06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

イサキとウマヅラ消費メニュー~主夫太郎、そこそこ頑張る~

2017.07.12 18:29|釣りと獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とお魚ファンのみなさ~ん!!

先日釣ったイサキとウマヅラ、

色々な飲みメニューにしてみましたよん


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お魚というと飲みたくなるのでついつい飲みメニューになるが、カミさんを飽きさせないように先日釣ってきたイサキやウマヅラで酒の肴を何種類か作ってみた。まぁ、備忘録という感じで、アイデアというほどのものはないがズラリと並べて一つの記事にしようと思う。そもそもお料理ブログをやっていたがそっちはいくら気合いを入れても流行らないので今回の記事もどうかと思うが、主夫太郎のお料理ファンがいくらかいるなら楽しんでもらえればと思う。

さて、一品目だが、今回、イサキは白子・卵を抱えていたのに塩焼きにして身と一緒に食べるチャンスがなかった。さばいた白子・卵をもう一度身と合わせるにはどうしたらいいか考えたのだが、一度腹を裂いて出したものを元に戻すわけにもいかないから仕方なく重ねることにした。まぁ、重ねただけでは一緒にならないから、

イサキパイA20170711

パイで包もうかなぁと。

身を置いて、エシャロットを振り、塩を振った白子・卵をおいて、

イサキパイB20170711

さらに身をかぶせてパイに!

イサキパイC20170711

イサキとイサキの卵・白子パイ包み焼き

の出来上がり。まぁ、そっけない盛り付けだけど、「居酒屋風家飲み」の一品だからよしとして頂戴な。エシャロットではなく素直にニンニクでよかったと思う。エシャロット使うならちょっと焦がしてから使った方がいいです。今回はこれが一番手間をかけたのだけど、あとは簡単なものばかりです。基本は和え物ですよん。名前をみれば何と和えたかわかります。

オクラショウガ醤油イサキ20170711

オクラとショウガとイサキの醤油和え

ですが、名前にあるものを混ぜて和えただけです。ただ、イサキはオクラの歯ごたえに負けないように、皮をつけてあります。皮側にキッチンペーパーをかぶせ、お湯をかけてすぐ氷水に取るだけで皮は違和感なく食べられるようになります。

味噌ネギニンニクイサキ20170711

白みそネギニンニクイサキ

はお好みでごま油を垂らしても唐辛子を混ぜても大丈夫。白みそはクリーミーだからねぇ、洋風に感じなくもないですぞ。「オクラとショウガとイサキの醤油和え」と比べながら食べるのは楽しいですよ。味噌も醤油もよく合います。イサキというのはこれと言った特徴もない分、実に器用なおさかなですね。

まぁ、和え物と言えば和風と相場は決まってますが、この日はゴルゴンゾーラのドルチェ(ゴルゴンゾーラでもかなり柔らかい感じ)が売っていたので、これは洋風の和え物にいいだろうと購入。

イサキゴルゴンゾーラドルチェ20170711

いぶりガッコ・ゴルゴンゾーラドルチェと

イサキの和え物

いぶりガッコはみじん切りにして、わずかな香を感じるためのアクセント。チーズとよくあいます。

別の日ですが、ビールでプハ~ってやるために辛いものもつくりましたよ。

イサキカレー20170711

イサキの竜田揚げのカレー和え

です。カレーは作り置きしてあった主夫太郎の自家製カレーソースです。スパイスはチリパウダー、パプリカ、ショウガ、ニンニク、コリアンダー、クミン、ターメリック、クローブ、カルダモン、塩という主夫太郎家の定番で、適当に混ぜても大体いつもの味になります。

ウマヅラもちゃんと料理しましたよ。でも肝が太ってなかったから定番の肝和えがありません。どうしようか迷ったのだけどシンプルに、

ウマヅラ洗い20170711

ウマヅラの洗い

を作ってみました。これがどういうわけかすごく美味しかった。氷でしめたら、どういうわけかトロンとして甘くなってましたねぇ。肝がなくても身が美味しいウマヅラでした。

オリーブオイル生胡椒ウマヅラ20170711

生胡椒とオリーブオイル

は、まぁ、まずい理由はありません。

桃ウマヅラ20170711

桃とウマヅラの和え物

はウマヅラに塩・胡椒をして、それほど美味しくない桃を和えてちょっと待つだけ。これが案外ワインに合います。

まぁ、こんな感じかな。もう少し作ったけど、それはまた時間があればご紹介ということで。

スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

コメント

No title

これだけでもすごい種類なのにまだ、作ったんですか。すごいなあ。

私なら刺身系2種と焼き物で終わりそう。

パイ包みは、本当にすごい。これも私なら卵を煮つけて終わりかも。

刺身系の色んな和え物、いつか真似て作ってみたいな。

No title

お魚、大好き♡
一度でいいから、こんなに大量のイサキにかこまれてみたい!!
酒飲みにはたまんない肴のオンパレードですね

No title

親子丼ならぬ夫婦パイですね.面白い組み合わせだなぁと思いました.もちろん他の料理もおいしそう.最後の桃と和えるというのは全く私には思いつきませんでした.

自宅でジビエパーティをやったときに料理人の友達も来て,もちろんこちらは素人料理を出すわけですが,「これね,ちょっと赤ワイン足すとおいしいよ」とか言うのでやってみたら,本当にちょっと手を加えただけでずいぶん違うなぁと感心しました.センスの問題なんですよね.

主夫太郎さんのいろんな料理を見ることでセンスが磨かれる気がします.もちろん食べるのが一番だけど.笑

No title

主夫太郎さん こんにちは(^^♪

今年初めて「イサキ」とご対面!
長崎からいらっしゃったようです。
お店の方、イチ押しだったので3尾購入。

お刺身でいただいたのですが旨みたっぷり。
アラは煮ものとお味噌汁、抜群のおいしさでした。

こんなにいろいろな調理方法があったのですね。
主夫太郎さんがもっと早く釣り上げてくれていたら
真似っこできたのになあ‥残念。

どのお料理も素敵すぎ!
「居酒屋風家飲み」には見えませんわあ。

Re: No title

あんこさん コメントありがとうございます。

> これだけでもすごい種類なのにまだ、作ったんですか。すごいなあ。
> 私なら刺身系2種と焼き物で終わりそう。

まぁ、沢山あると自然に発想しますよ。
必要は発明の母ですね。

> パイ包みは、本当にすごい。これも私なら卵を煮つけて終わりかも。
> 刺身系の色んな和え物、いつか真似て作ってみたいな。

和え物は簡単でバリエーションが沢山持てますからね。
すごく便利です。

Re: No title

しろくまさん コメントありがとうございます。

> お魚、大好き♡
> 一度でいいから、こんなに大量のイサキにかこまれてみたい!!
> 酒飲みにはたまんない肴のオンパレードですね

ありがとうございます。
お酒を飲むこと考えると自然に思いついちゃいます。
酒飲みが酒飲みのつまみをつくると自然に美味しそうになっちゃいますよね。

Re: No title

ともぞうさん コメントありがとうございます。

> 親子丼ならぬ夫婦パイですね.面白い組み合わせだなぁと思いました.もちろん他の料理もおいしそう.最後の桃と和えるというのは全く私には思いつきませんでした.

甘酸っぱいというのはガリもそういう味ですよね。
お魚に合わないということはないと思いました。

> 自宅でジビエパーティをやったときに料理人の友達も来て,もちろんこちらは素人料理を出すわけですが,「これね,ちょっと赤ワイン足すとおいしいよ」とか言うのでやってみたら,本当にちょっと手を加えただけでずいぶん違うなぁと感心しました.センスの問題なんですよね.
>
> 主夫太郎さんのいろんな料理を見ることでセンスが磨かれる気がします.もちろん食べるのが一番だけど.笑

ありがとうございます。
センスというのも少しづつ勉強してゆくのでしょうね。
多くの料理の失敗がありまして、そちらはあんまり公開してません(笑)
食べ物の失敗は絶対忘れませんねぇ。懲りますから(笑)

Re: No title

はるさん コメントありがとうございます。

> 今年初めて「イサキ」とご対面!
> 長崎からいらっしゃったようです。
> お店の方、イチ押しだったので3尾購入。
>
> お刺身でいただいたのですが旨みたっぷり。
> アラは煮ものとお味噌汁、抜群のおいしさでした。

あら、長崎からはるばる北海道へ!
おいしいお魚ですよね。
味も香りもあっさりなので器用にお料理できますよね。

> こんなにいろいろな調理方法があったのですね。
> 主夫太郎さんがもっと早く釣り上げてくれていたら
> 真似っこできたのになあ‥残念。
>
> どのお料理も素敵すぎ!
> 「居酒屋風家飲み」には見えませんわあ。

ありがとうございます。
お酒飲むこと考えると自然にメニューが増えちゃいます。
ん~体大事にしていつまでもお酒飲める様に健康管理したいと思います。
非公開コメント