07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

昨季の猟果から・完結~とりあえず打ち止め~

2014.09.12 07:54|猟と獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

ハンターと元女子高生のみなさ~ん!!

今日で昨季の猟果のお話はとりあえず完結です。

番外編がでたらまた出しますね~~


================================

本来だったら何本もの記事にできるお料理達をここまでごそっと紹介してきました。気前よくまとめちゃいますけど、鹿料理ってそんなに参考にならないからいいかねぇ(笑)まぁ、そんな全く参考にならない「昨季の猟果シリーズ」のお料理も今日でひとまずおしまいです。まだ獲物はいくつか残っているけど、それは番外編みたいになるかなぁと思います。

主夫太郎の料理のイメージは聞いてみると様々、人によっては正反対のこともあるくらいですが、まぁ、共通してるのは「家庭料理らしくないことが多い」ということですかね。そんなわけで、今日は鹿を使っていることを除くと間違いなく家庭料理の範疇に収まるものを色々集めてみました。家庭料理となると、今は時短だの手抜き料理全盛の時代。ん~~~~~~

時短・手抜きのポイント?


ねぇよそんなもの!!こっちが聞きてぇな!


僕は時代に振り向いてもらって、人気ブロガーになるべく、他のブロガーさんのアドバイス通りに時短や手抜きのお料理で人気を獲ろうと思ってから2回目にして時短・手抜き記事はあきらめました。性にあわないのよ。あはははははは。

ということで、悪いけど主夫太郎は時短・手抜き料理などというものとは金輪際おさらばし、敢えて

主夫太郎の冗長な勤勉料理!!


ということでお送りしようと思います。ポニーテールは振り向かない!時代は僕に振り向かない!あははははははは。


鹿麻婆20140723

といいつつ、そんなでもないお料理が続きます(笑)こちらは鹿麻婆茄子です。くず肉があったのでミンチにして、それを豚肉の代わりに使いました。豆板醤と甜麺醤の割合はその日の気分!香りが豚と違いますから全く別物だけど、ご飯にかけて食べると美味しいですよ。ハンターならではの贅沢な麻婆です。茄子が見えないくらい鹿肉つかってるよん。


鹿すき焼き風20140714

こちらはすき焼き風です。ネギと鹿を焼き、砂糖と醤油と少しのお酒をかけてちょっと焦がすようにして仕上げます。トウモロコシも「あったから入れた」というちょっとやっつけた感じのお料理です。もちろん気取ってもいないから結構ダサい感じですがこれを白いご飯とモサモサ食べるのは楽しい。

鹿団子20140723

これは鹿のミートボールをトマトソースでちょっと煮込みました。あははははは。なんでもない家庭料理でしょう?もちろん鹿使っている以外はなにも変わりません。肉団子を揚げて、みたらしあんで頂くというのもありかな。北欧に行ったときにミートボールがメインで出て来たのでちょっと真似してみました。

鹿のタジン20140723

こちらは鹿肉のタジンです。ジャガイモ(軽く加熱済み)とニンニクを敷き、インゲン、鹿肉(蛇腹の切れ込みを入れてる)、塩を振ってチーズをかけてタジン鍋で調理です。もちろんお醤油と砂糖をいれてちょっと和風にしても良いとおもいますよ。鹿好きのフランス人に是非是非お勧めです。

鹿ステーキ20140818

まぁ、こちらは王道ですね、鹿のステーキ。ソースは簡単です。母からもらったブルーベリーの焼酎漬けがあったのでそのアルコールを飛ばし煮詰め、鹿でとったスープを加えながら濃縮させます。塩を足しながら酸味が強くなったら少し砂糖をたしたりして、美味しくなったら片栗粉でとろみをつけるだけ(コーンスターチがないからね)。まぁ、家庭料理の部類ですね。鹿を焼いたフライパンで醤油と砂糖とバターを溶かしてさっとかけるのでもいいですよ。

鹿のクリーム煮スパイスきかせて20140811

さて、こちらは鹿のクリーム煮で最後にちょっとカレー粉を利かせました。そしたら鹿のカレー風味が気に入ったので、

鹿クリームカレー20140717

鹿のクリームカレーをつくちゃいました。こっちは鹿の割と大き目のお肉ね。見た目はそうでもないけど、これはカミさんも僕もまた食べたい!と思うおいしさでした。カレーは粉のカレー粉をつかいます。ルーはどうしても小麦粉のトロミがかなりついちゃうのでね。鹿を最初炒めるとき小麦粉を振っているので、その粉のトロミだけで仕上げます。

さらにさらに、鹿のカレーということで、

鹿カレー20140730

こちらはごろりとした鹿肉を使ったカレーですね。鹿肉の赤ワイン煮込み(圧力鍋使用して、僕は2回に分けて加熱します)と、野菜だけのカレーを作っておいて合体させました。鹿とワインの色がいい感じで出ていると思います。野菜だけのカレーを作る気になったのは仲良しブロガーのyuriさん(←ポチリで飛びます)とちょっとカレーについて熱く語ったからなんだけど、最後はお肉の旨さに頼ってしまいました。


さて、そろそろ本当に狩猟の時期が始まります。下見や銃の調整など盛り上がる一方、ことしは費用対効果も真剣に考えます。どうなることやら。全力で食糧獲ってきます!!

~最近思ったこと~

ある狩りをする人のブログのコメント欄が炎上していたのを見つけたのですが怖いの何の。「殺された動物の身になれ!お前も殺されて皮を剥がれろ!」「皮を剥がすなら自分の子供の皮を剝げ!!」なんて仮にハンターが残酷だという前提からスタートしてもそれにも増して残酷な書き込みも。どうも鳥獣が食糧や毛皮になるくらいならそのブログ主さんやその子供を殺したいらしい。恐ろしい野蛮な人達がこの世の中にはいるものです。「こんなことわざわざブログで書くな!」なんてのは「じゃぁ、お前の意見もわざわざ他人のブログのコメント欄に書くな」なんて簡単にツッコめる意見ですがやっぱり恐い。ブログ主さんは認証制を採っているので、多分すごく心が広いのだろうと思います。その他ブログをやっているのだかやっていないのだかわからない人が「命を扱うのに表現力が稚拙だからちゃんと表現力を磨け」なんてのもあってまったく笑止千万、それでも書かれたら傷つくだろうなぁって思う。しかし、こういうのってハンターが必要のない殺生をして酷いってのが事実だったとしても、それよりも酷い.....ハンターも危険な銃器という道具を使い山で道に迷いながら場合によっては命を落とすリスクを負って引き金を引き命を頂きますが、この人達はノーリスクで憎しみを込めてリターンキー押すだけで人の心を傷つけ、ときには命を奪います。と、考えてみると、ご本人は否定するでしょうが、こういう人も根っこはやはりハンターなんですかね。動物を狙うのではなく、人の心を狙うハンター。狩場は山でも里でもなくネットの世界。フランスは人口6500万でハンターは135万人、日本は人口1億2000万でハンターは19万人ですがネットのハンターいれると本当はどちらが多いか.....人の本能とは.....くわばらくわばら。


ちなみに主夫太郎のブログは主夫太郎が気に入らなければ躊躇なくコメントを削除します。表現の自由などはどうぞご自分のブログを運営してそこで発揮してくださいね、まぁ、僕のところにコメントくれる人はそんなことしないでしょうけどね~。

スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

コメント

こんにちは~♪

ひゃー9日にもアップされてたー
すっごいフルコースに
人参ソースがすごくインパクトありました。

フランスの方はあまりお魚食べないのですねー
私の知ってるフランスの人は刺身大好き
ワインより焼酎が大好きな人だったので
勘違いしてました(笑)
(すごく日本好きな方だったから)

今回の鹿料理パレードは圧巻ですね~

鹿ステーキが超絶美味しそう❤
ブルーベリー焼酎漬けのソース
わ~~!!って思っちゃいましたよ
光ってるソースがそそっちゃう♪

クリーム煮・ミートボールも食べたいなー

主夫太郎さんそのうち ハンターレストランOPEN!
待ってます^^


No title

こんばんは~

すごい!

肉の旨みを引き出すならこれ!って感じで
存分に堪能ですね~

ブルーベリーの焼酎漬け!!
これがすごい気になります
ワインみたいな味になるんでしょうね~
本当は飲物なんでしょうか?

手の抜かない数々
やっぱり味の深さが違うだろうな~

No title

鹿肉料理のオンパレードですね。どれも興味があるけど、麻婆豆腐とミートボール、そしてやはり王道のステーキが美味しそう。
ブルーベリーを使ったソース、どんな味なんだろう?

あのブログにコメントを書いた人間はひどいですね。

あの女性の心は強いなあ。想定内だったのかな。

出来るならコメントを書いた人間を特定して、ディベートを挑んで叩きのめしてやりたい。(と思うのも心が狭いのかな。)

No title

主夫太郎さん こんにちは(^^♪

鹿肉のレシピ、こんなにたくさんあるんだあ。
まあ、なかなか手に入るものじゃないから、せいぜいステーキかな。
バリーエーションを考えるまでは行かないですね‥。
それに、札幌の一部で売られている鹿肉の色‥あまり食欲をそそらない。
主夫太郎さんのとこで拝見するお肉は美しい色ですよね。
他のお肉より高いから売れ行きが悪い‥値引きしてもますます色が悪くなって
るので売れない‥の悪循環。

ひとつ考えてるレシピがあって「馬肉」とのコラボ。
ただ、こちらでは刺身用の馬肉は時々見かけるけど調理用のお肉はなかなか‥
開拓の苦労を共にしてきた“仲間”ということで食用にしなかった名残だとか。

そう考えると、最後のお話に通じるものもあるかな、
じゃあ、豚や鶏はどうなのかとか‥ね。
無為な殺生はイケないと思いますけど‥そこには様々な事情があるわけで。
森での鹿や熊の食害、海ではトドによる魚介類の食害。
共存のバランスはとても難しいことだと思っています。
狩猟を猛烈に反対される方‥スーパでパック詰めされたお肉は食べないんで
しょうかね。それだって元は皮のついた動物。

野菜や魚‥命をいただいて生かさせていただいてる身。
ならば、少しでも良い生き方をしなくっちゃ!

No title

どれもレストランで出てきそうなお料理。
鹿肉の麻婆茄子なんて本当に贅沢。
多分そんな贅沢な麻婆茄子を食べたことがある人なんて、主夫太郎さんご夫妻だけです。
鹿肉のカレーが美味しいと言うのは知っていたけれど、すき焼き風の味付けは考えたことがなかった。
ベリーソースみたいなちょっと甘いソースとの相性がバッチリな鹿肉、絶対すき焼き風の味付けも合いますよね。
試してみたいけど、鹿肉、シーズンに入っても高いのよね…
狩猟の季節に帰国して、ビストロ主夫太郎に食べに行こうかな(笑)
捕鯨の問題もそうですが、何が可哀そうで、何が可哀そうじゃないかって言う問題じゃないですよね。
地球人が全部ビーガンになったら、人間は動物たちに征服されるはず。

Re: こんにちは~♪

やちゃmaruさん コメントありがとうございます。

> ひゃー9日にもアップされてたー
> すっごいフルコースに
> 人参ソースがすごくインパクトありました。

人参ソース、日本で出てきたら腹を立てそうなくらい
大ざっぱな感がありましたが不思議と旅先だと納得です。

> フランスの方はあまりお魚食べないのですねー
> 私の知ってるフランスの人は刺身大好き
> ワインより焼酎が大好きな人だったので
> 勘違いしてました(笑)
> (すごく日本好きな方だったから)

おそらく川魚はそれほど好きじゃないとおもいますね。
もっとも日本人もそれほど好きじゃないみたいだけども。

> 鹿ステーキが超絶美味しそう❤
> ブルーベリー焼酎漬けのソース
> わ~~!!って思っちゃいましたよ
> 光ってるソースがそそっちゃう♪
> クリーム煮・ミートボールも食べたいなー
> 主夫太郎さんそのうち ハンターレストランOPEN!
> 待ってます^^

レストランかどうかは別として、
上京することがあったらご連絡を。
食材があれば是非ご招待しますよ。

Re: No title

きゃりあさん コメントありがとうございます。

> 肉の旨みを引き出すならこれ!って感じで
> 存分に堪能ですね~

肉も魚も基本は同じで、
旨みを引き出すなら熟成とレアなんだと思います。
でも余ると仕方ないからスープにしたり適当な料理になったりしますねぇ。

> ブルーベリーの焼酎漬け!!
> これがすごい気になります
> ワインみたいな味になるんでしょうね~
> 本当は飲物なんでしょうか?

基本は飲み物、果実酒ですね。
なかなか美味しいのですが、
今回は食前酒でなくソースにしました。
爽やかな酸味が良かったですよ。

> 手の抜かない数々
> やっぱり味の深さが違うだろうな~

もう手抜き料理の方向に走るのはやめました(笑)
味が深いかどうかは分かりませんが、
実は全力で手を抜いているので、
シカらしさは残っていると思ってます。

Re: No title

あんこさん コメントありがとうございます。

> 鹿肉料理のオンパレードですね。どれも興味があるけど、麻婆豆腐とミートボール、そしてやはり王道のステーキが美味しそう。
> ブルーベリーを使ったソース、どんな味なんだろう?

ブルーベリーのソースは酸味と甘みのバランスを保ちながら鹿の出汁を加えるという感じで、
本当になんでもないソースです。でも鹿にあいました。

> あのブログにコメントを書いた人間はひどいですね。
> あの女性の心は強いなあ。想定内だったのかな。

信念を持っているのでしょうね。
僕は彼女の立場になったら心が折れて、多分ブログはやめちゃいますねぇ。

> 出来るならコメントを書いた人間を特定して、ディベートを挑んで叩きのめしてやりたい。(と思うのも心が狭いのかな。)

これが、僕も色々と激論というものを体験しましたが、
まず、大抵の人間は僕の人格を否定して、気分が悪くなるだけなんですよ。
関わらないのがベストですね。でも、ある意味報復はしてやりたい(と思うのは僕の心が狭いのかな(笑))

Re: No title

はるさん コメントありがとうございます。

> 鹿肉のレシピ、こんなにたくさんあるんだあ。
> まあ、なかなか手に入るものじゃないから、せいぜいステーキかな。
> バリーエーションを考えるまでは行かないですね‥。

手に入る量が少ないとやっぱり最初はステーキですね。
前も紹介しましたが、次はカツにして欲しいです。

> それに、札幌の一部で売られている鹿肉の色‥あまり食欲をそそらない。
> 主夫太郎さんのとこで拝見するお肉は美しい色ですよね。
> 他のお肉より高いから売れ行きが悪い‥値引きしてもますます色が悪くなって
> るので売れない‥の悪循環。

鹿肉が高いのは仕方ないのだけど、
どうしても美味しい食べ方がないんですよね。

> ひとつ考えてるレシピがあって「馬肉」とのコラボ。
> ただ、こちらでは刺身用の馬肉は時々見かけるけど調理用のお肉はなかなか‥
> 開拓の苦労を共にしてきた“仲間”ということで食用にしなかった名残だとか。

僕も馬と鹿は実はコラボを狙っているのですが(笑)
馬も美味しいですが、たしかに北海道で馬はねぇ。
苦楽をともにしたはずですものねぇ。
これも食文化の一つです。

> そう考えると、最後のお話に通じるものもあるかな、
> じゃあ、豚や鶏はどうなのかとか‥ね。
> 無為な殺生はイケないと思いますけど‥そこには様々な事情があるわけで。
> 森での鹿や熊の食害、海ではトドによる魚介類の食害。
> 共存のバランスはとても難しいことだと思っています。
> 狩猟を猛烈に反対される方‥スーパでパック詰めされたお肉は食べないんで
> しょうかね。それだって元は皮のついた動物。
> 野菜や魚‥命をいただいて生かさせていただいてる身。
> ならば、少しでも良い生き方をしなくっちゃ!

人はそもそも我がままで残酷に生きて行くしかありませんよね。
ベジタリアンが仮に残酷でないとしても、残酷な生き方をしている人達に支えられてます。
生きることの本質は原始時代から変わらないって、猟をするようになって思いました。
生きることは食べることなんですよねぇ。

No title

タヌ子さん コメントありがとうございます。

> どれもレストランで出てきそうなお料理。
> 鹿肉の麻婆茄子なんて本当に贅沢。
> 多分そんな贅沢な麻婆茄子を食べたことがある人なんて、主夫太郎さんご夫妻だけです。

鹿肉の麻婆は鹿の香りのする麻婆ってだけで、凄く変わってるわけではないんですが...
まぁ、鹿の香りの麻婆って変わってますかね(笑)

> 鹿肉のカレーが美味しいと言うのは知っていたけれど、すき焼き風の味付けは考えたことがなかった。
> ベリーソースみたいなちょっと甘いソースとの相性がバッチリな鹿肉、
> 絶対すき焼き風の味付けも合いますよね。
> 試してみたいけど、鹿肉、シーズンに入っても高いのよね…

鹿肉は確かに少し高いですね。砂糖と醤油の組み合わせで美味しくないお肉なんてないです(笑)
偉大ですよ、砂糖醤油。照り焼きが世界を制することも考えられます。

> 狩猟の季節に帰国して、ビストロ主夫太郎に食べに行こうかな(笑)

10月が北海道で解禁なのですが、採れるかどうかは主夫太郎次第。
獲れたらブログでご報告しますね!ただこればかりは自然が相手なので期待しないでください(笑)

> 捕鯨の問題もそうですが、何が可哀そうで、何が可哀そうじゃないかって言う問題じゃないですよね。
> 地球人が全部ビーガンになったら、人間は動物たちに征服されるはず。

ビーガンは肉を食べてる人間に支えられて生きてます。
人間一人ができることなんて専業主夫の仕事量と同じ。
誰かの労働を吸い上げて誰もが生きてます。
ビーガンで原油まで含めて自給自足している人はほぼ皆無でしょうな。

「思想」をその根拠にするビーガンの人達は、
彼らが残酷だと思っている肉食人種の農家さんの過酷な肉体労働に彼らは支えられているのですが、
それは異なる種族の肉を食らうのと同じくらい残酷だと思いますよ(笑)
だから、お互いの食に対することには黙っていればいいんですよ、本当は自分の残酷さなんて誰も気づきたくないんですからねぇ。
非公開コメント