます。
ちょっとしたことですぐ軸がぶれちゃう人間ですが、
なるべくまっすぐ立ってぶれずに続けてゆこうと思います。
今後も末永くよろしくお願いいたします。

非公開コメント