07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

いよいよバスクへ!!~エスペレット~

2014.10.16 21:03|2014ヨーロッパ旅行記
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!元女子高生のみなさ~ん!!

久々の旅行記ですよん。

今日はバスクに入ります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

猟の記事がまだまだ間に合わないので久々にフランスの旅行記をアップします。ハンターの皆さんや釣りをする皆さんには申し訳ないのですが、実はこの旅行記は昔からの読者さんの好みだと思うのでネタがある限り少しづつだしてゆきたいと思ってます。

さて、主夫太郎のカミさん憧れのバスク地方にとうとう突入します。なんでカミさんはそんなにバスクに憧れたかというと、一つは食べ物、もう一つは多分バスクという言葉の響きだとおもいます。まぁ、なんとなくいい響きですよね、バスク!皆さんもちょっと爽やかな感じで「バスク!」って言ってみましょう。きっとすぐ憧れちゃいますよ。それと土地柄、長い休みでしか行けないというのもあこがれた理由だとは思います。

さて、バスク最初の訪問地はエスペレットという村です。赤と白のおうちはバスク地方独特のものだそうですが、

エスペレットの通り20141016

エスペレットの目抜き通りはまさに絵に描いたような白と赤のおうち(お店)でできてます。

アイノアの家20141016

こちらは一般のおうちですが、商店街と同じような色使いですね。雰囲気を統一しようという強い意志を感じますが、もちろんとても素晴らしい統一感ですごく気持ちいいです。以前漫画家の楳図かずお氏の「まことちゃんハウス」が問題になったけど、多分ここで建てたらそんなに問題はなかったかなとも(笑)(気になる方は「まことちゃんハウス」で検索してね。訴えた住民が撤去するまで月10万円欲しいと訴えていた笑える裁判だったような......)

このおうちにはよく見ると可愛い番犬がいて(上の写真にも写ってるけど)、

睨む犬20141016

バウ!と太い声で知らないひとを吠えてみたりしてました。呑気な村ですねぇ。確かに観光地化されてる目抜き通りはちょっとうんざりする部分もあるのだけどちょっと観光地から外れるてもこんな感じ。

さて、この白と赤の村、名産品があるんですがそれが冗談みたいだけど、

ピマンの束20141016

ピ マ ン

と呼ばれる大き目な唐辛子。なんて沢山売ってるんだ!と思うあなたはまだまだ甘い!!だってねぇ、

ピマンだらけ20141016

こんな風にチーズ屋の壁にぶら下げるくらいあるのよ。売るほどあるっていうかぶら下げるほどある。ここだけでなく、

ピマンのホテル20141016


ホテルだってピマンだらけさ!

とにかく

ピマン、 ピマン、 ピマン!!!


もうここまで行くとピマンを買わないわけにはいかない。もちろんお土産に一つピマンの房を買いました。でまぁ、辛いお料理でもレストランで食べてピマンを満喫して帰ればいいかなぁ、なんて思ってると.....

チョコや20141016

なんとショコラティエが!

チョコ屋ですよ、チョコ屋!チョコって言ったら甘いのに決まっているわけだ。唐辛子なんて入る余地なんてないはずなんだけど、

辛いチョコ20141016

このやってしまった感満載のピマン入りチョコ

が堂々と売ってました。しかも凄い人気!!ん~~日本にもラーメンソフトクリームとか、わさび入りソフトクリームとか売ってますがね、まぁ、そりゃ悪くはないけどなんとも割り切れない僕がいます。それでもそれだけ地元の名産品に誇りがあるってことだから気持ちいいといえば気持ちいいですな。そう、とにかく気持ちいいくらいピマンで押します!

エスペレットのピマン20141016

もちろん、こうやって一味唐辛子みたいのもそこかしこに売っていて、これはとても素敵!我が家のお気に入り調味料の一つになってますよ。そんで、買ったピマンだけど台所で

ピマンをぶら下げて20141016

こんな風にブル下がってます、どう?

ん~我が家のある大田区石川町のこの部分だけバスクを感じますねぇ(笑)もちろんこのピマンの房、少しづつ短くなってゆきます。なぜかと言えば、

我が家のピマン料理20141016

こんな風にちゃんとお料理に使ってますからね。鶏肉とトマトの煮込みに辛みとして使ってます。なんとなくピマンを使うとあのバスクの楽し旅行が思い出されますよ。お土産って案外大事だなぁって42歳をそろそろ迎えるころになって思う様になりました。ん~~成長が遅いかなぁ。

次回の旅行記はこのバスクをもう少しレポートします。猟期になって忙しい日々で主夫太郎らしくなくちょっと記事が軽くなってますが、嫌いにならないでね~。


スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

コメント

No title

主夫太郎さん こんばんは(^^♪

こちらは、そろそろ家々の軒に干大根が並びます。
このピマンを見て、その大根を連想しちゃいました。

こよなく愛されているピマン。
ここまでこだわり抜いていたらある意味、畏敬の念が。

郷土を愛するあまり作られた「ジンギスカンキャラメル」。
賛否は‥真っ二つ!
次回、ぜひ、お試しを(^^)

こんばんはー♪

北海道では いろんな葛藤があったのですね!
んんんーーー男の世界。
今度は頑張ってください!

そして バスクの旅
かわいいワンちゃんとピマンが
頭から離れなくなっちゃうぐらい。

なんでそんなにピマン(*´艸`*)
吊るされてる姿がいいですねー
我が家も欲しい~~~❤
辛いもの好きな私は一度味わってみたいものです。

鶏とトマトの煮込みにピリッと
きゃーーいい お酒進んじゃいますね~♪

続きを楽しみに(^O^)

No title

こんばんは~

春さん同様
私も軒下につるされる大根みたいだと思いました
まさに何連も連なって こんなですよ
この家の壁の色がピマンに合わせているかのようにピッタリですね

そうそう
我が家でもピマンならぬ韓国唐辛子を壁につるしてあります
料理に辛味を入れるたびに旅の思い出がよみがえってくるなんて
楽しいですね




No title

こんにちは。
チーズ屋さんやホテルの壁に飾られた?ピマンが
きっちり揃って長さも壁に合わせてきれい〜に
並べられているのが気持ちいいですね*^^*

主夫太郎さん家にもピマンが!^^
キッチンに立つ度に楽しかった旅行のことが
思い出されそうですね♪
ピマンの辛みがアクセントになった鶏肉とトマトの
煮込みも美味しそう〜☆

↓獲物を目の前にしながら逃してしまうって
やっぱり悔しさが残ると思います。。。
次回また頑張って下さいね(^^)/

No title

一般家庭の日本でバスク風の鳥の煮込みなんて作るのなんてあっしくらいかと思ったらココにもいた(笑)マニアックですね

バスクの生ハム食べたいな~日本じゃ高くて手が出ません。。。

おらもバスクに行ってみたいな~

Re: No title

はるさん コメントありがとうございます。

> こちらは、そろそろ家々の軒に干大根が並びます。
> このピマンを見て、その大根を連想しちゃいました。
>
> こよなく愛されているピマン。
> ここまでこだわり抜いていたらある意味、畏敬の念が。

そうですね。日本では大根や干し柿をぶら下げる習慣がありましたね。
もちろんエスペレットの方は観光用でしょうが、それでも似てるといえば似てます。

> 郷土を愛するあまり作られた「ジンギスカンキャラメル」。
> 賛否は‥真っ二つ!
> 次回、ぜひ、お試しを(^^)

あははは。やはりどこでもやってしまうんですね。
まぁ、郷土愛を優しく包む観光客の愛だって素敵なことだと思うので、
今度是非と思います。

Re: こんばんはー♪

やちゃmaruさん コメントありがとうございます。

> 北海道では いろんな葛藤があったのですね!
> んんんーーー男の世界。
> 今度は頑張ってください!

そもそも悩み過ぎるきらいがありますからね。
今度はもう少し気楽にやりたいです。

> そして バスクの旅
> かわいいワンちゃんとピマンが
> 頭から離れなくなっちゃうぐらい。

フランスの田舎は呑気ですよ。
こんな写真だけでまたあの呑気さを思い出せます。
このワンちゃん可愛いですよね。


> なんでそんなにピマン(*´艸`*)
> 吊るされてる姿がいいですねー
> 我が家も欲しい~~~❤
> 辛いもの好きな私は一度味わってみたいものです。

大きいのが面白いですね。
風味もよい唐辛子です。
ただ、フランス人は辛いの嫌いなんですよね。
なんでここだけこれが特産なのか不思議。


> 鶏とトマトの煮込みにピリッと
> きゃーーいい お酒進んじゃいますね~♪
> 続きを楽しみに(^O^)

田舎らしいお食事をしました。
ぜひお楽しみに~。

Re: No title

きゃりあさん コメントありがとうございます。

> 春さん同様
> 私も軒下につるされる大根みたいだと思いました
> まさに何連も連なって こんなですよ
> この家の壁の色がピマンに合わせているかのようにピッタリですね

大根も干し柿も日本でやってるのに、
観光化されてるところ,,,,あるのかなぁ。
エスペレットくらい人がくればいくらでもぶる下げていいと思います。


> そうそう
> 我が家でもピマンならぬ韓国唐辛子を壁につるしてあります
> 料理に辛味を入れるたびに旅の思い出がよみがえってくるなんて
> 楽しいですね

お、きゃりあさんのところでも唐辛子をぶる下げてるんですね。
こういうお土産がいちばんいいですね。すぐ現地を思い出せます。

Re: No title

shoko♪さん コメントありがとうございます。

> こんにちは。
> チーズ屋さんやホテルの壁に飾られた?ピマンが
> きっちり揃って長さも壁に合わせてきれい〜に
> 並べられているのが気持ちいいですね*^^*

そうそう。完全に観光客を意識しているものの、
でもこの整然とした気持ちよさに、「素敵だな」って思っちゃいます。

> 主夫太郎さん家にもピマンが!^^
> キッチンに立つ度に楽しかった旅行のことが
> 思い出されそうですね♪
> ピマンの辛みがアクセントになった鶏肉とトマトの
> 煮込みも美味しそう〜☆

そろそろもういくつか使おうかな。
しばらく使ってませんから。
ピマンを消費すると思い出も少しづつなくなっちゃう気もするんだけど、
こうやってブログに思い出を残せているのでやっぱ使っちゃおう。

> ↓獲物を目の前にしながら逃してしまうって
> やっぱり悔しさが残ると思います。。。
> 次回また頑張って下さいね(^^)/

頑張ろうと思います。安全第一ですけどね。

Re: No title

やんまさん コメントありがとうございます。


> 一般家庭の日本でバスク風の鳥の煮込みなんて作るのなんてあっしくらいかと思ったらココにもいた(笑)マニアックですね
>
> バスクの生ハム食べたいな~日本じゃ高くて手が出ません。。。
>
> おらもバスクに行ってみたいな~

ジャンボンドバスク、現地で食べましたよ。美味しかったです。
是非行って見て下さい。素敵なところです。

No title

こんばんは。
ピマン!小さいピーマンではないのですね~
家の壁に吊るしているの、観光用にしてもナイスアイデアです。
そして主夫太郎さんのキッチンにも☆こんな実用的なインテリアなら、壁一杯になるくらい買いたいな♪
赤と白の家も、ボーダーでないとこんなに可愛いお家に。これなら訴訟にならなかったのかしら…(笑)

この大きさだと、タイの唐辛子とは違って、あまり辛くはないのでしょうか?
パプリカのように、赤色がアクセントになってとっても素敵な料理です。
そして、一番シンプルな質問です。このピマンチョコはやはりピリ辛なのですか?
この一味唐辛子のようなもの、これも綺麗な赤が良いな~これで七味唐辛子作ってみたらどうかしら^0^



No title

バスク地方には友人が住んでいるので時々遊びに行きますが、『西洋風日本の温泉街みたい』(温泉はないけど)というのが一番最初の感想(笑)
バスク地方の大きな建物って日本の温泉旅館に似てますよね。
考えてみたらエスペレットは行ったことがなかった。
やっぱり目抜き通りはピマンだらけなんですね。
ハンガリーでもあちこちにパプリカがぶら下がっていたけど、きっとそれ以上なんでしょうね。
唐辛子入りチョコ、私は結構好きでリンツの唐辛子入りチョコを買って食べてます。
お土産って大切ですよ。
私もよく調味料を買って、懐かしく思いだしてますが、賞味期限を見て『え!そんな昔だったっけ?』って驚くこともしばしば。

No title

確かにバスクは、どこにあるかも知らないけど、異国情緒漂う名前で行ってみたくなります。

すごいピマンの風景ですね。
日本で言えばさしずめ、今の時期の干し柿かな?まあ、かなり減りましたが。

元は、こい紫なのに加熱すると赤くなるんですね。
どのぐらい辛いんだろう?

チョコは、外国は色んな物を入れるような気がします。小山というパティシエが世界1になったチョコも変わったものが入っていました。

部屋の中のピマンもいい飾りですね。

Re: No title

masakohimeさん こんにちは

> ピマン!小さいピーマンではないのですね~
> 家の壁に吊るしているの、観光用にしてもナイスアイデアです。

なかなか素敵な村でしたよ。すごく可愛らしい。

> そして主夫太郎さんのキッチンにも☆こんな実用的なインテリアなら、壁一杯になるくらい買いたいな♪

カミさんはもっと欲しかったらしいのだけど荷物になるからという理由で買わなかったのです。
僕もカミさんもすごく後悔してるんですよ。

> 赤と白の家も、ボーダーでないとこんなに可愛いお家に。これなら訴訟にならなかったのかしら…(笑)

まぁ、訴訟になるほうがおかしいとは思いますがね(笑)

> この大きさだと、タイの唐辛子とは違って、あまり辛くはないのでしょうか?
> パプリカのように、赤色がアクセントになってとっても素敵な料理です。

これが結構辛いです。韓国産唐辛子よりもっともっと辛いですね。

> そして、一番シンプルな質問です。このピマンチョコはやはりピリ辛なのですか?

ピリ辛です。面白いですけど常にこのチョコを食べたいかというとそうでもないですな。

> この一味唐辛子のようなもの、これも綺麗な赤が良いな~これで七味唐辛子作ってみたらどうかしら^0^

実はこの唐辛子、これだけでかなりいい風味がするんですよ。
七味にするのは僕の腕では無理だけど、十分これで楽しめる少し不思議な唐辛子なんです。

Re: No title

タヌ子さん コメントありがとうございます。

> バスク地方には友人が住んでいるので時々遊びに行きますが、『西洋風日本の温泉街みたい』(温泉はないけど)というのが一番最初の感想(笑)
> バスク地方の大きな建物って日本の温泉旅館に似てますよね。

ずらっと同じような建物が並ぶなかで大きな屋根の建物があったりしますからね。
ちょっと寂れてたりすると特にそう思います。

> 考えてみたらエスペレットは行ったことがなかった。
> やっぱり目抜き通りはピマンだらけなんですね。
> ハンガリーでもあちこちにパプリカがぶら下がっていたけど、きっとそれ以上なんでしょうね。

これしかない!って割り切っちゃったような村ですからね。

> 唐辛子入りチョコ、私は結構好きでリンツの唐辛子入りチョコを買って食べてます。

あら、そうなんですか。食べ続けるとクセになるんですかねぇ。

> お土産って大切ですよ。
> 私もよく調味料を買って、懐かしく思いだしてますが、賞味期限を見て『え!そんな昔だったっけ?』って驚くこともしばしば。


そうそう!賞味期限なんて気にしなくても使う!なんてそのときは思うんだけど、ついつい使わなくてそうなりますよね~。

Re: No title

あんこさん コメントありがとうございます。

> 確かにバスクは、どこにあるかも知らないけど、異国情緒漂う名前で行ってみたくなります。

名前の響きは大事ですよね。

> すごいピマンの風景ですね。
> 日本で言えばさしずめ、今の時期の干し柿かな?まあ、かなり減りましたが。

時期によらずぶる下げているみたいですが、たしかにそんな感じですね。

> 元は、こい紫なのに加熱すると赤くなるんですね。
> どのぐらい辛いんだろう?

写真の発色がよくなかったのですが、
実際は黒に近い赤です。それが料理に使うと本当に赤になります。
不思議ですよ。

> チョコは、外国は色んな物を入れるような気がします。小山というパティシエが世界1になったチョコも変わったものが入っていました。

そうですよね。僕はシンプルなブラックのチョコがすきなんだけども....

> 部屋の中のピマンもいい飾りですね。

もっと買ってくればよかったです。今度は沢山仕入れたいとおもいますね。
非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/10/17 08:52)

大田区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。