08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

主夫太郎2

Author:主夫太郎2
現在専業主夫です!
漁と猟の両方を楽しんでカミさんに栄養を供給するつもりでいます。以前お料理ブログをやってましたが不評だったので猟関係を交えながら僕の日常をレポートします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カウンターじゃ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

タモと鮎をもらった酒匂川・主夫太郎からのお願い

2017.07.02 11:49|釣りと獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とアユ釣りファンのみなさ~ん!!

今日は楽しい釣りのお話しです


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

6月のある日のお話し。今年はとにかく川が悪く、どこの川もそれほど釣果が上がっていないようです。もちろん色々な川がありますから知らない川で爆釣りになっているかもしれませんが、とにもかくにも雨が降らなくてあまり良い評判を聞きません。ところが我が愛する酒匂川は安定しており、釣果情報では10匹以上の釣果が常にあり優良です。と、言っても爆釣りまでは期待できないのでいつも3時半に起きるのにこの日は主夫太郎としては珍しく4時半に起きてゆっくり釣行しました。おとり屋さんに到着してもそれほどテンションが上がらず、なんとなくのんびり。コーヒーなぞご馳走になってゆっくりして、おとり屋さんとゆっくりお話ししました。

おとり屋さんには僕が隠居していて適当な暮らしをしている話は以前していたのですが、まぁ、それほど詳しく話したことはなかったです。この日はそんな話も交えながら。

「今年はまだ3回くらいじゃない?」

とおとり屋さんに言われました。

「そうなんですよ。今年は川が悪いからカミさんから釣りの指令がでないんです。」

「今年は雨が降らないからねぇ。でもこの川(酒匂川)は結構釣れてるよ。他の川だと一桁だったりするけど、15匹とか釣れてるからねぇ。他の川に行く人から『そんなに釣れるわけないだろう』って言われるんだけど、釣れるんだからしょうがないよな」

とおとり屋さん。

「僕も15も釣れれば楽しいと思うんだけども、そもそもうちの場合カミさんが鮎を食べたくならないと釣りに来れないのよ。『そろそろ鮎食べたくないかい?』って聞くと『まだいいよ』って言われるもんだからここしばらく来られなかったんです。食いたくないっていわれりゃ出かけるわけにもいかない。」

と言ったらおとり屋さんは

「そうだよなぁ、こっちは釣り行きたいから聞いてるのにさぁ、あははははは。」

などと話しが弾みました。

「うちの場合は、カミさんがおとり屋さんのブログ見ていて、色々指令がでるんですよ。食べたくなっても釣果が悪いとアユ釣りの指令が出なかったり難しいんです。」

というと、

「本当?奥さんがブログ見てくれてるの??へ~うれしいねぇ」

と言ってニコニコ笑いました。確かにかなりうれしそうです。すると、おとり屋さんがおもむろに棚に手をやり、

「これ持って行きなよ」と

もらったタモ20170702

タモをくれました!

タモって調べてもらえばいいと思いますけど、こうやって天然素材でできていると結構高いです。中には4万円なんてものもありますぞ。僕は鮎の竿もタモも父からもらってますから無料で始められましたが、10万の竿に5万円の予備竿、2万のタモ、3万のウェーダーに1万の靴、引き船、おとり缶、漁業券、仕掛け、その他と計算するだけであっという間に30万近いです。竿を20万のにするとさらに10万円アップ(笑)そんなだから、タモを一個もらうだけですごくうれしいのですよ。

コーヒーのお替りを飲み干したころ、そんじゃ、そろそろ川に行こうってことになり、

「おとり3つ下さい」

と言いました。大体ふつうは2匹しか買いません。3匹買う人は少ないので、おとり屋さんは

「気合い入ってるねぇ」

と。

「いや、うちは僕とカミさんしかいないから一匹釣るだけで一人2匹づつになってほっとするのよ。おとりが二匹じゃ、二つ釣るまでプレッシャーだから」

というと、これもおとり屋さんにウケたらしく、

「じゃぁ、最初から4つもって行きなよ」

と3匹分のおとりの料金で4つくれました。もちろんこの日限りのサービスでしょうが恐縮してしまいましてねぇ。恐縮したまま釣りに行きましたよ。

午前中、5匹くらい釣ったあたりで、おとり屋さんが川に現れました。そもそもおとり屋さんなんて儲かる商売ではありません。酒匂川の場合一匹600円ですが、生かして飼っておくのはとても大変ですよ。だからおとり屋さんってのは商売抜きで自分が釣り好きだからやっている人が結構います。この酒匂川のおとり屋さんも午前中しか商売はしないで午後は釣りやってます。

僕は父から釣りを教えてもらいましたが、古典的な引き釣りという方法で、おとりの鮎を引っ張りまわします。どうもこれだと、この酒匂川では釣果がよくなく、おとりもすぐバテちゃうので、今年から「泳がせ釣り」という、完全なおとり任せの釣りをやろうと思ってました。本を読んだりして試行錯誤していたのですが、なかなかうまく行きません。この日はこのおとり屋さんが泳がせ釣り「上飛ばし(カミトバシ)」の指導までしてくれました。ああ、こうやるのかと分かると釣りも楽しくなり、釣果も伸びてきます。でもさすがはベテランには敵わず、僕が釣れないところでもおとり屋さんはサッと釣ってしまう。ん~おとり任せで釣りをするにしても、腕の差があるというのは不思議ですねぇ。僕が苦戦してると、僕の竿を持ってくれてこうやるんだと。するとあっという間にかかりました。

「さすが名人がやると2秒くらいで釣れちゃいますねぇ」

と言うと、

「はは。こっちは毎日やってんだよ」

と笑いました。まぁ、毎日やっている人には敵わんです。

「今日俺の釣った鮎もって行きなよ」

とまたまた太っ腹なおとり屋さん。毎日釣っているからお魚はそんなにいらないのだろうけど、それでもこちらとしてはありがたいお話しです。

「あのねぇ、鮎を冷凍するときは水ごと冷凍するんだよ」

と教えてくれましたが、

「はい、でも今日で全部食べちゃいますよ。この間は夫婦で25匹食べたから」

というと、

「ええ!25匹?二人で??いっぺんにそんなに食べるの?すごいねぇ。」

「そうですよ。僕が釣りをやる日は鮎でおなか一杯にするんだもの。」

というとまたまたおとり屋さんが大うけ。そんでもって二人の鮎を数えるとこの日もまたまた25匹という、これも楽しい偶然でした。というわけで一日中楽しい釣りでしたよ。

25匹20170702

25匹は結構います!

ん~なんとまぁ、腕のない主夫太郎、どういうわけか釣行は常に豊漁です。もちろん食べ方は、


ちょっと焦げた20170702

炭をおこして焼きましたよ。

また行こうと思います。さて、ここで主夫太郎からの

お願い

このおとり屋さんが素敵だと思った方は、このおとり屋さんのブログにアクセスして、ブログ村の鮎のボタンなどをポチリとしてください。ランキング上位にくればブログが目につき、酒匂川に遊びに来てくれる人も増えておとり屋さんも喜びますからね。よろしくお願いいたします(川の状態と釣果情報だけのブログですから釣らない人には申訳ないのだけども)。おとり屋さんのブログは下記・赤い字をポチリすると飛びますよ。よろしくお願いいたします。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

2017始まった鮎の季節!

2017.06.06 09:57|釣りと獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生と鮎ファンのみなさ~ん!!

ついにやってきました鮎の季節です!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2月15日までは鉄砲、その後、射撃の練習などをして3月中旬からモリーユ狩り、4月末くらいまで頑張って忙しい時期が終わります。5月は家のことを中心にゆっくりとシーズンオフを過ごす主夫太郎ですが、6月からはじまりますよ!!鮎の季節!!!!今年もやってきました、

酒匂川の山20170606

酒匂川!!!

と言いつつ山の写真ですな。まぁ、ブログに載せる写真が1枚あればいいやと車降りてすぐ適当に写真とったからこんな写真しかありません。そんなくらいそわそわしちゃいますぞ。沢山釣ってカミさんと宴会!ってのが目論見だけど、自然相手ですからねぇ。おとり屋さんでおとりの鮎と年券を買って朝の6時から竿を出しました。

ところが昨日までは沢山かかっていたらしいのに今日はかかりが悪く、周りの人もちょっと苦労していたみたいです。かかりが悪い日というのは本当は足で稼がなければなりません。つまり、かかりが良いところを移動しながら探すことが大事なんだけど、性格なのか、「あそこにいないのはおかしいなぁ」なんて思うと、ついつい釣れない場所でも竿を長い間出しています。そんな初日の僕の釣果は7尾か8尾だったと思います。えらく小さいのも含めてですから残念だなぁって思っていたのですが......

帰り際、川で知り合った方が、僕に鮎を下さいました!!!!なんでも若い頃はトーナメンター、つまり競技をしていた人らしく午後からきて沢山釣れたみたいです。義理のお父様から英才教育を受けたらしく、やはり腕は抜群。おとり箱の蓋が開いて大分逃げちゃったらしいですがそれでも沢山!ん~ありがたいですよ!ということで我が家に結局、

鮎25匹20170606

25匹の鮎!!

がいらっしゃいました!!!!あははははは。ん~ご挨拶してお話ししただけで鮎を頂けるとは。主夫太郎は川の神様と下さった方に感謝しながらブログ書いてます。もちろん夜は宴会になります。こんなめでたい日は炭をおこして、

炭焼き20170606

塩焼き

です。25匹全部食べちゃいました。この時期の鮎はそんなに大きくないですからね。沢山食べられます。我が家でお友達にご馳走できない獲物が2つ、一つはタマゴタケでこれは劣化が激しいから。もう一つはこの鮎です。劣化するとおなかが裂けちゃうから氷で〆ておいて翌日が限界なのだけど、パーティーの前の日に釣りに行く余裕が今のところないから主夫太郎夫婦限定のご馳走です。捌いたものならご馳走できるんですけどねぇ。これから夏です。今年は鮎釣り、うまくなりたいですねぇ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

アマダイのお料理2017春~工夫の仕様もないんだけども~

2017.05.12 18:01|釣りと獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とアマダイファンのみなさ~ん!!

今日は工夫の仕様もない

極上アマダイでのお仕事です

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先日お知らせしました、50センチのアマダイですが、物が良すぎてどうもこうも工夫の仕様がありません。料理の写真に加えていくらかの備忘録として記事にしておこうと思います。まぁ、通勤中のカミさんがタブレットでちょっと読むくらいの記事としてはちょうどよいとは思うのですが、ご自身のお料理の参考にしようと思われる方には申訳ないと思います。

さてさて、まぁ、お魚釣ったら作りたいのはお造り。お刺身ですね。

お刺身20170505

お 刺 身

タイやヒラメをお塩で食べてみて美味しいと思ったことがあったので、一切れお塩で食べてみようと思ったのですが、実際食べると、お醤油で食べた方が圧倒的に美味しいです。念のためもう一切れ食べてみたのですがやっぱりお醤油が美味しい。お塩だとどうしてもアマダイのうまみが引き出せないんですなぁ。実に不思議です。美味しいお魚だけども、熱を通さないと何か一つ欠けているのかもしれませんね。それを醤油が完璧に補うって形なんでしょうかね。難しいことは分かりませんが、とにかく醤油との相性がいいです。

一方で火を通すと香りも甘みも圧倒的に迫力を増します。そうすると塩が大活躍する。むしろバリッ!と音を立てそうなくらいお塩を使う方がいいですね。ということで、


カブト焼き20170505

カ ブ ト 焼 き


はお塩をケチらず焼きましたよ。しょっぱかったら沢山お酒を飲めばいい!くらい思い切りましたが、結果はちょうどよかったです。香りも素晴らしいお魚ですが、変化球でバターを少しおとして、


松笠焼き20170505

松 笠 焼 き

にしてみました。ちょっと大きいアマダイだったかな。鱗もちょっと迫力がありました(笑)もともとそんな予感がしてたので、鱗を残していたのはほんのちょっとの部分でしたがこれは正解でしたね。

さてさて、yumiさんの旦那様が酒蒸しが美味しい!とおっしゃっていたので、蒸し物にしてみました。生でも食べられますから思い切って浅く蒸します。やはり素晴らしい香りがして、これを消すのはもったいないですから、味付けもアマダイに頼ります。アマダイの出汁でシメジを煮て、お塩で主に味付け、ほんの薄くお醤油をつかってアンを作ります。

蒸し物20170505

蒸し物のあんかけ


これはカミさんも大喜びでした。また作ってほしいといわれましたが、またあの大物を釣ってからですねぇ。今度こそもっと工夫したものを!って思いますが、ん~どうなることやら。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

アマダイ以外のお魚は酒の肴で

2017.05.06 00:27|釣りと獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生とお魚好きのみなさ~ん!!

今日は先日の釣りの小魚お料理シリーズです


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

訂正:先日カイワリの中に入っていたグソクムシみたいな物をカイワリが食べていたものとしましたが、あれは実はカイワリに寄生する寄生虫、ウオノエというものだそうです。なんでも、寄生したらお魚の舌を壊死させて出来たスペースに住み着く悪党みたいです。お魚の血や体液を吸って生きるそうですよ。ん~怖い。

↑まぁ、そんなことはカイワリの肉質には関係なく、美味しく頂くことにしました。先日の釣りの釣果は、アマダイを除けば、カイワリ、トラギス、チダイ、カレイなんですが、こいつらはお酒の肴に。今回主夫太郎家では珍しく、日本酒での乾杯になりました。

まぁ、とにもかくにもカイワリはアジなので叩いちゃうってのが頭にあります。今回はちょっと変わり種で、

カイワリセロリ味噌20170505

セロリと白みそのカイワリのタタキ

でした。ネギでもよかったのですが、白みそのクリーミーな感じにセロリが合う気がしましてね。そもそもそんなに白みそを使ったことがなかったのですが、最近よく使うようになり魅力を感じています。日本酒にもあいますね。

お次は船頭さんのお話しを参考につくりました。

「最近はあのちっこい魚をみんな塩につけた後酢につけてたべるんだってさ。昔はいらないって捨てて行ったのに最近みんな持って帰るよ」(実際は地元の方言だったが主夫太郎が標準語訳)

ってわけで、

チダイ酢締20170505

〆チダイ

です。まぁ、間違いのないおいしさでしたよ。僕はもともチダイならありがたく頂きますが、焼いたりしてました。酢で〆るならいくらでも頂けますな。カミさんも大喜びです。

そして、最後は面倒なので、

揚げ物20170505


トラギス、カレイ、チダイの頭の天ぷら、

カイワリとトラギスの骨せんべい

を頂きましたぞ。カイワリが小さかったから骨せんべいにできましたね。

猟期が終わってしばらくのんきな期間を過ごしたあと、キノコ狩り、潮干狩り、釣りとなかなか大変な日が続いてますが、その分カミさんも喜んでくれてます。一方、ある意味カミさんをホッタラカシだったGWも気が付けば終盤、後半はカミさん孝行で出かけてこようと思ってます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。

2017初めての海釣り~三崎港で昔気質の船長さんで~

2017.05.03 16:08|釣りと獲物のお料理の話
こちらのボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は~い!!

元女子高生と釣り好きのみなさ~ん!!

今回は三崎港から春の幸のご紹介です


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

またまたyumiさんのご主人にお誘い頂き、今回は三崎港に釣りに行ってまいりました。現代の釣り船というのは、魚群探知機(略して魚探)がついているものですが、今回は昔気質のおじいちゃんが操船する昭和風の船宿で「魚探なんていらん」という雰囲気全開のところ。ヤマアテという経験と陸の目印を頼りに漁場に到達するというカッコよさは「スマホなんていらん」と普段から言ってる主夫太郎にはシビレルところではありますが、水深の指定がなくひたすら「底とって」というだけで不安も全開。それでもいくらか釣れていればそんな不安も吹き飛びますが、どういうわけかこの日は食いが悪く不安が募るばかりとなりました。

そんななか一番最初に釣れたお魚は、

カイワリか20170502

カイワリ?

みたいな、とにかくアジ系のお魚でした。カイワリにしてはずいぶん小さいけど、みるからに美味しそう。今回このお魚は一匹だけでしたが家に帰って捌いてみてびっくり!こいつが食っていたのは、

グソクムシ20170502

グソクムシ系

でした。ん~気持ち悪い!!しかし、こんな大きいのを飲み込んだあとも僕の釣り針に食いついてくるとは、よっぽど腹を減らしていたんでしょうね。

そんで、このあとドンドン!って爆釣りってわけでもなく、またまた釣れない時間が....と思ったら小さなアタリがあって、

トラギス20170502

やっぱり小さい

が釣れました。これはカミさんも僕も好きなお魚ですが、今回はこれ一匹ということでちょっと残念。まぁ、可愛いから許します。それにしても船長は相変わらず、「底で釣れ」というばかりなのでオモリを半分引きずる感じで釣っていると、

カレイ20170502

カレイ(種類は不明)

が釣れました。ん~さすがに天秤つけてコマセ撒いてカレイがかかるってのもなんだからもう少しだけそこから引き上げて釣ってみると、とくに釣れるわけでもなかったのですが、小さなアタリがあって、

チダイ20170502

チダイ

が釣れました。

この日は本当に渋い!海は鏡のように穏やかで全然船酔いしないのはいいけど、お魚も穏やかだと昼寝でもしているのか食いついてくれません。皆それほど釣れていないのだけど、船長も相変わらず漁場については水深の指示もなく「じゃ、やってみようか」という大ざっぱな指示とも号令ともいえない合図を出すだけ。これまで紹介した小物だけで今日は終わりなのかなぁっと思っていたら、どういうわけか風が少し出てきました。

するとグッグッグッというアタリがあって竿が曲がります。100メートル近くまで糸を垂らしていましたが、30メートルくらいゆっくり巻き上げて、疲れたので低速にして電動リールで釣り上げると、プカリとお魚が浮いてきました。それが、な、なんと!!!

アマダイ20170502

アマダイ(50センチ)

最後の最後、最後の一投でかかりました!大物でテンションも上がりましたよ。どうも今回船に乗っていた人のなかで一番大きなアマダイのようでした。

最後の最後で!ってのはありますからね。あきらめちゃいけないってことで。考えてみると、大物が一つ、その他が少しってのがおうちに帰って一番楽でカミさんにも自慢ができます。もう少し釣れてもいいけど、今後もこんな感じで釣れたら嬉しいなぁ。お料理はまた後程ということで。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちら↓のボタンを押してもらえるとすごく主夫太郎が喜びますよん。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ  
ランキングに参加してますのでポチリとお願いします。