05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

コンクに2泊

2014.08.23 12:21|2014ヨーロッパ旅行記
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!元女子高生のみなさん!!

今日はフランス内陸の村、

コンクですよ!!

主夫太郎による村の解説もお楽しみにね!

============================================================


**やちゃmaruさん(←ポチリで飛びます)が主夫太郎のブログを紹介して下さってます。ん~素敵な元女子高生のやちゃmaruさんのブログをみんなも読もう!

ここまで随分自動車を運転してきている。旅行前にシミュレーションした感じだとこのコンクにたどり着くと、時差のことも考えるとヘロヘロだろうという予想を立てていて、この小さい可愛い村に2泊することにしていた。実際たどり着いてみるとそれほどヘロヘロではないのだが旅先で興奮してることもあり自分では正確に疲労がわからないだろうから、散歩や昼寝をして2日間過ごし、心身ともに休めるのはも悪くはないだろうと宿に着いてカミさんとも話した。

さて、宿に着く前だが、コンクを上から写真を撮ると....

コンクを上から20140803

こんな感じの可愛い村だ。サンシルラポピーもかなり可愛い村だったが、こちらも小さな、山間にある村でなかなかだ。どのガイドブックを見てもこの場所から写真が撮られているのだが、それは納得。2日間散歩して思ったがやっぱりここが一番村がきれいに見える。
コンクの村B20140803

村は入口からゆるい坂道が続いてその両脇に建物がたっている。村のなかから撮るとこんな感じだ。この写真に写っている大きな建物には観光案内所も入っていて、公の建物なのかな。教会を除いたら多分このコンクで一番大きな建物だ。

見事な藤20140803

相変わらず見事な藤がどの村にもある。案外日本よりも藤が好きな国なのかもしれない。手入れも大変だろうけども。

コンクのロバ20140803

斜面にロバが飼われていたが、僕が昼寝していたら外でポクポクと足音が聞こえていたから、多分このロバ君はなにかしらのお仕事をしているはず。主夫太郎より勤勉だね~、あはははは。

炭焼きか20140803

ぶらりと散歩してたら、炭焼き小屋なのか煙がもくもくと出ている小屋を発見!それとも燻製でも作っているのかな?そんでよくみると.......
そこに猫20140803

猫が昼寝だ!!この季節、まだ肌寒い感じだったからね。猫は暖かいところを良く知ってるのだな。この写真でもわかるけど、石の屋根、本当に天然の石を薄く切って瓦として使ってるんだね。形が不揃いなこんな重たいものを屋根にあげるんだねぇ。まぁ瓦も重たいけどさ。

スケッチ20140803

散歩もしたけど、主夫太郎は窓から見える風景なんかをスケッチもしました。観光スポットも特にない村で休養のために寄ったからこんなこともできました。本当はこの旅行を通してもっともっとスケッチしたかったのだけど、今回の旅はこれだけ。ん~~ちょっと残念だが仕方ないな。
コンクの村A20140803

この右に写ってるのが村の「売り」の教会。ガイドブックによるとこの教会は4世紀初頭に12歳で殉教した聖女フォア(サント・フォア、スペイン語ではサンタ・フェ)にささげられた教会らしい。

殉教の詳しいお話は当時の資料はないらしいけど、後々歌われた、「サンタ・フェの歌」ってのによるとローマの神様に礼拝することを強要されたフォアちゃんが「私はキリストさまが大好きだからそんなこといやだわん、あははははは。」(セリフは主夫太郎の想像)って言って火あぶりにされそうになったら天使がやって来て火を消した!!と思ったら、それじゃぁ仕方がないってんで、今度はクビをはねられてしまったってお話。天使の奴、なんでそんな風に中途半端に助けたのかは分からないけど、確かに火あぶりは気の毒だからねぇ。とにかく、そのフォアちゃんにささげられた教会でフォアちゃんの遺骨をまつってある教会なのよ(まぁ、その遺骨だってあやしいもんだけどさ)。

ところが、このフォアお嬢ちゃんがいたのはアジャという町で実はコンクは縁もゆかりもないわけよ!!で、どうしてこんな教会がここに立っているかというと、コンク出身の修道士がもっとコンクに人(観光客?)を呼び込みたいってことでアジャの教会に10年間も身分を隠しながら潜り込んでフォアちゃんの遺骨を盗んで来ちゃったってわけだ。

ぬ、ぬ、盗人の御蔭で流行っている村??

と思ったけど、まぁ、罪を憎んで人を憎まず。今でも巡礼者が沢山訪れている何故か神聖な村なのよ。盗まれた方はどう思ってるのか聞いてみたいが9世紀の話だから多分なにも感情はないかと思う。そんで教会に入るとそのフォアちゃんの遺骨を納めてある聖女像があるかというと、これが無いのよ。教会の隣の宝物館にあるんだって、6ユーロくらいかかるらしい。あはははははは。また盗まれない様に教会には置いてないのかもね。セコムも必要だから入場料とられるってことなのかもしれない。しかし、まぁ、キリスト様を信じて首をはねられ、成仏したかはしらないけど今でも教会の為に1人6ユーロを集金しているフォアお嬢ちゃん、なんか気の毒だねぇ。まぁ、そんなだから全然見る気がしなくてまた昼寝しにホテルの部屋に戻ったってわけ(普通なら見学するからやっぱり疲れてたんだな)。

神父さんご機嫌20140803

今回のホテルの部屋はコンクの目抜き通りを見下ろすような素晴らしい部屋だったのよ。そんでふと見下ろしてみると、可愛い少女二人と妙齢のご婦人二人が聖職者を囲んでいる。んんんんんん~~~~~。9世紀の修道士は12歳の女の子の遺骨を奪い村を発展させましたが、21世紀の修道士は生きてる女の子の心を奪い村を豊かにしてるのかな?あはははははは。罰が当たるまえにこの記事を終わりにしようか、あははははは。


いつも言い忘れてるけど、たまにはポチっと押してね、下のボタン↓

スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

コメント

No title

コンク、まだ訪れたことがないので、次の国内旅行計画の中に組み込んで見ようと思います。
わが村の近くのコンシュと言う町にはsainte foy教会があって、なんでも領主さんが巡礼の途中でコンクを訪れた際、sainte foy教会でお祈りしたら奥さんの病気が治ったので、お礼のためにsainte foy教会を建て、町にコンシュ(どちらも帆立貝の意味ですが、南と北では言葉が違った)という名前を付けたらしい。
私はクロアチア在住時に、フォア嬢の首をはねさせたディオクレティアヌスの館を何度も見学してしまったし、なんだか複雑な思いです。
それにしても一人6ユーロはちょっと高すぎ。
一人2ユーロぐらいに留めた方が集金効果は上がると思うけど、6ユーロ払っても見たいっていう信心深い人たちだけに見て欲しいのかな。

Re: No title

タヌ子さん コメントありがとうございます。

> コンク、まだ訪れたことがないので、次の国内旅行計画の中に組み込んで見ようと思います。

泊まる必要があるかといえば疑問ですが、ノンビリと散歩するにはちょうどよい規模でしたね。
是非。

> わが村の近くのコンシュと言う町にはsainte foy教会があって、
> なんでも領主さんが巡礼の途中でコンクを訪れた際、sainte foy教会でお祈りしたら
> 奥さんの病気が治ったので、お礼のためにsainte foy教会を建て、
> 町にコンシュ(どちらも帆立貝の意味ですが、南と北では言葉が違った)という名前を付けたらしい。

アジャの町からコンクに引っ越しただけでなく、
そんなとこへも出張ですか、フォアお嬢は。

聖人とか聖遺骸とかそういうものは何か都合よくポコポコと発見されるそうですが
それがまた飛び火をしてはこうやって神様の御威光が広がってゆくという.....
ん~なんという仕組みなんでしょうね。偶像崇拝を禁止してるはずですが、
まぁ、なんだかんだ言って偶像崇拝が宗教の力の源ですよね。

> 私はクロアチア在住時に、フォア嬢の首をはねさせたディオクレティアヌスの館を何度も見学してしまったし、なんだか複雑な思いです。

なんとまぁ、そんなところまで!!
ん~~クロアチアまで彼女で潤うとは....
インターネットの時代、主夫太郎が全世界に向けて発信してるのに
日に30人くらいしか見ないのに、フォアお嬢さんはスペイン、フランス、クロアチアと実に広い範囲で、
人を集めている。ん~~「聖」というのは凄いものです。

> それにしても一人6ユーロはちょっと高すぎ。
> 一人2ユーロぐらいに留めた方が集金効果は上がると思うけど、6ユーロ払っても見たいっていう信心深い人たちだけに見て欲しいのかな。

まぁ、大事なものは安売りしないほうがいいですよね。
ありがたみがなくなりますから。

No title

主夫太郎さん こんにちは(^^♪

なんとも贅沢な旅ですね。
パック旅行ではこうした経験はできませんよね。

キランキランした観光名所をこれでもかって詰め込んだ旅が
最上の旅だと思ってる旅行会社が多いような気がするの。

小さな村で藤の花に憩い‥ロバさんの足音にたゆとう‥
そんな豊かな心で描いたスケッチ、素敵ですね。

Re: No title

はるさん コメントありがとうございます。

> なんとも贅沢な旅ですね。
> パック旅行ではこうした経験はできませんよね。
> キランキランした観光名所をこれでもかって詰め込んだ旅が
> 最上の旅だと思ってる旅行会社が多いような気がするの。

そりゃまぁ、仕方ないところですね。
旅行会社も流石にコンクで2泊の旅程を組んだら
クレームでまくるでしょうね。

> 小さな村で藤の花に憩い‥ロバさんの足音にたゆとう‥
> そんな豊かな心で描いたスケッチ、素敵ですね。

ありがとうございます。
呑気な気持ちだとスケッチも呑気にできていいものです。
こんなゆっくりできる旅ももうないでしょうねぇ。

No title

こんばんは!
もう3本も!どこにコメントを残そうか考えたのですが、とりあえず綺麗な景色の中が良いかと思いまして♪

フランス!フランス!フランス!
どこを見渡してもフランス!当たり前ですが、やはりこの風景にはうっとり。
団体旅行でないと、こんなにもゆっくりと、自分たちのペースで回ることが出来るのですね。ただし、慣れない外国で、慣れない車を運転する人がいればです。
そして、わたしにとってサンタフェと言えば、宮沢りえさん~(すみません)
聖女フォアさんのお話も知らなくて、今調べてきました(汗)
でも素敵な町並みをたっぷり楽しみました♪

さて鹿肉ですが、同じ日に全部食べたのではないですよね??
鴨ネギならぬ、鹿ネギもとても美味しそうですね~
全体が赤く柔らかそうな部位は、ヒレでしょうか。どんなワインに合わせたのか、食卓をもう少し奥のほうまで除きたいですね~^0^
夢の話は、またそちらで!

Re: No title

masakohimeさん コメントありがとうございます。

> フランス!フランス!フランス!
> どこを見渡してもフランス!当たり前ですが、やはりこの風景にはうっとり。
> 団体旅行でないと、こんなにもゆっくりと、自分たちのペースで回ることが出来るのですね。
> ただし、慣れない外国で、慣れない車を運転する人がいればです。

自動車は最初が大変です。郊外の空港から乗り始めるのがベストだと思いますね。
団体旅行では味わえない旅行を満喫した主夫太郎ですが、一度こういう旅を経験すると
団体旅行はあんまり行きたくなくなります。旅行計画が完全でない分、いくらかの後悔が残るのもポイントで、
また行きたいとおもうのですよ。これ案外よいことです。

> そして、わたしにとってサンタフェと言えば、宮沢りえさん~(すみません)
> 聖女フォアさんのお話も知らなくて、今調べてきました(汗)
> でも素敵な町並みをたっぷり楽しみました♪

まぁ、宮澤りえのあれは衝撃でしたからね。
何が悲しくてあんなことするのか?なんて思ってる僕は年齢以上に年寄ですよ。

> さて鹿肉ですが、同じ日に全部食べたのではないですよね??

もちろん別の日です。
お料理ブログはもうあきらめたので(笑)
レシピも載せないし、まとめちゃえばいいや!ってことで
あんな構成になってます。

> 鴨ネギならぬ、鹿ネギもとても美味しそうですね~
> 全体が赤く柔らかそうな部位は、ヒレでしょうか。

最後以外はヒレ、最後のはモモです。柔らかくモモが食べられるのは、
やっぱり子鹿だからかな。

> どんなワインに合わせたのか、食卓をもう少し奥のほうまで除きたいですね~^0^

ボルドーでもブルゴーニュでも、炭酸水でもおいしく頂けますよ。
でもこんな気合いを入れた日は我が家の定番ワインを開けることにしてます。

美しい村ですね!
たぶん近くにTGVも通って無いようなとこなので車がないと行きづらそう

マニアックな旅ですね〜

おらは20代のころ南仏に移住計画をしてたんでけど…失敗(笑)

今は鉄砲があるんで日本の田舎暮らしを考えてます


Re: タイトルなし

やんまさん コメントありがとうございます。

> 美しい村ですね!
> たぶん近くにTGVも通って無いようなとこなので車がないと行きづらそう

車がないとちょっと無理ですね。
ゆっくりサイクリングでもしながらということなら別ですけども。


> マニアックな旅ですね〜
> おらは20代のころ南仏に移住計画をしてたんでけど…失敗(笑)

当時のお仕事柄憧れたのでしょうか。
僕も未だにフランスは憧れの地です。


> 今は鉄砲があるんで日本の田舎暮らしを考えてます

僕も鉄砲があるので、できれば田舎に暮らしたいのですが、
生活の基盤(カミさんの仕事)が東京なので仕方ないと思ってます。
いつかは夏に釣り、冬に鉄砲、春、秋はキノコや家庭菜園という生活、
してみたいですね~。
非公開コメント