05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

父親とまたまた那珂川へ(続2014年鮎釣り)

2014.08.08 21:15|釣りと獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!太公望のみなさん!!

なんも情報は無いけど、

釣りをした話です~

元女子高生も

アユの塩焼きをお楽しみに~


=========================================================


8月8日のアクセス数は過去最高のものになりますな。それもこれも素敵な元気ママyuriさん(←ポチリで彼女のブログに飛びます)が主夫太郎を記事で紹介してくれたからです!(その時の記事はこちらから→ブログについて♡ちょっとおさらい&研究期間に入ります♡&ボツネタたち。)ありがたいね~。yuriさんありがとう!!

先日8月5日、父親と一緒に栃木県那珂川に釣りに行ってきました。那珂川のお気に入りのポイントで釣りをしますが、独りだととにかく夢中になっちゃってなかなか写真が撮れない。だけども流石に二人だと余裕があって結構多めに写真を撮りました。

タフ20140808

水辺で遊ぶあなたの為にこのカメラがおすすめです!!水深15メートルまで大丈夫なカメラ、オリンパスのTough!もちろんこれ、タフって読みますよ。「とうげふ(峠麩)」とか読むと笑われるぞ!!今回はこのカメラで写真をとりました。使いやすいよ。

水中の写真20140807

ほら、こうやって水の中でも撮れるのよ!!海水で遊んだときはちょっとだけケアが必要だけども(塩抜き)ね。衝撃にも強いのも安心!

さて、カメラの話はともかく.....

主夫太郎パパ20140807

こちら主夫太郎の父親、

主夫太郎パパです!


釣り歴が長いからねぇ、流石に主夫太郎より落ち着いている。そしてこの編み笠はやっぱり羨ましい。蒸れないしね。今度はこれを持ってゆこうと思ってます。

で、この日はびっくりの水の少なさだったんですよ。

アユのつり姿20140730

これはこの前に行ったときの水の量(ちょっと場所が違うんだけど、だいたいイメージはこんな感じ)。この時の記事は(ポチリで→2014年の鮎釣り)主夫太郎パパの写真では水は足元だけだからかなり差があるでしょう?

水がないといつもと釣りのポイントが違います。レジャーハンターの我々は流石にこういう水が無い時のポイントは分からないので右往左往。地元の釣り人の様子も見ますが、この日は特別にかかりが悪い日であまり調子がよくないみたい。となると、もう自分でなんとかするしかない。

よど狙い20130807

普段は川を渡れないのだけど、水がないから渡って向こう岸に行き、草が生えているよどんだ川の渕を狙ってみたら....

手網の中の鮎20140807

かかった!かかった!


自分の狙いがうまくゆくとすごく楽しいな!!といってもここでかかったのは4つくらいで、そのうち2匹逃がしてしまいました。この網に二匹入ってますが手前のがおとりです。結構長い間泳がされたから「つかれたび~~」って言ってるかんじでしょう?僕は鮎の顔ってお魚の中でもかなり好きな顔です。よくみると鮎ってかわいいですよ、食べちゃいたいくらい。まぁ、食べるんだけどさ、あはははははは。

釣果20140807

ということで釣果ですが、父親が8匹、僕が7匹(そのうちウグイが一匹)です。いや~渋かった。写真は父親が釣った23センチくらいの鮎です。このくらい大きいと食べ応えもあります。地元の人によるとこの日のかからなさは特別。たしかに前は地元の人は凄く沢山釣ってましたしね。釣れなくても振り返ると満足。入れ掛かりも楽しいけど工夫して歩き回るのも楽しいからね。

さてさて、ここからは
元女子高生お待ちかねの鮎の塩焼き

のお話。おとりもいれて21匹いるからねぇ。焼くのが大変だ。で、なるべく美味しく焼きたいから、主夫太郎なりの工夫してます。


アユ焼いて20140807

もちろん串に刺して炭で焼くのがいいのだろうけど、社宅では無理なのでなるべくそれに近いようにしました。それがこの上の写真。口を開かせて網を斜めに傾けます。すると鮎の脂や内臓の水分が頭の方に流れてきてそこで一番火が強く当たるから頭でそいつらがチリチリ言います。すると頭がカリってなるわけ。ちょっと火力が足りないときはバーナーも使ったりします。

アユ塩焼き20140807

で~~~ん!!

ウグイも混ざってますけど、さてどれでしょう?いい感じの焼け具合で満足でした。殆どその日に食べちゃったよ!!

食べちゃったからまた釣りにゆかなきゃね~。夏の間は沢山鮎釣って栄養つけるんだ!!さぁ、元女子高生も主夫太郎と鮎釣りデートをしよう!!あははははははは。
スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

コメント

No title

またまた、おじゃまします。
釣りは、以前も話したことがあるかも知れませんが、父と兄が好きで子供のころは、よく多摩川に釣りに行きました。勿論私たち元女の子は近くの田んぼでレンゲ摘み。釣りしている傍に行くと「うるさくて魚が逃げる!」と怒られましたよ~私は、忍耐力ゼロで、元々釣りには向かない性格ですから…
写真にすると、座っている海釣りより川の中で竿を投げている川釣りのほうが、カッコ良いな~♪

塩焼きの方法、な~るほど!頭の方に傾けて焼いたのですね。だから尻尾まで綺麗に焼けています☆沢山食べて、栄養がつき過ぎないように(爆笑)
骨粗しょう症予防中ですから、頭から全部食べられるの魚は積極的に食べたいな^0^

No title

鮎の焼き方にも工夫があるんですね。さすがです。
峠麩、いいですね。ほしいけど、アウトドアは休止中なので持て余すだろうな。

これを機会に一気に人気ブログになるかも。

No title

主夫太郎さん こんばんは(^^♪

ウグイちゃん、向かって一番左ですね。
タンパクなお味なので鮎と並ぶと少し可愛そうな気が(^^)

母はこれを焼干しにして味噌汁のダシにしていました。

鮎の焼き方、感動しました。
最上の方法で美味しくいただく。
まさに、釣り人の鏡です!

Re: No title

masakohimeさん コメントありがとうございます。

> 釣りは、以前も話したことがあるかも知れませんが、父と兄が好きで子供のころは、
> よく多摩川に釣りに行きました。勿論私たち元女の子は近くの田んぼでレンゲ摘み。
> 釣りしている傍に行くと「うるさくて魚が逃げる!」と怒られましたよ~

まぁ、僕が知る限り女の子の声で鮎が逃げるという話はきいたことがないですが。
多分集中して楽しみたかったのでしょうね。

> 私は、忍耐力ゼロで、元々釣りには向かない性格ですから…
> 写真にすると、座っている海釣りより川の中で竿を投げている川釣りのほうが、カッコ良いな~♪

薙刀や弓もそうですが、人間長いものを持っているとカッコよくみえます。
海釣りの竿よりずっと長いですからね。
川釣りはかっこよくみえますよ。

> 塩焼きの方法、な~るほど!頭の方に傾けて焼いたのですね。
> だから尻尾まで綺麗に焼けています☆沢山食べて、栄養がつき過ぎないように(爆笑)
> 骨粗しょう症予防中ですから、頭から全部食べられるの魚は積極的に食べたいな^0^

鮎は骨粗鬆症にはもってこいで、骨までバリバリたべられます。
頭まで焼くと本当に香ばしく煙でいぶされて美味しくなるのですが、
換気扇のフィルターが一気に黒くなりますねぇ(笑)

Re: No title

あんこさん コメントありがとうございます。

> 鮎の焼き方にも工夫があるんですね。さすがです。

頭をやっぱり食べたいですからね。
どうしてもガスコンロだと頭が焼けなくてこまっていました。

> 峠麩、いいですね。ほしいけど、アウトドアは休止中なので持て余すだろうな。

まぁ、買ってからアウトドアに戻るっていうのもありだと思います。

> これを機会に一気に人気ブログになるかも。

もうアクセス数が半分になっちゃいました。
短い夢でしたよ(笑)

Re: No title

はるさん コメントありがとうございます。

> ウグイちゃん、向かって一番左ですね。
> タンパクなお味なので鮎と並ぶと少し可愛そうな気が(^^)

正解!!まぁ、味のほうは鮎と比べるとかわいそうですよね。
鮎は特別な魚ですから。

> 母はこれを焼干しにして味噌汁のダシにしていました。

おお!!これは素晴らしい情報です。
こんどやって見なきゃ!!!
焼いて干して出汁に!!
素晴らしい調理方法ですねぇ。

> 鮎の焼き方、感動しました。
> 最上の方法で美味しくいただく。
> まさに、釣り人の鏡です!

どうしても炭というわけにはいかず、
ここは工夫のしどころです。
どうしても頭を美味しく食べられなかったのですが、
原点に戻ってみました。
他のお魚のときも試してみたいですねぇ。

No title

こんばんは。
お父様とのアユ釣りが昨年からの恒例になり、
きっと主夫太郎パパも喜ばれていることでしょうね*^^*

天然の鮎、もはや超高級魚ですよね〜。
常に美味しく食べられるよう、焼き方もちゃんと考えられてる
ところがさすがです!!

1日でほぼこれだけの量を食べられたのですか@@
いい具合の焼け具合ですものね。ホント美味しそう〜〜♪


Re: No title

shoko♪さん コメントありがとうございます。

> お父様とのアユ釣りが昨年からの恒例になり、
> きっと主夫太郎パパも喜ばれていることでしょうね*^^*

やはり両親を知るというのは良いことだとおもいますよ。
まさに縁あって親子になったわけですから、
親の知っていることを十分吸収できたらと思います。

> 天然の鮎、もはや超高級魚ですよね〜。
> 常に美味しく食べられるよう、焼き方もちゃんと考えられてる
> ところがさすがです!!

そのまま焼いてもやはりイマイチだなぁって思うときがあり工夫をしてみました。
やはり串に刺して焼くという行為には意味があるんですね。
焼き方を工夫してから美味しく頂けてまだまだ釣ってみたいと思う様になりました。

> 1日でほぼこれだけの量を食べられたのですか@@
> いい具合の焼け具合ですものね。ホント美味しそう〜〜♪

1人6や7は簡単に食べられます。
鮎って不思議なお魚ですよ。

非公開コメント