FC2ブログ
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カミさん怒りのキノコ狩り~主夫太郎、ライチョウ茹でる~

2018.09.18 08:59|カミさんの狩りのはなし
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とカミさんファンのみなさ~ん!!

今日はカミさん、怒りのキノコ狩りのお話


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

実は1週間以上風邪をひいてました。咳が夜とまらないので寝不足になり体力がおちて行きます。鼓動が激しいので体重があっというまに2キロ以上減りました。とにかく最近の医者は強い薬をくれません。2度目行ったときに「薬がきいてません」って言うと「効いてないってことはないよ、薬のんでるんだから」と。別の医者に行って弱い薬を飲まされて苦しんでると訴えると「あの先生なら間違った処方をするとは思えないです。薬飲んでなかったらもっとひどい熱と咳だろうから、薬は効いてます」とのこと。意を決して元の医者にもどり、「薬が効いてないです。一週間寝てないです。カロナールとコデインリン酸出して下さい。もし出せないなら病気治さなくていいから寝せて下さい」というと、わかりましたわかりましたといい「抗生物質もすごい強いの出しておきます。もう、ほぼ体の中、無菌になっちゃいますよ。3日分は出しすぎってくらい強いですけど、3日分だします。」とのこと。ん?体の中が無菌だと問題あるのか??ってか、今までの薬は菌を殺してないのか???と驚きを隠せないまま家に帰ってきて薬を飲んでみると2日目に9割方よくなりました。3日目、念のためお薬を飲んでゆっくりしようと思った3連休初日、ちょいっとSNSを見たら北海道のお友達がタマゴタケを収穫してました。それを後ろからみていたカミさん。

「え!○○さん、北海道なのにタマゴタケ採ってるの?」

「そうだねぇ、あんまりタマゴタケ採ったって話きかなかったけど」

「.......嫁もキノコ狩りに出陣します!」

「え?もうお昼過ぎてるよ....」

「出陣です!」

とのこと。抗生物質とお昼寝はお預けとなり(車運転するから薬飲めない)、頭の中でほら貝がプオー!プオー!と鳴り響きました。馬、じゃなくて愛車に乗り込みお狩場に到着すると、

立ってるタマゴタケ20180918

家族そろってお待ちしてました!!

って感じで立ってました。午後に出陣すると朝に出た奴は結構色褪せしていて美味しくなさそうなのもあり、そちらは胞子をだしてね!っていいながら置いてきていいところばかりを頂き、1時間ほどであっという間の

タマゴタケ収穫20180918

タマゴタケ大収穫!!

とあいなりましたぞ。ん~、しかし他人の採ったタマゴタケが羨ましくなって怒りの出陣というのは戦国時代だったら国を揺るがしかねない愚策かと思うけども、今回は機を見るに敏、疾きこと風の如く、侵掠すること火の如くというところ。ただ、静かなること林の如くとはならず、お狩場の林ではキャッキャキャッキャと大歓声を上げてました。

出かけてゆくのが遅く、帰宅がもう夜だったのでそんなに手の込んだものは作れません。でも、なんとなくキノコ狩りの予感もしてたので、風邪をひいているのに3日前くらいにエゾライチョウを冷凍庫から出しておきました。エゾライチョウと合わせるのは、

大きな幼菌20180918

幼菌さん💛

です。幼菌というのは中で腐っていることもありますが、状態がよければ虫が全く付いておらず掃除したあと生で食べられます。

幼菌きざみ20180918

幼菌を刻んで

タマゴタケライチョウサラダ20180918

タマゴタケとエゾライチョウのサラダ

ですぞ。塩、オリーブオイル少々、コンテと生胡椒です。今回、僕にとってはかなり冒険のお料理でした。このあと天ぷらを食べる予定だからなるべくなら加熱した油の摂取量を減らしたいと思ったのでエゾライチョウを茹でる決心をしたのです。エゾライチョウを料理したことがある人は分かるのですが、とにもかくにもエゾライチョウは火の通りが早くて、タイミングを逃すとあっという間にパサパサになっちゃいます。お湯をかけてほぼ生で食べる人もいますが、それは流石に避けたい....となると本気の火加減勝負しないといけないけど、一度もやったことがない.....ん~怖いですね~。塩をしたら胸肉をなるべく同じ大きさに切り旨味が逃げないように片栗粉をはたきます。厚みのある上部を最初に投入し、次に胸肉の下部、最後にささ身を投入します。投入するたびに温度が下がり切らないように一番大きなお鍋にたっぷりとお湯をわかしコンロは全開です(片栗粉が膜を作ってくれないと台無しですからねぇ)。胸肉上部は30秒弱、下部は20秒、ささ身は15秒で一斉にお湯から上げて、余熱で20秒ほど。そのあと水でさっと表面の熱をとり内部の熱にまかせました。そんでもって、

ライチョウ茹でる201809180

こんな感じ。

ん~実にたまたまいい感じで仕上がりましたよ。カミさんもこのお料理の出来が気に入った様子で、「天ぷらはこのお料理が食べ終わってから準備すればいいから、一緒に座ってゆっくりたべましょうよ」と言ってくれたので久しぶりに宴会料理の一品目だけども2人でゆっくり元リンゴジュースをのみながら頂きました。

お皿を洗ってちょっと間がのびたけども、天ぷらの用意して、

タマゴタケ天ぷら20180918

タマゴタケの天ぷら

を揚げます。ん~高級天ぷら屋さんでもこんなのは出てこないですぞ!軸の一本揚げもしますが、沢山あったのでカミさんも飽きちゃうだろうから、ちょっと目先をかえて、

軸のかきあげ20180918

シラスと軸のかき揚げ

にして、ちょっと雰囲気を変えたりしました。天ぷらに合うタマゴタケの大きさってのがあってあまり大きいと虫出しするときに水を吸い過ぎちゃうのでからっと揚がってくれないですねぇ。最近は大きいのはタマゴタケご飯専用になってます。



スポンサーサイト

テーマ:主婦の日常日記
ジャンル:日記

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

コメント

No title

奥様の怒りかはたまた野生の(女性の)勘か?

いずれにしもて大収穫でしたね。

生で食べられる幼菌のタマゴタケと蝦夷雷鳥のサラダ、どこででも食べられるものではないですね。

素晴らしい収穫と料理。おめでとうございます。

No title

奥方様の大号令とあらば,矢が降ろうが出撃でしょうが,結果をちゃんと出しているところがさすがですね!私もそういう楽しそうなキノコ狩りしてみたいです!!

No title

日本のお医者さんは体の免疫力に頼ろうとしてるんでしょうね。
薬の使用率世界一のフランスだったらすぐに『強力』な薬を5日分ぐらい処方されます。

他の人が採ったキノコの写真を見て、『そうだ、キノコ狩りに行こう!』と思う気持ち、良くわかります。
私も先日ロシア在住の人がブログに載せていた大量のポルチーニを見て、森に行ってみましたが、気候が違いすぎて空振り・・・
北海道と東京では気候も大分違うのに、これだけの成果が出たのは奥様の『勘』の素晴らしさですね。
こんなに細心の注意を払って鶏を茹でたことはありません。
やっぱり主夫太郎さんはお家シェフにしておくのは勿体ない。
お店出してください!

Re: No title

あんこさん コメントありがとうございます。

> 奥様の怒りかはたまた野生の(女性の)勘か?
> いずれにしもて大収穫でしたね。

これは本当によかったです。
データもとれましたし、来年への参考になります。

> 生で食べられる幼菌のタマゴタケと蝦夷雷鳥のサラダ、どこででも食べられるものではないですね。
> 素晴らしい収穫と料理。おめでとうございます。

我が家だけだとは思います。ちょっとだけカミさん孝行ができたと思ってますが、
今年はこういうメニューがすくなかったですねぇ。

Re: No title

ともぞうさん コメントありがとうございます。

> 奥方様の大号令とあらば,矢が降ろうが出撃でしょうが,結果をちゃんと出しているところがさすがですね!私もそういう楽しそうなキノコ狩りしてみたいです!!

矢が降るくらいではカミさんの大号令にい異は唱えられません(笑)
キノコ狩りだけは毎回こんな風に急にきまるうえ、3回中2回くらい空振りなのでお友達をお誘いできないのが残念です。
達人の域に達すればお誘いできると思いますのでそのときは。

Re: No title

タヌ子さん コメントありがとうございます。

> 日本のお医者さんは体の免疫力に頼ろうとしてるんでしょうね。
> 薬の使用率世界一のフランスだったらすぐに『強力』な薬を5日分ぐらい処方されます。

フランス風がいいですよ。咳と熱で一週間なんて老人ならへたすりゃ死んじゃってます。

> 他の人が採ったキノコの写真を見て、『そうだ、キノコ狩りに行こう!』と思う気持ち、良くわかります。
> 私も先日ロシア在住の人がブログに載せていた大量のポルチーニを見て、森に行ってみましたが、気候が違いすぎて空振り・・・

このコメントはカミさんが大喜び!キノコハンターの気持ちを分かってくれるのはやはりキノコハンターだけだと。
ロシアが取れだしたってことはもうそろそろって事でしょうか。秋のキノコは北から南下してきますからね。

> 北海道と東京では気候も大分違うのに、これだけの成果が出たのは奥様の『勘』の素晴らしさですね。

これは不思議です。カミさんもデータづくりに余念がなく気温や湿度を分析して
「第二のキノコ狩り」を楽しんでます。

> こんなに細心の注意を払って鶏を茹でたことはありません。
> やっぱり主夫太郎さんはお家シェフにしておくのは勿体ない。
> お店出してください!

ジビエの鳥の中でも雉とエゾライチョウは特別気を使いますね。
カミさん以外のお客さんに振舞うときはかなり緊張しますから、
お店出したら3日で過労死しそうです(笑)
非公開コメント