09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

主夫太郎しばらく留守に~お料理記録~

2017.09.29 09:44|猟と獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

主夫太郎しばらく出かけてきます~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
出かけるというのはもちろん北海道。北海道の準備というのは2か月ほど前から始まる。10月1日の解禁に向けて飛行機やレンタカーを予約したり宿をとったり鹿撃ちのガイドを決めたりするのだが、一昨年から頭を悩ますのが鹿撃ちのガイドだった。初めてお世話になったガイドのIさんはとても良い人なのだが10月初旬の予定が直前まで決まらない。一昨年はお伺いの電話やメールを9月になってもしていたが、去年は「10月末に行くようなことが今後あったらIさんにお世話になればいいよ。飛行機も宿もレンタカーも決まっているのに結局ガイドしてもらえず、他のガイドさんの予定が埋まっちゃうかもしれないリスクを出費から考えると私はとれない」とカミさんに言われたうえ、カミさんがさっさと違うガイドを見つけてきて話をつけてしまった。ということで、今年も去年と同じTさんにガイドを頼むことになった。僕は優柔不断というわけではないが過剰な義理堅さや古い頭のおかげで行動が突然ストップしたり、余計な気をもんだりして問題を合理的に処理が出来なくなるという欠点が昔からある。まぁ、端的に言えば僕は頭が悪いのだが、「切れないナイフと切れない頭は使わない方がいい」という悟りを開いたので、考えるのはカミさんに任せることにしている。

明日、9月30日のフライトだが準備は済んでおり、今日は僕が不在のあいだの常備菜を作る日だ。ついでのブログ更新は読者の方には申し訳ないが、お手軽更新ということでジビエ消費料理を並べておこうと思う。まぁ、常にジビエを消費してるせいで我が家としては変わったものではないのだが普通に考えるとなかなか贅沢だ。

冷凍庫をみたら「雉のガラ」があったので2時間ほどかけてスープをとったら久しぶりのスープがとても胃にしみた。塩味で頂いてもよかったのだが、冷凍庫にある枝豆を消費したくなって、枝豆をミキサーにかけ裏ごしして雉のスープと合わせて、

雉味噌汁20170929

味噌汁(白みそ)

にした。これがまた美味しい。クリームと雉というのが合うから白みそも美味しいはずだとは思ったが、よく合う。白みその酒かす臭い感じが雉とマッチした感じがあったから今度の猟期中は「粕汁」でも作ってみようかと思っている。「雉スープ+枝豆」の旨味がよかったので、この味を殺さない範囲でスパイシーに仕上げてみようという野望から、


スパイシー雉枝豆20170829

雉と枝豆のホワイトカレー

を作ってしまった。雉の肉は入っていない。タケノコ、エリンギ、セロリを炒め雉出汁で煮込み、スパイスはクミン、コリアンダー、カルダモン、胡椒にほんの少しの唐辛子を煎って加え、ゆでたブロッコリーとピーマンを後から加えて塩で味を調えただけ。スパイスを抑えて仕上げたので雉の旨味は十分感じられてとてもよかったですぞ。

もちろん鹿も実に適当ですが消費してますぞ。

鹿ネギ20170929

鹿とネギの地獄炒め

はえらく簡単。片栗粉をはたいた鹿をニンニク、ネギ、唐辛子で炒め、塩をしたらお酒でちょっとだけ蒸せば出来上がり。唐辛子は食べないけどこの見た目は好きだ。

もちろん

鹿ステーキ20170929

鹿のロティ、ブルーベリーと栗の赤ワインソース

みたいな「ジビエ食べてます感全開」のお料理だって健在。と、思いきや居酒屋風のお料理、


猪燻製20170929

コーンと猪の燻製

なんてものでビールを一杯やったりしてますぞ。まぁ、楽しけりゃすなわち美味しいのさ。わざとスプーンを出さないってのがゆっくり長く飲むコツだ。箸でコーンを必死でつまんでいるとお酒を口に運ぶ回数が減る。なんで必死にコーンを食べるかというとカミさんに負けたくないから。多分カミさんもそう思っているはずだ。

ガイドのTさんがこのあいだ熊肉を分けてくださったので、常備菜もかねて、

熊昆布つくだ煮20170829

熊と昆布の佃煮

なんてのを作った。これと納豆があれば朝ごはんは100点!だけど、カミさんは朝ごはんを食べないので多分酒の肴になるとは思う。

とにもかくにも明日フライトだが、気を付けて行ってこようと思う。猟の事後処理や鉄砲の所持許可更新など続きしばらくブログが更新できないとは思うけど、次回の記事は北海道旅狩猟記になるはず。ん~読者さんがますます減ってゆく!多くて一日のアクセス数が50人前後、そのうちグーグルボット(ロボット)が10回くらい、20回くらいが親族というブログだがきっといつかは人気ブログに!

って言っときながら「安楽椅子でSTAPを」もやり続けるけどさ(笑)

忘れなかったらまた見てね~


スポンサーサイト

テーマ:主婦の日常日記
ジャンル:日記

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

コメント

No title

主夫太郎さん、こんにちは♪
今頃は、もう空の上か北海道かしら
お気をつけて!

ジビエ料理を美味しく味わい尽くす
何とも贅沢ですね♡

No title

シーズンを前に保存肉の整理ですね。

何とも贅沢な料理の数々、本当に贅沢です。

幸先もいいみたいでいい結果報告をお待ちしております。

No title

主夫太郎家の食卓、世界一贅沢かも。
フランス大統領だってこんな沢山のジビエは食べてませんよ(彼はベジタリアンのような気がしないでもないけど)。
奥様の竹を割ったような性格が羨ましい。
我が家も旅行の計画は私の担当ですが、ただ単に夫が面倒くさがりっていうだけの理由なので、優柔不断の私は時間がかかって大変。
この冬のジビエ料理も楽しみです。

No title

お戻りになったら,盛りだくさんのお話を楽しみにしています.もちろん,新作料理も!

Re: No title

しろくまさん コメントありがとうございます。

> 主夫太郎さん、こんにちは♪
> 今頃は、もう空の上か北海道かしら
> お気をつけて!

帰ってきましたよん。たのしかったです。

> ジビエ料理を美味しく味わい尽くす
> 何とも贅沢ですね♡

今年もその贅沢ができそうです♥

Re: No title

あんこさん コメントありがとうございます。


> シーズンを前に保存肉の整理ですね。
> 何とも贅沢な料理の数々、本当に贅沢です。

この贅沢、今年もできそうです♥
また一年が始まるって感じですねぇ~

> 幸先もいいみたいでいい結果報告をお待ちしております。

じょじょにお知らせいたします。

Re: No title

タヌ子さん コメントありがとうございます。

> 主夫太郎家の食卓、世界一贅沢かも。
> フランス大統領だってこんな沢山のジビエは食べてませんよ(彼はベジタリアンのような気がしないでもないけど)。

まぁ、素材に関しては世界でもトップクラスかもしれません。
ただ、牛肉はほとんど食べれませんが。


> 奥様の竹を割ったような性格が羨ましい。
> 我が家も旅行の計画は私の担当ですが、ただ単に夫が面倒くさがりっていうだけの理由なので、優柔不断の私は時間がかかって大変。

カミさんいなけりゃ僕はずいぶんいじけた生活してると思いますよ。
感謝です。

> この冬のジビエ料理も楽しみです。

北海道は豊猟だったので本当にまた一年、ジビエが食べられます。幸せですよ。

Re: No title

ともぞうさん コメントありがとうございます。

> お戻りになったら,盛りだくさんのお話を楽しみにしています.もちろん,新作料理も!

かえって来ました!
なかなか良い猟でしたよ。
順次お知らせいたします。
非公開コメント