FC2ブログ
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カミさんの指令でキノコ狩り・2018真夏(2日目)

2018.08.17 07:23|カミさんの狩りのはなし
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生と気のファンのみなさ~ん!!

カミさんの指令で出動したキノコ狩り、

2日目は十分な量でしたよ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前回の記事でお知らせしたとおり、キノコ狩り一日目の夜、

明日は私も出陣します

と宣言したカミさん。午前4時のアラームにいくらかぐずったものの予定通り出陣。最初のポイントに到着すると....

双子紫20180811

ムラサキヤマドリタケ

を発見!!かなりの綺麗なキノコでしたよ。綺麗なキノコのことを我々は「美菌さん」と言いますが、最初に見つけたキノコが美菌さんだったのはよかったです。サマーセップと呼ばれるヤマドリタケモドキも狙ったのだけどもこの日はいらっしゃりませんでしたねぇ。最初のポイントはこのざっと見てこの2本だけでしたから早々に引き上げることにしました。次のポイントに向かうと、

三つ子紫20180811

黒い三連星発見!!

ん~権利関係がややこしくなるので画像はご紹介できませんが、まさにガンダムに登場する3体のドムを彷彿させますよ。その後もそこそこみつかり、終わってみると

紫全部20180811

十分な収穫量

でした。

どでか20180811

こんな大きいものも!!!

あれ?茶色じゃん!って思った方もいると思います。折角なんでちょっとだけ真面目にムラサキヤマドリタケを説明しますかね。まぁ、我々が見間違わないくらいだからまずこのキノコの同定に困ることはないと思いますが、以下3本ともムラサキヤマドリタケです。

紫年齢20180811

右が一番若く左が年寄り

です。年を取ると、傘に黄色い斑点がでてきて、それにともない傘の紫色も褪せてきます。茶色に見えたりしますが軸は紫のままなのでまず間違えることはありません。紫色のキノコは他にありますが、紫色の毒キノコを図鑑で見たことはないですねぇ。ひっくり返してみましょう。

紫ひっくり20180811

若い程ウラが白い

です。一番左のは傘の下に生えている管孔を取らないと気持ち悪くて食べられないですねぇ。この管孔の中には年を取れば年をとるほど虫が沢山住んでます。若いキノコの管孔には虫が入り込む隙がなく殆どいませんが、水につけて虫出しすると少しは出てきます。管孔を取ってしまうと傘の部分はいくらもたべるところがないので、大きく見えても「一個でお腹一杯」ってことにはならないですね。真ん中の奴はギリギリ管孔をとらなくて済む感じですね。今回、

美菌紫20180811

このキノコたちが!!

裏紫美菌20180811

全て美菌さんでした!!

お料理はいつものなんですけど、一応記録として載せておきましょう。


パイツボ2種20180811

パイツボ2種

です。ん~パイが紫色になればいいのだろうけど、市販のパイ生地だからねぇ。紫芋のパウダーでも振ればいいのかもしれないけども、焦げて黒くなりそうだからやめました。2種という限りは中身も違うのだけど、写真では分かりにくいかな。

鳩砂紫20180811

鳩の砂肝と心臓とムラサキヤマドリタケ

を使いましたが、今回の一番の発見はこれ!鳩の内臓はパイで閉じ込めるといい香りがしますよ。ニンニクと胡椒は使いましたが、鳩の香りがいいですし、キノコとも合います。鳩は実はかなり美味しい食材なんですけども、日本ではあまり食べられませんよね。

鹿クリーム紫20180811

シカのクリーム煮とムラサキヤマドリタケ

このパイツボは、まぁ、美味しくないはずはないですがもう我が家では当たり前の組み合わせになりつつあります。

管孔というのは結構ヌメリがでていい感じのソースになったりします。

紫パスタ20180811

自家製ベーコンと美菌さんの手打ちパスタ

はカミさん喜んでくれましたねぇ。美菌さんは歯応えもしっかりしてるし、軸も美味しいしいい感じのソースになります。バターを落としてもよかったかなぁ。何よりもキノコ山盛りで、手打ちパスタも無駄にならずに済んでよかったですよ。次回のキノコ狩りはもう少し色々な種類のキノコ採りたいなぁ。

そろそろ東京でもわずかながら「秋」を感じるようになりました。猟をするようになってから本当に一年が早いです。今年は酷暑のせいで夏の活動量も少なく本当に駆け抜けるような夏でした。もう猟の準備始まってるんですよ。北海道の飛行機とったり、宿とったり、レンタカー予約したり。その前にもう一度タマゴタケ採りたいなぁ。


スポンサーサイト

テーマ:主婦の日常日記
ジャンル:日記

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

コメント

No title

今回は手打ちパスタが活躍できるぐらい収穫できて良かったですね。
ムラサキヤマドリダケもフランスでは見かけません。
傘の裏が白いヤマドリダケを見つけると嬉しくなりますよね。
赤ちゃん状態のヤマドリダケは生のままサラダに入れて食べるのが一番好きですが、紫ヤマドリダケも生食OKなのかしら?

↓猛毒のウラベニイグチはフランスでは南部にしか存在しないのでノルマンディでは問題なしなのですが、温暖化でそのうち北上してくるかもしれませんね。

Re: No title

タヌ子さん コメントありがとうございます。

> 今回は手打ちパスタが活躍できるぐらい収穫できて良かったですね。
> ムラサキヤマドリダケもフランスでは見かけません。

ムラサキヤマドリタケは多分アジアでしか見つかってなかったと思います。
味はサマーセップよりもさらに弱いかんじですが、美味しいキノコですよ。

> 傘の裏が白いヤマドリダケを見つけると嬉しくなりますよね。
> 赤ちゃん状態のヤマドリダケは生のままサラダに入れて食べるのが一番好きですが、紫ヤマドリダケも生食OKなのかしら?

管孔が綺麗だと処理も簡単ですしね。
ムラサキヤマドリタケを生食でたべたことはないのですが毒はないですから今度きれいだったら食べてみたいと思います。

> ↓猛毒のウラベニイグチはフランスでは南部にしか存在しないのでノルマンディでは問題なしなのですが、温暖化でそのうち北上してくるかもしれませんね。

なるほど、そういうことですか。キノコ博士がいるのがとにかく羨ましいですよ。
ん~まだまだ僕も修行です。

No title

翌日は大量収穫だったんですね。

ムラサキヤマドリダケというのがあるんですね。紫の茸は見たことがありません。

知らなければスルーするだろうな。

パイツボも2種類作るのはさすがです。

パスタも美味しそう。
早くも猟の準備ですか。確かに読んでいてもついこの間、本州での猟が終わったばかりだと思いました。早いですね。

Re: No title

あんこさん コメントありがとうございます。

> 翌日は大量収穫だったんですね。
> ムラサキヤマドリダケというのがあるんですね。紫の茸は見たことがありません。
> 知らなければスルーするだろうな。

見れば強烈だから覚えるんですけどね。
ぼっけりしてるとつい見逃すと思います。

> パイツボも2種類作るのはさすがです。
> パスタも美味しそう。
> 早くも猟の準備ですか。確かに読んでいてもついこの間、本州での猟が終わったばかりだと思いました。早いですね。

今年は3月15日までやりましたからねぇ。
また猟期が来ます。本当に早いですよ。
非公開コメント