02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

再びキノコ狩り2015秋~調理編~

2015.09.17 11:17|カミさんの狩りのはなし
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

今日は久しぶりにお料理ブロガーに戻った

主夫太郎!!

きっと惚れちゃいますよ。あはははははは。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先日の記事で紹介したキノコたちは、ヤマドリタケモドキ以外その日のうちに頂きました。今回はそのときのお料理のお話。ヤマドリタケ系は初めて採ったのでお料理は手さぐりでシンプルなものばかりです。

さて、なんといっても気持ちよくお料理を食べ始めるならば、最初は優しい味がいいですよね。今回のトップバッターは、

1キタマゴタケむき20150917

キタマゴタケの幼菌

たちです。少し大きいのもあったけど、カサが開く前だから、どれも美菌でとてもフレッシュ。もちろん、そんなフレッシュなタマゴタケちゃんは.....

2キタマゴタケサラダ20150917

キタマゴタケサラダ

にしましたよ。お塩で少しだけしんなりしたら、油を薄くまぶします。これねぇ、高く積み上げるの大変だったのよ。よくみるとホウレンソウが台座(というか堤防みたい)になってます、つるつるしてるからフォークで刺して食べます。僕達にはおいしそうにしか見えないけど、やっぱりこれも毒キノコに見えるのかな(笑)シャキシャキしていて、ほのかな旨み。泡に合いますよ。え~もちろんですとも。

さて、次はムラサキヤマドリタケが登場します。食べたことないから、一応シンプルにお料理しようと思ったのだけども、ヤマドリだけあって鶏のように揚げてみました。

3M&C20150917

マッシュルーム&チップス

いや~これは強烈でした。もちろん美味しいですよ。ヤマドリタケがこんなに強烈だとは!採ってから6時間くらいですからね。レストランではここまでいい感じのものは食べられないかもしれません。とにかくうまさに驚いて、素揚げでは濃縮され過ぎ!ということで引き続きムラサキヤマドリタケのお料理を考えました。

4ムラサキ刻み20150917

こうやって刻み

5ムラサキクリーム20150917

クリーム煮

です。いや~、うまみを和らげようと思ってクリーム煮にしたのは初めてですね。あまったホウレンソウの茎もいれちゃいました。ちょっとかっこ悪いけどさ、家庭料理だから仕方ないのよ。ちょっとアワビに見えなくもないかな。

そしてそして、今回の主役は!


6アカヤマ刻み20150917

アカヤマドリタケを刻んで

7アカヤマ炒め20150917

炒めて!!

8アカヤマパスタ20150917


パスタに!!!


この黄色いパスタ、アカヤマドリタケで着いた色なのよ。普段は白いパスタなんだけどね。材料は油と塩とアカヤマドリタケだけです。ニンニクもハーブも使ってませんよ。アーリオ・オーリオよりさらにシンプルです。まぁ、上手に表現できないけど、美味しいです。旨み強烈ですが、決していたずらに複雑でない旨さ。この旨みは主夫太郎にも優しくて嬉しい。ちなみに茎もカサも美味しいです。茎は虫食いされたところを取るからそんなにないのだけども。

期待させたほど手の込んだお料理でないのは申し訳ないのだけどね。でもこれ以上どうやったらキノコを美味しく味わえるかちょっと思いつかなかったです。お酒飲みながらだしね、あはははははは。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

再びキノコ狩り2015秋~採取編~

2015.09.13 20:46|カミさんの狩りのはなし
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

単独キノコ狩りをはじめて一年目ですが、

また新しいキノコを採ることができました~!!

今回は採取編、次回はお料理編ですよ~。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

どうやらカミさんはキノコ狩りに本当に「はまった」らしく、休みという休みはキノコ狩りに行きたいらしい。まぁ、僕だってカミさんが喜ぶならいくらでもキノコ狩りごとき付き合うのは構わないが、週に二日しかない休みの両方をキノコ狩りに使うとカミさんの体が休まないので土日連続で行きたいという希望だけは却下している。ついこの間旅行先でキノコ狩りをしたばかりなのに、お熱をあげているか彼女としては久しぶりにキノコ狩りに行くという感じだったらしく、朝4時起きでも随分と元気だった。ということは彼女はどうも目的があると寝起きがいいらしい。僕の寝起きは「カミソリ寝起き」とカミさんが言うくらいすっぱりと起きるので彼女と全くの正反対だ。寝起きの悪さは気持ちの問題だと思っている僕は過去に何度も彼女に腹を立てて大きな声を出すこともあったのだが、その話を友人にすると「女性は朝が弱い人が多いから可哀そうだ」などと逆に僕が責められたりした。今振り返ってみるとやっぱり気合いの問題であり僕が正しかったのだと思う。

まぁ、そんな話はともかく今回採れたのは、まず、

1ムラサキヤマドリタケ20150913

ムラサキヤマドリタケ

というイグチ科のキノコ。ムラサキのボディに黄色のてんてんなんていかにも毒キノコらしいけど、これは美味しく食べられるキノコで、ポルチーニの仲間。生で試したことはないのだけど、多分どうやって食べても美味しいキノコだと思う。初めて採るキノコだからテンションはあがりますぞ。さらに、

2沢山ムラサキ20150913

3つもいたりして

かなり楽しい滑り出し。カミさんはメガネを持って行き忘れてかなりテンションが下がり気味だったのだけど、そのぶん、色に注意していたらしく彼女が見つけたのが、

3アカヤマ20150913

アカヤマドリタケ

これでカミさんのテンションはマックス。先日のブログでも紹介したもので、今回は人にあげず自分達でお料理。ん~凄くいいねぇ。こんなに色が鮮やかなのはそうそうないと思う。これがあるとわかると、やっぱり赤っぽいものが気になるのだけども、あれ!アカヤマドリかな?って思って近づくと

4ノウタケ20150913

ノウタケ

というキノコだったことが何度も。基本は茶色なんだけど、ものによっては赤茶色のがあってそれをヤマドリタケだと思って近づくと、「はずれ!」ってことに。実はこのノウタケ食べられるのだけどそんなに美味しいものでもないので僕等は捨ててくることにしている。

まぁ、そんなこんなで歩いていると、ひときわ輝くキノコが!!

5キタマ20150913

キタマゴタケ

ん~これは盛り上がる。いつも採ってるタマゴタケは鮮やかなオレンジ色なのだけど、こちらは鮮やかな黄色。火を通すとこの鮮やかさは消えちゃうから今回は生で食べたのだけども、それは次回の記事で。僕はオレンジのタマゴタケより、キタマゴタケの方がなんとなく嬉しい気もするのだけど。黄色いスイカの方がちょっとだけ嬉しいのと似てるかな。

6幼菌キタマ20150913

近くを探すと、完全な幼菌もあってこれはかなり嬉しい。もちろん中をみて白いとドクツルタケだから確認は必要。キタマゴタケの近くで採ったのだからキタマゴタケの幼菌だと確信はあるものの、確信して確認しないと危ないのがキノコ狩り。その場でちょっとだけ中をみちゃいます。そんで、ちょっと歩くと、

7なんと3つもキタマ20150913

カワイイ子供たちが!

さらなるご褒美が我々を待ってたのだが、それは.....

9ヤマドリタケモドキ20150913

ヤマドリタケモドキ

ヤマドリタケというのはポルチーニのことで、こいつはそのモドキ。モドキと言っても味は凄く美味しい。今回3種類ヤマドリタケを紹介したけど、評判ではこれが一番美味しいらしい。

今回、とらなかったけど、僕等としては一番ビックリしたのが、高さが30センチくらいある

8マントカラカサタケ20150913改

マントカラカサタケ(幼菌)

カサが開くと本当に唐傘みたいにみえるらしいが、僕等の周りには唐傘はなかったなぁ。


と、結局短い時間で.....

10収穫20150913


こんなに採れました!!

食べきれない分はいま干してます。まだ完全に干しきれてないけどもういい香りがしてきてますね。自然の恵みに感謝感激。

お料理編も楽しみにしててね~。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

カミさんの遅めの夏休み・2015初秋

2015.09.09 10:21|カミさんの狩りのはなし
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

カミさんの狩りのお話ですよ~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今年はカミさんがまとめて夏休みを取らず、分散してとりました。9月までに夏休みを取ればいいらしく、色々と頭をひねった挙句、短めだけどゆったりと旅程を組んでどこかドライブに行こう!ということになり、岐阜県は飛騨高山方面を目指して車を走らせました。カミさんの目的は、

キ・ノ・コ

宿のある郡上八幡から飛騨高山を目指したものの、周りは切り立った針葉樹林が広がり、なんとなくキノコを採れそうなところがないです。予め行きたいところを選定してあったものの、なんとなく飛騨高山は遠い!!という雰囲気になって気だるくなってきたあたりで、怪しい林道が!!慌ててハンドルを切ると、クネクネとした山道.....何となくはずれの雰囲気が出たのだけども、無理して山に入ってみると、なんと....

1大きなヤマドリ20150909

アカヤマドリタケ!!

を発見しました!!人生初のアカヤマドリタケです!この大きいのは結構虫に食べられていて食べられそうもなかったのだけど、その奥に見える小さなのは、

2小さなヤマドリ20150909

カワイイアカヤマ君!!

でした。その他、色々苦労して、タマゴタケなどを見つけて山をうろうろ。凄く急な山など登ってみたりしたけど、

3ガードレール20150909

ガードレールにひょっこり

いたりして、なかなか楽しいキノコ狩りになりました。旅先でキノコを確保したあと、どうするかというのはもちろん普通なら問題になるものです。タマゴタケなどは足が速く、処理するのは早ければ早いほどいいですからね。ところが主夫太郎家には一つのアテがありました。それが、

(↑ポチリでお宿のHPへ)

というオーベルジュです。以前の主夫太郎のブログでもご紹介した岐阜のお宿です(そのときの記事→雀の庵~3年間のレポート~)。いつも良くして頂いているので、キノコやジビエを出すお店だからお土産に持ってゆこうということにしてました。

キノコというのはなかなか採った後が面倒なんですよね。だからお土産に持ってゆき、まかないで食べて頂こうと思ったのですが....なんとお料理してもらっちゃいました。.

4タマゴタケサラダ20150909

右から猪のハム、鹿のサラミ、そしてタマゴタケのサラダです。タマゴタケにはチーズが混ぜてあります。シャキシャキ感が最高によいです。そして、

5アカヤマドリパスタ20150909

アカヤマドリダケはパスタに!!

予定していたお料理の段取りが変わるというのは申し訳ないと思いながらかなり嬉しいです。アワビも入っていて触感が実に楽しいお料理でした。

まぁ、そんなつもりはなかったのだけども結局余計な時間を忙しい時に使わせてしまったという申し訳ない気持ちもあり、それに加え、もう少し新しい山でキノコ採りをしたいと思うのもあり、次の朝に早起きして....

6ヤマドリとタマゴ20150909

また獲っちゃいました!!

いや~なかなかの運の良さですよ!!持って帰るよりも差し上げたいということで朝ごはんの時に社長さんに差し上げました。

朝早起きしてアカヤマドリタケを採ってなかなか興奮気味のカミさん。どうもまだキノコ狩りをしたいという雰囲気でした。このあと名古屋にでも寄って、名古屋城を見た後、お目当てのお店にでも行こうと思っていた主夫太郎でしたが、ここでカミさんが決断をします。

中部地方はこれから雨が強くなってキノコ狩りをできない。

ホテルの予約もしてないのだから日程を1日減らして、

キノコ狩りができる場所に移動しよう!!

ん~~!なんていう決断力とキノコ狩りに対する執念だろうか.....ひと夏しっかり働いて楽しみにしていた夏休みだから僕はドライバーに徹することにしてカミさんの意思を尊重。天気予報と宿の検索はカミさんが助手席でやりながら中部地方を離れて、関東地方へ。長距離ドライブで疲れもあり、翌日のキノコ狩りのために宿に着いたらぱったり寝て、気が付くと朝で、無意識のうちに着替えてチェックアウト!林道を探して、適当に入ってみると、まさに奇跡!!

7ダイタマゴ20150909

大きなタマゴタケが!!

ん~奇跡だ!!

8みんなタマゴ20150909

わ~

9並びタマゴ20150909

わ~~わ~~

タマゴタケのお祭りでした!車のナビに場所を覚えさせなかったので次回行けなさそうという不安があるのですが、奇跡だから仕方ないです....

10タマゴの殻20150909

夏のタマゴタケよりずっと大きいですね。これはまだ卵の中に入ってる間に採ったのですが、おうちに帰ってきたら育って顔を出していました。卵の殻を割ってみたところです。タマゴタケの名前の由来がわかりますね~~。ということで、このカミさんの執念、いやいや、冷静な判断の結果、

11タマゴタケ収穫20150909

こんなに採れました!!ここで、雀の庵さんで教えてもらった、タマゴタケのサラダを作ってみることに。タマゴタケには沢山虫がいることがあるので虫出しをしますが、その必要もなさそうな.....

12美菌さん20150909

美菌さん!!!

だけあつめて、

13タマゴタケサラダ20150909

タマゴタケのサラダ

です。お塩と生胡椒とオリーブオイルだけ!のシンプルなサラダです。チーズまぶしても良かったのだけど、ちょっと趣を変えようとおもいましてね。うまいかって?いや、美味しかったですよ。タマゴタケを採る人間の特権ですね~このサラダは。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

タマゴタケの続報~親しみやすい調理法で~

2015.07.30 22:32|カミさんの狩りのはなし
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

今日は普通~の調理法で

タマゴタケ料理しましたよん!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
すっかり夫婦そろってタマゴタケの虜になってしまった。まぁ、採れるのが面白いし味が優しく食べ飽きないというのがいいところだと思う。それと誰も食べられる茸だとは思ってない。今回も山に入って、林業をしている人と話をしたのだけど、「そんなの食べられるの?毒キノコにみえるねぇ」って言われました。もちろん僕は正直に「食べられますよ」と答えますが、そんな風に思っていてもらえば競争もなくてちょうどいい。もっとも僕が山に入ったあとかごを持った人をちらりと見たから地元のキノコファンとは競争はあります。と、そんなわけで今回、

1-43のタマゴタケ20150730

43本

のタマゴタケをとりました。知り合いに食べてもらおうと頑張っていたのだけど、途中、山でこけて結構キノコが痛んでしまいました。ただでさえ毒キノコに見えるのに、それがほころんでいたりすると、折角もらっても気分が悪いだろうから、今回は僕が全部調理です。さて、今回、自慢したいのが、

2本当の卵20150730

幼菌(完全版)

です。これね、タマゴタケの中でも凄く高級なんですよ!タマゴの中から顔出してないってだけで高級なんだけど、実際なかなか見つからない。しかも山の中でこんな卵みたいな茸を見つけたからといってタマゴタケとは限らない。中が赤いとタマゴタケ、黄色いとキタマゴタケかタマゴタケモドキ(毒)、白いとドクツルタケ(猛毒・死の危険性あり)でして、こればかりは開けてみるまでわからないのですが、

3タマゴだ20150730

タマゴタケでした!!
(ぱんぱかぱ~ん!!)

やった~~!!!ということで「甘栗むいちゃいました」ならぬ

3チ幼菌むいちゃいました20150730


幼菌むいちゃいました!!

あはははははは。テンション上がります。今回は傷ついたものも多かったので、

4タマゴタケ干す20150730

干しタマゴタケ

を作成中。うまく乾燥してくれればいいのですが、何にしろ夏ですからね。どうなるか分かりません。うまく行ったら後ほどご報告です。形が悪くても気にならないのがなんといってもタマゴタケご飯(TTG)ですが、今回は量が多いので、

5タマゴタケご飯20150730

いつもの倍!!

のタマゴタケ入れてます。倍いれても、そこはかとないおいしさに変わりはありませんが、美味しい!自然なおいしさです!まぁ、そりゃそうだねぇ。

6アップTTG20150730

TTGのアップ

です。本当にこんなに黄色くなります。そんで残りはカミさんのリクエストで、

7あげてます20150730

天麩羅!!

にしました。沢山あるから沢山揚げます。しかもこのキノコ、特に軸が美味しいので軸は別にしてあげました。

8天麩羅の夕食20150730

タマゴタケの天麩羅定食!!
です。もちろん、タマゴタケご飯にタマゴタケの天麩羅ですからタマゴタケづくしですね。こんなの主夫太郎家に来ないと食べられませんよ!!

9タマゴタケ天丼20150730

ってわけで、こちらはTTGとカサ、軸の天麩羅で、タマゴタケ天丼です。大馬鹿野郎の食卓ですって?ええ。そうですよ、採ってきたの全部つかっちゃいましたからね。でも、こんな食卓でも楽しい我が家。カミさんと自然の恵みに感謝です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

弾を撃たずにタマゴタケ~調理編~

2015.07.22 09:48|カミさんの狩りのはなし
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生のみなさ~ん!!

お待ちかね!タマゴタケのお料理です。

タマゴタケ買うと高いから採りましょうね~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

採取編に続く調理編です。見たこともないキノコだろうから元女子高生からのコメントは期待できないことは分かっていましたが、流石はるさん!!キノコや山菜を採る方だけあり、いの一番のコメントを下さいました。はるさんの楽しいブログはこちらでどうぞはるさんのブログ

前の記事でも述べたように、二日続けてキノコ狩りに行きました。朝早く起きて午後一番くらいに帰ってきて、4時頃から乾杯!!6時には眠くなり、次の日は2時半起きで出かけて、またまた午後一番に帰宅。すかさず乾杯したくなり4時前に乾杯したいからということで買い物に行かずでした。要するにタマゴタケ以外は残り物で作っているのよ。以下のお料理、ベーコンと枝豆がよく登場するけど、そんな理由ですので、バリエーションの無さは勘弁してください。それから二日分の食事なので量は多いです。

さてさて、タマゴタケの一番の特徴はなんといってもあの色です!!軽く水で洗っても黄色い水が出るくらい、よく色が出ます。水で洗って新聞紙の上に置くと.....

1新聞紙黄色20150722


こんなに新聞紙が黄色に!!!

僕もびっくりしてカミさんに、

おい!新聞紙がもう黄色だ!!

って言ったら

2本当に黄色20150722

もともと裏が黄色

でした。あははははははは。まぁ、そこまで黄色い水がでるわけではないみたいですよ。でもここからが本番!!今日は綺麗な色のお料理ばかりでてきますよ。主夫太郎が自分のお料理を綺麗なんて言うことなぞ滅多にないですが、自然の色がとても綺麗なんだから仕方ない。まずはその実力を発揮してもらうのが、

3タマゴタケご飯20150722


炊飯器にお米とタマゴタケ!!


4炊き上がり20150722

タマゴタケご飯(TTG)

です!!卵かけご飯なんてものをTKGなんて言うらしいですが、いくら高い卵を使ってもTTGには敵わないでしょうな。これ、そこはかとなく美味しい。僅かにバターを入れてます。もちろん椎茸などのような味が濃いものではないですが、その分、はまりそう!!

5ベーコンと巻いて20150722

小さなタマゴタケはこんな風にベーコンで巻いて

6ベーコン焼き20150722

ベーコン巻!!

をしたのですが、ちょっとベーコンが強かったかなぁ。もちろん美味しいのですけど、なんにしろ初めて食べるコロコロとしたタマゴタケだったからもう少し何もしないで調理すればよかったか?まぁ、でも美味しいです。ということで、

7カサやき20150722

カサ焼いちゃいました!!

これは逆に強烈に美味しい。水分が出て味が凝縮され、甲殻類にも似た香りが口に広がります!お醤油ともあいますよ!

8エシレバター炒め20150722

こちらはカミさんが好きな枝豆とエシレバターで炒めただけのお料理。塩だけ。自分で採ったもののせいかカミさんも美味しい!!とご満悦。そりゃ僕も幸せですな。こんな何でもないもので喜んでもらえるわけですから。

さて、こうやって素材そのものが分かってくると主夫太郎としても少しづつ力を入れたくなります。軸の部分のシャキシャキ感や、火を入れた時の香ばしさや歯応え、甘みなんかを考慮してちょっと手間をかけだしますよん。

9チーズと20150722

こちらは2本採れたキタマゴタケの傘を、ブルサンチーズを白ワインに溶かしたものに入れてます。もちろんこの黄色はチーズともワインとも無縁ですべてキタマゴタケから出たものです。

10軸ベーコン20150722

軸のシャリシャリ感が楽しいので焼いてみることに。ベーコンがあったから巻いてちょっとだけオシャレにしました。だってワイン飲んでるんだからちょっとくらいオシャレなもの作ってみたいじゃないの!!

11チーズソース20150722

キタマゴタケの軸のソテー、チーズソースがけ

の出来上がり。フォークとナイフで頂きます。洋風なお料理は続きますよ。タマゴタケご飯(TTG)とくれば、もちろん、

12リゾット材料20150722

お米とタマゴタケを使って~~

13リゾ調理20150722

リゾット調理!!

塩と油とお米とタマゴタケだけですよ!!!玉ねぎもニンニクも使いません。タマゴタケのうまみと油の乳化だけでカミさんに食べさせてみたかったのよ。それでもって出来上がりは...........

14リゾット20150722

こちら!!!!

本当に卵もチーズも使ってません。カミさんも「幸せ!」とのこと。主夫のお仕事を全う出来ているようです。

さて、最後にタマゴタケとクリームを合わせてみることにしました。モリーユに比べて強烈な旨みはないものの、まぁ、クリームと合わないはずがない!!ありあわせの食材で作ります。

15クリーム調理20150722

ベーコン、枝豆、ニンニク、タマゴタケ(軸も)の可愛い奴達を炒めて、水を差して煮込み味を出したあと、最後にクリームでまとめてホウレンソウをチラシましたよ。

今回のメインは

16クリーム煮20150722

タマゴタケのクリーム煮

です。

まぁ、お皿の良さに助けられたかな。タマゴタケは生でスライスして食べる人もいるみたいだから、もう少し赤みを残してもよかったかなぁと反省しつつ、楽しい二日間は過ぎてゆきました。長くてすみませんね~、でもそういうブログなんだから仕方ない。あははははは。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。