07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

鳥屋作り~とあるハロウィンの日曜日~

2014.10.27 11:48|猟と獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!ハンターのみなさん



全国の主夫太郎ファンの元女子高生の皆さ~ん!!

今日は獲物ではなくその準備のお話ですよ~。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本州で猟ができるようになるのは11月の15日からです。基本は2月の15日までなんだけども最近は猪や鹿の被害などがおおく、猪や鹿(よつあし、なんてハンターは言ったりします)など、県によっては3月まで獲れるところがあります。11月の15日までハンターは暇かというとそれがそうでもなく、色々やることがあります。銃の手入れなんて当たり前のこともありますがね。

ハロウィン20141027

と、世間がハロウィンで楽しそうなとある日曜日に、鳥屋(とや、と読むそうです)をつくりに、これまたとある場所に出かけました。今回は鉄砲を持っていないのでカミさんもご機嫌に同行しましたので、写真はコンパクトカメラでカミさんが撮ってくれました。

なっちゃんお休み20141027

こちらは、師匠のワンちゃん、ブルトンの「なっちゃん」です。この日は猟はしないからお休み。このワンちゃんを車に残して、さぁ、みんなで出発!って思ったのだけど、カミさんはやっぱり危ないのでなっちゃんとお留守番。車の番をしながら写真撮影を楽しんでもらって、出来上がった鳥屋をカメラに収めてもらうことにしました。

さて、鳥屋というのは何かというと.....鳥ってのはなかなか目も耳もいいですから、人間の気配や姿が見えると逃げてしまいます。そこで人間が鳥になるべく見えないように近づける隠れ家みたいのを作って、そこで待ち伏せて猟をするというわけ。小学生のときに「大造じいさんとガン」というのを教科書で読んだ人もいるとおもうのだけど、あのとき大造じいさんが残雪から隠れていたのが鳥屋です。

ところで「大造じいさんとガン」って結構印象深い作品ですよね。もしかしたらあれを読んだときから僕は鉄砲撃ちになりたかったのか....まぁ、そんなことはないですかねぇ(笑)

竹トンネル20141027

カミさんを置いて行ったのはこんな竹藪のなかを枯れた竹をどけて、地面を掃きながら道をつくるからです。切った竹が竹槍みたいになって危ないですし、結構な力仕事です。鳥屋自体よりもこの作業の方が大変。そんで鴨がお休みしそうな「池」の近くまで竹藪を切り開き、そこで篠などをつくり

鳥屋A20141027

こんなものをつくります。池に面する竹をきり、撃ちやすくしたあと、篠で目隠しを作ります。

鳥屋B20141027

もちろん微妙に薄い壁をつくりそこから鴨の様子をみたりしますよ。こっちは竹藪のなかで暗いからきっと鴨さんからは見えないはず.....


これで人間の勝!!!って思いきや、それがそうでもないのが自然の面白いところです。この鳥屋を作った御蔭で鴨が近づかなくなるかもしれないという不安もうまれ....まぁそれはそれで仕方ないですよね。鳥だけでなく自然のものはとても敏感らしいです。猪なんてのは罠を仕掛けるとすぐ捕まるのかというとそうではなく、猪の通り道についた人間の匂いや足跡などをみてしばらくは罠には近づかなくなるそうです。特に猪は警戒心がつよいそうです。ん~やっぱりお肉というのは今も昔も獲るのは大変なんですよね~。

な~んてお話をしながら鳥屋つくりをして車に帰ろうとしたら車の近くで......

猪20141027

ブーだ!!

たてがみがかっこいい!カミさんも大興奮でシャッターをきります。留守番で昼寝などしてしまったカミさんもシャッキリ目がさめちゃったみたいです。
鳥屋作りの面子も、「猟期になったら獲ろう!!」と大興奮だけども、師匠だけは冷静でした。あとで聞いてみると、航空写真で確認したらこの周りは人家が多いとのこと。鉄砲の流れ弾の心配かと聞いてみると、「猪が興奮したときに民家の庭や畑で大暴れする可能性があるから」との判断。猟のテキストでは鉄砲玉がどこに飛んでゆくかの心配はクドイほどしますが、鉄砲が外れようが当たろうが猪が興奮して暴れまわる心配は書いてないです。なるほどベテランというのは色々な心配ができるのだなぁと思いました。

二番穂20141027

関東では暖かい日が続いたので二番穂が出始めてこんなに首を垂れています。これが鴨の餌になるのですが、これを食べてしっかり太ったころ、僕の鉄砲が当たればいいなぁって思います。



スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

コメント

No title

主夫太郎さんこんばんは〜!
本州での猟に向けての準備なんですね。
こういうのも大変ですね〜

頑張って下さいね!

Re: No title

すみれさん コメントありがとうございます。

> 主夫太郎さんこんばんは〜!
> 本州での猟に向けての準備なんですね。
> こういうのも大変ですね〜
> 頑張って下さいね!

頑張ってタンパク質を一杯貯めこむつもりです。

No title

主夫太郎さん こんにちは(^^♪

とうとう初雪です!
ずいぶん早い‥と思ったら例年並みだとか。
23日はかなり寒いと聞いていたので完全防寒で東京へ。
羽田に着いたとたん汗だく‥寒さのレベルが違ったみたい(^^)

鳥屋ですか、初めて見ました。
狙う場所を自然のままのように見せる‥偽装ってやつですね。
ただ、池の畔から狙ってバーンと撃つのかと思ってました。

「大造じいさんとガン」、年代が違うので‥
わたしは鶏関係では「かもとりごんべい」と「夜鷹の星」かな。

コガモ、焼きあがったロゼ色、素敵ですねえ。
しっとりとした身と香り高いワイン‥贅沢の極みですね。

イノシシってタテガミがあるんだ!

No title

先日フランスの猟愛好家の話を間接的に聞いたところ、最近は猟の方法も安全第一で規則が厳しくなり、視界の悪い森の中では銃は撃てないは打てないのだそうです。
動物を林間の通路に追い出し、そこで漸く発射となるらしい。
まあ、どれだけの人がその規則を守っているか分かりませんが、毎年流れ弾による事故が相次いでいるので、どんどん厳しくなるのも仕方ないかもしれませんね。
先日のトウモロコシは追われたイノシシが森の外に出ない様、ばら撒いているらしいのですが、追い詰められた状態で呑気にトウモロコシを食べるイノシシはいないと思う(笑)

No title

準備も大変なんですね。

鴨が浮いている池に行ってズドンで終わりかと思っていました。

鴨も猪も獲れますように。

これは本物の猪かな?イノブタかな?イノブタが野生化しているのが多いと聞いたのですが。

No title

こんばんは~

猟と言うのは、草むらに隠れて狙った獲物を撃つだけかと思っていましたが、
こんな下準備もありなんですね
竹をどけてこれだけの道を作るのは、大変な労力と察します
鴨撃ちの楽しみを想像しながら、秘密の基地作りの様な楽しさは、子供の頃がよみがえって来たのではないでしょうか

猪、こういう獲物を見つけてもすぐには打てないものなんですね

Re: No title

はるさん コメントありがとうございます。

> とうとう初雪です!
> ずいぶん早い‥と思ったら例年並みだとか。
> 23日はかなり寒いと聞いていたので完全防寒で東京へ。
> 羽田に着いたとたん汗だく‥寒さのレベルが違ったみたい(^^)

さすがに北海道から東京に来ると暑く感じるでしょうね。
僕も猟のときは空港では少し寒いのだけど、東京用の服に着替えてしまいます。

> 鳥屋ですか、初めて見ました。
> 狙う場所を自然のままのように見せる‥偽装ってやつですね。
> ただ、池の畔から狙ってバーンと撃つのかと思ってました。

ただ単に池の畔から撃つこともありますが、
こうやって鳥屋を仕掛けられるような池でない場合がほとんどです。

> 「大造じいさんとガン」、年代が違うので‥
> わたしは鶏関係では「かもとりごんべい」と「夜鷹の星」かな。

なるほど、僕は両方とも知りません。
教科書ってやっぱり年代がわかるんですねぇ。

> コガモ、焼きあがったロゼ色、素敵ですねえ。
> しっとりとした身と香り高いワイン‥贅沢の極みですね。
> イノシシってタテガミがあるんだ!

鴨はやっぱり赤いままがうまいです。
猪のタテガミすごいでしょう!生きてる時はこうやってかなりの勢いで立ってます。

Re: No title

タヌ子さん コメントありがとうございます。

> 先日フランスの猟愛好家の話を間接的に聞いたところ、最近は猟の方法も安全第一で規則が厳しくなり、
> 視界の悪い森の中では銃は撃てないは打てないのだそうです。
> 動物を林間の通路に追い出し、そこで漸く発射となるらしい。

なるほど。フランスの場合森となると平地が多いから人がいる可能性が高いですよね。
山の中で撃つなら林道があってそこに車がなければ大抵人はいませんから、
山では比較的安心してる日本とは違いますねぇ。
もちろん、日本でも矢先は気にします。事故は怖いですからね。

> まあ、どれだけの人がその規則を守っているか分かりませんが、
> 毎年流れ弾による事故が相次いでいるので、どんどん厳しくなるのも仕方ないかもしれませんね。

厳しいに越したことはありませんが全く撃てなくなるのも厳しいですね。
日本の6倍以上ハンターがいるフランス、事故の可能性も6倍ありますねぇ。

> 先日のトウモロコシは追われたイノシシが森の外に出ない様、ばら撒いているらしいのですが、追い詰められた状態で呑気にトウモロコシを食べるイノシシはいないと思う(笑)

そうですねぇ。猪突猛進っていうくらいですからパニくったらトウモロコシどうころじゃないと思います(笑)

Re: No title

あんこさん コメントありがとうございます。

> 準備も大変なんですね。
>
> 鴨が浮いている池に行ってズドンで終わりかと思っていました。
>
> 鴨も猪も獲れますように。
>
> これは本物の猪かな?イノブタかな?イノブタが野生化しているのが多いと聞いたのですが。

鴨が浮いているところに行くまでが大変なんです。気付かれちゃいますからね。
この猪、イノイノイノイノ豚って感じらしいですよ。

Re: No title

きゃりあさん コメントありがとうございます。

> 猟と言うのは、草むらに隠れて狙った獲物を撃つだけかと思っていましたが、
> こんな下準備もありなんですね
> 竹をどけてこれだけの道を作るのは、大変な労力と察します

まぁ、自然のものはやっぱり獲るのは難しいようです。
ハンターはよっぽど簡単に獲物をとるだろうと思う人も多いようですが
決してそんなに簡単ではないですよ、すくなくても僕には。

> 鴨撃ちの楽しみを想像しながら、秘密の基地作りの様な楽しさは、
>子供の頃がよみがえって来たのではないでしょうか

おお!よくわかりましたねぇ。屋根なんかつけたくなりましたよ。

> 猪、こういう獲物を見つけてもすぐには打てないものなんですね

周りの事も確認しなければなりませんね。鉄砲は怖いです。
非公開コメント