07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ヒラメのお料理

2014.12.02 12:43|釣りと獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!

元女子高生と釣り人のみなさ~ん!!

一回の釣りで2回の更新!!

せこいブロガーの主夫太郎ですよ~~


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先日千葉に釣りに行ったお話を書きました。詳しくはこちらをぽちっと!(人生最初の竿がしら~千葉のヒラメ~)

なんと言っても釣りに行くのはお魚を食べたいからなわけで、それをどうに美味しく頂くかというのは楽しい悩み事でもあります。前回はお刺身に素麺くらいだったから次はよっぽど手をかけてやろうかと思ったのだけど、どうもそんな気になれなかったのよ。だってまだまだヒラメを素朴に味わえるものねぇ。今回の料理で釣ったヒラメは終わっちゃったのだけども、まぁ、満足しましたよ。

ということで素材は一級!料理は地味なブログになっちゃいましたがご覧くださいませませ~~。

ヒラメのチラシ20141202


お寿司にしました。

握りずしではないけどねぇ。酢飯にヒラメのお刺身(松皮にしたやつ)とエリンギを焼いたものを入れました。主夫太郎がつくるチラシ寿司は超ハイテク!!なんとご飯を冷ますのに扇風機を使ってます。あはははははは。不器用だからねぇ、うちわ持ちながらご飯を混ぜ混ぜできないんですな。まぁ、いいでしょうよ、プロじゃないんだから。

ってわけで、これをお茶碗に盛ってみました。

ヒラメと碗20141202


じゃん!!!


このお椀、キレイでしょう?主夫太郎と長~いお付き合いのブロガーさんはこのお椀がなんで主夫太郎家にあるかを覚えてらっしゃるかもしれません。詳しくは主夫太郎の昔のブログの記事でお読みください(不義理と挙式と漆の碗)。しかし、僕の昔のブログは今見るとアクセス数の割にコメント数が多い。ユニークアクセス数の半分くらいの数のコメントが来るという、かなり凄いブログだった。ん~あんなに長い文章書いたら読む人が少なくなるから、もうあんなの書けないねぇ(笑)


さてさて、中身だけども.....

碗の中身20141202


再び、じゃん!!

出汁はヒラメだけでとってあって、生姜の絞り汁とお塩と本当にわずかなお醤油だけです。この透き通ったお出汁はカミさんも満足です。お椀の中にはもちろんだしで軽く火を通したヒラメがあります。お出汁が濁らないように、お椀に張る出汁とは別の鍋に出汁を作ってそこで火を入れるという力の入れようですよ。大事なお椀ですからね、そんなくらいしないと。


ヒラメ煮付け20141202


こちらは別の日に作ったヒラメの煮つけ。カレイの煮つけじゃないぞ!!ん~多分ヒラメで煮付けを作るのは初めてかなぁ。



煮付けをご飯に1202


まぁ、こんな風に食べるよね、普通。あったかいご飯に甘しょっぱいヒラメ(生姜もきいてるよ!)。プルプルとコラーゲンがたっぷりでねぇ。ブログ書きながらお腹減ってきました、あはははははは。

そういや、最近ヨーロッパ旅行記書いてないが、あれあんまり人気がないからねぇ。適当なところで書くかなぁ。


スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

コメント

No title

主夫太郎さん こんにちは(^^♪

“ヒラメ祭”、素敵ですね~!
チラシ寿司に合わせたのは焼いたエリンギですか。
お味が良いのはもちろんですが、食感が楽しそうですね。

お碗のお汁、ほんとうに潔い透明感ですね。
ヒラメを別ゆでする気使い、これが大切なんですよね。

ヒラメの煮付け、贅沢の極みですね。
ヒラメの天ぷらをご飯に乗せた“ヒラメ天丼”もイケますよ~♪
晩秋の釣行、次のターゲットはなんでしょう?

No title

再び、こんばんはです~♪
鯛やヒラメの♪ヒラメですから!高級ろ魚☆
そのヒラメからとったお出しで、お吸い物と煮物は思いつきますが、まさかのお寿司~!
確かにヘタに握らずに、ちらしにした方が絶対に美味しいと思います。
う~んこれはすごい発想ですね。

カレイの煮物、失礼!ヒラメの煮物とてもお上手☆
煮汁も美味しそうなので、ヒラメ丼なんていう贅沢丼にしても良いですね~

覚えていますよ!このお椀。
日本の漆器、時間を経ることでさらに良くなるのですよ^0^


Re: No title

はるさん コメントありがとうございます。

> “ヒラメ祭”、素敵ですね~!
> チラシ寿司に合わせたのは焼いたエリンギですか。
> お味が良いのはもちろんですが、食感が楽しそうですね。

マツタケってわけにはいかないですからねぇ。
でもはるさんのおっしゃるとおり食感がたのしいお料理でした。

> お碗のお汁、ほんとうに潔い透明感ですね。
> ヒラメを別ゆでする気使い、これが大切なんですよね。

せっかくですから透明なおつゆにしたいとおもいましてね。
ちょっと手間がかかったけどカミさんが喜んでくれて良かったです。

> ヒラメの煮付け、贅沢の極みですね。
> ヒラメの天ぷらをご飯に乗せた“ヒラメ天丼”もイケますよ~♪
> 晩秋の釣行、次のターゲットはなんでしょう?

そうか、天麩羅は忘れてました。
こんど天丼にしたいです。

今度の釣りはライト5目かなぁ。
鯖やアジなんか釣れたら楽しいと思います。

Re: No title

masakohimeさん コメントありがとうございます。

> 鯛やヒラメの♪ヒラメですから!高級ろ魚☆
> そのヒラメからとったお出しで、お吸い物と煮物は思いつきますが、まさかのお寿司~!
> 確かにヘタに握らずに、ちらしにした方が絶対に美味しいと思います。
> う~んこれはすごい発想ですね。

チラシ寿司は鯛でもやりましたが、わざわざ握りにする必要もないという発想のもと、
とても自然な感じでつくっちゃいましたよ。
握りずしってピンチョスと同じく見た目の楽しさが半分くらいありますからね。

> カレイの煮物、失礼!ヒラメの煮物とてもお上手☆
> 煮汁も美味しそうなので、ヒラメ丼なんていう贅沢丼にしても良いですね~

こうやって煮付けを頂く幸せは日本人ならではですよね。
また釣れたら是非是非贅沢な丼を作ってみたいです。

> 覚えていますよ!このお椀。
> 日本の漆器、時間を経ることでさらに良くなるのですよ^0^

大切に使ってよい思い出とともにいぶされてゆくのを楽しみにしてます。

No title

エリンギの食感とヒラメの甘さを堪能できて、贅沢なお寿司ですね。

椀物もお見事。手間がかかっていますね。私にはちょっと無理かな。

煮付けも美味しそう。魚の煮つけをしばらく食べていない。

寒ヒラメは高いから無理かな。ゲタなら安からそれで我慢するか。

No title

料理上手ですね!

あっしが昔働いてた和食の店はお金持ちの人が多くて値段は人を見てつけてたんですけど、高い人だとヒラメの煮付け8,000円でした(*^^*)

天然のヒラメの刺し身は1~2日たったほうが美味しかったりしますよね~その代わり保存が悪いと腹壊しますが(笑)

昔友達のシェフと天然と養殖の魚の熟成のテストをしたんですけど、養殖の鯛は日を追うごとにまずくなりました。逆に天然は旨くなりました♪

No title

時間はあるのだけど、何故か心の余裕がなく、なかなかPCが開けません(汗)
何故カレイは煮つけにするのに、ヒラメの煮つけはポピュラーじゃないんでしょうね?
やっぱりコストの問題かしら?
ヒラメ寿司、松茸かと思ったらエリンギだったんですね。
エリンギは油で焼くより、こうして素焼きにした方が美味しそう。
↓ギリシャのシロス島で食べた豚の腿肉のハーブを刷り込んだオーブン焼きが凄く美味しくて、未だに忘れられません。
皮はパリパリ、中はしっとり、最高の部位ですよね。

Re: No title

あんこさん コメントありがとうございます。

> エリンギの食感とヒラメの甘さを堪能できて、贅沢なお寿司ですね。
> 椀物もお見事。手間がかかっていますね。私にはちょっと無理かな。

いやいや、10分も余計に手間をかければこのお椀できますよ。
料亭には敵わないけど、食堂には勝てると思います(笑)

> 煮付けも美味しそう。魚の煮つけをしばらく食べていない。
> 寒ヒラメは高いから無理かな。ゲタなら安からそれで我慢するか。

ゲタだってなんだって煮付けにしたら美味しいですよね。
魚の煮つけは汁がなくなるまでやらなきゃいけないから、
ずっと見てなきゃならないけど、日持ちもしますからね。
また釣ったら作りたいです。

Re: No title

やんまさん コメントありがとうございます。

> 料理上手ですね!

ありがとうございます!
あんまり褒められないのでかなりうれしいです。

> あっしが昔働いてた和食の店はお金持ちの人が多くて値段は人を見てつけてたんですけど、高い人だとヒラメの煮付け8,000円でした(*^^*)

なんと人により値段が上下するんですか!そっちのほうが8000円より驚きです。

> 天然のヒラメの刺し身は1~2日たったほうが美味しかったりしますよね~その代わり保存が悪いと腹壊しますが(笑)
> 昔友達のシェフと天然と養殖の魚の熟成のテストをしたんですけど、養殖の鯛は日を追うごとにまずくなりました。逆に天然は旨くなりました♪

タンパク質がアミノ酸にかわりますから日を置くのは大事ですね。
養殖のお魚でも、僕は水を抜きながらなら結構いいと思います。
まぁ、最近魚も買わないのですけどね(笑)

Re: No title

タヌ子さん コメントありがとうございます。

> 時間はあるのだけど、何故か心の余裕がなく、なかなかPCが開けません(汗)

まぁ、PCなどというそれほど生産的でないものだから離れられるときは離れた方がいいですね。

> 何故カレイは煮つけにするのに、ヒラメの煮つけはポピュラーじゃないんでしょうね?
> やっぱりコストの問題かしら?

ヒラメの煮つけが美味しくないのかと思いきや、いやいや、美味しいですよ。
だからコストの問題だとは思います。

> ヒラメ寿司、松茸かと思ったらエリンギだったんですね。
> エリンギは油で焼くより、こうして素焼きにした方が美味しそう。

あははは。ばれちゃいました?
マツタケはちょっとコストがかかりすぎるので触感だけに期待してエリンギです。
エリンギは素やきにしてレモンを振ってマツタケを食べた気になることにしてます。

> ↓ギリシャのシロス島で食べた豚の腿肉のハーブを刷り込んだオーブン焼きが凄く美味しくて、未だに忘れられません。
> 皮はパリパリ、中はしっとり、最高の部位ですよね。

そうそう、いつかオーブンでじっくり焼いてみたいと思ってますが、
ブタの後ろ足は2本しかないので、今後になりますねぇ。

非公開コメント